プロパンガス 高い アパート。 アパートやマンションでプロパンガスの契約変更はできるの?

アパート・マンション(賃貸/集合住宅)の高いプロパンガス会社変更

プロパンガス 高い アパート

賃貸アパート・マンションにお住まいで「プロパンガスが高過ぎ!」とお悩みの方が非常にたくさんいらっしゃいます。 そしてお悩みの方の多くは、使い過ぎを気にして無理な使用量の節約をされています。 しかし大抵の場合、 ガス代が高い本当の原因は使い過ぎではありません。 都市ガスの場合、それら設備費用は大家さんがアパート建築時に一括で支払いますが、プロパンガスの場合はガス会社が負担することが大半で、それを 無償貸与と言います。 プロパンガスは都市ガスと違って自由競争の市場ですから、ガス会社はそれらの費用を負担する事で契約を取ろうとしているのです。 この無償貸与、大家さんにとっては本来払うべき費用を負担してくれるため、ありがたい話ですが、 入居者の方にとっては実は全然うれしくない話なのです。 なぜかというと、ガス会社が支払った設備費用は、 分割して従量単価にこっそりと上乗せされているのです。 当然、このことは入居者に知らされません。 このように本来大家さんが支払うべき費用が回り回って入居者が支払う羽目になっているため、賃貸アパート・マンションのガス料金は都市ガスと比べると高い水準になってしまっているのです。 実はここが重要なポイントで、 プロパンガスの単価はガス会社が自由に決められるのです。 そしてもう一つ大事なポイントは、 契約者はどこと契約するかを自由に選ぶ事が出来るということです。 そのため一戸建の場合は、好き勝手に単価を値上げしたりすると別の会社に切り替えられてしまうため、過度な値上げは起きません。 この関係は、ガス会社と契約者双方に権利があるため平等と言えます。 しかし、賃貸アパート・マンションの場合、 契約者は入居者のみなさんではなく大家さんです。 つまり、 入居者のみなさんにはガス会社を自由に選ぶ権利がなく、ガス会社と入居者は平等な関係ではないのです。 利用者が不満に思っても他社に切り替えられる心配がないので、ガス会社は好きなように値上げをすることができます。 そのため賃貸アパート・マンションの相場は高い傾向にあるのです。 また、そもそもアパート物件の工事・設置費用は一戸建よりも高いという事実もあります。 このような理由から、賃貸アパートの相場は一戸建よりも高い水準にあります。 こちらのページからがいくらなのか、ご確認ください。 一つは、値下げ交渉です。 しかし、これはなかなか成功しません。 その理由は先ほどご説明したとおり、入居者とガス会社は平等な関係ではないからです。 他社への切り替えの心配もないので、ガス会社はまともに取り合ってくれません。 「平均価格です」と突っぱねられて交渉にもならない、という話をよく相談されます。 また、もし仮に値下げの交渉が成功したところで、 またすぐに値上げされてしまう可能性が非常に高いです。 そのため値下げ交渉はあまりお勧めできません。 そしてもう一つの方法が、 安くて優良な企業への変更です。 優良な企業であれば、適正な価格で供給してくれます。 また、不当な値上がりの心配もないため値下げ交渉と比較して効果的かつ効率的な方法です。 まずは、ご自宅の単価がいくらなのか、してみてください。 契約者が大家さんだからです。 しかし、大家さんは変更する事を反対するかもしれません。 なぜでしょうか。 それは大家さんとガス会社との間には深い関係性があるからです。 