プラチナムプロダクション オーディション。 プラチナムプロダクションオーディションの評判と結果が出るまで

プラチナムプロダクションの黒い噂(闇)がヤバい!枕営業や関東連合(半グレ)と関係あり!

プラチナムプロダクション オーディション

中村アンさんやトリンドル玲奈さんなど、著名モデルや女優、俳優が多数所属している大手芸能事務所、プラチナムプロダクション。 「憧れのモデルと同じ事務所に入ってみたい! 」 「プラチナムプロダクションでタレントとして活躍したい! 」 など、憧れる方も多いのではないでしょうか。 本記事では、そんな注目のプラチナムプロダクションのオーディション情報、 ・そもそもオーディションは行われているの? と言った情報から、 ・予想される倍率 ・応募方法 ・オーディションの内容 まで、詳しくご紹介します。 プラチナムプロダクションってどんな会社? プラチナムプロダクションとは、2000年設立、東京都渋谷区に本社を構える芸能事務所。 元々は大手レコード会社「エイベックス」と業務提携していた背景があり、同社とは今でも深い親交を持っています。 バラエティに多数出演している若槻千夏さんや、「こりん星」などの独特のキャラクターで人気の小倉優子さん、抜群のプロポーションを持つ女優の中村アンさんや、可愛らしい容姿で一斉を風靡したモデルのトリンドル玲奈さんなど、著名な女性タレントが多数在籍されていることでも有名ですね。 ですが、今日では男性タレントの他、音楽グループも手掛けるなど、業界を跨ぎ多方面に広げています。 例をあげると、ジェンダーレス男子代表でありモデルのとまんさんや、あの大ヒット医療ドラマ『コードブルー』にも出演した俳優の岩井拳士朗さんが有名ですね。 オーディションはそもそも行われているの? そんな著名タレントが多数在籍している大手芸能事務所・プラチナムプロダクションですが、スカウトに熱心なだけあり、 新人募集は常に行われているようです。 (引用:) 年齢は13〜23歳と条件がありますが、それ以外にさほど条件はありません。 興味がある方は、まず応募してみるのもありかもしれませんね。 また、こちらの公式サイトによるオーディション以外にも、芸能界と太いパイプを持つ会員制サイト「」によって 「モデル特別オーディション2019」という企画が実施されているようです。 「【モデル特別2019】プラチナムプロダクション」以外にも、様々な事務所のオーディション情報が掲載されていました。 (引用:) プラチナムプロダクションが過去に募集していたオーディションの情報が掲載されています。 10〜25歳という年齢制限で、夏にも募集が行われていたほか、もう少し狭めの年齢幅(13〜23歳)で「ベストセレクション」というオーディションが行われたようです。 また、他の芸能事務所のオーディション情報も、かなり分量多く掲載されていました。 ただし、このような情報は誰もが知りたい貴重な情報であるだけに、それ相応の価値を支払うことはある意味当然といえば当然かもしれませんね。 芸能界と太いパイプを持っているというメリットを考えると、情報収集のため、または機会創出のためと考えて投資してみるのもありかもしれません。 プラチナムプロダクションのオーディション倍率 さて、プラチナムプロダクションでは、新人募集のオーディションが行われていることははっきりしました。 気になる合格倍率ですが、応募総数は日々変わりますし、合格者数も非公表となっているため、残念ながら特定は難しいと言えます。 ですが、一般的に 大手芸能事務所のオーディション倍率は数千〜数万倍であることを鑑みると、著名タレントを多数抱えるプラチナムプロダクションも同等の倍率があると見て間違いないでしょう。 あの超大手事務所、ホリプロが2017年に開催したオーディション企画「ホリプロスカウトキャラバン(ホリプロTSC)」では、応募総数は 36,504通、グランプリとしてりゅうちぇる似の定岡遊歩さんが選ばれました。 審査員特別賞として選ばれた井上祐貴さん1人を合わせると、倍率は単純計算でも 18,252倍。 その名を知らない者はいないほどの超大手事務所であるだけに、倍率も驚異の数字を叩き出していますね。 「ホリプロTSC」男女混合大会初、男性がグランプリ獲得 ギャップも魅力の定岡遊歩さん 【ほか写真あり】 — モデルプレス modelpress また、米倉涼子さんや武井咲さん、剛力彩芽さんが所属しているオスカープロモーションによって2017年に開催された、「全日本国民的美少女コンテスト』。 こちらの応募総数は 80,150通を記録し、グランプリとして竹内美南海さんが選ばれました。 グランプリに選ばれる倍率は、言うまでもなく80,150倍ですが、その前段階であるファイナリストもたったの21人。 