ワンピース ジャンプ 速報。 【ネタバレ注意】ワンピース 967話「ロジャーの冒険」【ジャンプ6・7号2ch感想まとめ】

ワンピース 977話最新ネタバレ速報 今までで一番でっけぇ宴をやろう!!

ワンピース ジャンプ 速報

ジャンプ連載陣!! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! 少年ジャンプ• 週刊少年ジャンプ 2020年 32号• ジャンプGIGA 2020 SPRING• 最強ジャンプ 7月号• 少年ジャンプ+ 2020年 32号 イチオシ情報• 5周年記念!オンライン展覧会開催中!! そろそろ連載1周年記念!キミの考えるスパイを大募集!• アニメ2期2021年1月放送!• 全順位の完全データを公開!• キミがどの呪術師と似たタイプなのかがわかる!• 夢のスペシャルマッチが実現!! 漫画賞• ガリョキンPro用ネーム公開!9月30日 水 締切!! WEBでの持ち込み受付を始めました!• 第100回手塚賞&第93回赤塚賞 投稿受付中!• 受賞作品一覧• 漫画賞Q&A• 編集部ツイッター• 11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の

集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ワンピース ジャンプ 速報

今回は、2019年9月30日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新957話のネタバレ確定速報をご紹介していきます。 前回956話では、いよいよワノ国編が第三幕に突入しました! ワノ国での事よりも、世界情勢に目が向けられているような展開でしたね! 何より驚いたのは、サボが死亡したという内容だったのですが…あのサボがそう簡単に死んだとも思えませんし、信じられないですよね。 モルガンズもなんだか意味深な発言をしていましたし、今後どんな風に関わってくるのか気になります。 記事の内容をさらに深く知りたい気持ちと、ワノ国編ではいよいよ決戦となりそうなので展開から目が離せませんね! それでは、2019年9月30日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新957話のネタバレ確定速報をご紹介しますので、最後までお見逃しなく! ワンピース957話ネタバレ確定速報『サボがビビを殺そうとして死亡!』 レヴェリーで何が起きたのか、という事に注目が集まった前回。 モルガンズがいきいきしていたのは、『殺人未遂』『死者』『議決結果』という三大要素があったからのようでした。 世界政府は、モルガンズに小切手を渡し、口止めを狙っているようですが、その内容が一体なんなのか気になります。 前回の内容から考察するに、• 殺人未遂:犯人がサボ、殺人の対象がビビ• 死者:コブラ なのではないか…と考えていますが、どうなのでしょうか。 サボの目的は革命軍であるクマの奪還?! サボが一体何をしに行ったのかという話ですが…。 革命軍であるクマの奪還、ですよね。 それがどういう事か、新聞を買った人達はショックを受けている様子でした。 マリージョアで革命軍の幹部であるクマの奪還に向かった、革命軍とサボは作戦を実行する時に「ヘマはしない、成功か…死かだ…!」と言っていました。 しかし、前回出てきたのは『死亡記事』。 つまり、クマ奪還の作戦は失敗してしまった、と予想できますが、実際に死んだかどうかはまだ何とも言えないところですね。 革命軍が作戦を実行したのにも関わらず、サボだけにスポットが当たっているのも気になるところです。 サボ以外にも、名の知れた革命軍幹部も同行していたのに、サボだけ死んだという話が出た理由があるのかもしれません。 モルガンズの発言が見逃せない! 死亡説について考察するにあたって、モルガンズの発言は見逃せなかったですね!• 「時にはウソで人を踊らせる活字のDJ」• 「何を載せるかはおれが決める!」 と言っていたモルガンズ。 そう考えると、サボの殺人未遂に関しては特に嘘の情報である可能性が高いと思います。 サボが死亡した、という事に関しても、海軍に囚われて処刑・または拷問され続けている可能性もありますよね! 読者が驚いているのも納得できますが、当然犯人は他にいると思います。 サボはビビへの殺人未遂の容疑をかけられて処刑 殺人未遂の相手はビビだと思われますが、アラバスタ関係である事はガープのセリフからわかります。 そのビビへの殺人未遂の容疑をかけられて処刑…となったのがサボだと思われますが、総考察すると流れにも納得できますよね。 サボを捕らえたのは一体誰だろうと考えてみたのですが、海軍大将クラスである事は間違いなさそうです。 ワンピース957話ネタバレ確定速報『黒ひげが動き七武海の動向はどうなる?』 ここでとうとう黒ひげが動き出します! 黒ひげも、前回サボが死んだ原因が処刑である、と言う風に考察できる発言をしていました。 黒ひげは恐らく、処刑場に行き、サボの『メラメラの実』を奪ってしまおうと考えているのだと思いますが…。 さらに強い能力者集団を目指している黒ひげですから、その可能性は高いだろうと思われます。 となると、また白ひげの能力を奪った時のような悲劇を目の当たりにしてしまう可能性も出てきましたね。 ルフィはワノ国にいますし、助けに行ける人がいるでしょうか…。 革命軍が事実確認を急いでいるところでしょうが、海軍と黒ひげ海賊団が衝突する展開になるかもしれません。 尾田先生は以前「頂上決戦はかわいいくらい」といった旨の事を言っていましたが、これから収拾がつかないほど各地で激突するのかもしれないですね。 七武海vs海軍の勝敗の行方は? 七武海と海軍の対決も気になるところですが、まだ詳細は描かれないかもしれないですね。 