ノーサイドゲーム ネタバレ 最終話。 ドラマ【ノーサイド・ゲーム】最終回10話ネタバレ感想|登場人物のその後

『ノーサイド・ゲーム』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ノーサイドゲーム ネタバレ 最終話

放送の都度、確認してみてください。 1話のネタバレ 出典 ・ 1話のあらすじ あらすじを読む 閉じる トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。 家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。 ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。 君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。 異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。 総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。 社長である島本博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。 それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。 ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。 しかし後がないのは君嶋も同じ。 自らの再起を考えた君嶋は・・・。 tbs. html ・ 1話のあらすじネタバレはコチラ 2話のネタバレ 出典 ・ 2話のあらすじ あらすじを読む 閉じる トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)は大きな困難に直面していた。 新監督人事が進まないのだ。 キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるようお願いされるが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかわからない。 ない知恵を絞っても始まらない。 君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練る。 チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたい。 しかし前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は物足りない。 そんな時、多英(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にする。 柴門は大学を三連覇に導いた男で、なんと君嶋とは知り合いだった。 君嶋は柴門に監督就任を打診するが、取り付くしまもなく断られてしまう。 それにはアストロズ関係者も知らなかった過去の出来事が関係していた。 監督人事に苦しむ一方、君嶋は元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。 この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づく。 君嶋はどうなってしまうのか・・・。 tbs. html ・ 2話のあらすじネタバレはコチラ 3話のネタバレ 出典 ・ 3話のあらすじ あらすじを読む 閉じる トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMを務める君嶋(大泉洋)は様々な数字を分析し黒字への可能性を探る。 しかし昨年の平均観客数は非常に低く、その観客の大多数はタダ同然でバラ撒かれたチケットでの入場者だった。 人気もなくチケットも売れなければ黒字化など不可能だ。 さらに、プラチナリーグに参加している企業チームは日本蹴球協会に高額の参加費を払っている。 協会はその資金を元手に試合の運営や宣伝、チケットの販売管理などを行っているが、参加費に見合うリターンがあるわけではない。 君嶋はGM会議の席で収益向上のために知恵を出そうと提案するが、協会専務理事の木戸(尾藤イサオ)に一蹴されてしまう。 他チームのGMたちも誰一人君嶋に賛同する者はなく…。 府中に戻った君嶋はファン獲得のために地元に密着した活動をしようと提案する。 しかし新しいことを始めるには予算がかかる。 君嶋は追加予算を獲得するべく役員会議で滝川常務(上川隆也)と対決することになる。 数日後、新監督の柴門(大谷亮平)は過酷で高度な練習を消化させるため選手をクラブハウスに寝泊りさせ合宿を始める。 仕事以外はラグビー漬け、その合間にボランティアをさせられている選手たちはイライラを募らせる。 キャプテンの岸和田(高橋光臣)は何とかチームをまとめようとがんばるが、心身ともに疲労し練習中に怪我をしてしまう。 tbs. html ・ 3話のあらすじネタバレはコチラ 4話のネタバレ 出典 ・ 4話のあらすじ あらすじを読む 閉じる ある日、本社に呼び出された君嶋(大泉洋)はプラチナリーグ勝利を滝川常務(上川隆也)に報告するが、滝川は厳しい口調でラグビー部に否定的な言葉を重ねる。 それを聞いた君嶋は気を引き締めて更なる勝利と集客を誓う。 そして君嶋は以前のツテを使いアストロズにビジネス誌の取材を持ってきた。 レギュラー選手たちが写真を撮られている脇で、佐々(林家たま平)たち控え選手は雑用をこなしながら自分も取材されたいと闘志を燃やす。 しかし、トキワ自動車府中工場で深刻な問題が発生した。 佐々のせいで数千万円分の取引が破談になったというのだ。 彼の言動が「府中グリーンカントリークラブ」の責任者・青野(濱津隆之)の機嫌を損ねたことが原因らしい。 佐々は肩を落とし、ラグビー部員たちも白い目で見られることに…。 さらに君嶋にとってショックなことが起きた。 あのカザマ商事買収案が取締役会議を通過したのだ。 そしてこの件は何者かにリークされ、正式契約を待たずに世の知るところとなった。 さらに買収を手がけた滝川は不採算部門のリストラも考えているらしい。 君嶋は窮地に立たされる。 tbs. html ・ 4 話のあらすじネタバレはコチラ 5話のネタバレ 出典 ・ 5話のあらすじ あらすじを読む 閉じる 君嶋GM(大泉洋)の経営戦略と柴門監督(大谷亮平)の最新ラグビー理論が合致したアストロズは勝ち星を重ねていった。 今年は優勝を伺える位置におり選手たちの士気も高い。 一方、カザマ商事買収の道筋をつけた滝川常務(上川隆也)は経済誌で堂々とコスト削減を論じるなど目に見えて影響力を増している。 しかしこの件がリークされた裏には滝川とカザマ商事・風間社長(中村芝翫)のある関係性があった。 それに気づいた君嶋は元上司・脇坂(石川禅)に調査を依頼する。 そんなある日、滝川が府中工場の視察にやってきた。 滝川は工場の合理化を推し進めて人件費などのコストを削減するつもりなのだ。 リストラが断行されれば廃部に追い込まれるかもしれない。 連勝に沸く選手たちにも不安が芽生え始める。 さらに、柴門はサイクロンズ戦の活路が見えず焦る。 津田監督(渡辺裕之)は自分の手の内を知り尽くしている。 だが、君嶋の発言にヒントを得て選手たちに指示を出す。 数日後、アストロズはレスリング道場にいた。 そしてサイクロンズ戦まで数日に迫る中、柴門には津田の因縁を面白がるマスコミからの取材依頼が殺到していた。 これを集客に結び付けるべく、君嶋はトキワ自動車本社に津田を招いて両監督の合同記者会見を仕掛ける。 tbs. html ・ 5 話のあらすじネタバレはコチラ 6話のネタバレ 出典 ・ 6話のあらすじ あらすじを読む 閉じる サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズ。 選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。 優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。 来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。 島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。 数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。 脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。 GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。 自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。 やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。 君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。 tbs. html ・ 6 話のあらすじネタバレはコチラ 7話のネタバレ 出典 ・7話のあらすじ あらすじを読む 閉じる アストロズに七尾(眞栄田郷敦)が加わった。 スピードとテクニックを誇る七尾だが、絶対エース・浜畑(廣瀬俊朗)とポジションが被る。 紅白戦では控え組が勝ったとはいえ、浜畑・里村(佳久創)のレギュラーコンビの壁は厚く、七尾と佐々(林家たま平)は練習でやり込められる日々が続いていた。 そんな中、サイクロンズの津田監督(渡辺裕之)は秘密裏に浜畑に接触し…。 一方、君嶋(大泉洋)はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)の元を訪れていた。 以前に星野から聞いたタンカー座礁事件とカザマ商事のオイルの関係が気になっていたのだ。 星野がオイルと事故の因果関係を調査した森下教授(辻萬長)に改めて確認したところ、事故の原因とは関係ないとの結論が出たという。 星野は取り越し苦労だったと謝るが、津田と浜畑の密会を見た者がいるとまたもや君嶋が仰天する情報を伝える。 tbs. html ・ 7 話のあらすじネタバレはコチラ 8話のネタバレ 画像出典 8話のあらすじ あらすじを読む 閉じる 里村(佳久創)が抜けたアストロズは落胆するどころか開幕戦に向けて激しいレギュラー争いが繰り広げられていた。 中でも新加入した期待の七尾(眞栄田郷敦)はスタミナ不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑(廣瀬俊朗)がリードしていると思われた。 しかし浜畑は七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。 そんな頃、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになった。 君嶋(大泉洋)は総務部長として反対派の声を聞こうとリーダーの苗場(金山一彦)に声をかけ懇親会を開催する。 するとある疑問が浮かび、君嶋はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)に自らの考えを打ち明ける。 その一方、ゴルフ場の責任者・青野(濱津隆之)とも君嶋は会話を続ける。 青野は熱い夢を語るのだが…。 tbs. html 8話のあらすじネタバレはコチラ 9話のネタバレ 出典 9話のあらすじ トキワ自動車本社では滝川常務(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われていた。 経営戦略室長の脇坂(石川禅)は会議のメンバーではない君嶋(大泉洋)をこの会議に臨席させる。 君嶋はある資料を用意していた。 一方、今年こそ優勝を目指すアストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラー入りし、浜畑(廣瀬俊朗)は控えに回った。 しかし浜畑が控え組をまとめたおかげで控え組のレベルも上がり、全体的な戦力アップがなされていた。 そんな中、柴門(大谷亮平)は七尾の弱点を発見し…。 tbs. html 9話のあらすじネタバレはコチラ 最終回ネタバレ ・最終回のあらすじ カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)はこれまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。 次の取締役会でアストロズの予算削減案を提案するという。 これが可決されればアストロズは廃部に追い込まれてしまう。 君嶋(大泉洋)は日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが…。 一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。 ブレイブス戦で膝を負傷した浜畑(廣瀬俊朗)も懸命なリハビリを続けていた。 そしてついに決戦の日を迎える。 tbs. *ドラマ最終回は、原作を読んだ上で、以下のようになると予想します。 君嶋が不正を見つけたため次期社長コースから外れ、トキワ自動車の子会社となる金融会社・社長へ。 そこで大活躍したため本社に戻るだろうという推測が結末。 ドラマの結末も、 一度左遷されたのちに重要なポストにつくかどうかで終わると予想します。 ただし、ドラマではハッキリさせた方が痛快なため、 本社へ復帰して終わる可能性も高いです。 この項目では原作を読んだ筆者が「原作の構成」、「原作ネタバレ」をまず紹介。 さらに「まとめ」として「 大泉洋の敵は上川隆也出ない件」「 多様な魅力について」言及。 最後の「ドラマと原作の違い」はドラマ本編が進み次第、追記予定。 原作の構成 ・ POINT:第一部は、 生まれ変わったアストロズが、1年目で躍進していくストーリー ・君嶋(大泉洋)が地方の工場へ左遷。 アストロズのGM(ゼネラルマネージャー)へ就任。 ・君嶋は、滝川(上川隆也)に反対されつつ、社長の後押しで、アストロズの予算16億円(全額が赤字)を今年度予算に組み込んでもらう。 ・君嶋は、大学の同級生・柴門(大谷亮平)に監督をオファー。 2年契約を結ぶ。 ・新生アストロズは地域密着型を目指す。 ぶつかり稽古も敢行。 ・君嶋は、日本蹴球協会に経営改善を提案したが却下された。 ・新生アストロズの1年目は、 総合3位! ・君嶋は脇坂(石川禅)から本社へ戻るよう要請されたが、断った。 ・ POINT:第三部は、アストロズ2年目のシーズンと君嶋の本当の敵との戦いを描くストーリー。 ・アストロズに帰国子女の七尾が入社。 紅白戦から大活躍。 ・若手の台頭でスタメン落ちの危機を感じたアストロズの二大スターのひとり、 里村(佳久 創)がライバルチームのサイクロンズへ。 移籍期限ぎりぎりなので、承諾書を出すかどうかで判断が揺れたが、チームの総意で移籍を認めた。 ・君嶋を左遷したのは元上司・脇坂だった。 そして脇坂が風間(中村芝翫)を利用して滝川失脚を計画したことを突き止めた。 ・アストロズが 優勝!そして本当の敵・ 脇坂が失脚した。 さらに君嶋は本社へ復帰、アストロズの部長となる。 GMは引退した浜畑(廣瀬俊朗)が引き継いだ。 しかも日本蹴球協会の理事に就任した君嶋、彼の改革は続く…。 原作ネタバレのまとめ:大泉洋の敵は上川隆也ではない!? 以上、原作のポイントをネタバレしてきました。 最後に2点だけ補足としてまとめます。 このドラマは崖っぷちのアストロズと君嶋が、復讐と再起をかけた ヒューマンドラマ。 ですが、経済ドラマでもあります。 経営戦略室で腕を磨いた経営のプロ・君嶋による 企業スポーツの再建物語です。 (原作では赤字の構造を数字で説明。 ドラマではややこしいので簡略化すると思われます。 ) さらにドラマでは、ラグビーシーンを映像で魅せる スポーツ青春ドラマにもなるかも? 多様な魅力のある日曜劇場【ノーサイド・ゲーム】に注目です。 ドラマ本編では改変もあり得ますので、その際はご了承ください。 原作どおりです。 原作とドラマの違い:ネタバレ 設定の違い ・君嶋の左遷先はドラマでは府中工場。 原作は横浜工場。 ・君嶋の妻(松たか子)と息子2人がドラマで登場するが、原作ではほぼ登場なし。 ・ 柴門シオリ(川田裕美)が原作では登場しない。 ・アストロズの赤字額はドラマでは14億円。 原作では予算16億円ほぼ赤字となっている。 ・サイクロンズが接触したのは浜畑(廣瀬俊朗)。 原作では里村(佳久創)がサイクロンズと交渉。 *すべての違いを網羅しているわけではないので、その点はご了承ください。 ドラマ【ノーサイド・ゲーム】の見逃し・動画配信 ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の動画は、放送後1週間は民放無料公式ポータルTVerで動画配信されます。 なお全話の配信は、パラビで放送後に配信されていきます。 見逃した方や気になる方は、新規無料期間もありますので、登録後ログインして視聴してみてください。

次の

ノーサイドゲーム最終回ネタバレと原作小説の結末は?衝撃のラストに感動!