つまり、ファイナリストに選ばれる倍率が、既に 3,800倍もあるのです。 (引用:) 2018年に開催された、乃木坂・欅坂・けやき坂グループの「坂道合同オーディション 」では、応募総数は 129,182人、合格者はわずか 38人。 (その後もう1人が追加合格とされ、合格者は39人に訂正されました。 ) こちらも、倍率は 3,400倍となり、やはり3,000倍を優に超えています。 オーディションを突破することは、やはり相当難しいということが言えますね。 ですが、ここで 「倍率が高いから」 という理由で戦わず諦めてしまうのは、勿体無すぎるのではないでしょうか。 どんなにハードルが高そうに見えても、 やってみるまでは誰にも結果など分かりませんし、やってみてやはり駄目だったら、そこでまた考えれば良いだけの話。 「あの時やっぱり応募しておけばよかった!」 なんて思ってもあとの祭り。 あとあと後悔しないように、少しでも興味があるのならば、駄目元で応募してみましょう。 プラチナムプロダクションのオーディション応募方法 ここからは、オーディションの具体的な応募方法をご紹介していきます。 「随時募集型」と「モデル特別オーディション2019」の場合に分けていますが、 ここで提出した書類がそのまま1次選考(書類選考)という形になりますので、内容には細心の気を払って記入しましょう。 随時募集型オーディションの応募方法 郵送またはメールから応募を受け付けているようです。 必要なものは、下記3点。 履歴書(名前、住所、電話番号、生年月日、身長を明記) 2. 写真2枚(全身写真1枚、バストアップ写真1枚) 3. SNSアカウント情報 この3点を、郵送の場合は書面に明記あるいは添付し、 メールの場合はワードやエクセル、PDFファイルなどの形で情報を入れ込み、画像ファイルを添付して送信します。 SNS情報というのは、いわゆるtwitterやinstagramのことですね。 普段どのようなことを考えているのか、どのようなスタイルに興味があるのかなど、その人の 人となりが見られています。 面接の前でだけ着飾っても意味が無いので、ありのままの自分をさらけ出しましょう。 また、 フォロワーが多いほど有利になることもあるようです。 プラチナムプロダクションに所属しているモデルのとまんさんを例にとってみましょう。 とまんさんは、オーディションを受ける前、ファッション好きが高じてアパレルブランド「WEGO」のスタッフとして働いていたそうです。 twitterのフォロワーが多いということは、それほど 世間への影響力も大きいということ。 今回のようなオーディションにおいては、"ファンからどれだけ投票を集められるか"に掛かっているため、その影響力が物を言います。 また、それだけのフォロワーがいるということは、それだけ既に世間から注目されているということなので、 タレントを世間に売り込む側である業界にとってもプロデュースしやすいため、目に止まりやすくなるのです。 今や、SNSで誰でも有名人になれる時代。 フォロワーが多い人は、自分という人間を知ってもらう大きなアピール材料になりますので、ぜひ積極的に応募しましょう。 「モデル特別オーディション2019」の応募方法 Deviewによって運営されている、プラチナムプロダクションの「モデル特別オーディション2019」応募方法ですが、残念ながら詳細は有料会員にならないと確認できないようです。 ただし、芸能界のオーディションの流れはパターン化されていますから、随時募集型オーディションと基本的に同じと考えて問題無いでしょう。 書類を 郵送する方法と、 Deview公式サイトから応募する方法の2種類があるようです。 必要なものは、基本的にこの2つ。 ・サイズ ・特技 ・好きな本・ドラマ・映画 ・家族構成 などを書いてみると良いかもしれません。 自分という人間、自分の個性を知ってもらう絶好のチャンスですので、面接官に面白いと思ってもらえたらシメたもの。 アピールできる項目は全て明記することを心がけましょう。 また、肝心の写真ですが、 モデルやタレントはスタイルが命です。 服はできるだけシンプルなもの、体のラインが分かるものを着用しましょう。 一般的に、ショートパンツとキャミソールなどの組み合わせが理想的です。 (引用:) プラチナムプロダクションのオーディション内容 応募方法がわかったら、気になってくるのはオーディションの内容ですよね。 公式サイトに詳細は明記されておらず、「合格者にのみお知らせ」とあるので推測する他ありませんが、基本的な流れは過去に開催されたオーディションとさほど変わらないはずです。 2018年9月に行われた「narrow限定オーディション」を例にとって、見ていきましょう。 