桑田 佳祐 オリンピック 応援 ソング。 桑田佳祐が「一緒にやろう2020」応援ソング“SMILE~晴れ渡る空のように~”であらゆる垣根を超えたその素晴らしさについて(swpregional.cccco.edu)

桑田佳祐の東京オリンピック応援ソングの歌詞!「一緒にやろう2020」

桑田 佳祐 オリンピック 応援 ソング

その応援ソングを桑田佳祐さんが担当することになり、東京オリンピック開催まで 半年となった2020年1月24日に、「一緒にやろう2020」の応援テーマソング「SMILE~晴れ渡る空のように~」が、全国民放114局で同時に生放送され、初披露されました。 東京オリンピックを、盛り上げてくれる素晴らしい曲です。 生出演した桑田佳祐さんは、番組でこのように語っていました。 今回、このような大役を仰せつかりましてですね、大変光栄でした。 かなりプレッシャーはありましたけど、今日という日を目指して、楽しく曲作りができました。 日本が、被災地が、地球の未来が明るくなりますように。 初めお披露目されて、歌詞が明らかになった「一緒にやろう2020」の応援テーマソング「SMILE~晴れ渡る空のように~」 思わず口ずさんでしまうような曲で、カラオケや様々な場所、場面、機会に歌われそうですね。 東京オリンピックの光景が、目前に広がってくるような歌詞です。 まとめ 桑田佳祐さんの東京オリンピック応援ソング「SMILE~晴れ渡る空のように~」は、歴史に残る歌ですね。 覚えやすい歌詞なので、カラオケで歌うと盛り上がりそうです。 東京オリンピック後も、ずっと愛され続ける曲となるでしょう。

次の

桑田佳祐の東京オリンピック民放応援ソングはイマイチ?カッコイイ!|アレって気にならない?

桑田 佳祐 オリンピック 応援 ソング

1月24日、民放各局が足並みをそろえて一斉放送した『一緒にやろう2020大発表スペシャル』に出演した桑田は、この楽曲タイトルを紹介するとき、そんなふうに告げていた。 「一緒にやろう2020」は、半年後に迫った2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて様々な取り組みを行っているプロジェクトだが、その応援ソングについては各局の代表が話し合った結果、全会一致で桑田にオファーすることが決定したという。 《私とあなたが 逢うところ/ここから未来を 始めよう》。 スペシャルムービーのなかで1コーラス目のブリッジを歌うとき、桑田は立ち上がってくるリズムに身を委ねる素ぶりを見せ、未来に向けられたこの曲のメッセージを力強くドライブさせている。 さまざまな思想・文化的背景を持つ人々の出会いの機会としてオリンピック・パラリンピックを捉え、《愛情に満ちた神の魔法も/悪戯な運命(さだめ)にも/心折れないで/でなきゃ勝利は無いじゃん!! 》といったふうに、ときには生活を脅かす神の悪戯=天災を掻い潜って生きる人々に思いを馳せている。 《栄光に満ちた者の陰で/夢追う人達がいる/いつも側(そば)に居て/共にゴール目指して》という箇所では、勝者に限らず誰もが努力を重ねている日々を、そしてアスリートたちを陰で支える人々たちの暮らしを、見つめているのである。 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催が決定してからの日本社会は、果たしてその祭典に向けた一枚岩の目的意識をもって動いていただろうか。 正直なところ、僕自身は日々のニュースに触れてモヤモヤ、イライラとすることも多かった。 説明と理解が不十分なまま、オリンピック・パラリンピック開催というタイムリミットに向けて慌ただしくルール改正や都市の再開発が進み、不透明な利益分配の目算だけが先行して生活が振り回される。 海の向こうでは、血の流れる戦乱も後を絶えない。 夢の舞台に向けて努力する人にエールを贈りたい一方で、興味をそそられない人や、お祭り騒ぎどころではない人がいることも知っている。 価値観の大きな差異が浮き彫りになり、疲弊感を抱きながら気力を振り絞っている日々だ。 誰もが目指しているのは晴れ渡るような笑顔のはずだという、分断の遥か彼方にある共通項を導き出している。 彼はたしかに日本のポップミュージックを象徴する存在だが、「ポップ」の使命を全うしようとする忍耐強い思考の痕跡には、ただただ感動を覚えるというより他にない。 これこそが、桑田に寄せられる期待の根本にあるものだろう。 彼を取り囲んでいるのは、モザイク模様にデザインされたスタンド席だ。 この曲を聴きながら目の当たりにする国立競技場は「多様な思想・文化」を象徴する風景に他ならなかった。 歌の力が呼び起こす対話の密度はすごい。 思いを押し殺すのではなく、取り繕うのでもなく、その上で自分ではない誰かの思いにも想像力を巡らせること。 そこから新しい対話が生まれる。 オリンピック・パラリンピックはそのきっかけである。 「一緒にやろう2020」プロジェクトのテーマソングを通して桑田佳祐が伝えているのは、おそらくそういうことだ。 (小池宏和) rockinon. com(ロッキング・オン ドットコム).

