あつ森 博物館 坂道。 【あつ森】おしゃれな博物館周辺のレイアウト集

【あつ森】博物館の移動マスの大きさとおすすめの場所

あつ森 博物館 坂道

こんにちは、『 あつまれどうぶつの森』 (以下、あつ森)にドはまり中の 主婦ブロガーmyme(マイミー) です。 というのも、家や施設の移動、橋や坂の建設には 膨大なベルがかかるので ( 橋・坂に関しては一度建設すると移動はできず、撤去のみという厳しい仕様)、ある程度計画性を持って街づくりをしないと、 やり直しが非常に大変なのです。 島クリエイト前の島 島構想の前に、筆者の島がもともとどんな形をしていたのかを紹介します。 じゃん!! 飛行場から案内所までの距離は比較的離れているタイプで、河口は左上と右下にありますね。 右上の地形が高くなっており、滝が3つありました。 ちなみに厳選はせず1発で選んでしまいました…笑 この島のお気に入りスポットは、 マップの左端中央にある出っ張り部分です。 左の海辺のカフェと空港から案内所までの間の広場づくり、博物館・自宅・住民の家の移動などに着手。 また、中央を斜めに流れていた川の存在感が大きすぎたため一旦塞ぎました。 その後、中央エリアの開拓をしようと考えましたが、エイブルシスターズ(服屋)とたぬき商店、中央に固まる住人の家の場所がいまいちで行き詰ってしまいました…。 現時点で決まっている構想としては、右側が 和風・温泉エリア、左側が ヨーロッパ風エリアというかなりざっくりとしたもの。 ただし、ヨーロッパ風エリアについては、 フランスの「 コルマール」という川沿いにカラフルな家々が連なった おしゃれで可愛らしい街をイメージしています。 フランス・コルマールの川沿い 難しいかな~~?笑 さて、前置きが長くなりましたが、ここから島構想を練っていきたいと思います。 島構想には、『』というwebで無料公開されている島構想ツールを使わせていただきます。 あれこれ詰め込んで再現できるのかな~?という感じですが、コンセプトとして、一つ一つをあまり壮大にしすぎず、コマコマと色々作っていければいいなぁと考えています (ミニチュアの模型みたいに)。 左上と右下の河口を繋げながら、住宅街を組み込んでみました。 灯台とかも置いてみようかな~~? 日本レトロエリア・海辺 右下の河口の右側、右下エリアは、あまり具体的には決まっていませんが「 日本のレトロエリア」を構想しました。 たぬき商店の外観は改装後もどちらかと言えば和風っぽいので( とくに「たぬき商店」のロゴが)、それに合わせた日本エリアを作ろうと思いました。 合わせて、その下に位置するビーチを日本のよくあるちょっとレトロなビーチにしようと構想中です。 ここの地形は、もともとの島の地形をできる限り残してみました。 でもだいぶ変わってるな… 今はまだいないのですが、和風の外観をした家に住む住人を呼びこんで、温泉エリアに住んでもらおうと計画中…笑 温泉エリアに小さくひいた川と滝、池を利用して中庭を作れたらいいなぁと考えています。 和風アイテムがまだあまり揃っていないので、着手は先になりそうです。 高台の大きな家(自宅) 自宅は高台に置くのがかねてからの憧れでした。 自宅後ろには小さな プライベートビーチを配置させます。 敷地を多めにとっているので。 ちょっとした カフェスペースを作るのもアリかも。 余裕があれば小さな池、その周りにテーブル、蝶の模型や小さめの化石を並べた休憩所も作りたいです。 自然豊かなキャンプサイト キャンプサイトを森に作るか・海辺に作るか迷った挙句、 森にも海にも面している場所に作ろう! と欲張った結果、左上の位置になりました。 ヤシの木を多めに生やし、みんなが集える開放的なビーチを目指したい。 といってもこれといって特別なアイディアは考えていません…笑 素敵なアイテムを揃えないと! マップの左下と中央住宅街の後ろにある空間は、今のところ未定です。 と、島構想はこんな感じです。 妄想だけが壮大に膨らんでしまいましたが、果たして形になるのか…?笑 お気づきの方もいるかもしれませんが、現在のマップと比べると、 自宅・住人の家、施設全て移動が必須となってしまったので、カブでお金を稼ぎつつ、ゆっくりマイペースに街づくりをしていこうと思っています。 hotaru-mm.

次の

<あつ森>島クリエイター、橋や坂の勧め、最大設置数!