1次審査:書類選考 まず最初のハードルが、この書類選考になります。 「オーディションへ応募する! 」 と決めて、作成し提出した履歴書・写真を元に、選考が行われます。 ・どんな個性を持っている子か ・スタイルや容姿は整っているか など、 モデルやタレントとして活躍する上で最低条件となるポイントが見られます。 自分のスタイルや容姿に自信を持っている人は、それを思う存分アピールすれば良いですし、自信の無い人は今からでも努力し、少しでも理想の体型に近づけるように努力しましょう。 2次審査:面接 めでたく1次審査を突破できたら、次はいよいよ面接です。 1次審査で相当な数が落とされるとのことですので、突破できる人はほんの一握り。 「モデルやタレントとして活躍できる素性は整っている」 と認識されたも同然ですので、この2次面接で注目されるのは その人のモデル・タレント業に対する姿勢です。 担当者 タレントはもちろん、モデル・女優もマネージメントしています。 若槻千夏、木下優樹菜ら多くの人気女性タレントを輩出する一方で、菜々緒、トリンドル玲奈らモデルのマネージメントも手がける。 最終目標と3年後の到着目標を決め、そこにたどり着くために必要な過程を教育するので、その過程で「頑張りたいこと」「やりたくないこと」を自分で決めてもらう方針。 ご応募お待ちしております。 (引用:) narrow限定オーディションで、担当の方はこのように仰っているため、 ・何のためにモデル・タレントになりたいのか ・モデルやタレントになって、どうしたいのか ・将来はどうなっているのが理想か など、将来に対してどれだけ具体的なイメージを持てているか、が問われているのでしょう。 というのも、ただ漠然と 「モデルになりたい! 」 と思い、もし仮になれたとしても、そこの具体的な部分が落とし込めていなければ大変です。 何か辛いことがあった時に、モチベーションを失ってしまう可能性がありますし、 自分の居場所がわからなくなってしまう可能性も十分にあります。 「1次に受かったら、将来どうなりたいか考えよう」 ではなく、 「自分にはこういう目標があって、そのためには今何をしなくてはいけないので、モデル・タレントになって将来こういうことを出来るようになっていたい。 」 というような一貫した筋をオーディション参加前から持ってると、 履歴書や写真にもより説得力が生まれ、面接官に強く訴求できるようになるのではないでしょうか。 プラチナムプロダクションにまつわる良くある疑問 名刺をもらったけど本物? 信用できる? ネットでよく見かけるのが、こちらの噂。 原宿の竹下通りを歩いていて、声を掛けられるケースが多いようですね。 名刺をもらって不安になってしまうのも、無理はありませんね。 ですが、プラチナムプロダクションの場合、もらった名刺が本物かどうか見分ける手段があるようです。 というのも、プラチナムプロダクションには 「太田浩平」さんという専属の敏腕スカウトマンがいるので、名刺には十中八九その名前が記載されているのです。 instagram. 名刺の名前が太田さんであり、記載されている事務所の住所と電話番号が現在のものと一致していれば、まず間違いなく本物のプラチナムプロダクションと言えます。 ただし、スカウトが事務所所属に直結しているわけではありません。 スカウトされたら、次は事務所の面接やオーディションやを受けなければいけませんので、名刺をもらったからといって舞い上がったりせず、勘違いしないようにしましょう。 プラチナムプロダクションはブラック? もう一つ、ネットで噂されているのが、 「プラチナムプロダクションはブラックなのでは、、」 という噂。 「やばいところと繋がっている」 「仕事が来ない」 こんな話が誠しとやかに囁かれていますが、 ネットの情報は根拠が無いものがほとんど。 自分の頭できちんと考えもせず、情報を鵜呑みにし、機会を逸してしまうことは非常にもったいないことですし、もし仮に本当に怪しいところと繋がっていたのであれば、今のような大手芸能事務所という地位を築くことは難しかったはず。 芸能界は、信頼と人間関係が幅を利かせている業界ですので、そのようなやましい事態になればすぐに追放されてしまいます。 また、「仕事が来ない」と文句を言うことは、そもそも根本的に間違っています。 仕事というのは、自動的に降ってくるものではなく、 自ら掴みに行くもの。 いつまでも受け身な姿勢であったり、プライドばかり高くては、プラチナムプロダクションに限らずどの事務所に入っても仕事が来るはずありません。 ネット上に溢れる根も葉もない噂に翻弄されるのではなく、きちんと自分自身で判断するようにしましょう。 本記事のまとめ いかがでしたでしょうか。 プラチナムプロダクションのオーディション倍率、そして応募方法についてご紹介しました。

