承知致しました。 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明

「諸々」の意味と使い方!失礼?敬語表現?ビジネスメールでの例文や類語まで!

承知致しました

「かしこまりました」の意味 「分かった」を意味する「かしこまりました」 「かしこまりました」とは「分かりました」という意味の言葉です。 相手の指示を受け入れる時に使われる敬語表現で、目上の上司や取引先の担当者など社内外の人へ使えます。 漢字で表す「畏まりました」 「かしこまりました」を感じで表すと「畏まりました」となります。 正しい漢字表記であり、メールや文書などの書き言葉として使用できるのですが、ビジネスシーンで使うのは控えた方がいいでしょう。 「畏」は音読みでは「畏(い)」、訓読みでは「畏(おそ)れる」という普段見聞きしない漢字です。 正しい使い方ではあるものの、普段使わない難しい漢字を相手に使うのは丁寧さに欠けます。 ビジネスシーンでは使用禁止というルールはありませんが、相手のことを考えると「かしこまりました」と平仮名で表記する方が丁寧で優しさのある表記と言えるでしょう。 類語「承知しました」との違い 「理解する」「引き受ける」という意味 「かしこまりました」の類語「承知しました」には、「理解する」や「引き受ける」という意味が込められています。 「かしこまりました」と同じく相手の依頼や指示を引き受けるシーンで使用される敬語表現です。 「かしこまりました」と「承知しました」は両方とも丁寧な表現であり、相手の指示を引き受けるシーンではどちらを使用しても構いません。 違いがあるとすれば「承知」の方が、使用できるシーンが多いということです。 例えば、目上の相手に「知っているとは思うけど」という言葉を使う時、「ご承知のこととは存じておりますが」と使用できます。 「承知いたしました」は二重敬語ではない 「承知しました」をより丁寧に表現した「承知いたしました」という言葉。 「承知」に謙譲語である「いたす」を加えることで、自分をへりくだらせた丁寧な表現になります。 「承知いたしました」を二重敬語と判断する考えもありますが、謙譲表現されている部分は「いたす」だけであり、二重敬語には当てはまりません。 「承知」に使われている「承る」という言葉は謙譲表現であり二重敬語となりますが、「承知」はあくまで1つの単語ですので二重敬語ではないと言えるでしょう。 「了解しました」「わかりました」も敬語 「承知しました」以外には「了解しました」や「わかりました」も類語となります。 全て目上の相手に「分かった」と伝える場面で使える敬語表現です。 ただ、「分かりました」や場合によっては「了解しました」は、かしこまった表現ではなく丁寧でないと判断される場合があるため、状況や人によって使い分ける必要があります。 メールでの「かしこまりました」の使い方 「かしこまりました」はメールで使える メールや文書などの書き言葉として「かしこまりました」は使えます。 類語でも言い換えることはできますが、書き言葉は声色や表情が読み取れない分、話し言葉よりも丁寧な必要があります。 くだけた表現と捉えられてしまう類語の「分かりました」などは、控えた方がいいと言えるでしょう。 「かしこまりました」に一言添える 「かしこまりました」を使う場合、単体で使うのではなく一言添えて使うとより丁寧になります。 「かしこまりました」だけでは堅苦しい印象を受け、ぶっきらぼうに捉えられてしまう場合があるからです。 「かしこまりました」だけの返信よりも「かしこまりました。 当日はよろしくお願いいたします」の方が丁寧な印象を与えられます。 「ご連絡ありがとうございます」や「またご連絡いたします」など状況に合わせて加えてください。 相手によっては違和感を与えることに 「かしこまりました」は目上の相手に使える丁寧な表現であることを説明しました。 ただ、相手との距離感によっては仰々しく捉えられ、違和感を与えてしまうこともあります。 メールの場合は話し言葉よりも丁寧にする必要があるのですが、話し言葉の場合は相手との距離を考えましょう。 「かしこまりました」が堅苦しいと感じた場合は「分かりました」など、類語への言い換えも大切です。 「かしこまりました」を使った例文 「はい、かしこまりました」の例文 「かしこまりました」の使い方として、「はい、かしこまりました」があります。 後ほどデスクに置いておきます」となります。 「かしこまりました」にお礼を加えた例文 「かしこまりました」だけでは堅苦しい印象を与える場合があることを説明しました。 そこで、「かしこまりました」にお礼の言葉を加えた例文を紹介します。 例えば、取引先の担当者から「今月の納品分を明日持っていきます」と連絡が来た場合「かしこまりました。 いつも質の高い商品をありがとうございます」となります。 まとめ 「かしこまりました」には「分かった」という意味があり、目上に使える丁寧な敬語表現です。 類語の「承知しました」とは大きな違いはありませんが、「承知」の方が使える幅が広いため状況に応じて使用してください。 距離の近い上司など、相手によっては違和感を与えてしまうため注意しましょう。

