松浦勝人 資産。 松浦勝人の生い立ちがすごい?経歴や年収もヤバい!

松浦勝人会長の年収と資産。嫁と子供、自宅売却&現在はシンガポール&ハワイ?

松浦勝人 資産

Contents• スポンサーリンク こんにちは! 今回は、 エイベックスの取締役会長CEOの松浦勝人さんの年収や自宅についてまとめていきます! 浜崎あゆみさんが発売した 『M愛すべき人がいて』という小説で、過去に松浦勝人さんと交際してたことが暴露され話題となっています。 松浦勝人さんと言えば、 手掛けたアーティストは浜崎あゆみさんをはじめ、EXILEやAAAなど多数。 日本を代表する音楽プロデューサーと言われています。 今回は、そんな 松浦勝人さんの年収はいくらなのか? そして 豪邸と呼ばれる自宅や資産についても調べてみたいと思います! 松浦勝人の年収は? 松浦勝人さんの年収は、4億5100万円と言われています。 理由としては、2013年になりますが 上場企業の役員報酬についての記事で松浦勝人さんの年収が公表されていました。 6月25日17時現在の役員報酬最高額はセガサミーホールディングスの里見治氏で、5億8,300万円。 次いで、エイベックス・グループホールディングスの松浦勝人氏が4億5,100万円、LIXILグループの藤森義明氏が2億9,500万円と続く。 引用:livedoorNEWSより さすがエイベックスのトップですね! 情報は2013年頃のものなので、きっと現在はさらに高い年収を稼ぎ出しているかもしれません。 サラリーマンの平均年収は、平成28年度で 約521万円と言われ、生涯年収は 約2億1000万円だそうです。 すごい違いですよね… 松浦勝人さんなら半年でサラリーマンの生涯年収を稼いでしまうということです。 ある意味恐ろしいですね… スポンサーリンク 松浦勝人の自宅は田園調布の豪邸? 松浦勝人さんの自宅は、以前東京都大田区の田園調布にありました。 しかし 現在はその自宅は売却され、会社近くのマンションを借りて住んでいるそうです。 現在生活しているマンションの詳細は分かりませんが、以前住んでいた豪邸はとてつもない建物だったと言われています。 価格は約9億円と噂され、 地上2階建て地下2階で広さは 約1500平米、気になる間取りは 10L2D2K3Sのようです。 10部屋・ダイニング2ヶ所・キッチン2ヶ所・サービスルーム 小部屋 3ヶ所… 率直に広すぎます! 平米と間取りから見ても、 超がつくほどの豪邸だということがわかります。 設備についても、 完全防音のクラブスぺ ースや 巨大なジェットバスなど一般人からはかけ離れたような設備だらけです。 ただ、 自宅が広すぎて掃除が大変といったことや ジェットバスに手間がかかる、 電気代が月100万円かかるなど あまり満足はしていなかったようです。 そういったこともあり、結局はその豪邸を売却してしまったとか。 大きければ大きいほど、豪華なら豪華なほどかえって満足できないのかもしれません。 一般人からすれば贅沢な悩みのように思えますが… やはり生活に不便のない程度の大きさや設備の住居が1番なのかもしれませんね! 松浦勝人の資産額は? 松浦勝人さんの総資産は、50億円〜100億円ほどではないかと言われています。 ただ、 それを裏付ける情報や確証がないため、あくまで噂レベルだと思います。 年収が4億円以上あり、自宅も以前は超がつくほどの豪邸に住んでいました。 さらに、情報がないだけで 実際には不動産関係も多数所有している可能性が考えられますし 別荘なんかも実は所有しているかもしれませんね。 そういったことを考えると、 総資産は100億円どころか1000億円クラスということもあり得ると思います。 おそらく私たちの想像をはるかに超えているのは間違いないでしょう。 松浦勝人の年収や自宅まとめ いかがでしたでしょうか? 松浦勝人さんの 年収は4億5100万円と公表されていました。 総資産は50億円〜100億円と言われていますが、実際にはもっと多くの資産を持っているのではないかと思います。 自宅が以前は田園調布にあったそうですが、現在は既に売却され会社近くのマンションに住んでいるそうです。 浜崎あゆみさんの小説により、 松浦勝人さんとの過去の交際が明るみに出ています。 小説はノンフィクション作家が求めている関係で、真実である可能性がとても高いと言われています。 松浦勝人山には奥さんがいますが、大丈夫なのでしょうか? 少なくともちょっとした 修羅場があるのではないかと思います。 想像しただけでゾッとしますが… 以上で、松浦勝人さんの年収や自宅についてのまとめ終わります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます! スポンサーリンク.

次の

松浦勝人の嫁は畑田亜希!年収や資産の噂と子供はどうなのか!

松浦勝人 資産

でも今は、住んでないんだってー 豪邸の維持費とか、豪邸にしたのにイマイチ思い通りにならなかったんだって だったら、みんなで遊べて、自分も寛げる理想の家を作ろうと、500坪の土地を買って、家を建てることにした。 僕の注文はふたつ。 半地下にクラブスペースを作って、防音を完璧にすること。 居住スペースは部屋で区切らず、ものすごく広いワンルームにすること。 これだけ みんなで入れるように大きなジェットバスも作った。 でも、塩素を注入するなどの準備が必要で、水を入れるのに丸1日かかる。 今日入りたいと思っても、明日にならないと入れない。 クラブスペースもあったから、電気代が月100万円もかかる。 なんだか、とんでもないものを作っちゃったなぁとしか思えなくなっていった。 情報元:GOETHE情熱パーソン 松浦勝人氏の愛車の価格は.

