初盆 お布施 金額。 お布施目安一覧

葬式のお布施!浄土宗の相場と内訳について詳しく調べてみた

初盆 お布施 金額

Sponsored Link 告別式が終わって迎える最初のお盆を、 新盆や 初盆と言います。 普段のお盆でしたら、通常お布施は5,000円~20,000円くらいかと思いますが、 新盆ではいくら包めばいいか悩みますよね。 お墓で拝んでもらったり、親戚が集まって法要を行うなど、通常とは違う用意があるかと思います。 宗派によっても、決まりごとが違うかもしれません。 はじめての場合、分からないことだらけの新盆。 そこで今回は、 新盆(初盆)のお布施の相場や書き方を宗派別に調べてみたいと思います。 ・新盆のお布施って? ・新盆のお布施の相場は?宗教によって違うの? ・新盆のお布施を包む袋は?書き方って?薄墨で書くの? ・新盆のお布施の渡し方って? ・浄土真宗・真言宗の違いは? 新盆を迎える前に、早めに準備しておくと良いですね。 Sponsored Link 新盆のお布施って? お布施は、読経や戒名を頂いたお礼として僧侶へ渡すのですが、個人にではなく、 本堂へのお供えとして納めます。 お布施の他に、お経代や回向(えこう)代という言い方をすることもあります。 つまりお布施とは、教えの姿を意味していて、 お布施をする人とお経を読む人の関係を清浄にしてくれるものだと覚えておきましょう。 新盆のお布施の相場は?宗教によって違うの? 感 謝の気持 ちですが、その人によって考え方も違いますよね。 おおよその相場が分かっていれば、悩むこともないと思います。 直接お寺に 「新盆の時、皆さん、お布施はいくらぐらい包まれるんですか?」と、聞いてみても良いですし、親戚に相談して決めるのも安心かと思います。 一般的に、新盆・初盆のお布施の相場は 30,000円~50,000円と言われます。 不安な時は、「これくらいにしようと思うんだけど」と目上の親戚に確認してみましょうね。 Sponsored Link 新盆のお布施を包む袋は?書き方って?薄墨で書くの? 行事などのお布施では、金封の水引や黒白・銀などの水引なを使いますが、新盆では 無地の白い封筒に入れましょう。 「御布施」と表に書いて、裏側に名前と住所、金額を記載しましょう。 不幸が重ならないよう、 一重の封筒に入れましょう。 漢数字は旧字体を使ってくださいね。 このときに、薄墨ではなく、 普通の筆ペンや、なければ黒いマジックで書きます。 香典袋など弔事には薄墨で名前を書きますが、お布施は僧侶に渡すものなので普通の筆ペンを使うよう気をつけましょうね。 新盆のお布施の渡し方って? お布施はそのまま僧侶に 手で渡してはいけません。 小 さめのお盆に乗せて、僧侶から見て「御布施」の字が読めるように渡します。 家で新盆を行う場合は、お経を読み終わって一段落ついたらお茶を出すタイミングで渡すと良いですね。 会場で新盆を行う時は、スタッフに事前に相談しておくと渡すタイミングを図ってくれると思います。 お車代などがあれば、合わせて渡しておきましょうね。 浄土真宗・真言宗の違いは? 宗派によって飾りや用意するものも違います。 細かいことは、事前にお寺に聞いておけば丁寧な返事がもらえます。 はじめてで分からない時は、遠慮せずお寺に電話して確認してみましょう。 浄土真宗・真言宗と共に、 喪服で出席するのがマナーです。 お手伝いをされる人は、無地の白いエプロンを持参しましょうね。 宗派によっても違いましたが、その地域によって昔からの決まりごとがあるかもしれません。 自分だけで考え込まず、 お寺や年配の方にお話を聞くのも大切です。 頼ることで、親近感が生まれると良いですよね。 始めてのお盆でたくさんの人が集まると、挨拶などでバタバタしてしまいます。 お布施や小さめのお盆の準備は早めにしておきましょう。 ゆっくり故人の思い出話のできる良い新盆を迎えられますように。

