お忙しいところありがとうございました 敬語。 目上に使える敬語?「誠にありがとうございます」の使い方と類語

「お越しいただき」は正しい表現?ビジネスで使える例文

お忙しいところありがとうございました 敬語

言葉の定義と使い方をおさらい クライアントやお客様、上司などから連絡をもらった場合、よく使われるお礼の言葉として「ご連絡ありがとうございます」が知られています。 ビジネスメールや電話など、連絡手段を問わず利用できる便利な敬語表現です。 例えば、都合が良いタイミングで連絡をいただけるようにお願いしていた取引先の担当者から、実際に電話連絡を受けたときなどに使います。 電話や返信メールの冒頭で、自分の名前を名乗ったあとに「ご連絡ありがとうございます」と続けるスタイルが一般的です。 同様の意味を持つ表現として、「ご連絡いただきありがとうございます」や「ご連絡下さいましてありがとうございます」があり、代わりに利用することも可能です。 なお、さらに相手に対する敬意を表現するために、連絡をいただいたことに対するお礼の言葉を最後に添える場合もあります。 そのようなときには、「ご連絡ありがとうございました」といった過去形を用いるのが通例です。 会話やメールの最後をスマートな印象で締めくくることができるので重宝されています。 ビジネスメール等で使いやすい変化形 ビジネス上のメールや電話をやりとりする中で、「ご連絡ありがとうございます」を多少変化させた表現もよく使われています。 なぜならば、そのときの状況やタイミングなどに合わせて的確な言葉を付け加えることで、より気持ちが込められた敬語表現が完成するからです。 一般的な例として、以下のようなケースがよく見られますので、例文とともに確認していきましょう。 例文1:「お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございました」および「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」 連絡を取りたい相手が頻繁に離席や外出をしており、とても忙しいことが推測される場合などに使用します。 相手の方が貴重な時間を割いてくれたことに対して、感謝の気持ちが強く伝えられる表現です。 例文2:「早速のご連絡、ありがとうございます」および「迅速なご連絡、ありがとうございます」 相手からの返信や回答が早くもらえたら助かるといった状況の中で、すぐに折り返しの電話や返信メールをもらったときに使用します。 例文3:「早朝にもかかわらず、ご連絡ありがとうございます」 勤務時間外に対応いただいたと予想されるときに使用します。 敬語「ご連絡」を正しく使うコツ 敬語表現を使っているときに、「ご連絡」か「連絡」か、いずれが正しい表現か判断しかねることはありませんか。 最も判断に迷いやすいケースは、自分が相手に対して連絡する場合に、接頭辞「ご」を付けて「ご連絡」とするか否かという点です。 以下、敬語表現「ご連絡」に関係する論点を整理していきます。 前章まででご紹介したとおり、相手から連絡をいただいたときにお礼を言う場合には、「ご連絡ありがとうございます」という表現で正解となります。 一方、その反対のケースで、自分から相手に連絡する場合はどうでしょうか。 例えば、取引先の担当者に対して、分かり次第速やかに連絡をする約束をしたと仮定します。 その際、自分が発する言葉としては、「分かり次第、速やかにご連絡いたします」とするのが正しい表現とされています。 ここで「連絡」ではなく「ご連絡」とする理由は、自分からの連絡を受ける相手側に対して敬意を表す必要があるからです。 つまり、連絡をする側か受ける側かにかかわらず、敬語表現を使う場合には、「ご連絡」を使用するのが基本だと覚えておけば問題ありません。 重宝する!「ご連絡」を含む定番表現 ビジネスマナーとして、定番の敬語表現をできるだけたくさん知っておくことも大切です。 「ご連絡ありがとうございます」以外にも、仕事上よく使われる「ご連絡」に関連する定番の言い回しを例文で紹介します。 例文1:「後ほどご連絡申し上げます」 自分から相手に対して、連絡を約束する謙譲表現です。 例文2:「ご連絡いただければ幸いです」 相手から自分に対して、返事や回答をお願いする柔らかい表現です。 例文3:「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」 忙しい相手に対して、「都合が付くときに連絡してほしい」という意向を伝える丁寧な表現です。 例文4:「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」 上司やお客様などに対して、当初の予定よりも連絡するタイミングが遅れた場合に使うお詫びの表現です。 まとめ 状況に合わせて、上記で紹介した「ご連絡ありがとうございます」のバリエーションを使いこなすことで、相手に対して好印象を与えることができます。 気の利いたお礼の言葉をタイミング良く伝えられるよう、普段から使い慣れておくことも大切ですね。

次の

先生に対して、「お忙しい中、ご確認して頂きありがとうござ...