大家さんはガス会社にアパートの配管や給湯器の無償貸与を受けていると説明しました。 この無償貸与には実はある条件があるのです。 その条件とは、 「決められた契約期間内(普通は15年)に解約する場合は、貸与物の残存価格を支払う」ということです。 配管や給湯器の料金は従量単価に分割されこっそりと上乗せされています。 そして契約期間内で解約をする場合、負担した費用の分割払いが終わりません。 そのときに払い残った費用を残存価格と言い、契約者である大家さんはそれを支払う必要があります。 変更せずずっと使い続けていれば払わずに済んだ費用を払う事になってしまうため、大家さんとしてはできれば変更はしたくないでしょう。 また、 ずっと利用してもらうために大家さんに毎月金銭授受をしているガス会社も一部あります。 このような場合、単に大家さんにお願いするだけではうまく行きません。 そこで、大家さんとの交渉で使える3つのコツをご紹介します。 入居者全員で交渉する 入居者の一人が「ガス代が高いので安い会社に変更してほしい」とお願いしても「他の入居者からそんなことは聞いていない」と言われかねません。 そこで、他の入居者の方に協力してもらい「入居者の総意」としてお願いする方法が効果的です。 入居者の総意となれば大家さんも簡単に突っぱねることはできません。 署名を作成、提出する ガス会社の切り替えが「入居者の総意」であることを更に確かなものにするため、全員分の署名をもらい提出する事もかなりの効果があります。 また場合によっては、高いガス代が原因で転居を考えていると言ってもいいかもしれません。 大家さんにとって入居率は最も重要な事項であるため、「そこまで考えているなら..」と考え直してくれるかもしれません。 残存価格を新しいガス会社に負担してもらう 変更にあたって、残存価格の支払いは大きなネックとなります。 そこで、残存価格の支払いを新しいガス会社に立て替えてもらいます。 そうすれば大家さんは残存価格を支払う必要はありません。 また、新しいガス会社は優良企業のため、残存価格を負担しても値上げをせずに利益を出す事が出来る経営基盤を持っています。 詳しくはお電話にてご相談ください。 賃貸アパート・マンションのプロパンガス料金を安くする方法:まとめ 賃貸アパート・マンションのガス代を安くするには大家さんを説得する必要があり正直大変です。 しかし、ガス会社を変更する事で 毎月の請求額が4,000円以上安くなるケースもあります。 ご紹介した方法で頑張ってガス代を節約しましょう。 賃貸アパート・マンションの平均請求額は12,830円• 賃貸アパート・マンションのガス代が高い理由は、1.設備費用が上乗せされているから 2.入居者にガス会社を選ぶ権利がないから• 賃貸アパート・マンションのガス代を安くする最も効果的な方法は、優良なガス会社への変更• 切り替えには大家さんの承認が必要• 大家さんを説得するには入居者全員で交渉する事• 卸売企業とはプロパンガスを自社で直接輸入し調達してる会社のことです。 これとは別に、卸売会社からプロパンガスを購入し調達している会社を販売店と言います。 卸売会社は直接輸入している分、販売店よりもコストを抑えることが出来ています。 当センターではこの卸売会社をご紹介しているため、賃貸アパート・マンションのお客様に相場料金よりもかなり安い料金でご提案が可能なのです。 こちらのページで、について詳しくご説明しています。 ぜひご確認ください。

