ワイ モバイル スマホプラン。 ワイモバイルのケータイプランSS|スマホで使う場合に注意すべき1つのこと

ワイモバイルの料金プランが7月に改定!容量超過後も最大1Mbps

ワイ モバイル スマホプラン

スマホプランS• スマホプランM• スマホプランL という3つのスマホプランがありますが、スマホプランの中でもスマホプランSは一番安いプランとなっています。 ただ、スマホプランSの月額1,980円というのは、割引が適用された場合の月額料金になります。 詳しくは、後述します。 スマホプランSの高速データ通信容量 GB 画像引用元: スマホプランSの高速データ通信容量 GB は、「月々3GB」となっています。 スマホプランSは、スマホプランの中で一番安いプランですが、1ヶ月間に使用できる高速データ通信容量 GB が一番少ないプランでもあります。 そのため、月々3GB以上高速データ通信容量 GB を使用する方が、ワイモバイルに申し込んでスマホプランSを利用すると、通信速度制限がかかる可能性が高いでしょう。 そういった場合には、一番安いプランにこだわらず、自分にあった高速データ通信容量のスマホプランを選ぶことをおすすめします。 また、スマホプランSの高速データ通信容量 GB 「月々3GB」というのは、キャンペーンが適用になった場合の容量となります。 詳しくは、後述します。 スマホプランSの通話料 画像引用元: ワイモバイルのスマホプランには、通話無料サービスが付属しており、1回10分以内の国内通話であれば何度かけても通話料無料となっています。 つまり、 スマホプランSの通話料は、1回10分以内の国内通話であれば何度かけても無料です。 しかし、通話時間が10分を超える場合には、30秒につき20円の通話料が発生するようになるので、その点には十分にご注意ください。 また、 一番安いプランがいいからスマホプランSを利用してたけど、高速データ通信容量が少ないから、他のスマホプランに変更したい・・・ という場合もあるかと思います。 そういった場合には、プラン変更手続きを行えば、スマホプランSから別のスマホプランに変更することが可能です。 ワイモバイルのプラン変更については、下記の記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。 関連記事: スマホプランSは契約期間がある ワイモバイルのスマホプランには契約期間 2年縛り があるという注意点があり、ワイモバイル公式サイトにも 2年間を契約期間としてご利用いただく料金プランです。 引用元: と記載されています。 これは、スマホプランSも例外ではなく、 スマホプランSにも2年間という契約期間が設定されています。 もし、ワイモバイルに申し込んでスマホプランSを利用していて、スマホプランSの契約期間内に• ワイモバイルを解約• ワイモバイルから他社に乗り換え• 契約期間がない料金プランに変更 上記の手続きを行った場合には、違約金として「9,500円」の契約解除料が発生してしまいます。 そのため、ワイモバイルでスマホプランSを利用する方は、スマホプランSには契約期間があること、場合によっては違約金が発生するという注意点があることは理解しておく必要があります。 ワイモバイルのスマホプランSに適用されるお得なキャンペーン 上記では、スマホプランSの月額料金・高速データ通信容量 GB は、割引やキャンペーンが適用された場合の金額・容量だと説明しましたが、具体的にはスマホプランSには下記のお得な割引・キャンペーンが適用されています。 ワンキュッパ割:月額料金が1,000円割引になる• データ増量無料キャンペーン:高速データ通信容量 GB が増えるキャンペーン 詳しくは、下記より解説していきます。 関連サイト: スマホプランSにはワンキュッパ割が適用される スマホプランSの月額料金は「月額1,980円」ですが、これはワンキュッパ割が適用された場合の月額料金になります。 本来、ワイモバイルのスマホプランSの月額料金は「月額2,980円」ですが、月額料金が1,000円割引になるワンキュッパ割という割引が適用されると、スマホプランSが「月額1,980円」で利用できるようになります。 つまり、ワイモバイルのスマホプランSが月額1,980円なのは、ワンキュッパ割が適用されているためだということは理解しておきましょう。 スマホプランSにはデータ増量無料キャンペーンが適用される スマホプランSの高速データ通信容量 GB は「月々3GB」ですが、これはデータ増量無料キャンペーンが適用された場合の高速データ通信容量 GB になります。 データ増量無料キャンペーンとは、「データ増量オプション」というオプションサービスの月額料金が無料になるキャンペーンです。 本来、ワイモバイルのスマホプランSの高速データ通信容量は「月々2GB」ですが、データ増量無料キャンペーンが適用されることで1GB増量となり、高速データ通信容量 GB が「月々3GB」に増量されます。 