慢性 骨髄 性 白血病 原因。 慢性骨髄性白血病(CML)とは|白血病の治療や症状ガイド

慢性骨髄性白血病 治療:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

慢性 骨髄 性 白血病 原因

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

慢性骨髄性白血病の発症と原因|慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ|がんを学ぶ ファイザー

慢性 骨髄 性 白血病 原因

慢性骨髄性白血病(CML)を学ぶ白血病ってどんな病気? 白血病とは? 白血病は血液のがんです。 血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。 がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。 そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。 日本では、1年間に人口10万人あたり、男性で11. 4人、女性で7. 9人の割合で白血病と診断されています(2011年のデータ *)。 白血病は、がん化した細胞のタイプから「骨髄性」と「リンパ性」に分けられ、さらに病気の進行パターンや症状から「急性」と「慢性」に分けられます。 本サイトでは慢性骨髄性白血病(CML)について詳しく解説します。 をご覧ください。 *出典:国立がん研究センターがん対策情報センター 表. 白血病の種類 急性白血病 骨髄性白血病 リンパ性白血病 慢性骨髄性白血病 (CML: chronic myelogenous leukemia) 慢性リンパ性白血病 (CLL: chronic lymphocytic leukemia) 造血のしくみ 血液細胞には大きく分けて、赤血球、血小板、白血球があります。 白血球というのは、リンパ球、顆粒球、単球の総称です。 これらの血液細胞は、骨の内側にある骨髄というところでつくられます。 そこで、血液細胞のもとになる造血幹細胞から各種の血液細胞へと変化(分化)し、成熟した血液細胞が血液中に放出されます。 変化する過程は大きく分けて2つあります。 赤血球、血小板、単球、顆粒球をつくる過程は骨髄系、リンパ球をつくる過程はリンパ系とよばれます。 血液細胞の分化・成熟 白血病の発症(原因)について 原因 白血病を含む「がん」は、一般に遺伝子や染色体に傷がつくことで発症すると考えられています。 たとえば、慢性骨髄性白血病(CML)では、患者さんの95%以上でフィラデルフィア(Ph)染色体という異常な染色体が見つかります。 遺伝子や染色体に傷がつく原因として、放射線、ベンゼンやトルエンなどの化学物質、ウイルスなどが挙げられていますが、そのしくみは完全には解明されていません。 また、白血病は遺伝しませんので、親が罹ったとしても、子どもが必ず白血病になるわけではありません。 診断 白血病の診断は、問診、血液検査、骨髄検査などの結果に基づいて行われます。 そのため、通常の健康診断や血液検査をきっかけとして、白血病が発見されることも少なくありません。 貧血などの症状があり、血液検査の結果から、血液細胞の数や種類に異常がみられた場合、白血病が疑われます。 最終的な診断には、骨髄液を吸引する「骨髄穿刺(マルク)」や、骨髄の組織を採取する「骨髄生検」などの骨髄検査が行われます。 骨髄はすべての骨の中にありますが、骨髄穿刺は腸骨(骨盤の骨)から採取するのが一般的で、ときには胸骨(胸の正面にある平らな骨)から採取することもあります。 骨髄中の細胞の数や種類、染色体や遺伝子の状態を確認し、白血病かどうかを確定診断します。

次の

慢性骨髄性白血病の原因と症状

慢性 骨髄 性 白血病 原因

白血病の原因はストレスなのでしょうか。 白血病の原因には様々な要因が考えられます。 一般的には、不規則な食生活などが原因だということもあります。 しかし、ストレスも白血病の原因の一つとして挙げられると考えられます。 スポンサーリンク 中でも、「いい人病」というものが存在しています。 これは、無理をしてでもニコニコと笑顔を振り撒くこと。 そして、困っている人を自分よりも優先的に助けるということ。 このようなことを行うことによって、引き起こされるものだと考えられています。 いい人のように一見は思われますが、自分を犠牲にしているということになります。 その際に、ストレスが溜まり白血病に繋がるというように思われるということです。 少しでも解決するためには、なるべく溜めないようにすることが一番良いことになります。 気分転換や自分の好きなことをしてみることが、とても大切だと言えます。 スポンサーリンク ストレスが白血病の原因と考えられますが、医師に気兼ねなく相談出来るようにしておくことも、非常に必要なことだと言えます。 特に、薬を投与されたときに発生することがある副作用なども、遠慮なく聞いてみることが重要です。 悩んでいてストレスを抱えていては、余計に症状が悪化してしまうこともあります。 先生だけ出はなくとも、友人に話を聞いてもらうことも大切です。 信頼出来る友人であれば、白血病解決へのヒントをくれる可能性もあります。 また、ストレスが多いときには白血球の数が増加するということも分かっています。 温度や運動、さらには痙攣などで溜まるということも言えます。 これらは物理的なものと心理的なものが挙げられ、両方良くないと思われます。 まずは、正しい知識を身に付けて、解決への道を真剣に考えることが必要になります。 スポンサーリンク.

次の