次の

一人暮らしなのにガス代が高い?!平均のガス代とガスの節約術を紹介!

プロパンガス 高い アパート

この疑問の目次• 【関連記事】2018年人気トップ5の記事 2018年の人気トップクラスの記事を集めました。 お得に、しかも安全にお部屋探しをするコツをプロが伝授します! 「」 「」 「」 「」 「」 賃貸物件を選ぶときはガスもチェック 賃貸物件を選ぶときにはガスもチェックしておく必要があります。 まずはその理由や、プロパンガスと都市ガスの違いについて見ていきましょう。 なぜガスまでチェックする必要があるのか プロパンガスと都市ガスはいずれも目的は同じで、家庭のガスコンロや給湯で使われるという点は共通していますが、主に原料・供給方法・料金体形に違いがあります。 生活する上で、料金体系と供給方法の2つについては直接の影響が考えられるため、賃貸物件を選ぶときには事前に知っておく必要があります。 毎月のガス料金や災害時の復旧などについてきちんと理解した上で契約するようにしましょう。 プロパンガスとは プロパンガスはブタンやプロパンが主成分のガスで、液化したガスを充てんしたボンベを各家庭に供給するものです。 自由料金制のためガスの価格は販売店によって異なり、基本的には自由に販売店を選んで契約を交わすことができます。 メリット ・都市ガスに比べて熱量が高い ・設置する際の初期費用が安い ・料金が交渉できる ・災害時の復旧が早い(東日本大震災の被災3県において、全面復旧までの日数はプロパンガスの方が圧倒的に短かった) デメリット ・料金が高い ・料金変動がある 都市ガスとは 都市ガスはメタンを主成分とする天然ガスで、地下のガス導管を通じて各契約者の家庭に供給されます。 公共料金のためプロパンガスに比べてガス代が安いのですが、ガスの配管が通っていない地域では利用できません。 メリット ・料金が安い ・安全性が高い デメリット ・熱量が低い ・災害時の復旧が遅い ・設置する際の初期費用が高い。 プロパンガスと都市ガスの料金比較 では、プロパンガスと都市ガスの料金を比較してみましょう。 プロパンガスの料金相場 プロパンガスの料金は基本料金と従量料金の2つから成り立っており、日本全国のプロパンガス価格の相場は、基本料金が1,890円、従量料金が523円です。 首都圏と関西圏との差は以下の通り。 首都圏の場合 首都圏の場合、基本料金が1,646円、従量料金が1㎥あたり505円なので、月間20㎥のガスを使った場合は11,746円になり、他の地域に比べると安い傾向があります。 それは、プロパンガス会社が多く競争が激しいこと、人口が多いため効率的にガスを配送できるので比較的コストがかからずに済むことが理由です。 関西圏の場合 関西圏の基本料金は1,903円、従量料金が565円で、月間20㎥のガスを使った場合は13,203円で、全国水準よりも高めです。 都市ガスの料金相場 都市ガスの場合、基本料金や1㎥あたりの単位料金は1ヵ月のガス使用量によって段階的に変わります。 さらに、単位料金は原料費調整制度に基づいて毎月調整されているため変動します。 首都圏の場合 首都圏の場合、料金は6段階に分かれており基本料金は、 0~20㎥:約745円 20~80㎥:約1,037円 80~200㎥:1,210円 1㎥あたりの基準単位料金は、 0~20㎥:約143円 20~80㎥:約128円 80~200㎥:約126円 つまり月間20㎥のガスを使った場合、1ヵ月のガス料金は約3,605円になります。 関西圏の場合 関西圏の場合、料金は8段階に分かれており基本料金は、 0㎥~20㎥:約745円 20㎥~50㎥:約1,337円 50㎥~100㎥:約1,596円 1㎥あたりの基準単位料金は、 0㎥~20㎥:約191円 20㎥~50㎥:約161円 50㎥~100㎥:約156円 つまり月間20㎥のガスを使った場合、1ヶ月のガス料金は4,565円になります。 プロパンガスと都市ガス、どちらを選ぶべき? プロパンガスと都市ガスの違いを見てきましたが、最終的に何を重視するかでどちらのガスが向いているかが分かります。 自分にとってはどちらがいいのかを考えてみましょう。 料金重視の人 都市ガスとプロパンガスの料金を比較すると、プロパンガスの方が約1. 6倍高くなっています。 また、プロパンガスは自由料金制なので料金設定が大きく異なることもあり、さらに高額になる可能性も考えられます。 ガス会社を選べると言っても賃貸物件の場合は大家さんが決めることですので、自分で安いガス会社に変更することもできません。 これらの理由から、料金を重視する方は都市ガスの物件を選んだ方がよいでしょう。 火力重視の人 プロパンガスは都市ガスに比べ約2. 2倍も高い熱量を持っており、1㎥あたりの熱量は24,000kcalです。 熱量とは、同じ体積で出せる熱の量なので、単純に火力も2倍というわけではなく火力そのものはガス機器によって異なりますが、3口コンロでも同時に強い火力で調理ができるため、いくつもの強火を必要とする飲食店などで好まれています。 このような場合はプロパンガスの物件を選んだ方がよいでしょう。

次の

賃貸アパートのプロパンガスを解約。てか、そもそも契約しない?