つまり、ワイモバイルのスマホプランSの高速データ通信容量 GB が「月々3GB」なのは、データ増量無料キャンペーンが適用されているためだということは理解しておきましょう。 ワイモバイルのスマホプランS契約から2年目・3年目に起きる変化 上記では、スマホプランSに適用されている割引・キャンペーンについて解説しましたが、ワンキュッパ割・データ増量無料キャンペーンには適用期間があります。 ワンキュッパ割:12ヵ月間• データ増量無料キャンペーン:24 ヶ月間 つまり、ワンキュッパ割・データ増量無料キャンペーン適用終了後には、スマホプランSの月額料金・高速データ通信容量 GB に変化が起きるので、スマホプランSを利用しようと思っている方は、理解しておきましょう。 詳しくは、下記より解説していきます。 関連サイト: スマホプランS契約2年目に起きる変化 スマホプランS契約2年目に起きる変化は、下記のようになります。 スマホプランS契約2年目に起きる変化 月額料金 2,980円 ワンキュッパ割 — 月々の利用料金 2,980円 高速データ通信容量 GB 2GB データ増量無料キャンペーン 1GB 使用可能な高速データ通信容量 GB 3GB スマホプランS契約2年目には、ワンキュッパ割の適用が終了となるので、スマホプランSの月額料金は「月額2,980円」となります。 また、高速データ通信容量 GB については、スマホプランS契約2年目もデータ増量無料キャンペーンの適用は継続されるので、高速データ通信容量 GB は1年目と変わらず、「月々3GB」使用することができます。 スマホプランS契約から3年目に起きる変化 スマホプランS契約3年目に起きる変化は、下記のようになります。 スマホプランS契約3年目に起きる変化 月額料金 2,980円 ワンキュッパ割 — 月々の利用料金 2,980円 高速データ通信容量 GB 2GB データ増量無料キャンペーン — 使用可能な高速データ通信容量 GB 2GB ワンキュッパ割の適用は既に終了しているため月額料金に変化はなく、スマホプランS契約3年目も「月額2,980円」でスマホプランSを利用することができます。 ただ、スマホプランS契約3年目になると、データ増量無料キャンペーンが終了となるので、高速データ通信容量 GB は「月々2GB」となります。 もし、データ増量無料キャンペーン適用終了後以降も、高速データ通信容量 GB を「月々3GB」にしたいのであれば、データ増量オプションを継続利用すれば月々3GBの高速データ通信容量 GB を使用することができます。 その場合、「データ増量オプション」の月額料金500円が必要になり、その分月々の利用料金が高くなります。 ワイモバイルのスマホプランSはこんな方におすすめのプラン ここまで、ワイモバイルのスマホプランSについて解説してきましたが、スマホプランSは下記のような方におすすめの料金プランとなっています。 スマホであまりネットを利用しない方• スマホでゲームはしない方• スマホで動画は観ない方• スマホは基本的にWi-Fiに接続して使用する方 上記の通り、ワイモバイルのスマホプランSは、高速データ通信容量 GB が「月々3GB」と、使用できるデータ容量が多いプランではありません。 従って、ワイモバイルのスマホプランSは、スマホでインターネットやゲームをあまり利用しない、動画は観ないといった、ライトユーザーに向いている料金プランになります。 スマホでネットやゲームをよく利用するが、必ずWi-Fiに接続しているという方も、スマホプランSで問題ないでしょう。 しかし、Wi-Fiに接続せずスマホで頻繁にゲームをしたり、よく動画を視聴する方がスマホプランSを利用すると、すぐに通信速度制限がかかってしまう恐れがあるので、そういった方は一番安いスマホプランにこだわらず、自分にあったスマホプランを利用したほうがいいかと思います。 また、自分に合ったスマホプランについては、スマホプラン診断で診断することが可能です。 ワイモバイルのスマホプラン診断について詳しくは、下記のサイトをご覧ください。 関連サイト: ワイモバイルで一番安いプラン「スマホプランS」について・まとめ• スマホプランSはワイモバイルで一番安いスマホプラン• スマホプランSの月額料金は1,980円• スマホプランSの高速データ通信容量は月々3GB• スマホプランSの通話料は1回10分以内の国内通話であれば何度かけても通話料無料• スマホプランSから別のスマホプランに変更することも可能• スマホプランSには2年間の契約期間がある• スマホプランSには「ワンキュッパ割」「データ増量無料キャンペーン」が適用される• スマホプランS契約2年目は月額料金が2,980円になる• スマホプランS契約3年目は高速データ通信容量が2GBになる• ワイモバイルのスマホプランSはスマホライトユーザーにおすすめの料金プラン 関連サイト:.

