マカフィー 更新。 マカフィー リブセーフをコンビニ払いで更新する

富士通Q&A

マカフィー 更新

Contents• ウイルス対策ソフトに「マカフィー リブセーフ」を利用中 今までソースネクストやノートンなどいろいろなウイルス対策ソフトを利用していますが、最近では「マカフィー リブセーフ」をセキュリティソフトとして利用しています。 あちこちでハッキング被害やウイルスメールなどが氾濫し、個人がいくら気をつけても防ぎきれない現在、ウイルス対策ソフトを利用するのはもはや常識になっています。 そんな中、有効期限がまもなく切れるというメッセージが表示されるようになり、契約更新か新規購入をしないといけなくなりました。 ああ・・・もう契約切れか・・・。 めんどくさいなあ・・・。 更新は結構高い 更新のボタンを押すと、1年版5,746円という案内がでてきます。 うーん・・・確かに安いかなあ・・・。 でも待ってください。 この更新、決して安くないんです。 ここでは3年版を探したほうが実は得だったりします。 「マカフィー リブセーフ 3年版」 を調べる マカフィー リブセーフには「1年版」のほかに 「3年版」が実は存在します。 「マカフィー リブセーフ 3年版」で検索するとあるある。 いくつもでてきます。 しかも値段はピンキリ。 3年+1年なんてのもある・・・。 しかも安い。 旧作になるとかなり安いんですね。 ダウンロード版なのできっと内容それほど変わらないと思われ。 いろいろ検討した結果、最新の2019年版に決定。 しかもクーポンで1,000円OFFできるので 7,000円で購入できるじゃないか。 これ、3年間ですよ。 マカフィーリブセーフ 3年版 2019を購入 今回は楽天ブックスでクーポン利用で購入することにしました。 さらにポイントがつくのでめっちゃ安い。 更新ならたった1年で5,746円かかるところだったけど、これなら1年あたり2,334円以下。 ナニゴトもチャレンジしたがる1973年信州生まれ。 趣味のけん玉は4段。 (出張指導やイベント依頼も絶賛受付中!) 筒けん開発~販売中です。 このブログは管理人の思ったことや感じたこと、忘れないように記録しておくことなどを目的に開設しています。 情報が古いものも含まれることがありますのでご了承ください。 なお、記事は事前の告知なく削除されることがあります。

次の

マカフィー リブセーフをコンビニ払いで更新する

マカフィー 更新

関連記事• なぜマカフィーがプリインストールされているのか まずは、どうしてマカフィーがインストールされているのか、その背景にある事情を説明します。 更新料で収益を上げるビジネスモデル マカフィーの「試用版」あるいは製品版をプリインストールしているパソコンメーカーは多くあります。 プリインストールされているセキュリティソフトは、ほとんどがマカフィーです。 ドスパラのPCにもマカフィーが漏れなく付いてくる プリインストールとして採用してもらうには、ソフト会社からパソコンメーカー側に販促費などが支払われる場合も多いため、メーカー側にも採用するメリットがあります。 一方、プリインストールされているソフトは、使用期限が切れるとユーザーがお金を払って契約更新する可能性がとても高いです。 セキュリティソフトのメーカー側にとっても、お金を払ってでも「いれてもらう」ことで売上に繋がる期待があります。 不要だと感じる場合の対処方法 ですがそんなプリインストールのソフトを「いらない」と感じる人も多いでしょう。 マカフィーが不要の場合の対処方法を紹介します。 いらないならアンインストールすべき マカフィーが不要な場合は、アンインストールして何の問題もありません。 今はWindows10にというウイルス対策機能が標準で付いており、アンインストールしても最低限のセキュリティ対策が出来るようになっています(マカフィーよりはセキュリティは多少劣る) Windows Defender 特にPCに詳しくないユーザーの場合、マカフィーの期限切れに気づかず使い続けてしまうケースもあるようです。 そうするとセキュリティ上「 非常によろしくない」ので、それならばマカフィーをアンインストールしてWindows Defenderに頼った方が圧倒的に良いです。 また、以前使っていたPCで使っていたセキュリティソフトなど、自分で用意したものがあれば代わりにインストールしてもOKです。 セキュリティソフトは「併用」するとトラブルが起こるので、マカフィーをアンインストールしてからインストールしてください。 関連記事• 期限が切れるまで使い続けるのがお得 一部メーカーのプリインストールは「試用版」ということで使える期間が短いですが、中には1年や3年と長い期間使えるものもあります。 例えば3年版のマカフィーの場合、定価は7980円です。 それならば最後まで使い続けた方がお得ではないでしょうか。 マカフィーより良いソフトはたくさんある 期限が切れた時の「更新」については、よく検討することをおすすめします。 マカフィーよりも「良い」セキュリティソフトもありますし、値段が安いものもたくさんあります。 特にマカフィーの更新用ライセンスは値引きが少なく割高です。 マカフィーを使い続けるにしても、更新版ではなく自分で製品版のライセンスキーを買ってきた方がお得な場合も多いです。 関連記事•

次の

マカフィー インターネットセキュリティの口コミ・評判 | みん評

マカフィー 更新

PCにクレジットカードの情報を入れたくないのでコンビニ決済で延長してますが、毎回わからなくなるので自分用備忘録です。 まずリブセーフを開きます。 メールアドレスが登録されてない場合はまず「マイアカウント」に進みます。 このウインドウでアカウントを作成します。 登録が終了するとアドレスが表示されるようになります(残り日数が減ってるのは気にしないでください)。 あとは燦然と輝く「契約を更新」に進めばよろしいように思えますが… このルートだとコンビニ払いが選択できません;-A- そうではなく直接ブラウザからマカフィーのページに進みます。 こちらから購入ページに進みますが、大きく製品PRしてますので迷わないハズ。 購入ページに進むと更新対象となる契約(PC)を選択できます(いきなりログイン状態になってますが、こうなる前にログインを求められるかもしれません)。 もちろん3年更新も1年更新も選べます。 こちらだとコンビニ払いが選択できます。 まあいいか;-A- accs2014.

次の