ノーサイドゲーム ネタバレ 最終話

アストロズは優勝できたのか? 決勝はアストロズとサイクロンズの戦いになりました。 前半戦はサイクロンズがアストロズの全てを研究。 その結果、 かなりの差が前半で開いてしまいました。 そこで、後半からは休んでいた浜畑が試合に登場。 まさかの『 これでオレの選手生命は終わり』 ここでアストロズを優勝させるというセリフにしびれた方は多かったのではないでしょうか。 アストロズ後半の戦略はダブルスタンドオフ 最終的に アストロズが計画していたのは七尾と浜畑の ダブルスタンドオフという作戦。 これは ダブルエースがいるからこそできる作戦で、どちらにボールを渡して攻めるのか? サイクロンズは どちらにボールがいくのかがわからなくなり、攻撃の幅が広がるものでした。 結果として、浜畑と七尾の活躍。 佐々が試合中に成長をしたことで、攻撃の幅は更に広がり、点数差がどんどん縮む。 そのパスを引き継いで、七尾がトライを決める。 その迫真の演技は涙なしでは見られない。 最高の結末になりました! 最終的に アストロズの優勝で幕を閉じました。 君嶋は経営戦略室長になり、浜畑はGMに! 最終的に君嶋は経営戦略室長に昇進して本社へ。 本当に廣瀬さん演じた浜畑の最後の演技は涙なしでは見られない。 そんな結末でした。 ぜひ御覧ください。

次の

あらすじ|TBSテレビ:日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』

ノーサイドゲーム ネタバレ 最終話

ドラマ。 ノーサイドゲーム。 ネタバレ、あらすじ。 1話から最終回の結末まで。 キャスト。 見逃し配信動画。 視聴率は?最終回はいつ?など ドラマ、ノーサイドゲームは、大泉洋さん主演の、車メーカーのサラリーマンの話ということです。 ラグビー部のゼネラルマネージャーでもあるということで、ラグビーの話もあるようです。 2019年7月7日(日)夜9時から、TBSで放送スタートです。 自動車メーカーのサラリーマン、君嶋隼人(大泉洋)が、左遷されることから始まるということです。 企業買収に異を唱えて、工場に左遷されてしまう君嶋。 そんな君嶋は、ラグビー部、アストロズのGMも任されるということで、どうなっていくのでしょうか。 ということで、ノーサイドゲームのあらすじ、ネタバレ、キャスト。 見逃し配信動画、視聴率は?最終回はいつ?といったことをまとめておきます。 ノーサイドゲームの見逃し配信は、Paraviで ノーサイドゲーム、最終回、9話8話7話6話5話4話3話2話1話のネタバレなど• ノーサイドゲーム。 ネタバレ、あらすじ。 1話から最終回の結末まで。 キャスト。 見逃し配信動画。 視聴率は?最終回はいつ?など ノーサイドゲームの主なキャスト、出演者 ノーサイドゲームの主なキャスト、出演者は、以下の人たちです。 君嶋隼人(大泉 洋) 君嶋真希(松たか子) 岸和田 徹(高橋光臣) 七尾圭太(眞栄田郷敦) 佐倉多英(笹本玲奈) 星野信輝(入江甚儀) 鍵原誠(松尾 諭) 脇坂賢治(石川 禅) 吉原欣二(村田雄浩) 新堂智也(藤原光博(リットン調査団)) 富野賢作(佐伯大地) 藤島レナ(阿部純子) 中本理彩(山崎紘菜) 吉田夏帆(端まいな) 本波寛人(天野義久) 浜畑 譲(廣瀬俊朗) 安西信彦(齊藤祐也) 佐々 一(林家たま平) 友部祐規(コージ(ブリリアン)) 里村亮太(佳久 創) 有馬真吾(村田 琳) 笠原 豪(笠原ゴーフォワード) 柴門シオリ(川田裕美) 青野 宏(濱津隆之) 島本 博(西郷輝彦) 「多むら」の女将(凰稀かなめ) 柴門琢磨(大谷亮平) 津田三郎(渡辺裕之) 風間有也(中村芝翫) 滝川桂一郎(上川隆也) アストロズ部員 中本元気(勝山 翔) 玉木俊太(榎本鉄平) 高輪祐太(眞弓葉詩) 飯野雄貴(飯野雄貴) 西荻 崇(田沼広之) 岬 洋(鶴ケ﨑好昭) 林田公一(株木孝行) 立川 悟(水本竜弥) 端本太郎(端本太郎) 大和航平(北川勇次) 仲村慎祐(仲村慎祐) 伊吹誠介(伊吹誠介) 森本竜馬(森本竜馬) 石川悠太(石川悠太) 秋元太一(板垣悠太) 小野勘太(邉津勘太) 小西大樹(小西大樹) 戸村銀太郎(髙橋銀太郎) 岩爪 航(岩爪 航) 井上卓哉(井上卓哉) 新井龍一(新井龍一) 阿久根 潤(阿久根 潤) 工藤元気(工藤元気) 多いですね。 ラグビー部員がいるので、さらに多いです。 ノーサイドゲームの主なキャスト、出演者についてなど 君嶋隼人(大泉 洋) 主人公の君嶋隼人は、大泉洋さんですね。 自動車メーカーに勤めているが、工場に異動になって、さらに、ラグビー部のチーム再建を任されるということです。 どんな展開、活躍をしていくのでしょうね。 君嶋真希(松たか子) 隼人の妻の真希は、松たか子さんです。 仕事にも理解があるということですね。 時には、尻を叩いてくれるような感じでもあるようです。 この夫婦もどんな感じで描かれるのでしょうか。 滝川桂一郎(上川隆也) 滝川桂一郎は、上川隆也さんが演じます。 滝川は、次期社長候補で、君嶋の天敵ということです。 企業買収を進めていたところ、君嶋に反対されて、見送りになって、恨んでいるところもあるようです。 君嶋と滝川。 この二人のやり合いが、ノーサイドゲームでは見られるようですね。 風間有也(中村芝翫) 風間有也は、中村芝翫さんです。 買収先の社長ということですね。 滝川とは大学の同級生とのこと。 島本 博(西郷輝彦) 島本博は、西郷輝彦さんです。 トキワ自動車の創業家社長だそうです。 ラグビーが好きということで、ラグビー部「アストロズ」の創設者でもあるということです。 