次の

【敬語の意味・違い】承知しました/了解しました/かしこまりました/了承しました

承知致しました

目上の人と話すときは「承知しました」「かしこまりました」を使用する• 目上の人に「了解しました」「了承しました」は使ってはいけない• 同僚や部下に対してはどれを使ってもOK• 「了解いたしました」は本来であれば失礼にあたらないが、目上の人に使わないのが無難 「了解、承知、了承、かしこまりました」の違いを理解しよう 「わかりました」の意味合いで使う「了解しました・承知しました・了承しました・かしこまりました」。 これらの敬語は、使い方を間違えると失礼に当たることもあります。 ビジネスシーンでは日常的に使うからこそ、失礼がないように使い分けたいですよね。 では、それぞれの敬語の意味を正しく理解しましょう。 1.了解しました まずは「了解しました」の意味について確認しましょう。 よく耳にする「了解しました」ですが、実は目上の人に使ってはいけないということをご存知でしょうか。 【了解の意味】事情を思いやって納得すること、理解すること、のみこむこと• 【敬語の種類】丁寧語(聞き手に対して丁寧に話す言葉)• 【適切な相手】同僚、目下の人• 【不適切な相手】上司、取引先などの目上の人には使わない方が無難 「了解しました」の意味・使い方 了解の意味は、「事情を思いやって納得すること」「理解すること」「のみこむこと」。 「わかりました」という意味で使っている方も多いのではないでしょうか。 「了解しました」は目上の人には使うべきではない敬語 ビジネスでもプライベートでもよく耳にする言葉ですが、「了解しました」「了解いたしました」は、一般的に取引先や上司に対して使うことはNG。 同僚もしくは目下に対して使う言葉とされています。 混乱させてしまうかもしれませんが、厳密にいうと「~いたす」が付いた「了解いたしました」は、目上の人に対しても失礼な言葉ではありません。 「了解しました」は「分かりました」と同義であり、「~いたしました」と付けることで充分に敬語として使うことが可能です。 文法上は特に失礼ではない「了解いたしました」ですが、目上の人や取引先相手に使わないほうがいい理由は、要らぬ軋轢(あつれき)を避けるリスクヘッジのためです。 「了解いたしました」自体は本来、目上・目下にも使えるフラットな表現であるにも関わらず、2000年代後半からビジネスマナー書やビジネスメールの指南書において「了解いたしましたを、目上の人、取引先相手に使うのは不適切」という記述が現れ始めました。 その理由としては、「敬意が感じられない」「軍隊・警察のようだ」「ぶっきらぼうに感じられる」などが挙げられていますが、明確なことは分かっていません。 ともあれ、これらのビジネスマナー書やビジネスメールの指南書によって、一定数のビジネスパーソンが「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識しているのが現状です。 一定数の人が「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識している以上、「了解」という言葉を含む「了解しました」「了解です」「了解いたしました」は、目上の相手や取引先での使用は 避けたほうが無難なのです。 「了解いたしました」は丁寧な言葉ではありますが、目上の人や取引先相手に話す際には 「了解」を含む言葉の使用は控えたほうが、無用な心配をせずに済むでしょう。 ただし、自分に対して「了解しました」「了解いたしました」が使われたからといって、後輩を怒ったり取引先の評価を下げたりするのは、賢い行動ではありません。 繰り返しになりますが、「了解」を含む表現が失礼とされたのは近年の怪現象であり、本来は「了解=同僚や目下の人に向けた言葉」ではないことを念頭においておきましょう。 まずは自分が他人に強要しないことが、過剰なビジネスマナーを変える第一歩です。 どうしても同僚や部下に注意する必要がある場合は、「間違いではないけど、不必要なリスクは避けたほうがいいよ」といった言い方が望ましいでしょう。 