次の

初盆(新盆)だと香典はいくら?金額の相場とマナー事情まとめ

初盆 お布施 金額

法事・法要 作成日:2019年04月25日 更新日:2020年01月24日 新盆のお布施は多めにつつむ? 新盆を迎える前に知っておきたいマナーとポイント• この記事は小さなお葬式が書いています 新盆は、故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことです。 「初盆」と呼ぶこともあり、四十九日が明けてから最初にきたお盆の日に、法要や会食を行うのが一般的です。 法要には様々な準備が必要で、宗教や宗派、地域ごとに用意するものが異なります。 今回は新盆に関することの中でも、お布施の金額相場や包み方、渡し方についてご紹介します。 新盆の流れや知っておきたい知識にも触れるので、初めて新盆を迎える人はぜひチェックしてみてください。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ 新盆のお布施の金額相場と包み方 まずは新盆におけるお布施の中身について解説します。 お布施は商品やサービスのような「定価」がありません。 そのため宗派や地域、法要ごとの「相場」を把握しておく必要があります。 新盆のお布施の金額相場は通常より少し高め 新盆のお布施の相場はおおよそ40,000円とされています。 通常のお盆のお布施は5,000~20,000円程のため、新盆では少し多めに包むことになります。 新盆は初めて迎えるお盆ということで、大規模な法要を行うことが多いからです。 翌年以降のお盆は、回忌法要と同じように年々少しずつ規模を縮小していく傾向にあります。 新盆ほど大がかりな法要は行わず、お墓参りの際に僧侶を呼び、墓前で読経してもらうだけに留めることも少なくありません。 宗派の違いとお布施の相場 新盆のお布施の相場は宗派によって異なります。 宗派ごとの考え方によって、新盆の法要における重要度も異なるからです。 真言宗の場合、お布施の相場は30,000~50,000円程と他の宗派よりやや高めになっています。 これは真言呪が追善供養をより重要視する宗派だからです。 読経への感謝に加えて、ご本尊へのお供えという意味が強くあるためそれを加味した金額となっています。 一方、曹洞宗や天台宗、臨済宗のお布施相場はおおよそ10,000円であり、僧侶の読経や法要に対するお礼という意味合いが込められています。 浄土宗では相場は10,000~30,000円程です。 お布施は「喜捨」という名前を持っており、仏様に捧げるものと考えられています。 同じく日蓮宗も、お布施の相場はおよそ10,000~30,000円です。 日蓮宗の場合はお布施が功徳に結びつくため、高いほど良いと考えることもあります。 <宗派ごとの新盆のお布施の相場> 宗派 金額 真言宗 30,000~50,000円 曹洞宗 10,000円 天台宗 10,000円 臨済宗 10,000円 浄土宗 10,000~30,000円 日蓮宗 10,000~30,000円 お布施を入れる封筒と表書き お布施を入れる封筒は白無地のもの使用します。 文具店などで販売されているお布施用の封筒でも構いません。 お布施では、葬儀の香典のように不祝儀袋を用意する必要はありませんが、 二重封筒は避けるようにしてください。 封筒の正しい書き方を見ていきましょう。 表書きは一般的な黒墨で問題ありません。 表面の上段には「お布施」または「御布施」と書きます。 宗派によっては、「御経料」「御回向料」と記載する場合もあるので事前に確認しておいたほうが良いでしょう。 下段には「〇〇家」と記載するか、あるいは施主の名前を記載します。 中袋は、表面には何も書きません。 裏面には左下に施主のフルネーム、住所、金額を記載してください。 お布施の包み方 新盆のお布施は正式には奉書紙に包みます。 お悔みの気持ちを表すものではないため、弔事用の包み方をする必要はありません。 まずは用意したお札を半紙で包んで「中包み」を作ります。 