ユニフレーム フィールド ラック 天 板。 人気すぎて品薄!?何枚も欲しくなるユニフレーム「フィールドラック」

フィールドラックの天板を自作する 材料費たったの1000円!

ユニフレーム フィールド ラック 天 板

キャンプに持って行くテーブルやラックは何を使っていますか? クーラーを乗せたり、テーブルにしたりと多種に活躍してくれる万能ラック ユニフレームのフィールドラック(黒)を使っているのですが、いかんせんテーブルでの使用時にはそのまま使うと飲み物が倒れる。。 汗 やはり、天板が必要と前々から感じていたのですが、出来ればwoodの天板、しかも木の色味がブラウンの物が良く、オプションの天板の購入には至っておりませんでした。 そこで!このユニフレーム フィールドラックに乗せる天板をDIYで作ってしまおうと! というほど大袈裟なものでは無いのですが。。。 笑 ただ、板をカットして角を丸めて少し塗る!的なプチDIYでも十分な天板が出来ると思い重い腰をやっと動かしました! 購入してきた天板はこちら ジョイフル本田で物色していて見つけた5mm厚のベニヤ。 最初は自分でカットしようと思ってたのですが、何かと忙しいのと大した道具がないのを理由にそのまま依頼してしまいました。。 笑 カット代100円! ユニフレーム フィールドラックの天板面は、コーナーが丸くなっているので各コーナーの加工が必要です! そこで! そのまま依頼してしまいました!笑 かなり迷って一旦はその場を去ったのですが、上の理由と一緒で 結構加工は大変。 綺麗に加工するには道具がない。 ということで、安く収めたかったのですが すみません 依頼しました。 結局掛かってしまった。。 これDIY? まあそこは。。。 良しとします!(自己解決) 気を取り直して。 ワックスを塗り込む為に、裏面と、カットした断面をヤスリ掛けしていきます。 そこまで精密に作るわけでもないので400番のペーパーであっさりと削っておきます。 だいたい削り終わったら次は裏面と側面にこちらのワックスを塗り込んでいきます。 使用したワックスはこちら ニッペVINTAGE WAX 160g 塗りたては結構赤味のかかった茶色なんですが、乾いて行くうちにウォールナットのような乾いた色になるワックスです。 This error message is only visible to WordPress admins Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved. Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details. 2018. 05 こんにちは。 冬キャンプシーズン真っ只中ですね!インスタなど見ていると、みなさんほんと好きですよね。 […][…]• 2018. 07 もう、キャンプのランタンはこれ一択で良いのではないか!!? と。 思うほど、コンパクトで明るくてUS […][…]• 2019. 23 テンマク デザインばかりになってしまっています。。。 そんな文章で始めてしまいましたが、デザインや価 […][…].

次の

ユニフレーム フィールドラック天板装着で使いやすさが劇的に変わる!