お忙しいところありがとうございました 敬語

誠にありがとうございますはビジネスシーンで使える? 誠にありがとうございます:敬語としてビジネスに使える 「誠にありがとうございます」は、敬語として正しくビジネスにも使える言葉です。 「誠に」の言葉には心の底からや嘘偽りなくの他、本当に実にと言う意味があります。 本当にありがたいと思う気持ちを伝える場合、「心の底からありがとうございます。 」や「実にありがとうございます。 」と使う人はあまりいませんね。 「誠に」を「大変」に言い換えするのも意味が成立しません。 「大変」とは非常にとや一大事と言う意味になります。 「非常にありがとうございます。 」とは言いませんね。 正しいビジネスでの敬語として使うなら「誠にありがとうございます。 」が、一番一般的でスマートな使い方ではないでしょうか。 「されている」と言う事は相手に丁寧に使う言葉としてよく出てきますね。 使い方を間違えると恥ずかしいだけでは済まされません。 ビジネスシーンでは信用問題にもなりますので、下の記事を参考にして正しい敬語や使い方を理解しておきましょう。 誠にありがとうございます:誠意が込められている 「本当にありがとうございます。 」と「誠にありがとうございます。 」ではどちらに誠意を感じるでしょうか。 おそらく後者に誠意を感じる方が殆どでしょう。 関係性が同等や親しい間柄なら本当にと使う方が堅苦しくなく良いですが、ビジネスとなると相手の方の立場がどのような場合でも使えるので後者を選ぶ方が良いですね。 誠にありがとうございますの使い方・例文は? 誠にありがとうございますの使い方 「ございます」は「ある」の丁寧語になります。 相手が目上の場合や取引先の場合に使うと良いでしょう。 「誠にありがとうございます。 」と敬語を使えば失礼に当たることも軽々しく感じる事もないですね。 覚えておきたい事として文章で「ありがとうございます」を表現する時は、重ねて使わないようにしましょう。 別の表現に言い換えると、感謝の気持ちがより伝わりますよ。 会社の上司や先輩から提出資料の間違いを教えてもらった場合「ご指摘誠にありがとうございます。 お陰様で大変良い資料に仕上げる事が出来ました。 」と使いましょう。 教えた甲斐があったと感じてもらえますよ。 ビジネスに限らず様々なシーンで自分の都合に合わせて貰う事は珍しくありません。 わざわざ都合を変更してもらった相手には「こちらの都合にもかかわらずお時間を作っていただき、誠にありがとうございます。 」と言いましょう。 身内以外の方から頂き物をした場合は「いつもお気遣いいただき、誠にありがとうございます。 大変立派な物で驚きました。 」と伝えれば、差し上げた方も嬉しい気持ちになりますね。 間違っても気を遣わなくてもよかったのにと取られるような言葉は慎みましょう。 贈り物をした方も気分が台無しになってしまいますよ。 お互いが気分よくなる言葉を選びたいですね。 自分の力だけでは到底成し遂げる事ができなかった事が完了した時に使えますよ。 「この度は突然のお願いにもかかわらず、誠にありがとうございました。 お力を貸していただき大変助かりました。 」と言います。 「ご足労いただき、誠にありがとうございます。 」や、少し前の出来事なら「遠路はるばる、誠にありがとうございました。 」や「先日はわざわざお越しいただきまして、誠にありがとうございました。 」とします。 「不躾な質問を致しましたところ快くお答えくださいまして、誠にありがとうございました。 」と自分の事を不躾であった即ち失礼な行動を認め、謝罪の言葉を含んだ上で誠意をもってお礼を伝える形になっています。 急なお願い事を聞き入れてもらった時は「先日は突然無理なお願いを申し上げましたのにお引き受けくださり、誠にありがとうございました。 お陰様で何とか乗り切る事が出来ました。 」と言えば、相手の方も頑張って協力して良かったと思えるでしょう。 物質的な事ではなく精神的に気を遣ってもらった場合に心から感謝を述べる時に使いましょう。 「私のためにお気遣いくださいまして、誠にありがとうございます。 」と伝えるのが一般的に使いやすいですね。 誘ってもらえると思いもしなかった相手から勉強会や何かのパーティに誘ってもらい、有意義な時間を過ごす事ができた嬉しさを伝える事も出来ます。 「先日は私にまでお声がけしていただき、誠にありがとうございました。 大変有意義な時間を過ごす事が出来ました。 」と伝えれば、また誘ってもらえますよ。 「誠にありがとうございます。 」と組み合わせる言葉として「お忙しい中」があります。 ビジネスでの使い方や言い換え方など知っておくと便利ですよ。 下の記事に詳しく紹介されているので、参考にしてください。 誠にありがとうございますの言い換え表現は? 言い換え表現:どうもありがとうございます 「誠にありがとうございます」の言い換え表現として、「どうもありがとうございます」があります。 ありがとうの気持ちにどうもを付ける事によって本当にありがとうと言う気持ちを強調している一般的に使える言葉です。 どうもは丁寧語ではありますが、誠にと付ける方がありがたいと思う言葉の重みを感じますね。 言い換え表現:この度は感謝申し上げます 「誠にありがとうございます」の言い換え表現として、「この度は感謝申し上げます」があります。 申すは言うの謙譲語で、自分が相手よりへりくだった言い方をしています。 感謝しますでは丁寧な印象を受けませんが、感謝申し上げますに変えると感謝してもしきれませんと相手を立てつつ気持ちのこもった言葉になります。 言い換え表現:本当にありがとうございました 「誠にありがとうございます」の言い換え表現として、「本当にありがとうございました」があります。 誰にでも伝わる分かりやすい表現ですね。 ビジネスシーンや上司に対して使う場合は敬語を用いる方が良いので、「誠にありがとうございました」をおすすめします。 誠にありがとうございますの英語は? 英語で表現:相手に時間を作ってもらった時(ビジネスでも使える) 「誠にありがとうございます」を相手に時間を作ってもらった時のお礼を英語に言い換えます。 Thank you very much for making time in your schedule. あなたの時間を作っていただき本当に感謝しますの意味があります。 ビジネスでも使えるので覚えておきましょう。 英語で表現:感謝してもしきれない気持ちを伝える時 「誠にありがとうございます」を感謝してもしきれない気持ちを英語に言い換えて伝えます。 「enough」には十分な不足のないと言う意味があるので、本当に感謝している様子が伝わりますよ。 誠意が伝わる英語表現なので覚えておくと便利ですよ。 誠にありがとうございますは他の感謝の言葉と組み合わせて使うと効果的 とても感謝している気持ちを伝えるのに一度お礼の言葉を述べるだけでは物足りなさを感じたり、どれほど感謝しているかと言う強い思いを伝えたい場合は、文章の前半に「誠にありがとうございます。 」と使って、後半や末尾に「心からお礼申しあげます。 」や「深く感謝申しあげます。 」などと付け加えると良いですね。 感謝の言葉を伝えられて悪い気持ちになる人は誰もいないでしょう。 正しい使い方で相手も自分も気分良くなれるように、言葉の意味を知り理解して使いたいですね。