あつ森 博物館 坂道

こんにちは、『 あつまれどうぶつの森』 (以下、あつ森)にドはまり中の 主婦ブロガーmyme(マイミー) です。 というのも、家や施設の移動、橋や坂の建設には 膨大なベルがかかるので ( 橋・坂に関しては一度建設すると移動はできず、撤去のみという厳しい仕様)、ある程度計画性を持って街づくりをしないと、 やり直しが非常に大変なのです。 島クリエイト前の島 島構想の前に、筆者の島がもともとどんな形をしていたのかを紹介します。 じゃん!! 飛行場から案内所までの距離は比較的離れているタイプで、河口は左上と右下にありますね。 右上の地形が高くなっており、滝が3つありました。 ちなみに厳選はせず1発で選んでしまいました…笑 この島のお気に入りスポットは、 マップの左端中央にある出っ張り部分です。 左の海辺のカフェと空港から案内所までの間の広場づくり、博物館・自宅・住民の家の移動などに着手。 また、中央を斜めに流れていた川の存在感が大きすぎたため一旦塞ぎました。 その後、中央エリアの開拓をしようと考えましたが、エイブルシスターズ(服屋)とたぬき商店、中央に固まる住人の家の場所がいまいちで行き詰ってしまいました…。 現時点で決まっている構想としては、右側が 和風・温泉エリア、左側が ヨーロッパ風エリアというかなりざっくりとしたもの。 ただし、ヨーロッパ風エリアについては、 フランスの「 コルマール」という川沿いにカラフルな家々が連なった おしゃれで可愛らしい街をイメージしています。 フランス・コルマールの川沿い 難しいかな~~?笑 さて、前置きが長くなりましたが、ここから島構想を練っていきたいと思います。 島構想には、『』というwebで無料公開されている島構想ツールを使わせていただきます。 あれこれ詰め込んで再現できるのかな~?という感じですが、コンセプトとして、一つ一つをあまり壮大にしすぎず、コマコマと色々作っていければいいなぁと考えています (ミニチュアの模型みたいに)。 左上と右下の河口を繋げながら、住宅街を組み込んでみました。 灯台とかも置いてみようかな~~? 日本レトロエリア・海辺 右下の河口の右側、右下エリアは、あまり具体的には決まっていませんが「 日本のレトロエリア」を構想しました。 たぬき商店の外観は改装後もどちらかと言えば和風っぽいので( とくに「たぬき商店」のロゴが)、それに合わせた日本エリアを作ろうと思いました。 合わせて、その下に位置するビーチを日本のよくあるちょっとレトロなビーチにしようと構想中です。 ここの地形は、もともとの島の地形をできる限り残してみました。 でもだいぶ変わってるな… 今はまだいないのですが、和風の外観をした家に住む住人を呼びこんで、温泉エリアに住んでもらおうと計画中…笑 温泉エリアに小さくひいた川と滝、池を利用して中庭を作れたらいいなぁと考えています。 和風アイテムがまだあまり揃っていないので、着手は先になりそうです。 高台の大きな家(自宅) 自宅は高台に置くのがかねてからの憧れでした。 自宅後ろには小さな プライベートビーチを配置させます。 敷地を多めにとっているので。 ちょっとした カフェスペースを作るのもアリかも。 余裕があれば小さな池、その周りにテーブル、蝶の模型や小さめの化石を並べた休憩所も作りたいです。 自然豊かなキャンプサイト キャンプサイトを森に作るか・海辺に作るか迷った挙句、 森にも海にも面している場所に作ろう! と欲張った結果、左上の位置になりました。 ヤシの木を多めに生やし、みんなが集える開放的なビーチを目指したい。 といってもこれといって特別なアイディアは考えていません…笑 素敵なアイテムを揃えないと! マップの左下と中央住宅街の後ろにある空間は、今のところ未定です。 と、島構想はこんな感じです。 妄想だけが壮大に膨らんでしまいましたが、果たして形になるのか…?笑 お気づきの方もいるかもしれませんが、現在のマップと比べると、 自宅・住人の家、施設全て移動が必須となってしまったので、カブでお金を稼ぎつつ、ゆっくりマイペースに街づくりをしていこうと思っています。 hotaru-mm.

次の

「あつまれ どうぶつの森」は「博物館」が史上最高にアツい!