次の

ワイモバイルの口コミ・評判まとめ【2020年】料金や機種・速度など、3年使った私の評価も

ワイ モバイル スマホプラン

ここでは双方の差異とどちらがお得か解説します。 arrows Jはジャパネットのみ まず最大の違いはarrows Jというスマホはジャパネットでしか販売していません。 他のスマホキャリアでも販売していませんので、 arrows Jが買えるのはジャパネットのみです。 ワイモバイルでは長らく富士通社製のスマホを販売していません。 料金の比較 前章で解説したとおり、ジャパネットは以下の3つがセットになって月額4,380円です。 3万円ほどお得です。 ただし、ジャパネットはこれに端末代金の頭金(10,780円)がかかります。 上表のワイモバイルはSIMのみの料金なので、 新規契約の方はワイモバイルでSIMカードのみを契約するのと同じ支払額で新しい端末が手に入ることになります。 ドコモ・auから乗り換えの方は、端末代金の頭金が100円に割引されます。 よって、 ドコモ・auから乗り換えの方はワイモバイルのSIMのみより1. 3万円ほど安い料金でスマホ端末も買えることになります。 よって、ジャパネットでarrows Jを購入するのはお得です。 スマホをあまり使わない• 10分以上の通話をよくする 端末セットで購入・arrows Jで問題なし ジャパネットで販売している端末はarrows Jのみです。 それほど高いスペックではありませんが、普段使いには十分です。 よって、電話・メール・LINEが中心で、アプリやSNSをガンガン使わない方には十分でしょう。 以前はでも実質0円・実質100円の端末が販売されていましたが、2019年10月以降はどんなに安くても10,000円ほどかかります。 ジャパネットのarrows Jは端末代金も実質無料に近いので、arrows Jで問題なければジャパネットはお得です。 一方、使えるスマホをすでにお持ちの方やarrows J以外のスマホが良い方はで契約しましょう。 10分以上の通話をよくする スマホで 10分以上の通話が多い方にもジャパネットはおすすめです。 そもそも、ワイモバイルのスマホベーシックプランには最初から10分以内の国内通話かけ放題がついています。 しかし、10分以上は有料になるので、10分以上の通話が多い方は通話料金がどんどん加算されていきます。 一方、 ジャパネットのプランは10分以上の国内通話もかけ放題になる「スーパー誰とでも定額」がついています。 でプランMに「スーパー誰とでも定額」をつけるより、ジャパネットで契約したほうが料金が安いです。 よって、10分以上の通話が多い方や長電話をされる方はジャパネットがお得です。 ただし、スマホベーシックプランにはもともと10分かけ放題がついています。 通話時間が少ない方や10分以上の長電話をしない方はでスマホベーシックプランのみを契約したほうがお得です。 「スーパー誰とでも定額」をセットにした料金で比較するとよりお得です。 ですが、「スーパー誰とでも定額」が不要ならの方がお得です。 そもそも通話をあまりしない方や、通話はするけど10分以内におさまる・長電話はしないという方はで「スーパー誰とでも定額」なしの通常プランを契約しましょう。 