トランペット 高 音域 出し 方。 高音域(ミックスボイス、ミドルボイス)が出せる方に質問です。

トランペットの高音が楽に出せないときに確認すること|トランペットおじさんのブログ

トランペット 高 音域 出し 方

高音の出し方を間違うというより、高音を吹く息のスピードや唇の力を中音域で使ってることが言えると思います。 アパチュアが細くなると息のスピードが増すことで高音が吹ける 出せる条件 ようになりますが、この細くする方法には2つあります。 無意識に誰でも陥る方法です。 なぜなら音が出るように練習すればなるし、高音はキツイというイメージがあるからです。 ですが、出るようになってもバテるのが早いとか 頭がくらくら等 になるんです。 唇が硬いと唇は振動しにくい状態なので、軽く息を吹き込んでも音はでないと思います。 試しに、深呼吸とタンギングしないで小さい音吹けますか? トランペットを吹こうと思わなくてもマウスピースを唇にあてたら音がでたという状態が望ましいです。 【力を抜くと、変な音しか出ない】 力の抜きすぎと言うよりも、先に書いた口輪筋が作用していないと思うます。 低音域からタンギングしないで音を出す練習をしましょう。 もし、音が出なくても唇を横に引いたり音が出やすいように息を強めたりしてはいけません。 音が出るようになるまで息を吹き込むことに集中しましょう。 トランペットを吹こうと思わないことが重要です。 こうすることで吹奏感 吹いてるときの感じ が違ってきて、唇の両端が痛くなると思いますが正解です。 音が出てるときはアパチュアに向かい周囲の筋肉が均等に作用している状態です。 口をすぼめてはいけませんが、すぼめた感じはすると思います。 中音のGまでは吹けるようにしましょう。 そして吹けるようになるとリップスラーを併用して練習していきます。 低音域から始めて中音域のC 実音Bb までは、マウスピースの圧力は厳禁です。 この練習を毎日することで高音の練習をしなくても吹けるようになります。 なぜなら、フルに口輪筋が作用するようになれば今まで出たことがない高音も出るようになるものです。 要は、高音域を吹く力を中音域で使ってるといことです。 それはただ単に力入れ過ぎですよ。 大丈夫ですよ、その年のトランペット吹きは 皆その悩みがあります。 ですが、高音は出したいんですよね? そのためには、面倒くさいですが、基礎練をちゃんとしましょう。 一番最初に吹くときは、中音域からだんだん高音域まで、 広げていきましょう。 そして一番の決め手がリップスラーです。 これはやった方がいいでしょう。 簡単なのは、まずドソドミと上がり、ドソドと下がります。 これは滑らかにきれいにできたらどんどん音域を広げていきましょう。 毎日練習すれば、1か月ぐらいでハイEは出るんじゃないでしょうか?(早ければ) 吹き方はよっぽどのことがなければ間違ってはいませんよ。 コツは低音は舌の位置を「お」の発音の位置。 高音は「い」の位置に持ってきてください。 では、地道に頑張ってください。 ファイト!!.

次の

これで解決!フルート初心者の悩み(高音の出し方

トランペット 高 音域 出し 方

唇を指に当たるとか、げんこつを作って指マウスで音を出すとかして、また、マウスピースを当ててください。 そんなことしていると、突然「ブォォォン」と出たりします。 不思議なことに、マウスピースだけだと、結構「ぶーぶーぶー」と音が出ていても、楽器に付けると「プスースーッ」と音にならないことが多いです。 でも気にせず、なんとか「音」になるポイントを探してください。 こればかりは、体つき、歯の形、唇の形など個人差が大きくて、手取り足取り教えられません。 マウスピースを当てる角度や唇をとんがらせたり、下唇で押してみたり、とにかく何でも良いので、「音」になるポイントを探し当ててください。 人によって違うと思ってください。 ここだけは、自分だけの練習ですね。 「響け!2」のコマーシャルに入る前に、各楽器のスケールが入りますね。 さすが音楽大学の音。 良い音です。 あれをイメージして、吹いてみましょう。 一息で吹くので、そこそこ速度が要ります。 吹く息量と、指使いフィンガリングが重要になってきます。 ゆっくり吹くのとはまた違った力が必要です。 ゆっくりと長く同じ音を出す時は、音を出している最中に大きくなったり小さくなってはだめで、同じ音を吹き始めた瞬間から止める直前まで吹くと言うことです。 下手なときは、吹き始めが強く高めになったり、終わり頃は息切れで、高くなるか、ぷすっと音にならないか。 途中は、音を探して高くなったり下がったり、意図しないビブラートが入ったりします。 それをそうならないように練習します。