次の

「ご返信ありがとうございます」の使い方・例文・ましたとの違い

お忙しいところありがとうございました 敬語

日本語には敬語があります。 相手に気持ちを伝えるときに敬語の使い方を理解しているのとしていないのとでは相手からの印象も変わってきます。 今回は職場やパーティーなどのシーンでよく使う言葉「来てくれてありがとう」の敬語表現での使い方をご紹介します。 相手に対して失礼のないように使い分けていきましょう。 「来てくれてありがとう」の尊敬語は? 尊敬語は目上の人に対して使います。 相手を敬う表現で、相手を立てたいときに使います。 例えば会社では部下が上司に対して使い、学校など教育の場では生徒が教師に対して使います。 「来る」の尊敬語は「お越しになる」「いらっしゃる」などいくつか表現がありますが、「来てくれてありがとう」を敬語表現で伝えたいときに一番使いやすい表現が、「お越しいただきありがとうございます」です。 「来てくれてありがとう」の丁寧語は? 丁寧語は相手に対し敬意を表して「です」「ます」など丁寧に言う言い方です。 相手は特に問いません。 話し手が聞き手に対して丁寧に言うときに使います。 「来てくれてありがとう」を丁寧語で伝えたいときに一番使いやすい表現は「来てくださってありがとうございます」です。 「来てくれてありがとう」の敬語での使い方 まずはじめに、「来る」の尊敬語は「お越しになる」「お見えになる」「いらっしゃる」などがあります。 どの言葉を使ってもかまいませんが、この尊敬語にはそれぞれ意味があります。 「お越しになる」は相手が来ることを指していますが、「お見えになる」は相手と会うことを目的としています。 また、「いらっしゃる」は「居る」と「来る」という2つの言葉の尊敬語です。 対象とする目的はそれぞれ多少違いますが、どの言葉も同じ「来る」の尊敬語として使われています。 特に使い分ける必要はありませんが、気になる場合や、しっかりとした表現を使いたい方はそれぞれの意味を意識してみましょう。 「来てくれてありがとう」の敬語表現での使い方 それでは実際に「来てくれてありがとう」の尊敬語での使い方と丁寧語での使い方について説明していきます。 敬語を使用する対象が変わってくるので注意が必要です。 尊敬語での使い方 「来てくれてありがとう」の尊敬語で一番よく使われる表現が「お越しいただきありがとうございます」です。 この表現を使うときに「お越しいただき」と「お越しくださり」で迷ってしまう場合があります。 どちらを使っても構わないのですが、「お越しいただき」はこちらが相手にお願いして来てもらったときに使い、「お越しくださり」は相手が自分の意志で来たときに使います。 「いらっしゃる」は「ありがとう」と言う言葉を後ろにつけると多少表現が変わってきます。 「いらっしゃってくださりありがとうございます」より「いらしてくださりありがとうございます」としたほうがすっきりします。 「来てくれてありがとう」の尊敬語はそのときの状況で使い分けるようにしましょう。 丁寧語での使い方 丁寧語では対象に関わらず、相手に対して敬意を示すために丁寧な言い回しとして使います。 「来てくれてありがとう」の丁寧語は「来ていただきありがとうございます」「来てくださりありがとうございます」です。 こちらでも先ほど説明したように「いただき」と「くださり」で多少意味が変わってきます。 言葉のはじめに「わざわざ」とつけて「わざわざ来ていただきありがとうございます」とすると、「来てくれてありがとう」という言葉がより丁寧な印象になります。 メールで「来てくれてありがとう」を使う場合 メールで「来てくれてありがとう」と気持ちを伝えるときには、気持ちが高まってしまいつい長文になってしまいがちですが、読み手側はあまり長文だと疲れてしまいます。 