中国 ドラマ 如意 伝 あらすじ。 如懿伝(にょいでん)の動画の日本語字幕!あらすじやキャスト相関図も

中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第1

中国 ドラマ 如意 伝 あらすじ

中国宮廷ドラマ『如懿伝~に散る宿命の王妃~』第1話、第2話をで鑑賞しました。 制作 監督 ワン・ジュン 原作・脚本 リョウ・リエンズー 出演 /フォレス・フォ/チャン・チュンニン/ドン・ジエ/シン・レイ トン・ヤオ/リー・チュン/リー・チン/ヴィヴィアン・ウー/フー・カー ジン・チャオ 第1話 如意の行方 ネタバレあらすじ 雍正(ようせい)帝の治政下、第4皇子弘暦(こうれき)は、母である熹貴妃の期待に反して、自身の妻を選ぶ「福晋選び」で、幼なじみの青桜(せいおう)をである嫡福晋に選び、証しの品の如意を授ける。 一方、は第3皇子弘時(こうじ)の二心を疑いを剥奪、その母である皇后烏拉那拉(うらなら)氏にも生涯禁足の刑を言い渡し、さらに皇后のめいに当たる青桜との婚姻を考え直すよう弘暦に強く迫るのだった。 弘暦は皇帝と交渉し青桜を側福晋とすることを認めます。 弘暦の母である 熹貴妃と 皇后烏拉那拉は険悪な仲で、 青桜が 側福晋になることを快く思いません。 正式に 側福晋となった 青桜は輿入れします。 感想 中国ドラマは初めて観ますが、 豪華絢爛で特に女優陣が美しいですね。 演じる青桜は40代ですが、童顔なので年齢不詳です。 日本の女優で例えるならばさんでしょうか。 原作者は大ヒットドラマの『宮廷の諍い女』を描いた人なので、今作も女性陣の駆け引きが楽しみです。 リンク 第2話 移り行く時代 ネタバレあらすじ 青桜が側福晋として弘暦の王府にこし入れしてから6年の歳月が過ぎたころ、かねてより病気がちだったがする。 これにより弘暦が即位し乾隆(けんりゅう)帝となるが、の唯一の皇后だった烏拉那拉氏に、皇帝の嫡母としての尊号を与えるべきだという声が朝廷から上がる。 この話を耳にした弘暦の母・鈕オ禄(におふる)氏は憤慨し、烏拉那拉氏が二度と再起できぬよう、青桜に究極の選択を迫るのだった。 弘暦は愛する 青桜を初夜の相手に選びます。 そのことを知った 福晋は内心穏やかではありませんが、正妻の風格を見せれば嫡 福晋の座は奪われないはずと自信に言い聞かせます。 そしてときは6年が経ちます。 がして弘暦が即位します。 そこで問題になるのは青桜の叔母である 烏拉那拉です。 生涯禁足の刑はがで解かれますが、烏拉那拉の扱いをどうするのか。 弘暦は 青桜のために 烏拉那拉の禁足を解きたいのですが、 の決定を尊重したい面もあり葛藤します。 また、弘暦の母である 鈕オ禄は 烏拉那拉の件で心穏やかではありません。 青桜に嫌がらせをします。 烏拉那拉は 青桜に母 后皇の尊号をいつ与えれくれるのか訴えます。 烏拉那拉の望みは と合葬されることです。 の死に悲しんでいましたからね…。 青桜は弘暦に 烏拉那拉を行宮に移すことをお願いします。 皇として 行宮に安住させれば尊号を与えずとも大臣たちは納得して、尊風に反対する人たちも納得するからです。 烏拉那拉と 鈕オ禄の対立も避けられるはずだと説得します。 それを知った 鈕オ禄は大激怒。 青桜を部屋に呼びつけます。 鈕オ禄は 烏拉那拉が 青桜の後ろ盾を期待して、尊号なしで行宮で穏やかに過ごすとは思えないのです。 鈕オ禄は 烏拉那拉を殺すか、 青桜が死ぬかの選択を迫ります。 青桜は死を選び、 烏拉那拉 が と合葬されることを願います。 次回は 青桜か 烏拉那拉が死ななければなりません。 主人公の 青桜が死ぬことはありえませんが、 烏拉那拉 が死ぬとしたら 青桜は深く傷つくことになります…。 感想 中国ドラマは初見なのでまだストーリーに入っていけず、ドロドロの大奥物なのかなぁと感じながら見ています。 これから 青桜が聡明さを活かして覚醒していくでしょう。 青桜 がどう変貌していくのか楽しみです。 そして何と言ってもがとても綺麗!中国には美人女優が沢山いますが、童顔なのに凛として芯がある女性像があります。 表情ひとつひとつをウットリと眺めてしまいます。 の美しき諜報員を演じている『サイレント・ウォー』は、彼女の美しさを堪能するだけでも一見の価値がある作品です。

