中学生 お 小遣い 平均。 中学生のお小遣い5000円は少ない?多い?

【子供お小遣い平均相場】小学生〜大学生の金額はいくら?いつからあげる? | 子育て19(子育て塾)

中学生 お 小遣い 平均

中学生のお小遣い事情について 中学生の収入源で代表的なのはお小遣いです。 どのくらいの中学生がお小遣いをもらっていて、どのように使っているのでしょうか?中学生のお小遣いについて解説します。 お小遣いをもらっている中学生は半数 中学生のうち、定期的にお小遣いをもらっているのは58. 2%という調査結果が出ています(2015年度『子どものくらしとお金に関する調査』)。 また、別の調査では52. 4%の中学生が、お小遣いをもらっていると回答しています(テスティーラボ調べ)。 これらの調査結果から分かるのは、中学生の半数以上がお小遣いをもらっている、ということです。 お小遣いをもらう頻度はさまざまで、月1回の場合もあれば、週に1回の場合もあります。 お小遣いのルールは家庭ごとに違いますが、きちんと管理すれば、中学生でも自由に貯金や買い物ができるというわけです。 お小遣いの平均額 『子どものくらしとお金に関する調査』によると、中学生のお小遣いは平均で2536円です。 また、別のアンケートでも、回答した中学生の半数以上が、お小遣いの金額を1000~3000円未満と回答しています。 これらの調査結果から分かるように、中学生が自由に使えるお金は、1ヵ月に2000円前後というのが一般的です。 お小遣いからいくら貯金している? 中学生のお小遣いに関する2つの調査を見ると、お小遣いから貯金している中学生が一定数いることが分かります。 定期的に貯金している中学生は31. 2%です。 余裕があるときに貯金する43. 3%と合わせると、74. 5%の中学生がお小遣いを貯金しています。 貯金している理由はさまざまです。 代表的なのは『欲しいものができたときのため』『ライブに行きたいから』など、趣味や遊びで大きな買い物をするときのために貯金していることが分かります。 効率よく貯金をするには? 中学生でもコツさえ押さえれば、お小遣いからきちんと貯金できます。 ここでは、中学生にも無理なくできる貯金のコツを紹介します。 お小遣い管理に取り入れて、貯金しましょう。 毎月初めに一定額を先取り貯金 確実に貯金するためには、先取り貯金が原則です。 1カ月の終わりに余った分を貯金しようとすると、お金はなかなか貯まりません。 そこで、お小遣いをもらったら、すぐに決まった金額を貯金します。 例えば、2000円のお小遣いのうち、500円を貯金するとします。 貯金額を決めたら、お小遣いを使う前に、すぐ貯金箱や貯金用の口座にお金を入れてしまいましょう。 また、お年玉や入学祝いなど、臨時のお小遣いは全額貯金するのが目標です。 このルールをきちんと守れば、貯金額は確実に増えていきます。 節約して貯金額を増やす 中学生はアルバイトができないので、貯金額を増やすためには節約が大切です。 ここで紹介する節約方法を参考に、貯金額アップを目指しましょう。 お手伝いでお小遣い稼ぎ アルバイトでお小遣い稼ぎができない中学生は、家庭内のお手伝いでお小遣い稼ぎするのがおすすめです。 例えば『風呂掃除50円』『皿洗い30円』『洗濯物の取り込みと片付け70円』という具合に、金額を決めてお手伝いをします。 お手伝いは家族として当然の仕事です。 そのため、最初は反対されてしまうかもしれません。 そのときには、お金を貯めたい理由をきちんと伝えるようにしましょう。 納得してもらえれば、親も頭ごなしに反対することはないでしょう。 飲料やお菓子は家から持参 お菓子やジュースをお小遣いで買っていると、あっという間にお金はなくなってしまいます。 お小遣いを節約するなら、お菓子やジュースは家から持っていくようにしましょう。 100均に売っているおしゃれな容器に入れて持っていけば、見た目にもいいですし、余計なお金を使わずにすみます。 お小遣いアップの交渉も 効率的に貯金するためには、お小遣い額アップの交渉をするのもよいでしょう。 平均的なお小遣い額よりも低い場合おすすめです。 希望のお小遣い額にしてもらうためには、今のお小遣いでは足りないことをはっきり分かるようにしなければいけません。 お小遣い帳をつけ、何にいくら足りないのか、一目で分かるようにしてください。 また、テストの点数や順位を条件に、お小遣いアップの交渉をするのも1つの方法です。 おすすめの貯金アプリ 貯金アプリは、管理やモチベーションの維持に役立ちます。 デザインや機能など、使いやすいものを選んで貯金しましょう。 おすすめの貯金アプリを紹介します。 可愛いデザインが人気の貯まるメモ 『貯まるメモ』は、家計簿アプリです。 その中にある『ゆめ貯金』という機能を使えば、目標金額と期限を設定して貯金できます。 ライブに行きたい・ゲームを買いたいなど、はっきりした目標がある場合におすすめのアプリです。 また、可愛いキャラクターやアイコンも、アプリの魅力といえます。 簡単に使えるお金の貯まる 貯金箱アプリ 『貯金箱アプリ』は、貯金の記録ができるアプリです。 貯金箱にお金を入れるのと同時にアプリに記録しておけば、今いくら貯まっているかがすぐに分かります。 目標貯金額や目標までの金額も分かるので、管理がラクにできるのもポイントです。 ダルマやカエルなど縁起のよいキャラクターを背景画面に設定できるのも、魅力の1つです。 楽しく貯金を続ける手助けになるアプリといえます。 まとめ アルバイトのできない中学生でも、お小遣いを計画的に貯めれば貯金ができます。 まずは目標貯金額を決めて、毎月定期的に貯金する習慣を身につけましょう。 また、より多くの貯金をするために、お手伝いでお小遣い稼ぎをしたり、お菓子を家から持参したりするのもおすすめです。 節約すれば、それだけたくさんの貯金ができます。 貯金のコツを掴んで、効率よくお小遣いを貯めましょう。