「了解いたしました」は、目上相手に対して失礼な言葉ではない• 目上の人・取引先相手と話す際は、「了解」を含む言葉の使用は控えるほうが無難• ビジネスマナー書・ビジネスメールの指南書によって、一定数の人が「了解=目上の人、取引先相手に使うのは不適切」と認識 「了解しました」と「了解いたしました」の違い この2つには、どのような違いがあるのでしょうか。 【「了解しました」と「了解いたしました」の違い】 了解しました:丁寧語 了解いたしました:謙譲語 目上の人に使うときは謙譲語である「了解いたしました」が望ましいです。 しかし、前述の通り「了解」という言葉自体に「目上の人には使ってはいけない」という暗黙の認識があるので、いずれにせよ目上の人には使わないのが無難です。 「了解しました」の使用シーン・相手 ではいったい、「了解しました」はどのようなシーンで使用すればよいのでしょうか。 答えは、同僚や後輩など、 目上の人でない相手に対して使用します。 繰り返しになりますが、上司、取引先などの目上の人には使わない方が無難です。 2.了承しました 「了解しました」と字面が似ている「了承しました」、こちらも目上の人に使うのはNGです。 意味や使い方、なぜ目上の人に使ってはいけないのかなど、気になるポイントを説明していきます。 【了承の意味】相手の申し出や事情などを納得して承知すること• 【敬語の種類】丁寧語• 【適切な相手】部下などの目下の人• 【不適切な相手】上司、取引先などの目上の人 「了承しました」の意味・使い方 「相手の申し出や事情などを納得して承知すること」という意味の「了承」。 ビジネスシーンで耳にする「了承しました」は、何かを「 承諾」したときに使う言葉です。 「了承しました」は丁寧に聞こえるが、目上の人には使わない 「了承しました」は「 それでいいですよ」という意味合いになるため、目上の人が部下などに対して使うのが適切です。 取引先や上司など、目上の人に対して使う言葉としては不適切だといえます。 相手の発言に納得して承知する場合、お客様へは「かしこまりました」を使い、目上の人や上司に対しては「承知しました(承りました)」を使うのが、無難な対応です。 なお、「了解いたしました」と同様に、了承に「~いたす」を付けて「了承いたしました」としても謙譲語としては充分なのですが、「了解」の項目で述べたように、 不適切に感じる人が一定数いることを踏まえて言葉を選びましょう。 「了承しました」の使用シーン・相手 では、「了承しました」はいつ誰に使えばよいのでしょうか。 相手の申し出や事情などを納得して承知したときに、同僚や後輩に対して使います。 上司、取引先などの目上の人には使わないよう、お気をつけください。 3.承知しました(承りました) 「承知しました」は、「了解」「了承」と異なり、 目上の人に使っても失礼とされない言葉です。 その意味や、使い方について説明します。 無理を承知でお願いする• 君の言うことなど百も承知だ• 事の経緯を承知しておきたい 「承知しました(承りました)」はビジネスシーンでの適切な表現 上記のような使い方をする「承知」ですが、「了解しました」に代わり、ビジネスシーンでは「承知しました(承りました)」を使うことが無難とされています。 「承知しました(承りました)」は謙譲語であるため、取引先や目上の上司に対しても使える言葉なのです。 似たような言葉である「承りました」もビジネスシーンで用いるのに適しています。 「了解いたしました」ではなく、「承知しました(承りました)」のほうがベターということを覚えておきましょう。 「承知しました」の使用シーン・相手 ビジネスシーンにおいて使う頻度が多い「承知しました(承りました)」は、依頼を受けたり、話を理解したという旨を相手に伝えたりするときに用います。 上司に仕事の指示を受けた後などに「承知しました(承りました)」と自然に言葉に出るのが望ましいです。 また、同僚や後輩などに対して使っても違和感のない言葉ですので、 誰に対しても「承知しました」で統一して返事すると間違いが起きにくいでしょう。 4.かしこまりました 「了解しました」「承知しました」よりも耳にする頻度は低いかもしれませんが、「かしこまりました」もビジネスシーンで目上の方相手に使うことが出来ます。 意味や使い方について説明します。 【かしこまるの意味】目上の人の言葉をつつしんで承る。 