この「中包み」をさらに奉書紙で包んで「上包み」とします。 「上包み」の端は上部を折り返し、そこに下部の折り目を重ねてください。 お布施と別のお車代と御膳料包み方、渡し方は? 新盆ではお布施とは別に、「お車代」と「御膳料」を包む必要があります。 「お車代」は5,000~10,000円ほどが一般的ですが、お寺に隣接した斎場で行う場合は不要なこともあります。 「御膳料」は法要後の会食代で、相場はおおよそ2,000~5,000円です。 僧侶が会食に参列する場合は用意する必要はありません。 これらの「 お布施」「 お車代」「 御膳料」は、 僧侶に直接手渡してはいけません。 お布施を袱紗で包んでお盆に乗せ、法要後や会食後のタイミングに差し出して渡すのがマナーです。 このとき、読経や説法のお礼を伝えるのも忘れないようにしましょう。 新盆の流れとお布施を渡すタイミング 新盆は法要当日だけではなく、あらかじめ準備しておかなくてはならないことがたくさんあります。 当日の進行をスムーズにするために、余裕を持って用意しておけると良いでしょう。 新盆の準備段階から、お盆の終わりまでの具体的な流れに沿って解説します。 お寺への連絡日決定 新盆の日取りはできるだけ早く決めるようにしましょう。 旧盆であれば8月15日、新盆であれば7月15日になりますが、必ずその日におこなうという決まりはなく、遺族や親族が集まりやすい日程で調整します。 法要の日取りが決まり次第、お寺にも連絡を入れましょう。 お盆時期は僧侶も非常に忙しいため、早い段階で予定を確保してもらう必要があります。 お墓の掃除 新盆では法要のあとに参列者でお墓参りをするのが一般的です。 新盆前にはお墓を掃除し、気持ちよくお参りができるようにしておきたいものです。 雑草を抜いて、落ち葉やゴミなどを取り除き、墓石や付属品を綺麗に洗っておきましょう。 多くの場合お墓は屋外にあるため、法要の一週間前から三日前頃に掃除をしておくのがおすすめです。 掃除後、新盆までに期間が空くとその間に再度汚れがついてしまう可能性があります。 精霊棚やお供えの準備を行う 新盆をはじめとしてお盆の前には「精霊棚」を用意します。 「盆棚」とも言い、法要に必要な道具や、故人へのお供えものを捧げる際に使用するものです。 宗派や地域によって準備の仕方は異なりますが、今回は一番基本的なものをご紹介します。 まず「盆提灯」です。 故人の霊が迷わずたどり着けるように灯す提灯で、精霊棚の横や軒先につるしておきます。 「精霊馬」は、キュウリで作った馬と、ナスで作った牛です。 故人の霊がこれに乗って、お盆の行き帰りを行うとされています。 「線香」「ろうそく」は、新盆に限らず故人を供養するためにお供えします。 「盆花」はお供え用の花であり、白や紫、黄色を基調としたものを選びます。 菊やミソハギ、キキョウやリンドウなどが多いですが、故人の好きだった花を供えても構いません。 「食べ物」は、果物や干菓子をはじめとして、故人が好きだったものを選ぶと良いでしょう。 日持ちがして、常温でも傷みにくいものが適しています。 地域や宗派にもよりますが、団子を選ぶ場合が多くなっています。 「お迎え団子」や「送り団子」のように、お供えの時期によって団子の種類を変える地域もあります。 迎え火を焚く 「迎え火」とは故人の霊が迷わず帰って来られるよう、目印として焚くものです。 お盆の入り日である8月13日(地域によっては7月13日)の夕方に行います。 軒先でおがらやろうそく、松明などを燃やすのが一般的です。 地域によっては、お墓から自宅に沿った道に提灯をつるす場合もあります。 法要とお布施のスムーズな渡し方 新盆の法要は自宅やお寺、斎場で行うのが一般的です。 会場に参列者が集まったら、僧侶を呼んで読経と説法をしてもらい、その後は参列者や僧侶で会食を行います。 僧侶にお布施を渡すのは、法要後か会食後のどちらかのタイミングです。 ただし、法要当日に慌ただしくなってしまうのがわかっている場合は、あらかじめ渡しておいても失礼にはあたりません。 法要前に僧侶に挨拶をするタイミングで渡すこともあります。 