次の

中国宮廷ドラマ「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」第61

中国 ドラマ 如意 伝 あらすじ

2019年5月25日、日本でもテレビ放送がスタートした中国時代劇ドラマ「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」だが、そのサブタイトルが壮大すぎるとしてネットユーザーの間で話題の的になっている。 「如懿伝」は昨年、中国でヒットした時代劇ドラマ。 清朝・乾隆帝の宮廷を舞台に、主に映画で活躍する人気女優ジョウ・シュン(周迅)がヒロインを演じている。 25日にWOWOWでオンエアを迎えたこのドラマだが、中国や台湾のネットユーザーがそのサブタイトルに注目。 真っ先に上がったのが、「王妃は間違い」「皇帝の妃なら皇妃だろ」というもの。 さらにそのオーバーな表現が、「中二病にもほどがある」「これは壮大なネタバレ」「ものすごく日本っぽい」「日本人はほんとに紫禁城が好きだ」などと、話題になっている。 日本に上陸したドラマのタイトルが話題になったのは、これが初めてではない。 昨年、「如懿伝」と同時期にヒットした「延禧攻略」は、「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」のタイトルで先にオンエアされている。 このタイトルが分かった時も、ネットユーザーの間で「熱すぎる」「これでもか!という感じがすごい」などとホットな話題になった。 これ以外にも、これまでに日本で放送されてきたドラマでは、「還珠姫~プリンセスのつくりかた~」「宮廷の諍(いさか)い女」「永遠の桃花~三生三世」とタイトルが明らかになるたび話題に。 「逆に楽しみだ」という声も聞かれるほど、日本上陸後のタイトルの奇抜さはネット上で知られるところとなっている。 (Mathilda) あわせて読みたい•

次の

女医明妃伝

中国 ドラマ 如意 伝 あらすじ

2019年5月25日、日本でもテレビ放送がスタートした中国時代劇ドラマ「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」だが、そのサブタイトルが壮大すぎるとしてネットユーザーの間で話題の的になっている。 「如懿伝」は昨年、中国でヒットした時代劇ドラマ。 清朝・乾隆帝の宮廷を舞台に、主に映画で活躍する人気女優ジョウ・シュン(周迅)がヒロインを演じている。 25日にWOWOWでオンエアを迎えたこのドラマだが、中国や台湾のネットユーザーがそのサブタイトルに注目。 真っ先に上がったのが、「王妃は間違い」「皇帝の妃なら皇妃だろ」というもの。 さらにそのオーバーな表現が、「中二病にもほどがある」「これは壮大なネタバレ」「ものすごく日本っぽい」「日本人はほんとに紫禁城が好きだ」などと、話題になっている。 日本に上陸したドラマのタイトルが話題になったのは、これが初めてではない。 昨年、「如懿伝」と同時期にヒットした「延禧攻略」は、「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」のタイトルで先にオンエアされている。 このタイトルが分かった時も、ネットユーザーの間で「熱すぎる」「これでもか!という感じがすごい」などとホットな話題になった。 これ以外にも、これまでに日本で放送されてきたドラマでは、「還珠姫~プリンセスのつくりかた~」「宮廷の諍(いさか)い女」「永遠の桃花~三生三世」とタイトルが明らかになるたび話題に。 「逆に楽しみだ」という声も聞かれるほど、日本上陸後のタイトルの奇抜さはネット上で知られるところとなっている。 (Mathilda) あわせて読みたい•

次の