無印 良品 ゴミ箱。 【無印良品】ゴミ箱がスリムで使いやすい!日常を考えた優秀アイテム!

理想のゴミ箱を求めていた我が家が、無印良品の「引き出し」にたどり着いた理由

無印 良品 ゴミ箱

シンプルで使い勝手抜群!と人気の無印良品のごみ箱。 キッチンで活躍するダストボックス、小型のフタ付きごみ箱、インテリアにもなる木製やアルミ製と、用途にあわせて選べます。 今回は無印良品のごみ箱を、上手に使いこなされている実例をご紹介します。 便利な置き方や意外な使い方も参考になりますよ。 キッチンでの便利な置き方 RoomClipでも愛用者が多い、無印良品の「ポリプロピレンフタが選べるダストボックス」。 すっきりとしたフォルム、しっかりした容量、そして縦開きと横開きが選べるフタなど、魅力いっぱいの商品です。 ここでは、キッチンでの活用実例を見てみます。 便利な置き方、参考になさってください。 シンク下にぴったり並べて ステンレスのクールな輝きが美しいキッチン。 その手前には無印良品のアルミごみ箱が置かれています。 素材感が近いので目立たず、キッチンの一部のようなたたずまいです。 どこか懐かしいアルミは、古材のテーブルや真鍮のランプなどの渋いテイストとも相性が良いですね。 無印良品のごみ箱が欲しくなるような、魅力的な活用実例が満載でした。 インテリア性も使い勝手も良く考えられた置き方、使い方が素晴らしかったですね。 無印良品なら、使いやすいごみ箱がきっと見つかります。 ぜひチェックしてみてください。 RoomClipには、インテリア上級者が投稿した「無印良品 ゴミ箱」のオシャレでリアルなインテリア実例写真がたくさんあります。 ぜひ参考にしてみてくださいね!.

次の

口コミで評判の無印良品のゴミ箱おすすめ人気ランキング5選!コスパ最強で優秀|monocow [モノカウ]

無印 良品 ゴミ箱

¥5,173 使い勝手は申し分なし ビニール袋を引っ掛けたりする機能はないので、 中の袋にゴミを入れて閉める、という超シンプルな使い方をしています。 実際に使う前は袋を留めた方がいいかな? と思いましたが、ここに入るのは、プラスチックトレーや缶など形のしっかりしたものばかりなので、必要ありませんでした。 深すぎないのでゴミ出しの際にも取り出しやすいですよ。 袋の口を丸めて、引き出しを閉めれば臭いの心配もなし。 しっかり洗ったつもりでもサバ缶などはやっぱり臭いが気になるので、きちんとしまる引き出しの良さを実感してます。 奥の方にビニール袋のストックもできて一石二鳥です。 悩めるゴミ箱ヒストリー ちなみに以前は、こんな感じで無印良品の「ポリプロピレンフタが選べるダストボックス・大」を2つ使っていました。 「可燃&生ごみ以外はたいして出ないから1つのゴミ箱でいいかな~」なんて、甘い見通しだったなぁ……。 プラ・ビン・カン・金属・割れ物の5種類の分別に加え、出せる頻度はプラは週1回、その他はなんと月1回。 この頻度が曲者で、そのうちに 「あれ、この地域のゴミ出し結構ハードモードでは?」と気づいたんですよね。 5つに分けたゴミ袋を最大1か月分保管しなきゃいけない訳で……試行錯誤の末、今の形に収まりました。 上から順に、プラ・ビンカン・金属&割れ物と下が重くなるように配置してますよ。 見た目もスッキリ 無印良品おなじみのホワイトグレーは、横に置いているゴミ箱と同じ色で 統一感ばっちり。 サイズの規格もそろっているので収まりよく、生活感がでないところが気に入っています。 不燃ゴミたちが引き出しに移動したことで、 余った縦型ゴミ箱に出しっぱなしだった古紙用の紙袋がスッポリIN。 このコーナーはキッチンの真横なこともあって、見た目にスッキリと清潔感が保てるのがお気に入りポイントです。 残念なところ:重すぎるものは載せないで 上に物を載せられるのも、横に開く引き出しならではのメリット。 なんですが、 重いものを載せすぎるとたわんで開かなくなるのでご注意を。 液体のスプレーなどはやめて、ウエットシートケースだけを置いています。 汚れたときにサッと拭けて、すぐ横に置いてあるワイパーに装着もできるので、ここがベストポジションですね。 取り回しの良さも大満足 凹凸のない形状で、 内側も丸洗いできてすぐ乾きます。 キレイに洗えるので、引越などでゴミ箱の役目を終えても、掃除用品ストックなど第2の人生が用意されているのも個人的に高ポイント。 積み重ねは最大6段までOK。 サイズ違いとも組み合わせられるので、環境にあわせて最適なパターンにアップデートできるのも心強いです。 せっかく思いついたアイデアだし、末永く使っていけたらいいな~。