プロパンガス 高い アパート

投稿日:2019-06-05 更新日:2020-02-24 この記事を読むのに必要な時間は 約 7 分です。 「 月々の プロパンガス代が高すぎる!どうにかして安くできないの?」アパートやマンションにお住まいで、こんな悩みを抱えている方も多いでしょう。 結論からいいますと、集合住宅のプロパンガスの値下げは可能です! そのためにはガス会社に 値下げ 交渉をするか、 契約先を変える必要があります。 このページをご覧になっている方の中には、物件のオーナーの方もいるでしょう。 高額なガス代は入居者の退去にもつながりかねません。 マンションやアパートのプロパンガスが高いというのは、決して入居者だけの問題ではないのです。 プロパンガス代を安くしたいとお考えの方は、プロパンガス情報提供サイトのエネピを利用して、ガス会社の乗り換えを検討してみましょう! エネピは多数のプロパンガス会社と提携しており、利用者の要望に合わせて、「今よりも安い」ガス会社を無料で提案してくれます。 賃貸物件はプロパンガス代が高額になりやすい じつはマンションやアパートの場合、プロパンガス代はなんと都市ガスより 1. 5倍~2倍も高くなることがあります。 なぜ集合住宅でそんなにもガス代が高くなってしまうのでしょうか?以下に集合住宅におけるプロパンガス代事情をまとめます。 入居者が支払うガス代が高くなる理由はその 契約方法にあるのです。 新築の集合住宅では、プロパンガスを使うためにガス機器を導入しなくてはなりません。 プロパンガス会社は、契約をしてもらうためにガス機器の設置費用を会社側で負担します。 ガス機器の初期費用がまるごと浮くわけですから、大家さんや物件管理者にとっては嬉しい申し出ですよね。 しかし、これが後に大きな問題に発展することがあります。 プロパンガス会社としては、ガス機器の設置費用を負担したぶん、どこかで埋め合わせをしようとするのは当然です。 そのしわ寄せはどこへ行くのか。 それが入居者です。 ガス会社は機器の設置費用を負担する代わりに、入居者のガス代を水増しして設置費用のもとを取ろうとします。 さらに、設置費用のもとが取れたとしても、ガスの価格を値下げすることはほとんどありません。 このような仕組みで、集合住宅のガス代が高くなっているのです。 オーナーの方でも、この仕組みについて知らなかった方もいるのではないでしょうか?もしかすると、あなたの物件の入居者はガス代の値上げで不満を感じているかもしれません。 大事な入居者を手放さないためにも、 ガス代・契約会社の見直しは定期的におこないましょう。 都市ガスとプロパンガスの違いについては、こちら()でより詳しく解説しています。 「プロパンガスと都市ガスって何が違うの?」と気になった方は参考にしてみてください。 分譲マンションでもプロパンガス代は高め じつは分譲マンションでも、プロパンガス代が高く設定されていることは珍しくありません。 プロパンガス代が高いことは、賃貸住宅だけの問題ではないのです。 でも、どうして大家がいない分譲マンションでもガス代が高くなってしまうのでしょうか? その理由は、プロパンガスの契約内容にあります。 契約しているガス会社からの請求書や契約書を確認してみてください。 機器について、「 無償貸与」と記載されていないでしょうか? 無償貸与というのは、ガスを利用する際に必要な配管や給湯器、ガスコンロなどを無料で貸し出すサービスのことをいいます。 当然こういった設備を貸し出すにも費用がかかります。 ガス会社は設備の貸出費用のもとを取るために、 ガス代を値上げしているかもしれません。 こちら()を読めば、無償貸与契約のしくみについてさらに理解を深めていただけるはずです。 マンションのプロパンガス、あなたの家は高い? マンションのプロパンガス代が高いのは、ガス代が不正に、または機器の初期費用を取り戻すために値上げされているからであることがわかりました。 つぎに入居者の方が気になることは、「 本当にうちのガス代は高いのだろうか?」「 ほかの建物と比べてどれくらい高いのだろうか?」ということではないでしょうか? そこで、建物別にプロパンガスの平均価格をまとめました。 プロパンガスの請求書をお手元に準備して、以下の表とご自宅のガス代とを比較してみてください。 なお、ガス代は固定費と変動費で構成されています。 この表よりもご自宅のガス代のほうが明らかに高い場合は、ガス会社に値下げ交渉をするか、契約会社を変更したほうがよいでしょう。 マンションのプロパンガスを安くする方法 ここからは、プロパンガス代を安くするために必要な準備と、具体的な方法についてお話していきます。 現状に不満のある入居者の方、入居者から相談を受けたオーナーの方はぜひ参考にしてみてください。 改善方法1. 物件のオーナーに相談する 改善方法2. ガス会社に値下げ交渉をする 改善方法3. ガス代の安い物件に引越す 改善方法4. ガスの使用量を減らす 改善方法5. ガス会社を変更する 改善方法1. 