もしかすると勝敗の行方くらいは出てくる可能性もありますが…。 海軍と七武海がどんな対決をするのか気になりますが、ワノ国の第3幕に突入したばかりですし、メインはワノ国になるのでしょう。 海軍に敵対視されている七武海ですが、今後どんな風に動いていくのか注目が高まります。 海軍本部はもちろん、七武海の戦力がどれだけかは把握しているでしょうし、総力戦になるのは間違いないでしょうね。 それだけの闘いとなれば、七武海の誰かは命を落としてしまう可能性もありますが…。 モルガンズは強いの? 政府の人間に脅されていたモルガンズですが、次のコマでは政府の人間を倒していたのも衝撃的でした。 モルガンズも相当強いのだろうと思いますが、その実力はまだ謎ですね。 政府側の人間も相当手練れだろうと思いますが、瞬殺していました。 能力自体は特別なものはないのでしょうが、ゾオン系ですし体力とパワーは凄まじいものだろうと思います。 気になるのはずっと鳥モードだろ言う事ですよね。 単に顔がバレたくない可能性もありますが、覚醒したのかもしれません! ワンピース957話ネタバレ確定速報『海軍が機能しない4つの理由』 今の海軍の状態を振り返ってみましょう!• レヴェリー騒動• 王下七武海撤廃により逮捕に動く• サボの死亡 処刑• 黒ひげが向かってくる可能性 こうなると、海軍の兵達が各地に飛び散っていくのだろうと思いますが…。 ビッグマムとカイドウが衝突することで、お互いに痛手を負う事に期待しているようなので、他の事に力を注いでいくはずですよね。 しかし、ビッグマムとカイドウが衝突するどころか同盟を結んでしまったので、海軍もこちらにも動き出す可能性もでてきました。 片っ端から戦力を集める事になるかもしれませんが、海軍は各所に対応に追われそうです。 侍たちは救出できる? 今回からは、マリージョアの話しを追及するのではなく、ワノ国編に戻っていくのだろうと思います。 まだ、ローたちの動きは描かれていませんが、ローはこれまでに何者かによって救出されて、その人物の陰謀に強力する、と話していました。 侍たちが救出された様子もまだ描かれていませんが、戦力を確保するためにも侍たちの救出は欠かせないものとなります。 ローを助けたのはドレークで確定! ローを助けた人物はシルエットになっていましたが、ドレークだろうと予想していましたよね。 前回の956話では、X・ドレークが海軍本部の機密特殊部隊に所属しているという事が明らかになりました! ドレークがワノ国での騒動の、協力者となる可能性が大きくなりましたが…。 ドレークは950話あたりでも様子がおかしかったのですが、描かれていたシルエットもドレークのマントのように見えました。 そもそも、ドレークは元海軍本部少佐だったので『海軍のスパイなのでは?』という予想もされていたんですよね。 これまでにも、ローとはミニオン島ですれ違っていたり、ドフラミンゴ失脚の記事を前にしてローとルフィの同盟にも興味を示していました。 ドレークの立場が分かった今、海軍にも詳細な情報が渡っているでしょうし、ビッグマムとカイドウの同盟も当然伝わっているはずです。 ワンピース957話ネタバレ確定速報『ワノ国第三幕が始まる』 ここから本格的にワノ国第三幕が始まる事になりそうです! …しかし、世界中で騒動が起こりそうな予感なので、まだ少しネタや伏線を挟んでメインに移るのかもしれませんね。 前回の内容でわかった事をまとめると、• サボが処刑台に?死亡説が??• 王下七武海が撤廃!• 黒ひげが何かを奪いに行く!• 海軍総動員!• 革命軍動く! と、もう目いっぱい盛り込んできているのですが…。 マリージョアでは、革命軍がクマ奪還に向けて動いていたのと同時に、もう一人マリージョアに潜入していましたよね。 それが最悪世代の『ジュエリー・ボニー』でしたが、ボニーはなにやらクマと深い関係があるようでした。 その証拠に、クマが奴隷として扱われているところを見て涙を流していましたし…。 そのあたりも詳しく描かれていくのかもしれません。 ジュエリーボニーの謎を解明?! クマを奪還するために、ボニーと革命軍は強力していた可能性も高いです。 ボニーは、最悪の世代の中でも一番謎が多く伏線が多い人物だと言われていますが、ここでついにボニーについて詳しく謎が解明されるかもしれませんね。 また、サボ死亡説ですが、ボニーとサボ達が協力して奪還の作戦に動いていたのだとすれば、ボニーの能力でサボが死んだように見せた可能性もあるかもしれません! または、モルガンズに強力してもらい、サボ死亡説の記事を出してもらったのかもしれませんし…。 とにかくサボの記事の真相が気になるところですが、ワノ国編も放っておけませんし、どう展開していくか楽しみです! ボニーはクマの母親?! 908話で、ボニーは天竜人の奴隷となっているクマを見たボニーは号泣していました。 「許さねぇ、絶対に…!!」と言っていましたし、クマが奴隷にされているのを見て怒っているように見えました。 ボニーとくまは、ソルベ王国と深い関りがありますし、そもそもボニーとくまは親族関係にあるのだろうと思います。 親子関係にあるのかは不明ですが、ボニーは家族であるくまを奪還するために、マリージョアに潜入したのだろうと思いました。 頂上決戦では、人間兵器と化したくまを目にした時にも涙を流していましたし、やはり深い関りがあるのでしょうね。 ローの作戦は? ワノ国の話しにももちろん触れられていた前回、ドレークの正体が明らかになりましたのでローとの作戦が実行される展開になりそうです。 ルフィ達の作戦も同時進行となるのですが、どう協力し合いカイドウを倒す展開になるのか気になりますね。 作戦を実行するためにはまず、花の都の牢獄に囚われている侍たちを救出することが真っ先に必要になりそうです。 1万いるというオロチ軍が鬼ヶ島へ移動するのを邪魔できるかが鍵となりそうです。