プランS・Rを選びたい ジャパネットで選べるのは毎月9GB使える「スマホベーシックプランM」のみです。 もしかしたらSやRも選べるのかもしれませんが、割引が適用されない可能性があります。 プランMの容量は9GBなので、結構多いです。 (私も毎月3~4GBしか使いません。 ) 中にはプランS(3GB)で足りる方や、9GB以上使いたい方もおられるでしょう。 その場合はで自身にあったプランを選びましょう。 スマホを持っている・他機種を使いたい ジャパネットはarrows Jとの端末セットでしか契約できません。 スマホをすでにお持ちの方は、でSIMカードのみ契約すれば今のスマホをそのまま使える場合もあります。 また、arrows Jはスペックがあまり高くないエントリーモデルのスマホです。 ゲームやアプリをよく使う方や、カメラの写真にこだわる方は満足できない可能性もありますので、で他の機種を選びましょう。 ワイモバイルのおすすめスマホは下記にまとめています。 しかし、これは 新規契約またはドコモ・auからの乗り換えの場合です。 端末の頭金が必要 ジャパネットは端末代金コミコミ価格といいましたが、 別途頭金10,780円が必要です。 この頭金は、訪問時に現金での支払いが必要です。 ただし、 ドコモ・auからの乗り換えの場合は頭金は100円に減額されてお得です。 店舗でもサポート可能 ジャパネットで購入したスマホについて不明点や故障の場合は、 全国にあるワイモバイル店舗でサポートが受けられます。 また、ジャパネットのコールセンターでも使い方や料金、故障についての問い合わせも受けてくれます。 ジャパネットで契約すると、以下のプランとなります。 <ジャパネットのプラン>• 初期費用3,300円• 頭金:10,780円(訪問時に支払い)• で契約すると最初の半年間だけ割引が適用されて安くなり、7ヶ月目から高くなります。 しかし、ジャパネットはずっと定額です。 端末代金は24回払いのみで2年後に支払いが終了しますが、それと同額の割引が終了するため、 2年後・3年後以降も同じ料金で使えます。 機種変更するとあらたに端末代金が上乗せされるため、定額ではなくなります。 自宅への訪問サポート付き ジャパネットでワイモバイルに申し込むと、 担当の係員が自宅を訪問し、各種契約手続きや端末の初期設定をしてくれます。 また、 スマホの使い方もレクチャーしてくれます。 この料金は arrows Jは無料です。 通常、自宅に訪問して端末の初期設定やサポートを受けるためには、メニューごとに5,000円と出張料3,000円かかります。 初期設定とレクチャーを同時に受けた場合は13,000円かかりますが、ジャパネットで申し込みなら無料でできるのは大きなメリットですね。 ワイモバイルでは2019年9月までは2年間の最低利用期間と9,500円の契約解除料(解約金)がありました。 しかし、2019年10月からメインとなったスマホベーシックプランには、最低利用期間・違約金はありません。 ジャパネットで契約しても同様です。 それは、 家のネットをソフトバンク光/ソフトバンクAirにすることです。 家のネットをソフトバンク光・Airにすると 「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。 <おうち割による割引額>.