あつ森 博物館 坂道

Nintendo Switch「あつまれ どうぶつの森」(以下「あつ森」)の世界的なブームはどこまで広がっていくのだろうか。 5月2日、アメリカのニューヨークにあるメトロポリタン美術館がというニュースが駆け巡った。 この参入によって、同美術館収蔵の約40万点の作品を「あつ森」で公式に取り込めるようになった。 つまり、を待たずして、世界の名だたる美術品が「あつ森」で鑑賞できるというわけだ。 しかし、これらを最大限楽しむにはちょっとコツがいる。 スマホ連動機能「タヌポータル」を含めた「マイデザイン」を最大限駆使しないといけないし、メトロポリタン美術館のサイトから何をどのように検索し、どうやって「あつ森」用にセッティングするのかもある程度知識が必要だ。 そこで本稿では、このメトロポリタン美術館参入を記念した「メトロポリタン美術館作品を100%楽しむためのガイド」をお届けしたい。 「あつ森」を始めたばかりの人にもわかるよう、その手順をいちから解説していく。 ステップ1:「あつ森」と「タヌポータル」を連動させる メトロポリタン美術館のシェアボタンを使うためには、「あつ森」の「マイデザイン」機能が必要になる。 「マイデザイン」そのものはゲーム内の最序盤から利用できるが、ポイントは「タヌポータル」が利用できるかどうかだ。 「タヌポータル」は、スマートフォンアプリ「Nintendo Switch Online」内にあるゲーム連携サービスで、「あつ森」で手続きを完了させると使えるようになる()。 なお、機能を利用するためにはNintendo Switchのオンラインサービス「Nintendo Switch Online」への加入(有料)が必要になる。 手続きを終え、スマートフォンアプリ「Nintendo Switch Online」に「あつ森」の項目が登場して「タヌポータル」が起動できるようになったら、ついに準備完了だ。 「タヌポータル」でゴッホの「自画像」を取り込んだところ。 しっかり作品名も表記される 「タヌポータル」からの手順はとても簡単だ。 「タヌポータル」内で「マイデザイン」を開き、スマホのカメラ機能を使ってQRコードを読み取る。 データを取り込めたことを確認したら、今度はNintendo Switchの「あつ森」を開く。 「あつ森」内でスマホメニューを開き、さらに「マイデザイン」を開く。 「タヌポータル」と連動できていれば、この画面から+ボタンで「ダウンロード」ができる。 すると、先ほど「タヌポータル」に登録したデータが「あつ森」の中に取り込めるというわけだ。 取り込んだデータは書き換えこそできないが、他のマイデザインと同じ扱い。 イーゼルに飾ったり、壁にかけたりすることで、ついにメトロポリタン美術館作品を「あつ森」で堪能できるようになった。 思い切って「MET部屋」を作ってみる せっかくなので、メトロポリタン美術館(略称はMET)の作品を最大限活かした「MET部屋」をマイホームに作ってみたい。 40万点ある作品群の中には、「メトロポリタン美術館を訪れたら必見」クラスの名画が多くランナップされている。 中でも個人的なおすすめ作家は以下の通りだ。 ・ラファエロ(raffaello) ・ルーベンス(rubens) ・ベラスケス(velazquez) ・ダヴィッド(david) ・ルノワール(renoir) ・クールベ(courbet) ・シスレー(sisley) ・マネ(manet) ・ゴッホ(gogh) ・ゴーギャン(gauguin) ・モロー(moreau) ・ミレー(millet) ・ドガ(degas) ・セザンヌ(cezanne) ・クリムト(klimt) ・葛飾北斎(hokusai) ・写楽(sharaku) ざっとこんな感じだ。 検索は当然英語なので、作家名も英語で入力する必要がある。 上には英語名も併記したので、大いに役立てていただきたい。 作品の色合いによってはジェネレーター上でほぼモノクロに近い状態になってしまう場合もあるが、陰影はしっかりと再現されるので、「あつ森」に持ってくると意外に悪くなかったりする。 ルノワールが描く女性をアップにしてみたり、セザンヌの静物画は全体を取り込んでみたり。 作品に合わせてトリミングに気を遣いながら、「ここ」と思うポイントでQRコードの読み込みを行なう。 そして、検索とトリミングをどんどん繰り返し、今度は作品をマイホームの壁に飾っていく。 海岸でセザンヌを眺める風景 今回、メトロポリタン美術館の収蔵作品に何があるかを調べるところから作業をスタートさせたが、オープン化されていない作品も含め、西洋絵画の知識をかなり得た実感がある。 「メトロポリタン美術館で見ておくべき作品は?」と聞かれたらすでにある程度答えられるし、筆者の「MET部屋」を見てもらえれば、ある程度の予習にもなってしまう。 この、文化的な充足感が心地いい。 新型コロナウイルスの影響で、メトロポリタン美術館自体は休館となっている。 だからこその今回の施策だと思われるが、無事警戒期間を終え、大手を振って世界を歩けるようになった際は、「ぜひメトロポリタン美術館を訪れて本物を鑑賞したい」と思っている自分がいる。 その点で、メトロポリタン美術館の取り組みは大成功と言えるだろう。

次の