次の

第2回 金の卵発掘オーディション/JSガール専属モデルオーディション

プラチナムプロダクション オーディション

プラチナムプロダクションはどんな芸能事務所なの? 芸能事務所「プラチナムプロダクション」は、 2000 年に関東連合元リーダーの川名毅によって立ち上げられました。 立ち上げ当初はアダルト女優向けプロダクションだったのですが、現在は菜々緒さんや中村アンさん、若槻千夏、小倉優子さんら有名芸能人が所属する芸能プロダクションとなっています。 ちなみに、タピオカ騒動や離婚騒動で世間を騒がせたあの木下優樹菜さんもプラチナムプロダクション所属です。 現在の代表取締役は瀧澤勉という方ですが、今でも設立者である川名毅の影響力は強く、 プラチナムプロダクションは関東連合と深い繋がりがあると言われています。 半グレ集団「関東連合」と関わりがあるらしい 関東連合とは、 1973年に結成された世田谷区と杉並区の複数の暴走族が合体した 半グレ集団です。 2003年には解散したそうなのですが、関東連合解散後も元メンバーの OBたちが結束し、六本木周辺などで様々な事件を起こしています。 関東連合は 2003年に解散したということになっていますが、 解散後に事件を起こしている OBたちが関東連合と呼ばれているようです。 そんな半グレ集団に所属していた川名毅さんが立ち上げたプラチナムプロダクションには 黒い噂があり、それらの噂は関東連合と深い関係にあると言われています。 プラチナムプロダクションがヤバイとの噂まとめ! 所属タレントが自殺したり、事務所主導の枕営業を暴露するなど、プラチナムプロダクションでは過去に数々の事件が起きています。 そして それらの事件は全て関東連合と関わっていると言われています。 貧乏アイドルとして活躍していた最中の自殺ということで、当時はかなり話題になりましたよね。 上原美優さんの 当時のマネージャーである渡辺雅也さんは、関東連合の元メンバーでした。 また、上原美優さんは関東連合元リーダーの石元太一さん関係を持っていたそうです。 このことから、 上原美優さんの死には所属事務所であるプラチナムプロダクションと関東連合が深く関わっているのではないかと噂されていました。 亡くなる前、上原美優さんは塞ぎ込みがちだったようです。 その理由として、 プ ラチナムプロダクションに関東連合の枕として利用されていたからだと噂されています。 上原美優さんは関東連合の元リーダーだった石元太一さんと交際しており、当時恋人だった石元太一さんに枕を強要されていたとの噂もあります。 また、他の芸能人が上原美優さんに対してのあたりが強かったとの声が上がっており、市川海老蔵さんと関東連合の暴力事件が起こった後、 「関東連合と関わりのある上原美優の周辺は危ないから近づくな」という噂が芸能界で流れていたようです。 これらのことから、上原美優さんは関東連合の枕として利用されることに絶えられず、精神的に病んでしまい自殺してしまったと推測できます。 その暴露内容はというと、「プロダクションからプロデューサーに会って来いと、仕事と引き換えに仕事を取りに行かされ枕営業でボロボロになって芸能界を引退していった子を知っている」というものです。 手島優さんは 「うちの事務所は絶対ない」とプラチナムプロダクションが枕営業をしていることを否定していましたが、曖昧な表現を多用していたため手島優さんも枕営業をしているのではないかと言われていました。 また、ある番組では「枕営業したくてしょうがない」と発言をしており、マネージャーも止めていないことから、 やはりプラチナムプロダクションは枕営業を推奨している事務所であると考えられます。 「ファン喰いをしていた」との発言もしているため、手島優さん自身は否定していても、枕営業をしていた可能性はかなり高いと思います。 