佐倉多英(笹本玲奈) 佐倉多英は、笹本玲奈さんが演じます。 総務部であり、また、アストロズのアナリストでもあるということですね。 藤島レナ(阿部純子) トキワ自動車海外事業部員・藤島レナは、阿部純子さんです。 アストロズの熱狂的ファンということです。 七尾圭太(眞栄田郷敦) 七尾圭太は、眞栄田郷敦さんです。 君嶋と出会ったことで人生が一変するということです。 また、藤島との出会いでも、変わるようですね。 ノーサイドゲームで、意外とキーパーソンになるのかもしれません。 柴門琢磨(大谷亮平) ラグビー部の監督、紫門琢磨を、大谷亮平さんが演じます。 ラグビーの名門校で監督をしてきたということです。 GMである君嶋とは、過去に何か因縁があるようです。 ノーサイドゲームのゲスト出演者は? ドラマ、ノーサイドゲームのゲスト出演者は、どうなるのでしょうね。 大泉洋さんとつながりのある方たちが登場したりもするのかどうか。 1話の予告動画 ノーサイドゲームの脚本、演出、プロデューサーなど 脚本:丑尾健太郎 ほか 演出:福澤克雄 ほか プロデューサー:伊與田英徳 ほか 音楽:服部隆之 原作 ドラマ、ノーサイドゲームの原作は、小説「ノーサイドゲーム」ですね。 原作の小説があるので、展開や結末などを知ることができます。 まあ、知らないで見たいという人は、何も知らずに見たほうが楽しめるかもしれませんが。 ノーサイドゲームの公式Twitterなど ノーサイドゲームの公式Twitter ハッシュタグは、 ノーサイドゲームですね。 ノーサイドゲームの見逃し配信は、Paraviで ノーサイドゲームのあらすじ ノーサイドゲームあらすじ ドラマ、ノーサイドゲームは、自動車メーカーのサラリーマン、君嶋隼人が、左遷されることから始まるということです。 企業買収に異を唱えて、工場に左遷されてしまう君嶋。 そこには、ラグビーチームがあり、このラグビーチーム、アストロズのゼネラルマネジャーも、君嶋は任されるとのこと。 しかし、アストロズは、かつては強豪だったということですが、今は、見る影もなく、成績不振だった。 果たして、君嶋は、チームを再建し、そして自分も、出世レースで返り咲くことができるのでしょうか。 ノーサイドゲーム。 第1話、あらすじ 大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。 君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することに。 君嶋隼人は、「トキワ自動車」の中堅サラリーマン。 幹部候補とまで言われていたが、企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任。 左遷されるということです。 意に染まない異動だが、これもサラリーマンの宿命。 やるせない思いで赴任先の工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。 かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。 しかも、ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務することに。 アストロズは、成績不振ということで、こちらも大変なようです。 こうして知識も経験もない君嶋にチーム再建という重荷が課せられた。 低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが始まる。 そして、君嶋は、チームを再建することに。 ということで、君嶋は再起をかけて、奮闘していくようです。 というのが、ノーサイドゲームの1話のあらすじです。 七夕に放送スタートですね。 このシーズンのドラマで早いスタートになります。 そういう意味では、スタートダッシュがあるドラマになるのかもしれませんね。 視聴率はどうなる? 視聴率はどうなるでしょうね。 日曜劇場で、池井戸潤さん原作のドラマですから、話題になりそうですよね。 大泉洋さん主演ですし。 そう考えると、視聴率も期待できそうですよね。 ノーサイドゲーム、1話の視聴率は、13. 2話の視聴率は、11. ノーサイドゲーム、3話の視聴率は、10. 4話の視聴率は、10. 6でした。 ノーサイドゲーム、5話の視聴率は、11. 6話の視聴率は、13. ノーサイドゲーム、7話の視聴率は、9. 8話の視聴率は、11. ノーサイドゲーム、9話の視聴率は、12. ノーサイドゲーム、最終回の視聴率は、13. ノーサイドゲームの最終回は、いつ?どうなる?結末は? ノーサイドゲーム、全10話なら、9月8日(日)になりますね。 全11話なら、9月15日になります。 選挙をはさんだので、また変わりそうですね。 最終回は、9月15日(日)ですね。 どういう展開になるのでしょうか。 おそらく、君嶋がいろいろ不条理なことをされていって、それでもどうにかこうにかがんばって、最後には、自動車メーカーでうまくいく。 ラグビーチームのアストロズもうまくいく。 そんな感じの話になるのではないかなと。 結末は、スッキリしたものになるのではないかと思いますが、どうなるでしょうね。 主題歌。 米津玄師さんの「馬と鹿」 まだ、主題歌は決まっていないようです。 ラグビーとも合うようなノリの良い主題歌になると、良いですよね。 米津玄師さんの「馬と鹿」です。 いい感じの歌ですね。 ノーサイドゲームの見逃し配信動画は? Paraviで、見逃し配信動画は見られます。 