二階 幹事 長。 二階幹事長「期待の星」石破氏へエール 連携模索か

自民・二階幹事長、ポスト安倍に向けて“下準備”活発化 続投巡り攻防か― スポニチ Sponichi Annex 社会

二階 幹事 長

いつも通りマスクなしで登場の二階俊博幹事長。 満員の会場を前にして、「コロナに立ち向かわなければいけない」と語った どこまで無神経なのか。 それとも、自分だけは新型コロナウイルスと無関係だとでも思っているのだろうか……。 オリンピック延期も決まり、国内でもロックダウン(都市封鎖)の可能性が高まってきた3月25日の昼11時頃、自民党・二階俊博幹事長 81 を乗せた高級車が都内のホテルの車寄せに停まった。 この日、ホテルで行われていたのは、二階氏と昵懇 じっこん の政治ジャーナリストが主催する政治勉強会。 あろうことか二階氏は、コロナ禍が拡がるこの時期に、ジャーナリストから講師を依頼されて勉強会に参加していたのである。 「会場となったホテルの会議室は、約80人の出席者で満員でした。 50~70代の方が多かった印象ですね。 有名企業の経営者やリタイアした元官僚の姿もありました。 感染対策? 入り口には消毒用のアルコールがありましたよ」(出席者) 3月25日といえば、夜8時に小池百合子都知事が緊急会見を開き、「外出自粛要請」を発表した日だ。 与党の幹事長に感染者数の情報があがっていなかったとは考えにくいが、二階氏はのうのうと勉強会に参加。 講演では耳を疑う傲慢発言をぶちあげた。 ちなみに、二階氏の講演テーマは〈近頃思うこと〉。 国家の一大事にわざわざ話す内容とは到底思えない。 「不要不急の外出はいけないとか、集まって何かするのもどうかと言われていますが、私はまあ、あんまり神経質になってもしょうがないと思います。 好き嫌いを言わずにご飯を食べて、睡眠さえしておけば少々のことには勝ち抜くように人間の身体はできているんです」 冒頭、いきなりそう語った二階氏。 コロナによって深刻なダメージを受けている観光産業に話が移ると、 「度を過ぎて外出を恐れるということではなしに、みんなが少しずつ協力し合う。 みんな引っ込んでしまうのではなくて、良い方向に進むように勇気を出そう」 と、外出を促す仰天発言まであった。 講演のあとの質問タイムでも傲慢ぶりは続く。 「政府の感染防止策をどう評価しているか」と問われると、 「政府としては、精一杯やっていると思います。 一斉休校といっても春休みがちょっと長かったか短かったというぐらいのことでね。 あとで取り戻そうと思ったら、夏休みを少なくすればいいんです」 「中国からの入国規制をもっと早くやるべきだったのでは」という声には、 「そんなこと、後からだったら誰でも言えるんだよね!」 と、ピシャリ。 さらに、オリンピックに話題が及ぶと、 「オリンピックが日本の政治を左右するもんではありません」 「オリンピックは運動会です」 と、発言した。 「安倍(晋三)さんを続投させることが大事」などと、批判続きの首相のフォローも忘れなかった。 本誌は勉強会を終えた二階氏に、この時期に講演を行った理由を直撃した。 すると、 「約束だから」 と、一言。 友人のジャーナリストとの約束だったから講師を務めたという意味だろう。 世のサラリーマンが、仕事上の〝約束〟でも、感染拡大防止のために仕方なく打ち合わせや会合をキャンセルしていることを、わかっているのだろうか。 勉強会の会場で、出席者の間を歩く二階幹事長。 名刺交換をするなど、「濃厚接触」も全く気にしていなかった 本誌未掲載カット 自民党・二階俊博幹事長 政治ジャーナリストの懇親会で語られた放漫放言の数々 コロナでも80人の勉強会 本誌未掲載カット 自民党・二階俊博幹事長 政治ジャーナリストの懇親会で語られた放漫放言の数々 コロナでも80人の勉強会 『FRIDAY』2020年4月17日号より• 撮影:田中俊勝.

