穴栗市 自動車修理。 八幡市(京都府)周辺の自動車整備に関する店舗情報

車のへこみの修理を即日で!自分で簡単に直せる6つの方法

穴栗市 自動車修理

1969年• ・建設用設備器材の製造・販売を目的として三協フロンテア株式会社を設立。 社名の「フロンテア」は、故ケネディ大統領の提唱した「フロンテア・スピリッツ=開拓者精神」に由来する 1970年• ・第1号商品となるコンテナバスの製造、販売を開始 1971年• ・米国Space-O-Matic社との技術提携により、2段立体式駐車装置の製造、販売を開始 1973年• ・建設現場の仮設事務所として、モバイルスペース「コスモCT」の製造・販売を開始 1975年• ・折りたたみ式モバイルスペース「コスモCT-S」を開発。 販売を開始 1977年• ・モバイルスペースのレンタルサービスを開始 1980年• ・モバイルスペース「コスモCT-H」のレンタル・販売を開始• ・モバイルスペースの生産能力増強のため、千葉県流山市に流山工場を新設 1983年• ・防火性能を高めたモバイルスペース「コスモCT-W」のレンタル・販売を開始 1985年• ・3階建て(仮設)対応可能なモバイルスペース「コスモCT-M」のレンタル・販売を開始 1986年• ・モバイルスペースの生産能力増強のため、茨城県岩井市(現 坂東市)に茨城工場を新設 1990年• ・モバイルスペースの生産能力増強のため、新潟県北蒲原郡聖籠町に新潟工場を新設 1992年• ・モバイルスペース「コスモCT-N」のレンタル・販売を開始• ・茨城県岩井市(現 坂東市)の茨城工場敷地内にモバイルスペース展示場1号店を開設• ・カンボジアPKO施設として「コスモCT」が採用。 施工性と居住性の高さが海外でも実証される 1993年• ・日本証券業協会に株式を店頭登録(現東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)証券コード9639)• ・モバイルスペース等の配送及び建方・解体工事を目的として、関連会社 有限会社フロンテア流通(現 フロンテア流通株式会社)を設立• ・本格的な常設展示場として千葉県柏市に柏展示場を開設 1994年• ・株式上場を記念して、千葉県柏市で当社が主催する第1回フロンテアニューイヤーコンサートを開催。 近隣住民の皆さまを無料でご招待し、以降毎年開催している 1995年• ・モバイルスペースの原材料等の製造・販売を目的として、関連会社 広州番禺三協豪施有限公司を設立• ・モバイルスペースの生産能力増強のため、兵庫県穴栗郡山崎町(現穴栗市)に姫路工場を新設• ・阪神・淡路大震災の復興支援として応急仮設住宅を建設 1996年• ・モバイルスペースの生産能力増強のため、福岡県八女郡広川町に久留米工場を新設• ・カナダのユニットハウスメーカー ブリッコ社と業務提携• ・モバイルスペース「コスモCT-DX」のレンタル・販売を開始 写真右 1997年• ・ロシア メハノーブルテクニカ社との技術提携により静電分離機の試作機完成。 リサイクル事業に進出 1998年• ・モバイルスペース「コスモCT-V」のレンタル・販売を開始 写真右• ・ローコストモデルのモバイルスペース「LCX」の販売を開始 1999年• ・ドイツのクルーテ社と業務提携。 介護機器事業に注力 2000年• ・創業30周年を迎える• ・オランダのモバイルスペースメーカー デミュー社と技術提携 2001年• ・トランクルーム事業に進出。 