物件のオーナーに相談する 平均価格と比べて大幅に高いとなると、すぐに値下げ交渉や契約会社の変更をしたくなると思いますが、焦りは禁物です。 まずは、プロパンガスの相場についての情報を集め、 オーナーに報告することから始めましょう。 「いちいち情報を集めてさらには報告しないといけないなんて面倒だ」と思われた方もいるかもしれませんが、 じつはこれがとても大切な下準備なのです。 なぜかというと、集合住宅の入居者はガス会社に対してとても弱い立場にあるからです。 基本的に入居者は、オーナーの許可なしにガス会社を変更することはできません。 個人でガス会社に値下げ交渉をしても「適正価格です」「原油価格の高騰により費用が変化します」などと言われてしまう可能性が高いでしょう。 集合住宅のガス契約について、 最終決定権はオーナーにあります。 プロパンガス代に悩んでいるのであれば、まずはオーナーに現状を説明し、検討してもらうことが第一です。 分譲マンションにお住まいの方は、管理組合に相談するのがよいでしょう。 改善方法2. ガス会社に値下げ交渉をする プロパンガス代を下げる方法としてまず考えられるのが「値下げ交渉」です。 ガス会社を変更することなく値段を安くできるので一番手っ取り早い方法ともいえます。 しかし、ガス会社も値下げ交渉をされたからといってすぐに了承はしてくれないでしょう。 そこで大切なのが、「 情報」と「 団結」です。 情報とは、前述したように地域のプロパンガスの相場を調べ、ご自宅のガス代と比較することです。 ガス会社に「原油価格の高騰により」といわれても対抗できるよう、相場のデータはなるべく新しいものを取得するようにしてください。 団結力とは、 同じ集合住宅に住んでいる人と力を合わせて交渉することです。 集合住宅の場合、個人で訴えを起こしたとしても「ほかの住民には不安はなさそうなので……」とオーナーもしくはガス会社に言われてしまうかもしれません。 自分だけでなく、その集合住宅に住む人の署名を用意できれば、少しでも値下げ交渉がしやすくなります。 改善方法3. ガス代の安い物件に引越す ガス代が高く、どうしても値段を下げることができないのであれば、ガス代の安い賃貸物件に引越すという選択肢もあります。 都市ガスが利用できる地域であれば、今よりも安くすることができるでしょう。 しかし、引越しには多大な費用と労力が必要ですよね。 ガス代を安くしたいからといって、引越しのためにたくさんの費用がかかっては本末転倒です。 引越しはあくまで最終手段にしておきましょう。 改善方法4. ガスの使用量を減らす すでに実践している方も多いかもしれませんが、ガスを使う量を減らすことでもガス代は安くすることが可能です。 手軽に始められるガス使用量の削減策としては以下のようなものがあります。 ・お風呂にためるお湯の量を少なくする、シャワーの時間を短くする ・料理には電気器具を使う、コンロは弱火~中火を使う ・手洗い、うがいは水でおこなう(温水を使わない) ・給湯器の設定温度を低くする ガスの使用量を減らすと確実にガス代を安くすることはできますが、一度や二度おこなっただけでは効果はあまり実感できません。 根気強く長く続けていく必要があるでしょう。 また、日常生活に少なからず我慢を強いられることにもなります。 無理のない範囲でおこなうことが大切です。 改善方法5. プロパンガス会社を変更する ガス会社が値下げ交渉に応じてくれないときや、値下げしても再び値上げされたときは、思い切って ガス会社を変更してもらうのがよいでしょう。 プロパンガス情報サイトの「エネピ」を利用した方で、ガス会社を変更しただけで年間80,000円も削減できたという成果も報告されています。 プロパンガス会社は無料で乗り換えることができます。 決してオーナーに負担がかかることではありません。 むしろ、ガス代で悩む入居者を放っておくと、 空き室の増加につながり後々のリスクが高いといえます。 高額なガス代は入居者、オーナー両者にとってデメリットとなるのです。 プロパンガス会社の乗り換えについては、こちら()でより詳しくご紹介しています。 満足のいく乗り換えを実現させるためにも、ガス会社変更時の注意点には一度目を通しておいてください。 マンション・アパートのプロパンガスは「エネピ」で安くできる 集合住宅のプロパンガス代を下げるために一番効果的なのは、 契約しているプロパンガス会社を変更することです。 しかし、集合住宅の契約しているプロパンガス会社を変更するためには、オーナーの許可が必要です。 プロパンガス代があまりにも高いと、退去者が増える原因にもなりかねません。 入居者からガス代の相談をされたオーナーの方は、すぐに契約しているプロパンガス会社を変更することをおすすめします。 プロパンガス会社の乗り換えには、ぜひプロパンガス会社紹介サイトの「エネピ」を利用してみてください。 多数のプロパンガス会社と提携しているエネピなら、 今よりも安く、安心な会社を紹介してくれます。 月のプロパンガス代がどれくらい安くなるのか、まずは相談から始めましょう!.

次の