ノーサイドゲームの見逃し配信は、Paraviで ノーサイドゲームの各回のネタバレ、あらすじ、結末など ノーサイドゲームの各回のネタバレ、あらすじ、結末などは、今後、以下に追記していきます。 ノーサイドゲーム、1話のネタバレ、あらすじ、結末など 君嶋は、本社には戻れない。 雨が降っている。 君嶋は、グラウンドに行く。 ぶつかる。 浜畑:こんなところでぼーっと突っ立てるのが悪いんだ。 君嶋:私は、どこに行けばいいって言うんだ?ラグビーなんかわかりゃしないんだよ。 じゃあ、俺はどこに行けばいいんだ! 浜畑:知るか! 君嶋は、タックルする。 なんども 浜畑:死ぬ気で行かんか。 死ぬ気で 浜畑:ラグビーはな、チームのため、仲間のため、死ぬ気でぶつかるんや。 それがラグビーだ。 来い 君嶋は、浜畑にタックルする。 スーツは、ボロボロ 博人のサッカーボールが、ボロボロになっている。 真希:相手は誰? と、君嶋博人(市川右近)に聞く。 君嶋:博人、強くなりたかったのか?自分の力で戦おうと思ってたのか。 うなずく博人 君嶋:ラグビーはケンカじゃないんだ。 仲間のためなんだよ。 一緒に戦う仲間のためにぶつかっていくんだ。 ラグビーには、ノーサイドがある。 試合が終わったら、みんな仲間なんだと。 君嶋:最後には許せるか?握手できるか?お前が教わりたいのは、そう言うラグビーか? 博人:ラグビーやりたい。 君嶋:そうか、わかった。 真希は、許さないと言う 君嶋:こいつは、自分で戦うって言ってんだよ。 こいつの覚悟を無視していいのか 君嶋は、ラグビー部の部員と話す。 予算案を配る。 予算、0。 君嶋:これが、君たちの価値だ 本社に戻りたいのか?と言われる。 戻りたいと答える君嶋。 君嶋:サラリーマンに努力賞なんてものはないんだ。 この世界は、勝ったものが正義だ。 トップを狙わなければ勝てないと。 君嶋:どうしてサービス残業はダメだと断らないんだ。 こんな卑屈なチームじゃ監督なんか決められない。 君嶋:君たちは今がどん底だ。 あとは上だけを見ろ。 もちろん、優勝だよ。 プラチナリーグで優勝するんだ。 廃部にしようと思っていたと言う。 君嶋:私は、死んだんだ。 サラリーマンの私は死んだんだ。 このまま終わるのは嫌だ。 そして、君たちと戦いと思った。 私と同じどん底であえぐ君たちと戦いと思ったんだ 君嶋は、部員たちがやる気があるなら、ラグビー部の存続を取締役会に提案すると言う しかし、誰も答えない。 出ていく君嶋。 浜畑:もう負けんのは嫌や。 やってられるか!俺は、このチームで優勝したい グラウンドに出ていく選手たち。 岸和田徹:どいていただけますか?練習しなくちゃならないんです。 プラチナリーグ優勝のために 取締役会 島本社長は、1年だけ待ってみようと言う 柴門琢磨(大谷亮平)は、大学の監督を辞めさせられた。 ドラマ、ノーサイドゲーム。 2話ネタバレ、あらすじなど 2話の結末。 選手たちは、紫門を監督として認めるのか? 選手全員が賛成 紫門が監督になる。 紫門:今日から、俺たちは家族だ。 優勝目指して、勝つぞ! 七尾圭太(眞栄田郷敦)は、トキワの面接を受けようとしている。 予算がかかりすぎると、君嶋。 合宿は9000万円かかる。 紫門:それがお前の仕事だろう。 アストロズを勝たせてくれと言ったのはお前だろ、口だけか! 脇坂賢治(石川 禅)と君嶋 カザマ商事の買収は、順調に進んでいるという。 脇坂は、1億を準備できるのかと。 君嶋は、経理部に断られて、紫門にお金は用意できないという。 君嶋は、会社のためにラグビー部があると。 紫門:お前にとっては、ラグビーは出世のための道具か。 そんなGMとはやっていけない。 と、君嶋は金がないラグビー部だなと言うと、社長の島本博(西郷輝彦)が来ている。 島本:紫門くんを切るつもりかな 君嶋:わがままがすぎる。 1億用意してみろと 島本;自分で用意したんだよ、彼は 企業を回って、自力で金を集めた。 津田に追い出されたという。 君嶋博人は、ため息をついている。 真希:子供にため息つかせてんじゃないわよ! 君嶋:ラグビーやるか、ラグビー? ラグビーやらなくて良くなったと。 博人:でも、代わりに他の子がいじめられるようになって 君嶋:それじゃ試合は終わってない。 ノーサイドじゃない 大事なのはボールだという 君嶋:最後にこのボールをつかめば、博人の勝ちだ 博人が君嶋からボールを取る。 君嶋は、予算案を考えている。 会社だったら、出費の多いところから削ると 外国人選手の年俸が高い。 8000万円ほど 取締役会で、君嶋が、アストロズの予算案を説明する。 紫門が監督に就任したと報告する。 予算の内訳を変えたという。 外国人選手の2人の契約をやめると。 滝川桂一郎(上川隆也):これでは、戦力ダウンになる。 アストロズは勝つつもりはないのか?これは紫門監督も承認したことなのか? 佐倉が分析した。 外国人選手の2人はタックルが下手。 紫門は、コーチを雇わないという。 これで、お金はどうにかなる。 君嶋:責任は俺が取る。 お前のラグビーを見せてくれ。 君嶋:これは、紫門監督も承認したことです。 我々の目標は優勝です 優勝して、アストロズ、トキワ自動車を知ってもらうという 島本社長:GMは君嶋くんだ。 任せだぞ、君嶋 君嶋:はい、ありがとうございます 紫門が選手に、全員にチャンスがある。 ポジションを奪えとれと 君嶋:優勝するぞ!優勝争いじゃない。 優勝だ! 浜畑:上等だ。 それしかないやろ ノーサイドゲーム。 ネタバレ、あらすじ。 結末など 選手たちが、ボランティアをボイコットする。 