依頼や指示などを承諾する• 【敬語の種類】謙譲語• 【適切な相手】上司、取引先などの目上の人 「かしこまりました」の意味・使い方 「承知しました」と同様に、お客様や目上の人、上司などの依頼や指示に「わかりました」と返事するときに用いる敬語「かしこまりました」。 相手の話や情報を理解したといった意味合いで使用される「承知しました」と比較し、「かしこまりました」は、お客様や目上の人、上司からの 依頼や命令などを承る意味合いで使われます。 似たような意味の2つの言葉ですが、状況によって使い分けできると良いでしょう。 「かしこまりました」はビジネスシーンでも使える丁寧な表現 「かしこまりました」は目上の人の言葉をつつしんで承る、依頼や指示などを承諾するといった意味の謙譲語。 上司、取引先などの目上の人と話すときにぴったりの言葉です。 「かしこまりました」の使用シーン・相手 先述の通り、目上の人から何かを依頼され、それを承る際に使うと良いでしょう。 上司や取引先などの目上の相手に使います。 逆に、かしこまった言い方のため、 同僚や後輩に使うには少し距離感を覚える表現かもしれません。 「了解、承知、了承、かしこまりました」最もビジネスシーンに適切な敬語とは? 上述した敬語の意味の違いをまとめると、ビジネスシーンでの活用に適切なのは「承知しました(承りました)」「かしこまりました」です。 「承知しました(承りました)」「かしこまりました」は、お客様や目上の人、上司に対して使える言葉。 逆に、「了解しました」「了承しました」は目上の人に対して使うにはふさわしくない言葉ですので、注意しましょう。 「承知しました(承りました)」「かしこまりました」は目上の人に使っても問題がない• 「了解しました」「了承しました」は避けるのがベター 「了解、承知、了承、かしこまりました」の例文を確認してみよう 「使い分けがまだすこし心配だな……」というあなたは、具体的な例文を見ながら「了解、承知、了承、かしこまりました」の違いを見ていきましょう。 どの相手にどの言葉を使っているのか、「相手」を基準にして考えると使い分けがしやすいですよ。 「了解いたしました」は不適切ではないですが、上述のとおり、リスクを避ける点で使わないほうがベターです。 こちらも同様、「了解いたしました」は間違いではないのですが、「了解=目上の人に使わない」というイメージが強いため、「失礼なやつだ」と思われる可能性があります。 「かしこまりました」または「承知しました」で代用するのが吉です。 「了承」は目上の人に使ってはいけない言葉なので、たとえ「了承いたしました」と謙譲語に変えたとしてもNG。 失礼にあたるので、使用は控えましょう。 このようなシーンでは、「承りました」「承知しました」を使うのが正解。 上司に対しても同じことがいえます。 最後に、あわせて知っておきたいビジネスシーンで使われる言葉についての関連記事を紹介します。 英語で「了解しました」はなんていう? 英語のビジネスメールで使えるフレーズ集 ビジネスの場面で、英語で「了解しました」はどのように言うのでしょうか。 「OK」「I see」以外にも、様々な表現があります。 英語を使う職場の場合は、いろいろな表現を覚えておいて損はないので、是非チェックしてみてください。 ビジネスシーンでは「承知しました」「かしこまりました」が最適• 「了解しました」「了解いたしました」は本来であれば目上の人に使っても失礼には当たらない• 「了解=目上の人に使ってはいけない」と誤認されているため、上司、取引先、お客様相手には使わないほうが無難• 「了承しました」は部下に対して使う 本記事では「了解しました・承知しました・了承しました・かしこまりました」の意味や利用シーン、使う相手について説明してきました。 特に、「了解しました」「了承しました」は、「了解」「了承」という言葉に「目下の人に使うもの」というイメージがあるため避けることがおすすめです。 上司や取引先の方と話すときは、「承知しました」「かしこまりました」を使うようにしましょう。 また、「かしこまりました」や「承りました」はかなり丁寧な言い方のため、同僚や部下に使うとよそよそしいと距離を感じられるかもしれません。 会話の相手によって言葉を使いわけ、ビジネスシーンで違和感のない言葉遣いをマスターしましょう。