次の

スマホベーシックプラン|料金|Y!mobile

ワイ モバイル スマホプラン

通話料:1回10分以内の国内通話無料• 関連サイト: ワイモバイルのスマホプランMについて スマホプランMの月額料金 画像引用元: ワイモバイルのスマホプランMは、「月額2,980円」で利用することができます。 ただ、スマホプランM「月額2,980円」という月額料金は、ワンキュッパ割という割引が適用されている場合の月額料金になります。 本来のスマホプランMの月額料金は「月額3,980円」ですが、ワンキュッパ割が適用されることで月額料金が1,000円割引になるため、「月額2,980円」でスマホプランMを利用できるようになっています。 スマホプランMの高速データ通信容量は月々9GB 画像引用元: ワイモバイルのスマホプランMの高速データ通信容量 GB は、「月々9GB」となっています。 ただ、スマホプランMの「月々9GB」というのは、データ増量無料キャンペーンというキャンペーンが適用されている場合の高速データ通信容量 GB になります。 本来のスマホプランMの高速データ通信容量 GB は「月々6GB」ですが、データ増量オプションの月額料金が無料になるキャンペーン「データ増量無料キャンペーン」が適用になった場合、 スマホプランMの高速データ通信容量 GB 高速データ通信容量 GB 6GB データ増量無料キャンペーン 3GB 実際に使える高速データ通信容量 GB 9GB 上記のように、3GB分無料で増量となり、スマホプランMの高速データ通信容量 GB は「9GB」に増量となります。 スマホプランMの通話料 画像引用元: ワイモバイルのスマホプランには、無料通話サービスが付属しており、1回10分以内の国内通話であれば何度かけてもかけ放題で、通話料は発生しません。 スマホプランの場合、月額料金に通話定額料も含まれているので、別途通話定額料が発生することはありません。 つまり、 ワイモバイルのスマホプランMの通話料は、1回10分以内の国内通話であれば何度かけても無料となっています。 ただし、10分を超えるような通話の場合には、30秒につき20円の通話料が発生するようになるので、その点にはご注意ください。 また、中には スマホプランMの通話を完全かけ放題にしたい と思っている方もいるかと思いますが、そういった場合には「スーパーだれとでも定額」というオプションサービスを利用すれば、スマホプランMの通話を完全かけ放題にすることが可能となります。 スーパーだれとでも定額については、下記の記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。 関連記事: スマホプランMの契約期間 大手携帯キャリアでは、2年縛りなど契約期間が設定されている料金プランを利用していたという方も多いかと思いますが、ワイモバイルのスマホプランにも2年間の契約期間 2年縛り が設定されおり 2年間を契約期間としてご利用いただく料金プランです。 引用元: ワイモバイル公式サイトにも、上記のように記載されています。 つまり、 ワイモバイルのスマホプランMには、2年間の契約期間 2年縛り が設定されています。 契約期間が設定されているということは、契約期間内に• ワンキュッパ割:12ヵ月間• データ増量無料キャンペーン:24 ヶ月間 そのため、「ワンキュッパ割」「データ増量無料キャンペーン」の適用が終了する、スマホプランM契約2年後以降には注意が必要になります。 スマホプランM契約2年後以降の変化 2年目 3年目 ワンキュッパ割 — — 月々の利用料金 3,980円 3,980円 データ増量無料キャンペーン 3GB — 使用可能な高速データ通信容量 GB 9GB 6GB ワンキュッパ割の適用は12ヶ月間なので、スマホプランM契約2年目になるとワンキュッパ割の適用は終了となり、スマホプランMの月額料金は「月額3,980円」になります。 高速データ通信容量 GB については、スマホプランM契約2年目の時点ではまだデータ増量無料キャンペーンが適用されているため、高速データ通信容量は「月々9GB」となっています。 スマホプランM契約3年目になると、月額料金は「月額3,980円」と変わりませんが、データ増量無料キャンペーンが終了となるので、高速データ通信容量 GB は「月々6GB」になります。 このように、スマホプランM契約2年後以降になると、月額料金や使用できる高速データ通信容量 GB に変化があるので、十分に理解した上でスマホプランMを利用しましょう。 また、データ増量無料キャンペーン終了後も、データ増量オプションを継続利用すれば、スマホプランMの高速データ通信容量 GB を「9GB」のまま使用することができます。 しかし、その場合データ増量オプションの月額料金500円が発生するようになるので、月々の利用料金はその分高くなります。 関連サイト: ワイモバイルのスマホプランMはこんな方におすすめの料金プラン ここまで、ワイモバイルのスマホプランMについて解説してきましたが、スマホプランMはある程度自由に、ネットやゲームを楽しみたい方におすすめの料金プランと言えます。 スマホプランMの高速データ通信容量 GB は「月々9GB」だということを考えると、スマホで動画をよく観る方などヘビーユーザーでなければ、スマホプランMのデータ容量で十分かと思います。 スマホプランMはワイモバイルのスマホプランの中でも、月額料金・高速データ通信容量 GB 共に標準的なプランとなっているため、• どのスマホプランにするか迷っている• スマホプランSではデータ容量が少ない と思っている方にも、スマホプランMがおすすめです。 また、 スマホプランMについてわかったし、ワイモバイルに申し込もう と思っている方もいるかと思いますが、ワイモバイルの申し込み方法・手順については、下記の記事で詳しく解説しているので、そちらを参考に手続きを進めてみてください。 関連記事: ワイモバイルのスマホプランMについて・まとめ• スマホプランMの月額料金は「月額2,980円」• スマホプランMの高速データ通信容量 GB は「月々9GB」• スマホプランMの通話料は1回10分以内の国内通話であれば何度かけても通話料無料• スマホプランMには2年間の契約期間がある• スマホプランMからSやLにプラン変更もできる• スマホプランM契約2年後以降は月額料金や高速データ通信容量に変化がある 関連サイト:.

次の