率直に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 また、送るタイミングも当日、または翌日までには送るようにしましょう。 あまり遅くなると相手に対して失礼になってしまいます。 なるべく早い対応を心がけましょう。 ビジネスメールでの使い方 「来てくれてありがとう」をビジネスの場で使う場合、相手が会社に来てくれたことに対しての感謝の気持ちとして使うことが多いでしょう。 会社に来ていただいた場合は「ご来社いただき」、「弊社にお越しいただき」、「私どもの会社にお越しいただき」など、会社を含む表現を使います。 「お忙しい中弊社にお越しいただき、誠にありがとうございました」と「お忙しい中」や「誠に」という語句を付け加えるとより丁寧な表現になります。 メールの中でも「来てくれてありがとう」という感謝の気持ちが相手に伝わる文章にしましょう。 手紙での使い方 手紙で「来てくれてありがとう」と伝える場合もメール同様、簡潔に要点をまとめて書くようにしましょう。 また、曖昧な表現は避け、誤字脱字にも気を付けましょう。 書き方は、時候の挨拶から始まり主文、結びの言葉へとつなげていきます。 遠くから来てくれた方には「遠方よりお越しいただき、ありがとうございました。 」や、天候が悪い中来てくれた方には「お足元が悪い中お越しいただきまして、ありがとうございました。 」など、その時の状況によって表現を変えるとより良いでしょう。 「来てくれてありがとう」を敬語表現するときの例文 「来てくれてありがとうございます」の敬語表現での使い方は? まず、「来てくれてありがとうございます」は現在進行形での表現です。 例えば結婚式に来てくれた出席者に伝えたり、取引先様が来社された際に使います。 例えば結婚披露宴やパーティーなどのシーンで使う場合は「本日はご多忙の中私達のパーティー 結婚披露宴 にご出席いただきまして、誠にありがとうございます」また、会社への来客の際には「お忙しいところ、弊社へお越しいただきまして、誠にありがとうございます」という風に使います。 今そこにいる人たちに対して使う表現です。 ただし、一部接客業では接客の終わったお客様に過去形ではなく現在進行形で「ありがとうございます」と使っているところがあります。 過去形=終わりという風にも感じることができるため、次もお越しくださいという気持ちを込めて「ありがとうございます」を使っています。 「来てくれてありがとうございました」の敬語表現での使い方は? 先ほどは現在進行形でしたが、「来てくれてありがとうございました」になると、過去形での表現になります。 来社してくださったお取引先様や、パーティーなどに来てくれた方に改めて感謝の気持ちを伝えるときに伝えます。 例えば「本日(先日)はお忙しい中ご来社いただきまして、誠にありがとうございました」というように使います。 お見送りのときや後日改めてお礼を言いたいときに使います。 「来てくれてありがとう」の別の敬語での言い方は? これから紹介する表現もよく会話やメールで使われます。 「来てくれてありがとう」の敬語表現は色々なシーンで使われることが多いので、いくつかパターンを覚えておくと便利です。 まずは「ご足労」という言葉です。 こちらの言葉も「来る」の尊敬語です。 足を運んでわざわざ来てくれたという意味があります。 「遠方よりご足労いただきありがとうございました」「先日は弊社までご足労いただき、誠にありがとうございました」というように使います。 「運ぶ」という言葉も「来る」の尊敬語ですが、こちらは「行く」の意味もあります。 「お足元が悪い中お運びいただき、ありがとうございます」「本日はお忙しい中足を運んでいただき、ありがとうございます」というように使います。 「来てくれてありがとう」を伝えよう.

次の