名称を「U-SPACE」と統一し全国展開 2002年• ・代表取締役社長に長妻貴嗣氏が就任• ・東ティモール向けPKO施設として、コスモCT-DXが採用• ・モバイルスペース「COSUMO CT-54H」がグッドデザイン賞を受賞 2003年• ・リサイクルタイルカーペットの「Friendly Carpet」がカーペット業界で初となるエコマークを取得 写真右• ・モバイルスペース、Quoシリーズの販売を開始。 仮設から本設へ本格的に展開を開始 2004年• ・新潟県中越地震の復興支援に応急仮設住宅359戸を建設 写真右• ・空調、防犯システム付 屋内型トランクルーム第1号店「U-SPACE柏警察署前店」オープン• ・自衛隊イラク派遣用施設として、モバイルスペースが採用 2005年• ・2階建て対応モバイルスペース「Quo」の開発・販売を開始• ・福岡県西方沖地震の復興支援に、応急仮設住宅を建設 2007年• ・モバイルスペース「コスモCT-J」の販売・レンタルを開始• ・能登半島地震、新潟県中越沖地震の復興支援に、応急仮設住宅を建設 2008年• ・10年ビジョンを発表 2009年• ・学生を対象にした建築コンペ「モバイルアーキテクチュアコンペティション」を開催• ・植物工場を商業施設「ららぽーと柏の葉」に設置。 約3ヶ月間の実証実験を実施 2010年• ・創業40周年を迎える• ・植物工場事業に参入• ・CT-Jシリーズに多雪仕様を追加• ・B-Frameの開発・販売を開始• ・LCXシリーズに多連棟対応タイプ(LCX2. 0)を追加 2011年• ・東日本大震災の復興支援に応急仮設住宅約2000戸を建設 2012年• ・「モバイルスペース展示場」「トランクルーム」W100店舗達成記念キャンペーンを実施• ・CT-Jシリーズに耐風仕様を追加• ・京都府京田辺市に京都サービスセンターを新設• ・姫路工場の生産能力増強のため、工場建屋を増設• ・新潟工場の生産能力増強のため、工場建屋を増設 2013年• ・モバイルスペースの生産能力増強のため、つくば工場を新設• ・宮城県気仙沼市に建設作業員向け宿泊施設を建設 2014年• ・トランクルームのU-SPACEが200店舗達成• ・宮城県気仙沼市に法人向けマンスリーアパートを建設 2015年• ・トランクルームのU-SPACEが300店舗達成 2016年• ・平成28年熊本地震の復興支援に応急仮設住宅を建設• ・次世代モバイルスペース「MS1」を開発、レンタル開始• ・次世代モバイルスペース「MS1」が2016年度グッドデザイン賞を受賞• ・ミャンマーに現地法人「SANKYO FRONTIER MYANMAR COMPANY LIMITED」を設立 2017年• ・TVCM、ラジオCMを開始• ・マレーシアに現地法人「SANKYO FRONTIER MALAYSIA SDN. BHD」を設立 2018年• ・柏レイソルとネーミングライツおよびユニフォームスポンサー契約を締結• ・高知県高知市に高知店をオープン。 47都道府県すべてに出店が完了• ・10年ビジョンを発表• ・シンガポールに支店を開設• ・ミャンマーに現地法人「SANKYO FRONTIER TECHNOLOGIES MYANMAR CO. ,LTD」を設立 2019年• ・トランクルームのU-SPACEが400店舗達成• ・モバイルスペース展示場が200店舗達成• ・レンタルスペースサービスを開始• ・カプセルホテルFRONTIER INN柏たなかをオープン 2020年• ・創業50周年を迎える.