次の

「承知しました・致しました」意味と違い、敬語の使い方、メール例文

承知致しました

直属の上司や他社の人、取引先の方にも広く使えます。 承りましたの意味 次に同じような意味で「承りました」という言葉も使われます。 漢字の読み方は「承(うけたまわ)りました」です。 「承る」の意味は、「謹んでお受けします」というもので、依頼を聞いたり、受け取ったりしたことを目上の人に伝えるときに使います。 元々は「受け賜る」とも書くことができ、敬語の種類は謙譲語です。 社内の直属の上司や先輩に対しては頻繁に使われることは少ないでしょう。 「承知いたしました」の方が頻度が高いです。 かしこまりましたの意味 「承知いたしました」が一番無難でビジネスシーンで広く使われる言葉であると説明しましたが、更に丁寧な表現として「かしこりました」があります。 漢字では「畏まりました」と書きます。 「かしこまる(畏まる)」は「(目上の人の言葉を)謹んで承る」という意味です。 動作を行った相手を敬う意味が含まれるので、「かしこまりました」は目の前の相手を敬っている表現で、自分よりも地位の高い人、目上の人に対して使う表現です。 拝承いたしましたの意味 「拝承」の読み方は「はいしょう」です。 「謹んで承る」という意味で、「承知」、「聞く」の謙譲語です。 一般的にビジネスで広く用いられる表現ではありません。 使い方は「拝承いたしました」という形で用います。 メールのやり取りで書き言葉として、使われることが多いです。 敬語の種類と、分かりましたの敬語表現に関するその他の情報は以下の記事で解説しています。 「わかりました」「分かりました」「解りました」「判りました」漢字表記の使い分け 口語の時は気に留めない言葉でも、メールのように言葉を書くときに迷ってしまうのが漢字表記の仕方です。 「わかりました」「分かりました」「解りました」「判りました」はどう使い分ければよいのでしょうか。 「わかりました」の意味 元の形「わかる」の語源は「わける」です。 物事がきちんと分け離され、明確になることを意味します。 したがって、「理解できる、了解する、明らかになる」といった意味を含みます。 「分かりました」の意味 先ほどの「わかる」の語源の「わける」は「分ける」と書きます。 したがって、「分かりました」も「わかりました」も同じ意味です。 担当者:お客様のご注文を確認いたします。 カスタマーサポートの佐藤が確かに承りました。 自分が責任を持って、依頼を受けたことを相手に伝えます。 相手の依頼を繰り返したり、自分の名前をいうことで、よりしっかりと依頼を受け取ったという印象を相手に与えることができるでしょう。 「かしこまりました」の例文 「かしこまりました」は「承知いたしました」より丁寧ないい方です。 社内では役員クラスの方から依頼を受けたときや社外の人との取引の場で使われることが多いです。 秘書が直属の上司から物事を依頼された場合に「わかりました」という意味で「かしこまりました」という表現を使います。

次の