また、プラチナムプロダクションに所属していたタレントのこのようなツイートも見つけました。 槙田紗子さん本人が投稿したのか、本人を装ったなりきりが投稿したかは不明ですが、このようなツイートが投稿されるということは、やはり プラチナムプロダクションは枕営業を推奨している事務所だと推測できます。 このタピオカ騒動を所属事務所であるプラチナムプロダクションがもみ消そうとしていたのでは?と話題になっています。 10月上旬に恫喝まがいの DMを送っていたことが発覚し、ネット上ではかなり炎上していたのですが、 木下優樹菜さんは活動休止発表までの約 1ヶ月間、テレビやイベントに出演するなど、普通に仕事を続けていました。 その間、木下優樹菜さんの恫喝 DMをテレビやスポーツ紙で報道されることはほとんどありませんでした。 これに関して、 プラチナムプロダクションの圧力がテレビ局やスポーツ紙にかかっていたのではないかと言われています。 また、木下優樹菜さんが送った DMに 「これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」と書かれていたことから、このタピオカ騒動には事務所も大きく関わっており、もみ消そうとしていたことが推測できます。 川名毅はここのクラブでモデルやタレント、俳優やスポーツ選手を集め、広告代理店などの企業の有力者を接待していたそうです。 また、芸能人たちには薬物を流していたとの噂もあります。 クラブには多くのジャニーズタレントが出入りをしていたらしく、 嵐の大野智さん麻薬でラリってる姿が報じられた時は衝撃でしたよね。 この写真はクラブで大麻を吸っていた時に撮られた写真だと言われています。 そして、 川名毅へ薬物を提供していた方がプラチナムプロダクション所属の俳優、金子賢さんだと言われています。 金子賢さんは性接待の代表格であった元恋人の広末涼子さんをクスリ漬けにしたとの噂もあります。 このように、川名毅は プラチナムプロダクション所属の俳優から薬物を受け取り、自身がオーナーを務めるクラブで多くの芸能人に薬物を提供していたようです。 マッシムプロダクションや正道会館会長の石井和義さんを介して周防郁雄社長と出会った川名毅は、周防郁雄さんの付き人を務めるようになったようです。 当時、川名毅は周防郁雄社長に土下座をして付き人をさせてもらうことを頼んだようです。 以降、関東連合が周防郁雄社長のボディガードを務めていたと言われています。 川名毅は芸能界のドンである周防郁雄社長の付き人をする中で、芸能界の裏事情について深く学びました。 そしてその結果、薬を流すような芸能人御用達クラブを経営し、 芸能人を金、酒、女、薬を使い骨抜きにしていきました … 【結論】プラチナムプロダクションはヤバイ事務所! の所属事務所 についても少し — 32番目 SuOZ23E8MLE8JoD 今回はプラチナムプロダクションに関する黒い噂についてまとめてみました。 記事の内容をざっとまとめると、• プラチナムプロダクションの設立者は 関東連合の元リーダー• 現在も関東連合と深い繋がりがある• 貧乏アイドル上原美優の自殺は事務所、関東連合が関与• 所属タレントの手島優が枕営業を暴露• 木下優樹菜の恫喝まがいDMを事務所総出でもみ消し• 設立者である川名毅は芸能人に薬を流していた• 芸能界のドンである周防郁雄社長とも繋がりがある となりました! 薬物の密売人であったとの噂があり、逮捕歴もある人物が設立者であるプラチナムプロダクションは、社長は変わったとしても社員は変わっていないので、 現在も関東連合と繋がりがあると言えるでしょう。 また、最近で言ったら木下優樹菜さんのタピオカ騒動もみ消しや、枕営業暴露など、プラチナムプロダクションは かなりヤバイ芸能事務所だと思います。