次の

【ワンピース957話】最新ネタバレ確定速報!サボはビビへの殺人未遂の容疑で処刑?

ワンピース ジャンプ 速報

ジャンプ連載陣!! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! 少年ジャンプ• 週刊少年ジャンプ 2020年 32号• ジャンプGIGA 2020 SPRING• 最強ジャンプ 7月号• 少年ジャンプ+ 2020年 32号 イチオシ情報• 5周年記念!オンライン展覧会開催中!! そろそろ連載1周年記念!キミの考えるスパイを大募集!• アニメ2期2021年1月放送!• 全順位の完全データを公開!• キミがどの呪術師と似たタイプなのかがわかる!• 夢のスペシャルマッチが実現!! 漫画賞• ガリョキンPro用ネーム公開!9月30日 水 締切!! WEBでの持ち込み受付を始めました!• 第100回手塚賞&第93回赤塚賞 投稿受付中!• 受賞作品一覧• 漫画賞Q&A• 編集部ツイッター• 11月13日、集英社が発行する『週刊少年ジャンプ』に連載中のマンガを、共謀の上、発売日前にスキャンしてデジタル化し、無断でインターネット上に公開したとして、被疑者4人が京都府警サイバー犯罪対策課と東山署に逮捕されました。 報道などで被疑者が無断で公開を企てたとされている、英語海賊版サイト「mangapanda」は複数のマンガ誌を発売日前に入手し、それをスキャン、翻訳、加工して自らのサイトに掲載し広告収益を得ていた非常に悪質なサイトであり、また、他の海賊版サイトにスキャンしたファイルを供給するなど、国境を越えた海賊版グループの中核と推測されます。 ネットの海賊行為に関しては、その収益や制作過程、流通経路など不明な点が非常に多く、今回の摘発を機に、その全容が解明されることを期待しております。 また、今回の事案は今年施行されたばかりの改正著作権法に基づき、集英社が有する出版権の侵害としても摘発されました。 集英社ならびに週刊少年ジャンプ編集部は著作者が心血を注いで作り上げた大切な作品を正しい形で日本をはじめとする全世界の読者のみなさまにお届けするという自らの役割を果たすため、引き続き著作物の海賊行為に関しては刑事告訴も含め厳正に対応していきます。 2015年11月17日 週刊少年ジャンプ編集部 今、ネット上には漫画を不正にコピーしたものがあふれています。 これらの「不正コピー」とアップはすべて、漫画家たちの気持ちに反しておこなわれたものです。 そして、「この作品はこう読んでほしい」という作者の意図をも大きくねじ曲げています。 「不正コピー」を作りネットにアップする行為は、たとえそれが気軽な気持ちでおこなわれたとしても、漫画家が心血を注いだ表現活動を傷つけることであり、また法に触れる行為でもあります。 私たちは、こうした「不正コピー」を発見するつど、漫画家と話し合いながら、考えられるあらゆる策を講じてきました。 しかし、心ない人たちはあまりに多く、残念ながらそのすべてには対応し切れてはいないのが現状です。 読者の皆様にお願いです。 ネット上にある「不正コピー」は、漫画文化、漫画家の権利、そして何より、漫画家の魂を深く傷つけるものです。 それらはすべて法に触れる行為でもあるということを、今一度、ご理解ください。 また漫画家の方々と集英社は今後も、ネット上のあらゆる「不正コピー」に対しては厳正に対処していきます。 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

次の