次の

桑田佳祐、「SMILE~晴れ渡る空のように~」は日本をひとつにする応援歌 初オンエアで感じた“2020年の主題歌”

桑田 佳祐 オリンピック 応援 ソング

1月24日、民放各局が足並みをそろえて一斉放送した『一緒にやろう2020大発表スペシャル』に出演した桑田は、この楽曲タイトルを紹介するとき、そんなふうに告げていた。 「一緒にやろう2020」は、半年後に迫った2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて様々な取り組みを行っているプロジェクトだが、その応援ソングについては各局の代表が話し合った結果、全会一致で桑田にオファーすることが決定したという。 《私とあなたが 逢うところ/ここから未来を 始めよう》。 スペシャルムービーのなかで1コーラス目のブリッジを歌うとき、桑田は立ち上がってくるリズムに身を委ねる素ぶりを見せ、未来に向けられたこの曲のメッセージを力強くドライブさせている。 さまざまな思想・文化的背景を持つ人々の出会いの機会としてオリンピック・パラリンピックを捉え、《愛情に満ちた神の魔法も/悪戯な運命(さだめ)にも/心折れないで/でなきゃ勝利は無いじゃん!! 》といったふうに、ときには生活を脅かす神の悪戯=天災を掻い潜って生きる人々に思いを馳せている。 《栄光に満ちた者の陰で/夢追う人達がいる/いつも側(そば)に居て/共にゴール目指して》という箇所では、勝者に限らず誰もが努力を重ねている日々を、そしてアスリートたちを陰で支える人々たちの暮らしを、見つめているのである。 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催が決定してからの日本社会は、果たしてその祭典に向けた一枚岩の目的意識をもって動いていただろうか。 正直なところ、僕自身は日々のニュースに触れてモヤモヤ、イライラとすることも多かった。 説明と理解が不十分なまま、オリンピック・パラリンピック開催というタイムリミットに向けて慌ただしくルール改正や都市の再開発が進み、不透明な利益分配の目算だけが先行して生活が振り回される。 海の向こうでは、血の流れる戦乱も後を絶えない。 夢の舞台に向けて努力する人にエールを贈りたい一方で、興味をそそられない人や、お祭り騒ぎどころではない人がいることも知っている。 価値観の大きな差異が浮き彫りになり、疲弊感を抱きながら気力を振り絞っている日々だ。 誰もが目指しているのは晴れ渡るような笑顔のはずだという、分断の遥か彼方にある共通項を導き出している。 彼はたしかに日本のポップミュージックを象徴する存在だが、「ポップ」の使命を全うしようとする忍耐強い思考の痕跡には、ただただ感動を覚えるというより他にない。 これこそが、桑田に寄せられる期待の根本にあるものだろう。 彼を取り囲んでいるのは、モザイク模様にデザインされたスタンド席だ。 この曲を聴きながら目の当たりにする国立競技場は「多様な思想・文化」を象徴する風景に他ならなかった。 歌の力が呼び起こす対話の密度はすごい。 思いを押し殺すのではなく、取り繕うのでもなく、その上で自分ではない誰かの思いにも想像力を巡らせること。 そこから新しい対話が生まれる。 オリンピック・パラリンピックはそのきっかけである。 「一緒にやろう2020」プロジェクトのテーマソングを通して桑田佳祐が伝えているのは、おそらくそういうことだ。 (小池宏和) rockinon. com(ロッキング・オン ドットコム).

次の