バチンウニ 進化。 バチンウニ (ばちんうに)とは【ピクシブ百科事典】

【ポケカ】強化拡張パック「伝説の鼓動」カードリスト【伝説の鼓動】

バチンウニ 進化

基礎データ 図鑑No. 871 分類 うにポケモン タイプ 高さ 0. 3m 重さ 1. 名前の由来は「ばちん! これまでいそうでいなかったをモチーフとしたポケモン。 外見のモデルは我々がよくウニと呼んでいる『ムラサキウニ』。 折れたトゲが相手を苦しめると言った設定や、どくタイプの技を覚える点ではの要素も入っていると思われる。 外見は正しくウニといった感じで、ウニの身に当たる部分が口に、瞳が三角状になっているのが特徴。 やを彷彿とさせる可愛らしい見た目である 特に後者はシルエットも似ている。 水棲生物モチーフな点からみずタイプが入っているのかと思いきや、 や一族同様みずタイプ複合ではない。 しかし、タマゴグループはすいちゅう1に属している。 ウニモチーフなだけに、海に棲んで、口の鋭い歯で海藻を削り取って食べるという生態を持つ。 鋭いトゲは先端から電気を放ち、その上折れても3時間は放電し続けるという護身用の武器としてはかなりの優れ物。 しかし、野生下では9ばんどうろの草むらにランダムエンカウントするので、ある意味自身のタイプに忠実なヤツだとも言える。 ポケモンカードゲームでは海に住んでいる所も確認できる。 絵柄からどうやら浅瀬に住むポケモンのようだ。 剣盾発売当時、「キャベツを食べるウニ」のニュースが流行っていたこともあり、バチンウニがキャベツを食べているイラストも見られる。 キャベツを食べたウニは、天然よりも味が良くなるらしい。 本作ではの味について触れられていたが、バチンウニの味は如何程のものなのだろうか。 性能 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 48 101 95 91 85 15 435 今世代の新ポケモンの最終形態では 最も低い合計種族値435。 攻撃面と防御面のステータスのバランスが良い鈍足アタッカーで、でんきタイプの技を物理技から特殊技まで幅広く習得する。 詰み技にがある為、物理型として使うのも手だが、特殊技に限りこおりタイプのサブウェポンが搭載できるのも地味ながら長所である。 見た目通りに電気物理としてはなかなか優秀なも習得できる。 しかし、HPの種族値が48とかなり低め。 弱点はじめんタイプのみで、前述の習得技で苦手なじめんタイプに対策はできるが、過信できる能力とは言い難い。 素早さの値もかなり低く、下なら、びりびりちくちくの怯みも狙えるものの、わざわざトリックルームで運用するにはやや能力不足気味。 この点はタマゴわざであるでカバーすることもできるが、どの道この低すぎる素早さとどう付き合っていくかが、バチンウニ運用のカギとなるだろう。 またも覚えるので、敵に大ダメージを与えて離脱するのもアリである。 トゲのついた爆弾は創作作品ではよく見られる光景なので、ウニのような生物モチーフとはいえインパクトある退場が狙えるだろう……。 インパクトがいらない人には、タマゴわざのおきみやげをお薦め。 隠れ特性のエレキメイカーは、第七世代ののおさがり。 他の三種類のフィールド特性も、第八世代の新ポケモンの隠れ特性として登場している。 フィールド特性を持つポケモン内では 最も素早さが低く、同時に出したときには最後に貼ることが可能。 退場技も持ち合わせるので、エレキフィールド展開・後続の起点作り要員として使い捨てることも一応はできる。 総じて、アタッカーをこなしつつ、後続の場作りも出来るという見た目や数値以上に優秀なポケモンと言える。 ちなみに見た目からかとセットでパーティーに入っていることが多い。 関連イラスト.

次の

バチンウニの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

バチンウニ 進化

またダブルバトルの時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。 攻撃対象が複数の技の場合はそのまま /『でんき』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンはダメージを受けない。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 2回使うと『もうどく』状態になる。 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンは効果を受けない。 『どく』タイプのポケモンが出ると効果がなくなる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 『どく』『もうどく』状態のすべての相手の『こうげき』『とくこう』『すばやさ』ランクを1段階ずつ下げる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 3倍の効果もさらに加わる。

次の

バチン うに

バチンウニ 進化

自身でエレキフィールドを張ることができるため、タイプ一致の電気技を高火力で発揮することができます。 『鎧の孤島』にて新技の「ライジングボルト」を習得しました。 エレキフィイールド下だと威力が倍になりますので、物理型よりも圧倒的に火力を出すことが可能です。 対フェアリーや草に対する打点としての選択肢。 後続のエースが能力上昇技で自身を強化しつつ、相手のポケモンを全部倒し切る勢いで戦えるように場を整えるのが役割のため、「おきみやげ」や「どくびし」などのサポートに特化した型となっています。 エースアタッカーとして組み合わせる場合、特性「」とアイテム「」を組み合わせられる「」「」「」などがおすすめです。 このポケモンたちは自身で能力を上げる技も覚えるため、バチンウニが生み出した起点を十分に活かすことができます。 バチンウニの役割と立ち回り フィールド変化の特性・エレキメイカー持ち 「バチンウニ」は、場をエレキフィールドに変化させる特性「エレキメイカー」を持っています。 電気技の威力を強化したり、眠り状態になることを防ぐ効果があるエレキフィールドを、うまく活かして戦うことが重用です。 サポーターに徹するかアタッカーになるか 「バチンウニ」はHPと素早さは低いものの、他の種族値は高めで、技もアタッカーとサポーターのどちらも担えるラインナップとなっています。 ただし単体では能力を発揮しにくいため、パーティに合わせた構築で戦うことが重要です。 バチンウニの対策 タイプが有利な地面ポケモン 「バチンウニ」はタイプが電気タイプのみのため、地面タイプは非常に戦いにくい相手となっています。 特に地面タイプは防御が高いポケモンが多く、「アクアブレイク」を持っていても倒されることはあまりありません。

次の