次の

無印良品のゴミ箱をまとめて紹介!ミニタイプや密閉タイプの使い勝手など調査!(2ページ目)

無印 良品 ゴミ箱

分別ごみは密閉しておきたいものですが、その密閉に役立つのが「フタが選べるダストボックス」のフタです。 すでに説明したように、縦開きと横開きがあり、自由に選べます。 密閉という意味ではどちらを使っても同じですが、横開きのほうがフタを開けた時に高さが低くなります。 ただ、「フタが選べるダストボックス」のフタには一つ注意点があります。 それは一度フタを取り付けると、取り外しができないことです。 したがって、密閉という目的がある場合はいいですが、それ以外の場合は無理に取り付けないほうがいいかもしれません。 無印良品の「ポリプロピレンゴミ箱」にもフタが付いているので、密閉可能です。 こちらのフタは270度開くので、使いやすいです。 密閉したくないものを収納している場合は、開けておけばいいのです。 無印良品の「ポリプロピレンゴミ箱」には、ミニサイズと小サイズと大サイズがありますが、このうちミニサイズは家中どこにでも活用できるメリットがあります。 無印良品のミニサイズゴミ箱の置き場所は、デスクの上でもいいし、キッチンシンクの周りでもいいし、洗面台の上でもいいし、お風呂でもトイレでも構いません。 ミニサイズを存分に活かし、どこにでも好きな場所に設置しましょう。 無印良品のミニサイズゴミ箱は、ゴミ箱以外の使い方にも活躍しそうです。 キッチンではシンク下に入れて、スポンジやネットの収納に利用できるし、デスク上ではちょっとした小物の整理に使えます。 ミニサイズというのは非常に使い勝手がいいです。 赤ちゃんがいるお家ではおむつ専用のゴミ箱がないと困りますが、残念ながら無印良品ではおむつ用のゴミ箱は扱っていません。 そこで、おすすめするのが、無印良品の「ポリプロピレンバケツ」をおむつ用のゴミ箱として活用する方法です。 この「ポリプロピレンバケツ」なら、フタ付きなので、おむつ特有のにおいの漏れ出しをある程度防げます。 また、普通のゴミ箱と違って、取っ手が付いているので、おむつの持ち出しもしやすくなります。 無印良品の「ポリプロピレンバケツ」は、最初おむつ用として使っていたとしても、子供が大きくなるとその必要はなくなります。 そのような時は、掃除用にも漬けおき洗い用にもいろいろな使い方ができるでしょう。 無印良品には薄くスライスしたオーク材を使用した「木製ゴミ箱」があります。 丸形と角形の2種類ありますが、どちらもナチュラルな感じが魅力的です。 薄くスライスしたオーク材といっても、丈夫で、長持ちします。 ゴミ箱をデザインで選ぶのなら、この「木製ゴミ箱」は一押しです。 無印良品の「木製ゴミ箱」には別売りのフタがあります。 ところが、丸型と角形ではフタの特徴が大きく異なっています。 丸形のフタの場合、真ん中に穴が開いています。 したがって、ゴミ箱の中身が見えにくくなるようになっています。 一方、角形のフタは完全に密閉する仕組みになっています。 したがって、フタをすれば、中身は全く見えません。 使い方としては、普段は完全に閉めておき、必要に応じて開くといいでしょう。

次の