ノーサイドゲーム。 3話のネタバレ 君嶋が、うまくいかないとアストロズは早々に見捨てられてしまうかもしれないと 紫門は、優勝争いをすると、君嶋に伝える。 七尾圭太(眞栄田郷敦)がやってくるが、一般枠で応募したと、紫門に告げる。 紫門は、君嶋に、七尾は安定を選んだんだと。 ファンクラブの申し込みは、100名ほど。 紫門が選手たちにボランティアの話をすると、選手は強くなりたい、練習時間が欲しいという。 里村亮太(佳久 創)は、やりたいやつだけでやってくれと。 ボイコットすることに。 練習中、岸和田 徹(高橋光臣)は、考え事をして集中できない。 そして、怪我をしてしまう。 岸和田は病院に行く。 と、雄太 高木波瑠 がやってくる。 君嶋真希は、FC東京のファンクラブに入るという。 君嶋が、アストロズのファンクラブに入ってくれと頼むが、ちゃんと口説けと 真希:ラグビーの何が面白いの? 佐倉多英(笹本玲奈)は八方塞がりだというが、君嶋はあとちょっとだと思っている。 そして、君嶋は、岸和田徹を病院に迎えに行く。 徹:ボランティアって自分のためにやるんですね。 雄太は、勇気をもらったと、心臓の手術を受けることができという。 雄太:徹も、がんばって。 徹:勇気をもらったのは、俺のほうです。 俺たちがやってきたことはちゃんと届いてたんですね 「多むら」で、慰労会 里村亮太は、ボランティアなんてやっている場合じゃないと。 君嶋:練習に励んでくれ、ボランティアもやってくれ。 低迷したのは観客動員数だという。 君嶋:日本中の人たちに、関心を持ってもらわないと、お客さんは来てくれないんだよ。 未来への投資だという。 ラグビーを捨てる者もいる。 君嶋:夢のない未来はお断りだ。 子供たちに夢を与えたい。 ラグビー好きの子供たちを増やすことじゃないのか。 地域の人たちと大きな家族のような関係を築きたいと 君嶋:今や、グラウンドだけが戦場じゃないんだよ 徹が、プレゼントしたラグビーボールで子供たちがラグビーをやっていたという ラグビーを好きな人を増やしたいと。 紫門は、こいつらはきっと家族になれるという。 選手たちはボランティアを頑張る。 プラチナリーグ第1節 当日 アストロズ対タイタンズ お客さんは、まばらで、去年と変わらない。 と、時間が近づくと、観客が結構来ている。 子供たちや地元の人たち 雄太が、徹、がんばれと。 浜畑 譲(廣瀬俊朗)は、徹のファンかと、がんばるしかないなと声を掛ける。 君嶋博人は、友達を誘って、やってくる。 1万2千人がチケットを買った。 そして、試合が始まる。 ノーサイドゲーム4話。 あらすじ。 結末 滝川が、カザマ商事の買収を進める。 ノーサイドゲーム。 4話のネタバレ 取締役会 カザマ商事の買収の件。 滝川は買収すべきと、社長の島本博(西郷輝彦)に。 島本も、認める。 買収の件が、新聞に載る。 滝川が、リークしたのかも。 そして、滝川は、採算の合わない事業をリストアップ。 脇坂賢治(石川 禅)が、君嶋に、ラグビー部も減らさないとならないかもしれない。 君嶋:バカバカしいよ。 君嶋真希(松たか子):じゃ、やめれば。 おやすみ。 君嶋:何やってんだ俺は 練習で、佐々が、もう一回やろうと。 岸和田 徹が、もう一回やろうと、さらに練習する。 すると、里村亮太がケガをしてしまう。 ねんざ 佐々は、余計なことを言うからと、周りに言われてしまう。 佐倉多英も、私のせいだと。 君嶋は、なぜアナリストをしているのかと聞く。 佐倉の父は、バックスだったと。 トキワ自動車ラグビー部が優勝した時のキャプテンだった。 佐倉:父は、ラグビーの優勝は、どんな時も色あせることはないんだ、って。 君嶋博人(市川右近)の成績が落ちる。 真希:勉強から逃げてるでしょ。 原因は自分にあるの。 苦手なことをひとつひとつやればいいの 君嶋が、やらせて行く。 できるようになる。 ラグビー部は人を減らすと言う噂を聞く、佐々。 佐々が、退部届を君嶋に出す。 君嶋は、とりあえず預かると言う。 ゴルフ場建設反対と、押しかけてくる カザマ商事が建設している。 府中グリーンカントリークラブ 青野(濱津隆之)に会いに行く君嶋。 青野は、カザマ商事が開発を進めるゴルフ場「府中グリーンカントリークラブ」の担当責任者。 君嶋:先日のカートの件、本当のことを教えてもらえませんか。 青野は、ゴルフ場建設の工事は延期になったと。 青野:工事が再開されれば、トキワさんにお声がけさせていただきます。 この話を、君嶋は、佐々に伝える。 君嶋:君の存在がどれだけ大事か。 チームのために尽くしている。 みんな文句は言うが、信頼していると。 青野は、仲間のことを誇らしげに話すのは、いいチームなんだろうなと。 チケットを買って、見にいきたいと言う。 君嶋:ひとつひとつなんだよ。 ワンプレー、ワンプレー。 チーム全員で結果を出そう!だから、もう一度一緒にやろう。 アストロズには、君が必要だ。 ファイターズ対策を完成させるぞと。 アストロズ対ファイターズ スクラムでアストロズが押す アストロズが勝つ。 喜ぶ、佐々たち。 紫門が、よくやったなと、佐倉に。 しかし、観客は増えない。 君嶋:アストロズは、諦めが悪いぞ ドラマ。 ノーサイドゲーム。 ネタバレ。 あらすじ アストロズ対サイクロンズ。 ノーサイドゲーム。 ネタバレ 紫門は、七尾圭太に、チームに来ないかと誘う。 一度、チームを見て欲しいと。 アストロズの練習。 ミスが多い。 マスコミは、津田監督と紫門のことを取材したい。 君嶋は、合同記者会見を開こうという。 鍵原誠(松尾 諭)が、津田を説得する。 