お布施を渡す際、直接手で渡すのはマナー違反になります。 封筒を袱紗に包み、さらにお盆に乗せて差し出します。 送り火を焚く 送り火は故人の霊を送り出すために焚くものです。 8月16日(地域によっては7月16日)の夕方に焚きますが、迎え火よりも遅い時間を選ぶことが多くなっています。 これは「少しでも長く一緒にいるため」という考え方から来る風習ですが、地域や宗派によっても変わります。 法事の豆知識 基本的な新盆のルールについて見てきましたが、ここからは知っておくとより便利な、新盆関連の豆知識を紹介していきます。 新盆のやり方やお布施の決まりは、宗派や地域による違いも少なくありません。 豆地域を理解した上で、臨機応変に調整していきましょう。 お布施をお渡しするには「切手盆」が便利 前述したように、新盆の法要のために用意したお布施は、僧侶に直接手渡しするのはマナー違反です。 このときに活用できるのが「切手盆」です。 通常使用するお盆の多くは8号サイズですが、それよりも小さい7号サイズや、大きい9号サイズでも問題はありません。 色は黒塗りで派手なデザインはありません。 新盆に限らず使用できるお盆なので、ひとつ用意しておくと便利です。 新盆を合同で行う際もお布施は同額で お寺によっては、新盆を複数の檀家によって合同で行う場合があります。 これは宗派や地域、さらにお寺や家庭ごとの考え方が一致した場合のみ成立する方法です。 合同で行うことで、慌ただしいお盆の時期でもじっくり時間をかけて法要ができるというメリットがあります。 このような合同法要の場合も、お布施は相場通りの金額で用意します。 合同だからといって一家庭あたりの お布施を減らしてしまうのはマナー違反なので気を付けましょう。 盆行事がない宗教もある 日本で暮らしていると、お盆行事はすべての人に訪れるもののように感じられます。 しかし、お盆行事を行わない宗教もあります。 代表的なところで言えばキリスト教には、お盆行事がありません。 11月に行われる「万聖節」や「死者の日」が、仏教で言うところのお盆にあたります。 また、同じ仏教であっても国によってはお盆行事を行わないところもあります。 ミャンマーや中国では、仏教でも盆行事とは縁が薄い傾向にあります。 お布施を奉書紙で包むのは上級者向け 今回の記事では、お布施の包み方として奉書紙を利用する方法を紹介しました。 しかし、実は奉書紙を使うのはかなり上級者向けで、現在ではあまり一般的ではありません。 もちろん、正式な包み方なのでマナー違反ではありませんが、近年は市販の封筒を選ぶ人も増加しています。 状況に応じて選択しましょう。 お布施に水引は不要 通夜や葬儀で使用する香典袋には「水引」がついています。 それぞれ色や結び方が異なっており、シーンに適した水引を選ぶ必要があります。 しかし、 基本的にお布施には水引は不要です。 お布施はあくまで僧侶に渡すものであるため、香典のような不祝儀としてのルールは不要と考えるためです。 ただし、地域や風習によっては水引を使用することもあります。 心配な場合は事前に周囲の人に確認しておくと良いでしょう。 まとめ 今回の記事では、新盆を迎える際に知っておきたい様々なルールについて解説しました。 故人が亡くなり、忌明けから初めて迎える「新盆」は、以降のお盆よりも大々的に法要を行うことが多いです。 そのため通常のお盆よりもお布施の相場は高めとなっています。 お布施には決まった金額はありませんが、相場はあります。 ただしこの相場も宗派によっても異なります。 そもそもお布施が持っている意味も宗派によって微妙に異なるため、事前にきちんと確認し、マナーに則った金額を包めるようにしておきましょう。 その他、新盆に関する記事を読みたい人はぜひこちらもご確認ください! 新盆・初盆に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 新盆・初盆に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

