小田 和正 nhk。 小田和正が母校でTBS特番収録、杏の歌声に感心

小田和正 約7年ぶりのライブ映像作品のリリースに先駆けて、NHK BSプレミアムにて貴重なライブ映像の放送が決定

小田 和正 nhk

歌についても、このドラマはいったいどんな人たちが見るんだろうと思い浮かべながら歌いこみました。 が、まだまだ迷ったりしているところもあるので、CDが出たら全然違う歌になっているかも知れません。 少しドラマに寄り添いすぎたかな、という気持ちもありますが、いかがなものでしょうか? みんなに気に入ってもらえれば嬉しく思います。 曲のタイトルは「ダイジョウブ」にしました。 神奈川県横浜市出身。 1969年オフコース結成。 翌70年プロとして音楽活動を開始、「愛を止めないで」「さよなら」「Yes-No」などのヒット曲を発表する。 日本の音楽シーンに様々な記録を残しつつ、89年2月オフコースは解散。 その後、プロデュース活動を経てソロとしてアーティスト活動を再開。 91年に発表したシングル「ラブ・ストーリーは突然に」は280万枚を超える作品となった。 また、映像監督としても活躍し、これまでに「いつかどこかで」(92年)「緑の街」(98年)の2本の映画監督作品を発表している。 最新アルバム「そうかな」~相対性の彼方(2005年6月発売)は、オリコンにてチャート1位を記録。 260万枚を売り上げた自身のアルバム「自己ベスト」(2002年発表)の最年長1位記録を塗り替えた。 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の

NHK「小田和正 Tour 2018~19 ENCORE!! ENCORE!!」の再放送や動画の見逃し配信 コンサートライブ映像を放送!

小田 和正 nhk

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の

小田和正 約7年ぶりのライブ映像作品のリリースに先駆けて、NHK BSプレミアムにて貴重なライブ映像の放送が決定

小田 和正 nhk

オススメ!2019. 小田さんが再び衝撃の生出演! お相手は阿部 渉アナウンサーが務めます。 1994年にメジャーデビュー。 日本の歴代CDアルバム売り上げ枚数第3位の記録を持ち、ライブの動員数などでも記録を打ち立ててきました。 特に、1999年7月31日に千葉県の幕張メッセ駐車場で開かれたおよそ20万人を動員したライブは、伝説となっています。 25周年を迎える中、名曲の数々を全国から寄せられるリクエストにこたえながら一挙紹介。 スタジオにはGLAYのメンバーも生出演! 25年間の活動を振り返りながら、ゆかりのアーティストや著名人のゲストと本音トークを展開します。 そして25年。 進化(深化)を続け、唯一無二となった彼らの軌跡と最新の顔に触れる夢の9時間! 私もリスナーのみなさんと一緒に楽しみます。 ご好評におこたえし「ENCORE(アンコール)!!」として、帰ってきます! 日本を代表するアーティスト、小田和正さん。 去年は5月~10月にかけ全国ツアーを実施。 さらに今年は追加公演も完走しました。 番組では、オフコース時代から、ソロ転向後の曲、そして、最新の曲までを、リクエストにこたえながら紹介。 さらに、小田和正さんゆかりのアーティストや著名人が寄せたメッセージやリクエストもお届けします。 数々の名曲は、どんなふうに紡がれてきたのか、小田和正さんが音楽への思いを語ります。 進行・ 阿部 渉アナウンサー コメント 時間を止めて、心ゆくまで、小田さんの話・曲を聞きたい! その思いを胸に、今回も9時間生放送、行きますよ! どんな展開が待っているのか、私自身、今から、楽しみです。 さあ、皆さん、小田さんとの時間を分かち合いましょう。 時の流れを、皆さんで刻んでゆきましょう。 お便り、Twitterを待っています! 制作者メッセージ 伊達正隆プロデューサー GLAYの皆さんは、私も進行の高市佳明アナウンサーも、まさに同世代! 25周年を迎えるGLAYのメンバーをスタジオにお迎えできて、本当に光栄です。 これまでGLAYの名曲をカラオケでどれだけ歌わせていただいたことでしょうか。 例えば、「サバイバル」。 疾走感あふれる曲で、カラオケで表示される歌詞に歌が追いつかなかったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 節目の25年! 全国の皆さんと25年をふりかえりたいと思います。 また、多くの人に愛されるGLAYは、交友関係が広いんです! 様々なジャンルのビッグなゲストがお祝いにかけつけます。 去年5月~10月にかけ、「ENCORE!!」と題した全国ツアーを駆け抜けました。 今年は追加公演も実施。 その音楽への情熱は、留まることを知りません。 進行は、大学時代、オフコース愛好会に所属していた阿部 渉アナウンサーです。 思えば、私は2年半前、阿部アナを聞き手に、「100年インタビュー 小田和正」を制作。 その際、長年、リスペクトし続けてきた小田さんに何をどう伺えばいいのか。 阿部アナが、想像以上に緊張していたのを今でも覚えています。 それ以来、阿部アナとともに、「三昧」や「密着ドキュメント 小田和正」、そして、「インタビューここから」などの取材で小田さんとご一緒してきました。 毎回、「もっとこう聞けばよかった」と反省しきりの阿部アナが今回、憧れの小田さんにどれだけ迫れるのか。 阿部アナの心の中の「100年インタビュー」は、まだ続いているのです。

次の