次の

沿革|企業情報|三協フロンテア株式会社

穴栗市 自動車修理

HondaCars奈良東の詳細情報 車の事なら何でも奈良市の Honda Cars奈良東 (松川ホンダ販売株式会社)へご相談下さい。 お気軽にご相談下さい。 Honda Cars奈良東(松川ホンダ販売株式会社) TEL0742-62-4331• 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 Copyright C 2020 All Rights Reserved. 『タウンページ』はの登録商標です。 Copyright C 2000-2020 All Rights Reserved. Copyright C 2001-2020 All Rights Reserved. 宿泊施設に関する情報はから提供を受けています。 グルメクーポンサイトに関する情報はから提供を受けています。 gooタウンページをご利用していただくために、以下のブラウザでのご利用を推奨します。 Microsoft Internet Explorer 11.

次の

秋田県秋田市の自転車販売/修理一覧

穴栗市 自動車修理

私は、松尾芭蕉「奥の細道」結びの地、岐阜県の大垣市に昭和42年に生まれました。 小さい頃気管支が悪かった私は、夜にセキが止まらなくなるので外では遊べず、いつも一人家の中で遊んでいました。 おもちゃはいつもミニカーでした。 ミニカーをきれいに並べては走らせ、大人になり自分で車を走らせている姿を想像していたと思います。 とにかく車が大好きで、免許もないのにお小遣いで車の雑誌を買い、国産車では名前を知らない車はないほどでした。 ちなみに高校時代の部活は「自動車部」で毎日エンジンをバラしたり組み立てたりしていました。 高校卒業後の進路希望は当然、自動車関係です。 一口に自動車関係といってもメーカー、ディーラー、販売店などさまざまですが、私はトラックディーラーで油ムシ(自動車修理)の道を選びました。 油ムシの仕事は、毎日油にまみれてエンジンなどの修理ができるものだと思っていました。 しかし実際には毎日車検整備ばかり、会社の休日は正月三が日だけで、私の休暇日は変則。 友達とも遊べないおまけに給料も安い。 それでも「石の上にも3年」。 3年は続けました。 上司に「自分はやりがいのある仕事がしたいので、退職したい」と申し出たところ、会社からの返事は「新車営業ならやった分結果がでるから営業をやってみないか」といわれました。 『やりがい』があるならやってみようと、新車営業に配置替えしてもらいました。 今思うと1,000万円以上もするトラックを、営業が来たからと簡単に買うはずもないのに「やはりオレには営業は無理なのかも」と退職することも考え始めていました。 しかし、私は負けず嫌いです。 『負け犬』になって逃げ出すことだけは絶対に嫌でした。 半年過ぎたあたりから、急に商談の声がかかり始めおもしろいように新車が売れていきます。 「これだ!オレが求めていたのは!」契約書にお客さんがハンコを押してくれる瞬間が最高に心地よかったのを今もおぼえています。 そして営業2年目でついに会社から大型部門No. 1セールスマンの表彰までされました。 表彰はされても給料は安いままです。 結果は出せたし、今ならやめても自分は『負け犬』ではないと思い、もっと『やりがい』のある仕事をしようとディーラーを退職しました、 一番『やりがい』を感じられるのは自営ではないかと思い、当時私の父がトラックを運ぶ陸送を自営でしていたので、私も父と一緒に陸送を始めたのが今の美栗陸送のはじまりです。 自営で2年ほど全国を走り回っていましたが、たまたま納車先で知り合った大手陸送会社の所長に誘われて、その下請けにしてもらいました。 法人でなければ下請けになれなかったので、私の自家用車を資本にして平成3年2月に有限会社美栗陸送が誕生しました。 ですから、美栗陸送は創業25年を超えている会社です。 創業からの道のりは決して平坦ではありませんでした。 二度倒産の危機に立たされています。 一度目は、元請け会社内のトラブルに巻き込まれてある日突然、翌日からの仕事が全くなくなった時です。 そのときは、お付き合いのあったお客さんに助けられてなんとか持ち直しました。 