ユニフレーム フィールド ラック 天 板

出典: 収納時の厚さはわずか1センチで、使用するときは軽い力で脚を広げるだけで簡単設置!こんなに簡単、シンプルなのに、耐荷重は30㎏。 直接地面に置きたくないものや、雨が降っているフィールドでは「フィールドラック」が大活躍間違いなしです。 「フィールドラック」のすごいところは、これだけに留まりません。 なんと、「フィールドラック」同士をスタッキングできるのです!しかも最大4段まで!使わないときは1枚あたり厚さ1センチなのに、それが4枚も重ねられるなんて素敵すぎます。 これだけでもフィールドに敵なしの「フィールドラック」ですが、さらに別売りの天板を装着できるんです。 しかも、天板の種類が用途に合わせて2種類用意されているというから、さすがユニフレームというしかありせん。 7kg 3枚セットがお得! 出典: 何台も欲しくなるこのフィールドラックですが、実はフィールドラック本体3台と、フィールドラックをすっきりまとめられ、転倒を防止する「コンプレッションベルト」がセットになったお得なセットがあるんです!このフィールドラックのセットは、人気ですぐに売り切れてしまいますので、見つけたらすぐに買わないと後悔しますよ! 購入はこちら: 2017年からブラックカラーにモデルチェンジ! 「フィールドラック」といえば、長い間クロームメッキモデルが定番として活躍してくれましたが、2017年2月にモデルチェンジを実行し、さらなるスペックアップを果たしています!それが「カチオン塗装のフィールドラックブラック」です!改めて「フィールドラック」のスペックを確認してみます。 7kg 【耐荷重】 約30kg 今回のモデルチェンジによって変更があった点は、「カチオンメッキ」だけです。 その他に変更はないので、旧モデルのフィールドラックとも問題なくスタッキング可能です! そしてこの「カチオンメッキ」によって何が変わったかというと、防錆性が向上しています!キャンプ場などのフィールドで付着した泥や砂利、海での使用など、アウトドアには鉄が錆びやすい条件がそろっています。 使った後はすぐに洗って乾燥させるのが鉄則ではありますが、撤収時が雨であったり、完全に乾燥していなかったりすることもあります。 そんな時でもカチオンメッキ化したことで、旧モデルと比較して錆びにくくなっているんです! また、キャンプギアとしてのスペックが向上しただけでなく、艶感のない黒、マットブラックになった見た目は、今まで以上に引き締まって格好よく見えます。 人気で売り切れ続出! フィールドラックはその絶大な人気により、2019年2月現在、商品が品薄になっています。 公式HPにおいても、安定供給にはしばらく時間を要するとの記載が。 どうしても手に入れたい!という方は、プレミアムショップでの予約がおすすめのようです。 詳しくはこちら: シルバーが2018年、数量限定で復活! ネイチャートーンズ The Folding 3 Stages Rack 2 この商品の特徴は、なんといっても網の目状の構造を使用しているところ!構造が網の目なので軽く、S字フックで色々な小物を掛けられ、濡れたものをそのまま置いて乾かすこともできるんです。 もちろん畳めばコンパクトに収納ができ、樹脂コーティングで汚れや水に強いのもおすすめポイント。 天板が必要ないなら、3段でこのコンパクトさは魅力的です! 機能面、デザイン共に大きくフィールドラックと変わりませんが、ネイチャートーンズのラックは初めから3段に決まっているので、シーンに合わせた様々な使い方を考えている方はフィールドラックの方がおすすめです。 8cm 重量:約3. 6kg 耐荷重:2. 5kg 棚板1枚につき 実際の利用者の声も、大絶賛の意見が多数!まさに無敵のフィールドラックです。 意外に簡単!天板を自作しよう! ユニフレームのWOOD天板はシナベニヤ合板を使用しています。 ここまでぴったりに切らないで、少し大きいくらいに切ります。 板の厚みは、9mmがおすすめですが、薄すぎたり厚すぎたりしなければ大丈夫。 ジグソーがあれば角を丸く切り落とせますが、なければ棒やすりで角を落としていきます。 そして側面全体をサンドペーパーで整え、仕上げにラッカースプレーを吹きかけるだけ! 仕上げの前に、絵を描いたり、バーナーで焼き印を入れたり、お気に入りの作品を作ってみましょう! まとめ 使い方次第でおしゃれにも、ガツガツも使えるフィールドラック。 これは何枚も欲しなるのも納得です!4枚くらい揃えればレイアウトの幅が大きく広がります。 そして4枚あっても収納したときの厚さはわずか4センチ!さらに天板をセットすれば、焚き火テーブルやツールラック、キッチンテーブルにと使い方、使い道は自由自在です。 ぜひ自分だけのセッティング方法を見つけて、便利で有意義な空間を作ってみてください。

次の

ユニフレーム フィールドラック天板装着で使いやすさが劇的に変わる!

ユニフレーム フィールド ラック 天 板

アウトドア調理用鉄板・網のカテゴリーについて Amazon. jp「アウトドア調理用鉄板・網」のカテゴリーでは、アウドドアで料理を行う際に利用する、バーベキュー用の金網や鉄板などを取り揃えています。 アウトドア調理といえば焼き網でのバーベキューが定番ですが、当カテゴリーには数多くの種類の焼き網を揃えています。 七輪に置くのにちょうどいい丸型の焼き網や、使いやすい長方形の網、網目が細かく小さな肉や野菜も落ちにくいタイプや、脚がついていて高さを変えられる網などがあります。 またダッチオーブン用の鍋底に敷くための網もあります。 食材を両面からはさみこめるようになった、合わせ焼き網もあります。 魚などを網ごとひっくりかえせるので身崩れすることなく両面から火を通すことができます。 グリルプレートや溶岩プレートなども 当カテゴリーには、波型に溝があって余分な油が落ち、ぱりっと焼きあがるグリルプレートもご用意しています。 魚や肉だけでなく、野菜と肉を一緒に詰め込んでグリル焼きにしたり、ピザやケーキなども作ることができます。 取っ手がついたタイプはそのままテーブルへ運んで熱々のまま召し上がっていただくこともできます。 ほかにも、溶岩プレートや岩塩プレートなどを扱っています。 溶岩プレートは溶岩を切り出した一枚岩で、ガス・炭・薪のどの熱源でも利用でき、遠赤外線効果で食材をふっくら焼き上げられ、煙も少なく余分な油を細かい穴が多数あいた溶岩自体が吸い取ってくれるというものです。 岩塩プレートも岩塩を切り出したもので、これも遠赤外線効果で食材のうまみを引き出し、余分な油を吸い取り、岩塩からほどよい塩が供給されるので味付けも不要です。

次の