次の

中学生のお小遣いを徹底解説!平均やお小遣い稼ぎの方法など紹介

中学生 お 小遣い 平均

スポンサードリンク 調査対象母集団 当然二人以上世帯のみ のうち子供がいる世帯に対して、その子供に渡しているこづかいの金額を尋ね、平均値を算出した結果が次のグラフ。 例えば小学校入学以前の子供に対してはよくあるケースだが、何か欲しがった時に買い与えるなどして、普段はこづかいを渡していない世帯は平均換算には含まれていない。 高校生では5800円ほど、大学生は こづかいをもらっているとすれば 平均で約2万2000円。 相場観としては「大体こんなところか」「やや中高生が低いような」との感想を抱かせる値ではある この理由は後ほど推測する。 小学校入学以前がいくぶん高いようにも思えるが、これは該当回答数が少ないために統計上のぶれが生じているものと考えられる 該当するのは17世帯。 このこづかい額の平均推移を高校生以下に限り 大学生はケタ違いに大きいためグラフが見難くなるので省略 、1971年以降について見たのが次のグラフ。 小学校入学以前は安定感が低く、1000円前後を大きく行き来し、2016年では2300円近くに跳ね上っているが、これは対象世帯数が少ないのが原因。 詳細値の2016年分を確認すると、小学校入学以前の子供を持つ世帯数は、今調査対象母集団においては17世帯のみとなっていた。 さらに例えば2016年で確認できる範囲では、最高額が3万円、最低額が100円となっており、大きなぶれが生じるのも仕方がない。 消費者物価指数が1980年後半以降、ほとんど変動していないのはで解説した通り。 子供のこづかい額も中学生・高校生向けの金額については、それに大体即している形となる。 一方1980年代後半では中学生・高校生で明らかに大きな減少、小学生でも小規模な減少が見受けられる。 いわゆる「バブル崩壊」が、子供のふところ事情にも少なからぬ影響を与えていたことが確認できる。 高校生については前世紀末から起伏を繰り返しながら、少しずつ減少する動きが見られる。 単に親の懐事情が厳しくなっている、あるいは高校生が使う携帯電話の電話料金を親に 一部 肩代わりしてもらう代わりに、フリーハンドで使えるおこづかいが減らされているのか。 後者と考えた方が道理は通る。 その実情は同じ金融広報中央委員会「知るぽると」で定点観測されている「子どものくらしとお金に関する調査」の結果からも明らかにされている。 ここ数年は上昇基調にあるのは幸いか。 なお世帯年収別で子供のこづかい額が変わるか否かだが、少なくとも今調査に限れば関連性はほとんど見られない。 余談となるが、同資料には2007年以降の仕送り額について、送る側・受ける側双方の平均金額も寄せられている。 「仕送りする側」が送る相手は単身世帯の学生の可能性もあり、それ相応の額が必要になる。 一方、受ける側は二人以上世帯のため「就労世帯だが手取りが少ないので、補助を親世帯から受けている」事例が多分に考えられるため、額面も少なめとなる。 経年変化を見ると、2010年の下落 イレギュラーか、リーマンショックの影響だろう をのぞけば、少しずつ増える傾向が見受けられた。 2012年は双方とも大きく減ったが、2013年以降は再び持ち直し、増加基調を示している。 仕送りを受ける側にしてみれば有りがたい話だが、送る側にはやりくりが大変な状況になりつつあるともいえよう。 ただし2014年をピークに、仕送りする側もされる側も、額面は減少するような動きを見せている。 仕送りをする側のお財布事情が厳しくなってきたのか、受ける側に余裕が出てきたのか。 今件調査からだけでは分からない。 投資歴10年超。 本業の事務所では事務その他を担当。 ウェブの世界には前世紀末から本格的に参入、ゲーム系を中心とした情報サイトの執筆管理運営に携わり、その方面の経歴は10年を超す。 商業誌の歴史系、軍事系、ゲーム系のライターの長期経歴あり。 ゲームと歴史系 架空戦記 では複数冊本名での出版も。 経歴の関係上、軍事、歴史、ゲーム、ゲーム情報誌、アミューズメント系携帯開発などに強い。 現在ネフローゼ症候群で健康診断も兼ねて通院、食事療養中。 、三級ファイナンシャル・プランニング技能士 ・ 先月度人気記事 [1] [2] [3] [4] [5] 過去の記事 月別.