次の

プラチナムプロダクションオーディション

プラチナムプロダクション オーディション

概要 [ ] 所在地の変遷 期間 所在地 (いずれも東京都渋谷区に所在) 設立 - 2003年12月頃 渋谷3丁目10-1 渋谷MJビル5階 2004年1月 - 2011年3月頃 渋谷3丁目26-16 第5叶ビル6階 2011年4月 - 2016年7月 渋谷3丁目26-17 DUPLEX B's 10階 2016年8月 - 現在 渋谷3丁目27-11 祐真ビル本館9階 プラチナムプロダクション [ ] 沿革 [ ]• 2000年12月、会社設立。 これ以降業界へのプロモートを本格化する。 2007年、関連子会社を設立。 2008年、『』に、が「 with 」の一員として所属タレント初の紅白出場を果たした。 2015年1月、が所属アーティスト初の公演を開催。 2016年、所在地を祐真ビル本館9階に移転。 所属 [ ] 女性タレント [ ] 「」を参照 プラチナム・パスポート [ ] 株式会社プラチナム・パスポート PLATINUM PASSPORT inc. 本社所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-17 DUPLEXビル10階 設立 事業内容 代表者 代表取締役:林 純司 主要株主 株式会社 プラチナムプロダクション 外部リンク 株式会社プラチナム・パスポート( PLATINUM PASSPORT)は、主にアーティスト・アイドル・YouTubeクリエイターの所属するである。 所属タレント数は20名(2019年度)。 2018年より男性タレント()を扱うようになった。 沿革 [ ]• 2007年11月5日、設立。 2010年、大人系セクシーユニットpre-diaを始動させる(2011年12月、に表記変更)• 2011年、がよりメジャーデビュー、女性グループ史上初の首位デビューを果たす。 2012年、アイドルグループを始動させる(2017年6月、PALETに表記変更)。 2013年、がよりメジャーデビュー、、(サンミニ)を始動させる。 2014年、がよりメジャーデビュー。 2016年、がよりメジャーデビュー。 2017年、サンミニ、PALETが解散。 を始動させる。 2019年、なんきんペッパーが解散。 ユニット [ ]• ゆうひなた 脚注 [ ]• 堀有里. Twitter. 2016年9月10日閲覧。 関連項目 [ ]• - 2002年以来(2003年を除く)毎年のように、自動車レース「」のイメージガールユニットを作り、多くの人気タレントを輩出していたが2010年の「」をもって撤退している。 - 毎年1月に行われる「」のイメージガールユニット。 2003年から2017年まで(2004年を除く)毎年のように所属者がイメージガールに選ばれていた。 - が2015年まで実施していたイメージガールプロジェクト。 2005年から2015年まで(2014年を除く)毎年のように所属者がジェニックに選出されていた。 事務所別では(現在同社に所属している小倉優子がかつて所属していたプロダクション。 2008年3月に業務停止)の6名を上回り、歴代最多選出となった。 その後小倉優子(2002年)、小田あさ美(2007年)が移籍加入しており、所属者の退社などもあり現時点で6人の日テレジェニック受賞者が同プロに籍を置いている。 - かつて存在したチーム。 、、(現在は廃業)と共同で運営していた。 これと同名称のユニットが存在しており、2006年から毎年のように所属者が選出されている。 - 2011年に旗揚げされた団体。 提携を結び、所属者が選手として活動している。 外部リンク [ ]• - 公式サイト•

次の