合同記者会見 津田は、城南大学の教えが、アストロズに浸透してきたのだろうと。 記者が、因縁の相手だが、どう思うかと紫門に質問する。 紫門:失礼のないよう、徹底的に潰します。 GMや選手たちがいたから、ここまで来れたという。 紫門:ラグビーは進化しています。 攻撃型のラグビーでサイクロンズを叩き潰します! 勝つことが礼儀だと。 浜畑 譲(廣瀬俊朗)と、岸和田 徹 岸和田:命がけで叩き潰すぞ! 優勝決定戦 紫門:お前たちは、俺の命だ。 ここでお前たちのラグビーを刻みつけろ 社長も応援に来ている。 今期最高の観客。 里村を抑えられている。 パスも読まれている。 アストロズは、先取点を取られてる。 アストロズも、フォワードで点を取る。 しかし、少しずつサイクロンズが点を取って、差が開いていく。 本波はケガで交代。 そして、後半、佐々が交代で入ってくる。 後半、佐々のパスで、動きが変わるアストロズ。 そして、佐々が、トライする。 12対21 サイクロンズを左右に振る。 疲れてくる。 17対21 残り時間わずか アストロズは、逆転のトライを狙う。 しかし、ビデオ判定。 足が先に出ていて、ノートライに。 アストロズは負けてしまう。 ドラマ、ノーサイドゲーム、6話。 ネタバレあらすじ、結末など 君嶋は勝って本社に戻りたいと。 ノーサイドゲーム。 6話ネタバレ 脇坂と君嶋 君嶋:どんな仕事でも成果をあげてきたつもりです。 アストロズのGMとして、目標を達成できませんでした。 私は勝てなかったんです。 このまま本社に戻っても、今の私ではきっと迷いが出る。 負けたままでは終われないんです。 もう一年戦わせてください。 勝った上で、本社に戻ります。 脇坂:一旦断った以上、俺から声をかけることはもうないぞ 真希と君嶋 君嶋は、本社に戻る話を断ったと。 このまま、負けたままでは戻れないという。 真希:そう、わかった。 負けたままじゃ戻れないんでしょ。 やるからには、勝ちなさいよ 滝川と風間 風間は、買収はいつぐらいだと デューデリジェンスで時間がかかると、滝川 風間は、金をもらって引退するという。 君嶋は、ファン感謝祭を開催すると。 選手たちも、準備している。 蹴球協会の専務理事に会いに行く君嶋 見送りだと言われる。 理事:これは、会長のご意向です。 君嶋:それがなんだって言うんです。 金儲けじゃないなんて、言い逃れだ。 我々、サラリーマンの世界では通用しない。 トキワの研究員の星野が、君嶋に会いたいと岸和田に電話してくる。 岸和田と星野は、同期。 そして、3人で会う。 この事故を知っているかと、星野。 タンカーの事故。 星野が分析していた。 バンカーオイル。 カザマ商事が扱っていた。 君嶋も調べてみようと。 アストロズファン感謝祭 みんな楽しそう そして、紅白戦 スタメン組と控え組 七尾圭太がスタメン組で活躍する。 トライを決める 紫門:君嶋、お前が七尾にもう一度ラグビーをやえるチャンスを与えたんだ。 七尾がドロップゴールを決める。 3本決めて、逆転する。 浜畑を七尾が止める。 そして、スタメン組が勝つ。 君嶋:このチームで、もう一度挑戦するぞ サイクロンズの鍵原が、浜畑と会っている。 ノーサイドゲーム7話。 ネタバレあらすじ カザマ商事の買収は?ノーサイドゲーム7話。 ネタバレ ゴルフ場建設反対という人たちが、府中工事に来た。 また、工事を再開したからとやってきた。 反対派の勢いが弱まった。 だから、再開すると。 ゴルフカートを発注するという。 里村のプレーが楽しみだという。 風間有也(中村芝翫)と滝川桂一郎(上川隆也) ゴルフ場に反対派がいるだろうと滝川。 風間は、大丈夫だと。 ジュニアチームをやめる子は、引っ越すからチームはやめるが、ラグビーは続けるという。 カザマ商事のデューデリジェンスが終了した。 買収まで1ヶ月。 これが決まれば、滝川が社長になる可能性が高い。 浜畑は、里村の仕事を手伝う 浜畑:どこ行っても頑張れよ。 応援しとるで 友部祐規(コージ(ブリリアン))の練習を、里村が教える。 腰を見ろと。 友部は、なんどもタックルする。 が、かわされてしまう。 そして、タックルが決まる。 君嶋は、承諾書をどうするかを考えている。 明日、里村は退社する。 グラウンドで選手たちが里村に 君嶋:ただで出ていけると思ったのか。 罵声の一つも浴びていけ 岸和田 徹(高橋光臣):俺たちは、サイクロンズをボッコボッコに潰してやる。 勝手にやればいい。 ただ、アストロズの名を汚すことは許さない 君嶋:アストロズを勝たせるのが仕事だ。 チームで相談しようと里村のことを相談した。 浜畑が、お前たちはどうすると 浜畑:仲間が世界で戦おうとしてるんや。 俺ら家族の誇りやないか。 あいつからラグビー奪ってええのか? 岸和田は、1年試合に出れないのはマイナスだと。 岸和田:ただ勝つだけじゃなく、里村がいるサイクロンズに勝って、優勝したいと思っています。 他の選手たちも、同じ意見だと。 君嶋:君たちは、人が良すぎる。 勝つための戦略として間違っている。 だが、私も賛成だ。 これがアストロズの戦い方だな 君嶋は、移籍承諾書を里村に渡す。 里村:みんな、すまん。 紫門は、佐々のパスが磨かれている。 あれが、里村が出て行った本当の理由だという。 競争しながら、全体が強くなっていると。 ノーサイドゲーム。 ネタバレ、結末 レギュラーはどうなる?ノーサイドゲーム、8話。 ネタバレ 君嶋は、青野を部内マッチに誘う。 部内マッチ。 その前に、3,000mのタイムトライアル 七尾は、2位 青野が見にくる 部内マッチが始まる。 青野は、昔、自分に負けたという。 