次の

【トランペット】俺がたどり着いた高音の出し方と道のり【ハイノート】

トランペット 高 音域 出し 方

特にリップスラーや高音域の出し方として強調される事の多い、「シラブルの利用」。 ここでは、「シラブル」に頼りすぎるによる弊害について、私の見解を述べてみたいと思います。 特に、「舌を上げているのに高音が出るようにならない」「これ以上舌は上がらないが、もっと高い音を出したい…」という悩みを持つ方のご参考になればと思います。 よくある「シラブル」論 一般に説明されるのは、 ・「高い音ほど舌の位置を(意識的に)高くする」 ・「高音域に行くにつれて、ア、エ、イ、のように舌を上げていく」 ・「リップスラーは、アイアイアイ…のようにシラブルを使う」 ・「音の高さにより、舌の高さは決まっている」 のようなものであろうと思います。 舌の高さや位置を意識的に動かす事によって、音の高さを変化させる方法です。 これには一定の効果があると思いますが、同時に、これに頼るがあまりに生じる弊害もあろうかと私は思います。 典型的な弊害例 よくある弊害の例は、高い音に行くにつれて舌を上げて行き、例えば高いソやハイBくらいで舌はかなり上がり切っている。 でも、もっと高い音を出したい…。 舌をもっと上げるのはもうすでにできないが……どうしよう…。 という状況。 次の動画のような状態です。 (右手は、舌の高さを示しています。 ) これは典型的な例かもしれません。 こういった場合、よくあるのは、音が上がるにつれてもっと息を強く押し込む事によって対処していくこと(またはそれが方法として推奨される)かもしれません。 しかしながら、それもどこかでやがて限界が来ることになります。 舌の高さ(位置)はバランスの1つに過ぎない このような状況に陥った時に立ち返るべき点は、 ・ 舌自体は音を出さない ・ 舌の高さは音の高さに関わる要素の1つに過ぎない という点ではないかと思います。 舌自体は、音の原動力ではありません。 つまり音に関わる現象の主導をとるものではありません。 そして、 舌の高さは、音の高さを決定づける唯一の要因かと言えば、そうではありません。 例えば、真ん中のソからドに上がる、という同じ結果を作るためには、2つの異なるバランス状態があり得ます。 1つは、舌を結構上げる状態。 もう1つは、舌は少しだけ上がる状態。 次の動画のようになります。 前者は、 シラブルを意識的に操作するあまり、舌の高さの大きな変化を主導として、それとバランスをとるようにして息や唇の状態があります。 後者は、逆に、 息の流れを主導としており、その結果、舌の高さや唇の変化はあまり起きないで済むバランスがとれています。 当然ながら、後者の方が、舌の高さの変化が少なく済んでいるので、広い音域をまかなう余裕があります。 次の動画は、 ・あくまで息を主導とすることにより、舌の高さはそれほど大げさに使わずにハイBまで上がっている状態 ・舌の高さを大げさに使うあまりに、むしろ音が出なくなる状態 を続けて比較したものです。 次は ・ハイBですでに舌が上がりきっているためにそれ以上は無理な状態 ・ハイBではそこまで上がらずに済んでいるのでその先がある状態 とを実演したものです。 さらに次の動画では、音の高さが上下するリップスラーでの、 ・舌の大げさな変化に頼っている状態 ・息の機能によって、舌の動きは最小限で済んでいる状態 との比較です。 私の理解 私の理解は、 ・ 舌の高さは、音の高さを変える主要因にはしない方が良い(なぜなら、 最小限の動きで済む最適なバランスから外れることになるから) ・ 息の機能を理解することにより、舌の高さは最小限で済むようになる ・ 舌の高さの最小限の動きは、すなわち、広い音域をまかなうための余裕となる というものです。 もちろん音が高くなれば、相対的には舌の位置は高くなっていきます。 しかし、 できるだけ息を機能させ、舌の動きが最小限で済むバランスを見つけていくことが、むしろ広い音域をまかなう助けとなる、と私は考えます。 それによって、シラブルの変化はむしろ少なくて済み、より広い音域をまかなう事へつながります。 また、舌の高さと息の強さを手掛かりとして音域を得ていくのではなく、 スムーズで楽な息のまま楽器のツボで楽器を共鳴させる、ということをしていけば、その時、結果的に舌の位置は決まってくるものだと思います。 そしてさらに、ツボで楽器を共鳴させるということが効率よく(無駄なく)できるようになってくればくるほど、舌の大げさな動きは減ってくるものではないでしょうか。 シラブルの大きすぎる動きに頼る事は、実際には、息を主導としてコーディネーションを生むことによる効率性(舌や唇はそれほど動かずに済む)から、自ら外れる状態を作り出す、と私は考えます。 バランス関係の中にある一部分を強制的に操作する事となり、それにより、全体としての最適なバランスは生まれず、限定的な範囲内での結果は得られるものの、ある一定の範囲より外のレベルの事には対応が困難になる、と私は考えています。

次の