二度目は、下請けとして輸出車両の輸送をしていたのですが2008年から、円高の影響で輸出車両の物量が激減し、そこに追い討ちをかけたのがリーマンショックでした。 悪いことは重なるもので、会社創業以来のお付き合いで、運送の許可を取る時、家賃なしで敷地の一角を車庫に貸してくださり、個人的にも、私の結婚式の仲人までしていただいた会長さんから、平成21年3月30日の深夜、突然電話があり「栗本君、本当に申し訳ない。 今日、東京地裁に破産手続きの申し立てに行ってきた。 うちの会社、倒産だ。 迷惑かけて本当にすまない。 明日、破産管財人が来るからその前に君の会社の備品などは片付けてほしい。 」 これは現実なのか?頭の中が真っ白で「もうダメだ。 不況なのにこの穴を埋められる仕事のアテもないし、三か月分の運賃の支払い手形がただの紙」俺はどうなるのだ、家族は、従業員は… 過去の想いが頭を巡り悔しさと憤りで、涙が出て朝まで眠れませんでした。 連鎖倒産を避けるため、従業員の3分の1は辞めてもらい、余分なトラックは売却し、銀行にも返済の延期などをお願いしましたが倒産までのカウントダウン。 いつまで持ちこたえられるのか、景気はいつ回復するのか、不安と倒産の悪夢で眠れない日々。 いっそ、つぶれる前に辞めてしまおうか。 でも、こんな私でも今まで、支えてくださったお客さんや、従業員がいる。 恩返しもせずに自分だけ逃げていいのか?自問自答の繰り返し。 しかし一度、結果が出始めると、新しくお付き合いさせていただくお客さんの笑顔が私の活力源になり、また繰り返し実践してみる。 すると次々とよい反応があり、新たなお客さんとのお付き合いをさせていただくようになりました。 今では、経営の勉強はもちろん、労務関係に至るまで、経営者の本来の仕事を最優先するようにし、毎日自分が経営者として仕事をしていることに『やりがい』を感じ、楽しくてしかたありません。 私の経営者としての前向きな取り組みは、マスコミなどでも注目されるようになり、頻繁に新聞に掲載されています。 そんな私が、自営でトラックを回送していたころより、気をつけているのが、例えば私が新車を回送したとします。 その新車をどこの誰が運転することになるかは、分かりませんが、その新車が納車されたときの、その人の笑顔と、これから新車に乗るというワクワク感は想像できます。 その笑顔とワクワク感のためには、納車までの間に事故等ないように十分気をつけなければならないと思っています。 もちろん、新車だけではありません、中古車でも個人の方のお車でも、「人さまの車をお預かりする」立場のものとして、日ごろから従業員一同、安全はもちろん、納品時の接客マナー等の向上に努めております。 しかし、あってはならない事ですが、万が一事故等が発生してしまった場合に備え、三井住友海上火災保険にて商品車輸送用の自動車保険にも加入しております。 小さな会社だからこそ、備えは万全ですし、対応は早いです。 最近、個人の方に車の輸送をご依頼されることが結構あるのです。 個人の方からの依頼だと一度キリの場合がほとんどですが、うちには個人の方のリピーターがいるんです。 なぜだかわかりますか? 理由は、単に車を運ぶだけでなく、車の修理のことや、保険、運んだ先でナンバーを変えるにはどうしたらいいかなどのご相談にも親切、丁寧に応えさせて頂いているからです。 美栗陸送は単に車を運ぶことではなく、関わった方の笑顔のために活動している企業です。 ぜひともあなたの笑顔も見せていただきたいと思います。 あなたのお役に立てるようでしたら 今すぐご連絡ください。 会社名 有限会社 美栗陸送 代表 栗本 佳孝 所在地 【営業所】 〒500-8238 岐阜県岐阜市細畑1丁目8-7 【本社】 〒503-0233 岐阜県大垣市大井1丁目29番地の12 電話番号 0120-852-409 はこぶよおくるま FAX番号 058-213-6446 メールアドレス 事業目的 「くるまに関わるすべての人の笑顔を見るため」 その目的達成そして、それを通じて社会貢献のために活動しています。 資本金 500万円 設立年月日 平成3年2月25日 従業員 15名 車両台数 10台 主要取引先 いすゞライネックス株式会社 様 岐阜日野自動車株式会社 様 株式会社タウ 様 株式会社ロジコ 様 東西海運株式会社 様 岩戸工業株式会社 様 取引先銀行 大垣共立銀行 大垣駅前支店 岐阜信用金庫 城東支店.

次の