七尾がドロップゴールを決める。 浜畑が、七尾にタックルを決める。 君嶋は、青野に七尾が膝を負傷していると教える。 浜畑は、七尾に治療を教えてやったと。 君嶋:正々堂々と勝つ。 それが彼ら、アストロズのラグビーなんです 互角の試合だった。 七尾がレギュラーに選ばれる。 ノーサイドゲーム。 8話結末 君嶋は、青野を部室に案内する。 君嶋:苗場さんに会って、話をしました。 外部の人に漏らしたそうです。 苗場は、青野に漏らしたと。 君嶋:あなたは、風間社長に報告した。 森下教授に働きかけた。 分析結果を改ざんした。 白水商船に伝えるという君嶋。 しかし、それでは遅い。 君嶋:あなたに証言してもらうしかない。 私は、トキワ自動車を守りたい。 アストロズを守りたい。 彼らから未来を奪わないで欲しい。 そして、開幕戦のレギュラーメンバーの発表 紫門が発表する。 10番は、七尾 悔しそうな浜畑。 浜畑が、七尾を抱きしめて 浜畑:頼んだぞ 七尾:はい 青野:私も、彼らに恥じない自分でいたい。 私が知っているすべてをお話しします。 ノーサイドゲーム。 ネタバレあらすじ、結末など ノーサイドゲーム、9話。 ネタバレ 浜畑 譲(廣瀬俊朗)は、君嶋に様子がおかしいがと 君嶋は、予算が半分になるかもしれないと、選手たちに伝える。 岸和田 徹(高橋光臣):どんな状況でも、全力でやるのが俺たちのラグビーだ。 君嶋:私も、全力でなんとかしてみせる。 ブレイブスに勝って、サイクロンズに勝って優勝だ ブレイブス戦は、浜畑が、SO(スタンドオフ)でスタメン ブレイブスが先取点を取る 浜畑は、ラックに入って、ボールを奪う。 七尾は、ラックに入る勇気がない。 ラックで足を故障したから。 浜畑が膝を痛める。 が、紫門監督は、浜畑と心中するつもりだという。 七尾が浜畑に代わるというが 浜畑:怖いに決まってるやろ。 せやけど、勝たなきゃならんのや。 負けるのは死んでも嫌や。 黙って見てろ 浜畑が自陣でタックルを決めて、その結果、ボールを奪う。 そして、最後には、浜畑がトライを決める。 アストロズが勝利。 君嶋は、スタンドで滝川を見かける。 滝川:脇坂がラグビー部を潰そうとしているそうだな 君嶋:滝川さんのほうが、楽でした。 ラグビーに愛がありました。 滝川さんはフェアだった。 滝川:私の父親はラグビーをやっていた。 私もラグビーをやってみたかった。 家業が傾いて、バイトに明け暮れていたからできなかった。 滝川は、風間を見返したかった 滝川:ラグビーは公正なスポーツだ。 私は、君に負けた。 よく調べたな。 風間の口座の明細まで用意しているとはな。 君嶋:風間の口座までは調べていません。 滝川は、君嶋を府中工場に飛ばしていないという。 君嶋:まさか、私の本当の敵は 滝川:負けるな、君嶋 七尾は、タックルの練習をしている。 君嶋:俺はここで終わるわけにはいかない。 アストロズを全力で守る。 ノーサイドゲーム最終回。 ネタバレあらすじ、結末 優勝決定戦、アストロズは優勝できるのか?ノーサイドゲーム、最終回 君嶋と君嶋真希(松たか子) 君嶋は、彼らの姿は美しいと。 優勝決定戦を見にきてくれないかと 真希は、もうチケットを買ったと 子供たちと君嶋夫婦4人で、レッツラグビー! 優勝決定戦 アストロズの試合前のミーティング 君嶋:ラグビーが大嫌いだった。 君たちが、ラグビーの素晴らしさを教えてくれた。 君たちに出会えてよかった。 私は、ラグビーが大好きだ! 君たちのラグビーを見せてくれ。 勝ってくれと 試合開始 里村亮太(佳久 創)が、サイドに流れる。 そして、パスされて、トライされる。 次は、七尾が止める。 そして、七尾が、ラックに入って、ボールを奪い返す。 七尾はドロップゴールのふりをして、抜くが、ボールを奪われ、トライされる。 また、七尾のパスを奪われる。 佐々 一(林家たま平)のプレーも読まれている。 浜畑 譲(廣瀬俊朗)は出ていない。 里村亮太(佳久 創)がノールックパスで、トライをあげる。 前半 アストロズ 2対26 サイクロンズ 応援している人たちが応援歌を歌って、アストロズを応援する。 浜畑が後半、出場する。 七尾も交代しない。 浜畑は、ケガは治っていない。 君嶋:今後のことを考えたら 浜畑:今後?そんなものはありません。 俺の選手生命は俺で終わりです。 アストロズがここまで来れたのもGMのおかげです。 俺も、あなたに会えて良かった 浜畑、みんなが勝てるかもと思わせるにはどうすればいいか考えろと、七尾に ダブルスタンドオフ 柴門琢磨(大谷亮平):これが、アストロズのラグビーの完成形だ。 そして、浜畑からのキックをもらって、七尾は、遠くから、ドロップゴールを入れる。 15対26。 2トライ差 そして、浜畑は、裏をかいて、パスをして、アストロズがトライ。 しかし、今度は、サイクロンズがトライ 浜畑はタックルを受けて倒れる。 残り1プレー 浜畑にボールをつなぐ ケガしている足にタックルを受ける しかし、立ち上がって、進む 里村が、浜畑にタックル。 浜畑は、七尾にパスする 七尾がキックで受け取って、トライする! 32対31 アストロズが逆転勝ち! ノーサイド アストロズが優勝する 里村が、佐々に負けたと。 浜畑は、拍手されて サイクロンズの監督、津田三郎(渡辺裕之)が、紫門に、いいチームを作ったなと。 君嶋:ラグビーどうだった? 真希:そうねえ、最高! 君嶋は、経営企画室に戻った。 アストロズのGMには、浜畑がなる。 君嶋と滝川桂一郎(上川隆也) 君嶋は、理不尽な時代になっているが、だからこそ、ラグビーは必要だという 次はグランメゾン東京ですね。

次の