次の

二階俊博幹事長「次男役員企業」で起きた乗っ取り事件

二階 幹事 長

容疑者のうち、中国系アメリカ人はGEの元技術者で、GEから企業秘密のタービン技術を盗み出し、おいの中国人実業家に渡した疑いが持たれているとのこと。 二人は「中国企業を通じて中国政府から経済的支援などを受け、 中国の当局者と連携していた」ことが疑われているそうです。 アメリカから留学生や産業スパイ経由でハイテク技術を吸い出し、ついには自国のハイテク産業を世界No1にしようと目論む中国に警戒を強めるアメリカ。 両国の対立は決定的なものとなりました。 一方、その23日、 自民党の二階幹事長は翌日からの訪中を前に記者会見を開き、次のように語りました。 「日中関係は双方の努力によって、だんだん良い方向に進展しつつある。 さらに強力に取り組んでいけるように努力していこうということを、中国側と十分話合いたい」 そして、中国が進める「一帯一路」のフォーラムにも出席することを明らかにし、こう言い放ちました。 「 米国の機嫌をうかがいながら日中関係をやっていくのではない。 日本は日本として、独自の考えで中国と対応していく。 米国から特別な意見があれば承るがそれに 従うつもりはない」 二階さん、ここまで言ったら、もはや親中のみならず、 反米と見做されても仕方がないですね。 きっと忘れているか、まったく関心がないんでしょうね。 日本が 北朝鮮による拉致問題を自力では解決できず、 トランプ大統領のアメリカにすがっている事実を。 拉致された自国民を自国の軍隊で取り返しに行けない日本は、同盟国で超大国のアメリカに泣きついています。 これ、はっきり言って恥ずかしい状態ですが、憲法の制約もあり、仕方ありません。 トランプさん、安倍首相のお願いを聞き入れて、 シンガポールでもハノイでも金正恩委員長に日本の拉致問題解決の必要性を強調してくれました。

次の

佐藤ゆかり、二階幹事長の面子を潰す「通達破り」地元行脚(SmartFLASH)

二階 幹事 長

「何が起きていたんだ」--警視庁詰めの社会部記者たちは、事件の情報を掴んだ時に色めき立った。 それを受けて警視庁捜査一課が「強要未遂容疑」で大がかりな強制捜査に着手したのだからそれも当然だった。 捜査は不可解な経緯を辿り、メディアは今に至るまで一切報じていない。 一体、二階氏はなぜ脅されたのか。 本誌は捜査関係書類を入手し、日中関係に影響を与えかねない事件の核心を掴んだ。 まずは経緯を辿っていく。 事件が弾けたのは2017年9月26日、折しも衆院解散の2日前で、小池百合子・東京都知事の「希望の党」結党宣言で政界に激震が走り、国民もメディアに視線を釘付けにされていたタイミングだった。 その日、警視庁捜査一課の捜査員10数人が中国籍の会社経営者・王俊彦氏の自宅や関係先に捜査に入り、王氏を逮捕した。 王氏は上海出身で1988年に来日。 不動産コンサルティング会社などを経営し、中国政府が関わる日中間の大規模ビジネスを展開、中国国営企業の日本法人や大手投資会社の顧問などを務めている。 「駐日中国大使館とも太いパイプを持つ」(公安関係者)とみられている。 事件のカギを握るのは王氏の会社が買収した静岡県小山町のセミナーハウス「東富士リサーチハウス」の倉庫から押収された段ボール約40箱分の資料だった。 捜査一課の「押収品目録」にはこんな記載がある。 〈段ボール箱(「衆議院議員二階俊博」等と記載のある封筒在中のもの) 2箱〉 〈段ボール箱(「新しい波」の契約書類等在中のもの) 1箱〉 〈段ボール箱(「金銭出納帳」等と記載のある書類等在中のもの) 1箱〉 --など。 「新しい波」とは旧伊吹派と合併する前の二階派の正式名称であり、派閥の経理資料などが保管されていたことが読み取れる。

次の