ジェミーナ。 テトラ・ジェミーナ・アセプティック容器と独特のトップ

ジェミーナ配合錠

ジェミーナ

含量はジェミーナ、ヤーズのほうが少ないため血栓リスクはヤーズ、ジェミーナのほうが少ないと考えられそうですが、報告をみるとそうでもない。 ヤーズは発売4年で因果関係が否定できない血栓症による死亡者が3名報告されブルーレターが出されました。 この結果は卵胞ホルモンだけでなく、黄体ホルモンが血栓リスクに関与しているからでしょうか? 黄体ホルモンについて 黄体ホルモンもまた血栓のリスクに関わっている。 その機序として、アンドロゲン作用によるLDL-コレステロール上昇、HDL-コレステロール低下等が考えられている。 卵胞ホルモン:抗凝固系阻害=静脈血栓 黄体ホルモン:動脈硬化亢進=動脈血栓 ですが、黄体ホルモンでも静脈血栓のリスク上昇は報告されている。 簡単に区別はできないようです。 黄体ホルモンとしてレボノルゲストレルを使用しているジェミーナは血栓症リスクが低いと海外では報告されているそうです。 ルナベルは第1世代のノルエチステロン、ジェミーナは第2世代のレボノルゲストレル、ヤーズは第4世代のドロスピレノンなので、 ルナベル<ジェミーナ<ヤーズになりそうですが…どちらでしょう。 レボノルゲストレル ジェミーナ のほうが低いとする試験結果と、ノルエチステロン ルナベル のほうが低いとする試験結果両方ともあるようですね。 血栓リスクの比較 では、実際の臨床試験の結果みてみます。 卵胞ホルモンは同成分なので、比較するのは黄体ホルモンになってきます。 プロゲスチン=人工の黄体ホルモン ルナベルLD、ULD 1シート:21錠 21日間服用後、7日間休薬が1サイクル。 開始:月経1日目 28錠シート1枚=1サイクル 28日間 ヤーズフレックス 1シート:28錠 すべて実薬 最大120日連日投与可能 次のサイクルまで4日間は休薬 開始:月経1日目 28錠シート4枚+8錠+4日休薬=1サイクル 124日 ジェミーナ 1シート:21錠、28錠シートの2種類が発ある 開始:月経1~5日目 用法は21日間服用後7日休薬にするか、77日間服用後7日間休薬の2パターンある。 ・21錠シート1枚+7日休薬=1サイクル 28日間 ・28錠シート2枚+21錠シート1枚+7日休薬=1サイクル 84日間 有効性の比較 月経困難症に対して3剤共にプラセボ対照二重盲検試験が行われていますが、月経困難症スコアの変化量は以下の通り。 ルナベルULD:-1. 0【IC:-1. 47~-0. 43】 月経困難症159例 ルナベルLD :-1. 2【IC:-1. 7~-0. 6】 月経困難症107例 ヤーズ:-0. 92【IC:-1. 49~-0. 34】 月経困難症119例 ヤーズフレックス:プラセボ比較見つからず ジェミーナ:-1. 8【IC:-2. 1~-1. 6】 月経困難症245例 直接比較ではないので参考程度に。 有効性のみでなく、消退出血をなるべく起こさないほうがQOLが良いことを考えると、ヤーズフレックスやジェミーナの連続投与が良いのかと思います。 途中で不正出血が起こる割合も多いですが アンドロゲン作用 作用機序 前の記事にも書きましたが、 卵胞ホルモンと黄体合成ホルモンとの配合剤服用中は、 フィードバックによりエストロゲン、プロゲステロン分泌が抑制されることで、これらのホルモンによる子宮内膜増殖、排卵が抑制され、いわゆる生理痛が軽減される。 ただ、 ルナベルのインタビューフォームを見るとFSHは抑制されない と … 以下IFより• 111• 237•

次の

ジェミーナ、ルナベル、ヤーズの違い

ジェミーナ

jemina 〜ジェミーナ配合錠〜 主成分 レボノルゲストレル:0. 09mg エチニルエストラジオール:0. 02mg が配合された錠剤です。 上記の2成分に関しては、これまで経口避妊薬(ピル)製剤として以下の商品名で使用されていた製剤です。 アンジュ錠• トリキュラー錠• ラベルフィーユ錠 しかし、経口避妊薬として上記2成分を服用する際は、1日目〜6日目、7日目〜11日目、12日目〜21日目、22日〜28日目という具合に服用する量がそれぞれ決められています。 一方で、月経困難症治療薬として上記2成分を使用する際は一定量を服用することになります。 そのためジェミーナ配合錠の重要な基本的注意として 「本剤を避妊目的で使用しないこと」という注意喚起がなされています。 (ピルとは服用量が異なるため別の薬という認識で捉えます) ジェミーナ配合錠の一番の特徴はその用法です。 既存の月経困難症治療配合薬は21日間連続服用後、7日間休薬する用法が多いのですが、ジェミーナ配合錠はその用法にくわえて、1日1錠を毎日一定時刻に77日間連続経口投与し、その後7日間休薬する。 以上84日間を1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず85日目から次の周期を開始する。 という用法が新設されています。 生活様式に応じて用法を選択できることは、患者様にとっては有益に感じます。 私的には、月経困難症治療薬は副作用が多い印象があったので、77日間連続服用したときのデータを確認してみました。 副作用歴 21日投与7日休薬群:副作用発現率83. 特に77日投与群で注視すべき点は「希発月経86. (希発月経:月経周期が39日以上90日未満)。 25〜38日の月経周期を維持するというこれまでの治療方針から、84日周期へサイクルを変更するわけですから、月経の遅延や過少、希発といった症状になることが十分予想されます。 そのためジェミーナ配合錠を安心して84日周期(77日投与7日休薬)で服用するために、約3ヶ月間で予想されうる有害事象・経過について十分な説明が必要かと思われます。 さらに静脈血栓症のリスクが3〜4倍高くなることもお伝えした上で、四肢の脱力感・麻痺・冷感、視野の変化といった血栓症の前兆についてもお伝えすべきかと思います。

次の

日本テトラパック 新容器 テトラ・ジェミーナ・アセプティック1000リーフの販売開始

ジェミーナ

眠たいのか体が熱い感じがします ほてりなのでしょうか.... 体温は36. 足がむずむずするのと 左足が張っているような気がして眠たかったのですが 寝たくない感じがしてしまい夜中の2時まで起きてしまいました。 また、なんとなく胸は痛みがなく張っているような感じです。 形が綺麗になっているような感じを受けます。 翌朝も足のむずむずした気持ち悪さが残っていたので 着圧ソックスを日中も着用することにしました。 寝不足とストレスとで 胃がキリキリして痛くて仕方がありません.. そして大腸の左側もキリキリして痛いです.. ストレスがかかっていないように願っています。 日中は仕事をこなし特に問題はなかったです。 ただ疲れてしまったのかストレスなのか 作業速度はかなり遅くなってしまった感じです。 6日目の感想 足はやはり左側がキリキリと張っていますが 大きな不調はありません。 日中は足がむずむずしているのと かなり気温が下がっていたため蒸れないと思い着圧ソックスを履いて過ごしました。 水分摂取を日中忘れがちだったかもしれません。 実際の服用や副作用、症状の相談等については医師や看護師の指導の元、行っていただくようお願いいたします。 朝食 トースト 昼食 白米 あんかけ天津 生ハムと卵のサラダ 夕食 白米 和風ハンバーグ kapuchiblog.

次の