次の

松浦勝人とは

松浦勝人 資産

松浦勝人の数字に表せない凄さ• 寝ることが苦手で、酔っ払うとか睡眠不足などで気絶するまで思考をめぐらせる• 考えてもわからないことだとしても、考えて考えて、、答えが出るまで考える• もしかしたら? もしかしたら? もしかしたら? とあらゆる想定を考えてしまう。 松浦勝人さんのFacebookノート引用 とある土曜日、午前2時早朝から釣りに行き、 翌日昼過ぎに戻ってきた自分の部屋で疲れた体を癒そうとシャワーを浴び ベットに倒れる。 何も考えないように・・出来れば…うとうとと眠ってしまいたい・・・ 休みだが仕事の約束の時間までは小一時間。 このチョィ寝というもの、 いや寝るという行為が僕は人の数倍苦手である。 会食中眠くなったとしても、家に帰る頃には目が覚めてしまう。 酔って酔いつぶれた時のみ 記憶をなくすことを条件に睡眠は僕に門戸を開けさせてくれる。 シラフの時などは 頭のなかに次から次にめぐり来る止めどない思考で全く寝ることはできない。 運動にもジム通っているのに。 針やお灸、整体も、無い時間の中からスケジュールをとり通っている 考えても考えても考えても考えても考えても考えて考えても考えても考えても 考えてもわからないことだとしても 考えて考えて考えて考えて考えて、 答えが出るまで考える。 頭のなかは24時間営業中である。 かなり考えても意味のないこともたくさんある。 考えるまでもなく結論を出せることも多々ある。 そういうことでも、 もしかしたら? もしかしたら? もしかしたら? もしかしたら? もしかしたら? とあらゆる想定を考えてしまう。 そりゃぁ、疲れてしまう。 しかしまもなく50代。。 それにもどうにか慣れてもきた。 ただ、この性格は直らないし、 これからの人生もこんな自分とうまく付き合っていくということで僕は観念した。 人によって感じ方や考え方は違うものだから、 誰かの意見や考えを聞いても参考になったリ、 共感を覚えたりもするが、 すべてそれらは僕の中に吸収されるときには僕独自のものと吸収され もともとのその人のものとはすこし違ってしまっていることも多い。 大学3年生で始めたわずか15坪のレンタルレコードのアルバイトから その翌年大学4年生の時に自分の会社を設立。 1988年には店頭公開、1989年には東証一部。 その後あれよあれよという間に売上1500億。 こんな僕のわけの分わらない世界をこれから紹介しよう。 どこから何を書けばいいのだろうか。 波瀾万丈は生まれつき。 小学校も中学校もいわゆる目立つ奴だったと思う。 このへんは省略するが小学生の頃、 風邪で一日休んだ翌日、クラスの奴らの様子がおかしくてすぐ気がついた。 「ははぁ。 柳崎の野郎、俺が休んだ一日で仲間を全部囲いやがって」 2週間くらい仲間はずれにされた。 あの小学校4年生のあの時に 人や友達との関係値や、うまく付き合った方が得なことを子供ながらに学んだ。 もちろん数カ月後にその彼に全く同じように復讐をすることは忘れなかったけど 笑 中学校も簡単にすまそう。 と言うよりさして目立ったものもない。 文化祭でのBand演奏に担任や生活指導の先生の許可が出ないので、 あまり必要はなかったがPTA会長の息子を セカンドギターをにいれてなんなく許可をとった。 文化祭はうまくいった。 当時のこととして覚えているのは中学3年の時に 中学1先生の女の子が好きでまぁ、 わりと上手くいってたつもりだったんただけど、 多感な時期でもあり、結果も出せぬ恋の第一弾となる。 中学3年の一年間 その子のために詩と歌をノート一冊に書き 俺が卒業するときにプレゼントしたんだけど、 「そんなもんいらない」ってい言われて、 さすがに辛くて 今のエイベックスの役員 当時同級生 の家を訪れボロ泣きした覚えがある。 高校になるとバンド活動とバイクに忙しく明け暮れていた。 バイクはその地域で目立ちまくることばかり考えていたし、 Bandも奇妙奇天烈だった。 3年の卒業のライヴはビデオで未だ残っているから俺が死んだらエイベックスで出したらいい 笑 当時高校時代から付き合っていた彼女と浪人だけはしたくないよなと 大学受験をし、受かった学校にいくことにした。 そのうち、童貞を捧げたその彼女とも縁遠くなり、 自分は大学1年からDISCOにはまっていく。 と言っても、多くの大学生の目的はそこに集まる女子学生やOLだったが 僕は違った。 かかっている音楽に衝撃を受けたのである。 フロアーでは踊らずひたすらDJブースの前で回転している レコードを見つめどこの誰のなんて言うレコードかということを暗記していた。 あまりにも毎日いるもんで当時渋谷のスターウッズという店ではDJの見習いを しないかと声をかけられた。 内情を聞くとバイト代ゼロ、生活費は皆コンビニなどで稼いでいるとのこと。 俺は大学も言ってたしそれは無理だなと思い、 ターンテーブルの使い方をなんとなくマスターして 喫茶店のバイトで稼いだお金でターンテーブル2台とミキサーを買った。 ミキサーといっても当時は今のようにDJ機材は一般には流通してなく ティアックのオーディオミキサーを買い流用していた。 当然クロスフェーダーなんてものはなかった。 とにかく毎日24時間、頭の中は音楽と車。 それ以外のことは全く考えていなかった。 たまに仲間と藤沢のロータリーや横浜の中心部へ、江ノ島、箱根などに派手な車で 音楽ガンガンで遊びに行っていた。 みんなの車のカセットテープは当然俺の担当だった。

次の