次の

中学生のお小遣いの平均金額<<使い方の決め方やルール>>

中学生 お 小遣い 平均

子供にお小遣いを上げている家庭は多いと思いますが、ほかの家庭のお小遣いが気になるという方は意外と多いのではないでしょうか? ただ、お金のことは何かと話しづらいもの。 お小遣い程度の金額とはいえ、気軽に人の家の事情は聴けないですよね。 そこで、今回は子供のお小遣いに関する統計をまとめました。 まず、 小学生・中学生・高校生ごとのお小遣いの平均から、お小遣いの使い道。 そして子供にお小遣いをうまく管理させるコツも紹介します! お小遣いは子供の金銭感覚を育てる大事なものなので、この記事を参考に、よく考えて決めることをおすすめします! この記事におけるデータは、すべて知るぽると 金融広報中央委員会の2015年度「子供の暮らしとお金に関する調査」を参考にしています。 最頻値:最も多く回答された値 中央値:回答金額を多い順に並べた場合に中位(真ん中)に位置する値 小学生の平均的なお小遣い 小学生のお小遣いについては、 時々もらうという家庭が6割弱ありました。 ですので、小学生のお小遣いの相場や平均は、「月に1回」と「ときどき」の2種類に分けて紹介します。 あまり学年が上がることと、お小遣いの上昇に深い関係はなさそうです。 強いて言えば子供が中学年から高学年に上がるタイミングで、お小遣いも増やしている家庭が多いように見えますね。 ただ、中央値と平均値がかけ離れている場合がいくつか見られることから、高額なお小遣いを小学生の子供に渡している家庭もあるようです。 中学生の平均的なお小遣い 中学生のお小遣いの相場は以下の通りです。 お小遣いの額 最頻値 1,000円 平均値 2,536円 中央値 2,000円 子供が中学生の家庭のお小遣いは、 1000円~2000円が相場のようですね。 小学生のころと比べて、中学生になると友達と出かけたりすることも増えるでしょう。 従って、中学生になった子供のお小遣いは、小学生のころと比べてグンと増えていますね。 高校生の平均的なお小遣い 高校生のお小遣いの相場は以下の通りです。 お小遣いの額 最頻値 5,000円 平均値 5,114円 中央値 5,000円 子供が高校生の家庭のお小遣いは、 5,000円が相場のようです。 子供が高校生となると、中学生のころと比べて行動範囲も広くなるため、その分お小遣いも増えているという感じでしょうか。 子供はお小遣いの使い道は?ベスト5を紹介! それでは、子供はお小遣いを何に使っているのでしょうか? 小学生の使い道は? 小学生の子供は、お小遣いを何に使っているのでしょうか? こちらも学年ごとに分けて紹介します。 順位 低学年 中学年 高学年 1位 お菓子やジュース お菓子やジュース お菓子やジュース 2位 おもちゃなど ゲームソフトやおもちゃ類 ゲームソフトやおもちゃ類 3位 ゲームをする ゲームをする まんが 4位 家の人へのプレゼント ノートや鉛筆など 本や雑誌 5位 ノートや鉛筆など まんが 家の人へのプレゼント 小学生のお小遣いはそもそも、それほど額がないのであまり高額な買い物はなさそうですね。 学年を通じて、お小遣いの使い道1位は お菓子やジュースとなっています。 また、高学年になればなるほど、ゲームソフトや本など、頭を使うものが上位に来ています。 中学生・高校生の使い道は? それでは、お小遣いの額も増える中学生・高校生の使い道を見ていきましょう。 順位 中学生 高校生 1位 友達との外食・軽食代 友達との外食・軽食代 2位 おやつなどの飲食物 おやつなどの飲食物 3位 友達へのプレゼント 休日に遊びにいくときの交通費 4位 文房具 友達へのプレゼント 5位 家の人へのプレゼント 昼食 中学生高校生ともに、1位と2位は共通でした。 やはり、 小学生のころと比べて、友達と一緒にいる時間が増えることが主な原因のようです。 中学生と高校生の違いとして挙げられるのは、交通費の有無でしょうか。 これは、 高校生の行動範囲が、中学生の行動範囲に比べて広くなっていることを示しています。 また、高校生になると、お昼ご飯にかけるお小遣いも増えるようですね。 