初盆のお布施の金額相場と渡し方|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

初盆 お布施 金額

旧暦の7月15日頃は新暦では8月15日前後にあたりますが、東京や横浜市の一部等では、新暦となった今でも7月15日頃にお盆の行事を行うため、新暦の7月15日頃にお盆を行う地域と8月15日頃にお盆を行う地域が混在しています。 喪の期間が明けたことを忌明けと言い、一般的には四十九日の法要を終えると忌明けとされます。 お盆の時期にまだ忌明けが済んでいない場合には、初盆・新盆の法要は翌年に行われます。 その年に採れた作物などをお供えしたり、精霊馬を供えたりします。 地域や宗派によって飾り方が異なりますが、浄土真宗では精霊棚は飾らないとされます。 祖先の霊に、来る時は馬に乗って一刻も早く来られるように、戻る時は牛に乗ってゆっくりお帰り下さいと言う願いを込めてしつらえます。 精霊棚が完成したら、位牌を仏壇から取り出し、精霊棚の中央に飾ります。 位牌を出している間は仏壇の扉は閉めておきます。 必要なら足の部分には太い竹を輪切りにしたものあるいは角材など。 足を作る代わりに小机、経机などで代用することがあります。 ゴザのようなもの。 支柱を結ぶもの。 正式なやり方の場合には、笹の支柱に真菰(まこも)の綱を張り、棚を作った上に真菰のござを敷いて作ります。 支柱を作って棚をしつらえるのは大変なので、イラストの左の図のように四本足の小机に支柱の笹竹を括り付けても良いと思います。 この笹竹の4本の支柱に綱を張ります。 四方に綱を張り、結界を作るとされています。 小机を使わない場合には、上記のように角材や竹などで足元を作ることもあります。 笹竹で二本の支柱だけを作る地域もあります。 小机の後方の2本の足にそれぞれ少し背の高い笹をくくりつけそこに綱(つな)・縄をわたし、盆花を逆さにつるします。 ほおずき、栗の葉、ガマの穂、枝豆、里芋、粟(アワ)、桔梗、みそはぎなど。 綱に盆花をつるさずに、花立てに盆花を飾るだけの地域もあります。 一般的には中央に御位牌、その前に燭台、香炉、鈴などを飾ります。 具体的な例を以下に2例ほどご紹介します。 (1)小机の上に真菰(マコモ)の敷物、まこものござを敷きます。 中央にご位牌を飾り、その前に仏茶器、仏飯器、高杯、さらにその前に燭台、香炉、鈴などをかざります。 最前列には旬の食べ物や供物をかざります。 地域や宗派によっては、ご位牌の前に御供えするお膳「=御霊供膳」の献立も細かいしきたりがあるようです。 盆提灯がある場合には、精霊棚の両脇に飾ります。 (2)このイラストはお膳が無い例です。 マコモの敷物の上に中央奥にご位牌を飾り、その前にキュウリとナスの精霊馬を置いています。 空いたスペースには、果実や野菜などのお供物をお供えする盃鉢を置いています。 笹竹の上の方にはまこもの縄を四方に張り、ほおずきを吊るしていますが、花立てを起き、盆花を飾るだけの地域もあります。 盆提灯がある場合には、精霊棚の両脇に飾ります。 更に沢山の盆提灯がある場合には、仏壇の前にも飾ります。 白提灯だけは初盆にのみ用います。 軒先や玄関先などにかざります。 なお、お供物の他に、13日にはお迎え団子、14〜15日には落着き団子、16日には送り団子などをお供えすることもあります。 それぞれのご家庭で心のこもった供養をされることが一番良いのではないでしょうか。 参考ページ… 初盆・新盆 お供え 3.盆提灯 盆提灯は祖先の霊が提灯を目印にして戻って来られるように飾ると言われています。 お盆に使われる盆提灯には、白提灯と絵柄の入った提灯があります。 白提灯は近親者から贈られることが多いようです。 親族がそれぞれ1つずつ贈ると白提灯ばかりが沢山になってしまいますので、不祝儀袋に「御提灯代」として現金を遺族に渡し、遺族が必要な個数を購入するようになってきています。 白提灯は1つだけあればよいでしょう。 軒先や玄関先などの、危険のない場所)に飾ります。 お盆が終わったあとの白提灯は、送り火で燃やしたり、菩提寺に供養をしてもらったりします。 事前に、お寺に「お盆のあとの白提灯はどうしたらよいのでしょうか?」と確認すると良いでしょう。 絵柄の入った盆提灯は、精霊棚の両脇に飾ります。 更に沢山の盆提灯がある場合には、仏壇の前にも飾ります。 毎年飾るので、お盆が過ぎたらきれいに掃除して保管します。 16日(または17日)には片付けます。 初盆・新盆のみに用いる白提灯は送り火と共に燃やすか菩提寺にて供養をしていただきます。 4.初盆法要・新盆法要 初盆・新盆には故人が亡くなってから忌明け後に迎える初めてのお盆ということで、僧侶を招き法要を営むのが一般的です。 翌年からはお盆は遺族(または親族)だけで故人や祖先を供養することが多いようです。 初盆新盆の法要を営む際には、菩提寺に早めに予約を入れましょう。 通夜・葬儀葬式の参列者名簿を参考にして案内状を出します。 精霊棚の準備をし、迎え火を焚いて故人や祖先の霊をお迎えします。 初盆・新盆の法要を行い(二年目以降は遺族もしくは親族が供養をします)、送り火を焚いてお送りします。 @5,000〜10,000円くらいがめやす。 後日郵送することもあります。 表f書きは「初盆志」「志」など。 盆返し、初盆返し。 表書きは「粗供養」など。 料理でおもてなしをすることもお返しのうちのひとつとなります。 提灯の数に決まりはありませんが、住宅事情などを考慮し、直接盆提灯を贈るよりも「御提灯代」として現金を遺族に渡し、必要な数を揃えてもらうと良いと思います。 絵柄のついた提灯は二年目以降も使うことができます。 和菓子などで、予約が必要なものがあれば盆菓子の予約をします。 御経料とも言います。 初盆法要の前に準備しておきます。

次の