子供にお小遣いを上手に管理させる3つのコツ 額はそこまで大きくないとはいえ、将来のためにも子供にはお小遣いを上手に管理させたいですよね。 そこで、そのために今日からできるコツを3つ紹介します! 親のお小遣いに対する考え方をしっかり伝える 当たり前ですが、基本的にお小遣いは自分の子供だからあげているのです。 社会に出たら、何もしなくてもお金がもらえるなんてことはそうそうありませんよね。 お小遣いとなるお金は、ご両親が稼いだお金ですので、 もらえて当たり前という考えは子供にあまり持たせないほうがいいです。 親が子供に対して、 どういう思いや考え・スタンスでお小遣いを渡しているか、きっちり伝えることが大事です。 お小遣い帳を書かせる 子供にお小遣いを管理させる方法として最もオーソドックスなのが、お小遣い帳を書かせるというものです。 最初のうちは親が逐一確認したほうがいいかもしれませんが、 慣れてきたら確認の頻度を減らしましょう。 というのは、 子供が親の目を意識して、 「本当の」お小遣いの使い方をしないかもしれないからです。 あまり親から子供に干渉せず、子供にお小遣いの効率の良い考え方を自分で学ばせましょう。 そして、何か問題があれば話し合うぐらいの感覚でいいのではないでしょうか。 追加でお小遣いがほしい場合はプレゼンをさせる いくら子供にお小遣いを渡していても、足りなくなったので、追加でほしいということはよくあることです。 そういう時親としては、子供に我慢することを覚えさせるため、次のお小遣いまで待て、という選択をすることも可能です。 ただ、もう一つ、 子供にプレゼンテーションをさせるという選択肢があります。 つまり、子供がなぜ追加でお小遣いが欲しいのか、何を買いたいのか、ということを親にアピールさせるのです。 ただ欲しいから、という理由では弱いので、 それを買うことで 親にどんなメリットがあるのか、というところも一緒に発表させましょう。 そうすることで、自分ができる範囲で、相手のためになるサービスは何かを考える力も付きますよ。 加えて、親のメリットとなることというのは、子供が欲しい商品を買うことと直接関係なくてもいいでしょう。 家事を手伝うなど、自分ができる範囲でいいのです。 お金について考えさせるためにお小遣いを報酬制にする家庭もある お小遣いについて書いてきましたが、お金に関してしっかりと考えさせるために、無条件ではお小遣いをあげないという家庭もあるようです。 例えば家庭内でお手伝いをしたら50円といったように、労働によって単価を定めてそれに応じたお小遣いを、報酬として渡します。 そういう家庭の根拠となっている考え方は、 お金は労働の対価である、という至極当然の考えです。 お小遣いを報酬制にするメリットは? 何もしていない状態からお金だけ受け取っても、お金を正しく使えることにはならないというのが、そのような家庭の主張です。 確かに、お小遣いを持っていることで本来いらないはずのものまで買ってしまう、ということもあります。 それはなぜかというと、 自分で稼いだお金ではないため、ありがたみが薄いからですよね。 逆に、お小遣いを報酬制にすることで、お金を稼ぐ大変さ子供がを知ることができます。 さらに、 効率よくお小遣いを得るために、労働の効率を考えて、短時間で終わらせられるようにあれこれ考えるでしょう。 それにより、 創造力や発想力が養われますよ! お金目当てに陥る可能性もある! ただ、家庭内の労働に報酬としてお小遣いを渡すことはよくないと考える家庭もあります。 それはなぜかと言うと、 家庭の一員として、 家事の手伝いをするのは当たり前であると考えているからです。 お手伝いに対して報酬としてお小遣いを渡していると、お金をもらうためにお手伝いをしているのだ、という考えになるかもしれません。 報酬制に反対の親御さんから見ると、お手伝いはお小遣い関係なくやって欲しいのでしょう。 どちらが正しいかはわかりませんが、お小遣いの方法は子供の性格、性質を考えて決定しましょう。 また、 固定制と報酬制のハイブリッドにするという手もあります。 子供へのお小遣いは、単純に遊ぶお金を上げつという意味だけでなく、 お金の教育のためという面も持ちます。 ご両親のお金への考え方や、家庭環境を考慮して、できることなら子供と話し合って決めましょう。

次の