ハイキュー 393。 【ハイキュー 393話 一番乗りの男】の内容をご紹介|大漫画時代

ハイキュー!! ネタバレ最新話393話感想【星海、190センチの「新米チビ」たちに空中戦を指南】

ハイキュー 393

ハイキュー 392話 ネタバレ MSBYブラックジャッカル VS シュヴァイデンアドラーズ、第3セット、宮侑が三刀流サーブで得点を重ねる。 木兎が宮侑のトスからストレートを決めたかに思われたがアンテナにあたってアウト。 木兎は続いてクロスを決める。 湧く観客席 木兎はプレーしながら春高決勝戦でファイナルセットまでもつれ込んだ末に敗れた日のことを思い出す。 木葉はトスが短くなったことを謝る。 木兎はあれを決めてこそ普通のエースだと自分を責めた かつての梟谷メンバーが見守る中、木兎は短く返ったボールに背面アタックで対応し得点。 普通のエースとなった姿をかつての仲間たちにアピールした ハイキュー 最新 393話 ネタバレ 感想 MSBYブラックジャッカル VS シュヴァイデンアドラーズ 第3セット 回想シーン 昼神は獣医学部に合格 これからはミスったら誰か死ぬかもしれない、でも大丈夫じゃない時もあるともうわかっているから大丈夫だと語る 星海は一緒に夕焼けを見つめ、何も言わない このふたりの雰囲気好きです。 青春って感じする スポンサーリンク 試合は木兎のアタックが決まり ブラックジャッカル20 — アドラーズ17 宮侑のサーブ オレに来いと心の中でつぶやく星海の元へボールが オーバーハンドでレシーブ イラつく宮 昼神のアタックがワンチとなり、戻ったボールを木兎がアタック ブロックアウトを狙うが それが昼神にはバレていてアタックを避けた うひょーーこれぞプロ!!必殺技のぶつけ合い 観客席の中島はチビが高さに対抗できる武器がブロックアウトだったのになぁと残念そうにつぶやくのがなんだか切なかったです 宇内は改めて星海のプレーを見て自分は小さい代わりに技術で勝負すると考えていたが 大きさに関係なく技術を磨いたものが技術を持っている、世界は平等じゃなくて平等だと思い返していた スポンサーリンク 星海と宇内とくれば、やはり小さな巨人VS最強の囮!な春高ラストマッチを思い出しますねー なんだかすごく昔のことのように感じてしまう 星海はトスに反応しながら、昼神と違って自分がミスしても人が死ぬことはないからマシで 好きなことで飯が食えないくらいだと思いだしていた その言葉の後、昼神は好きなことだからしんどいこともあるだろうけどと続けたのだった アタックに跳びながら コレを決められなければ明日自分の居場所はない、コレを決められない自分に明日の居場所はいらないと考えていた 星海は日向がブロックアウト避けを誘うのを察知し、寸前で強烈なアタックに切り替えた 170cm代のふたりの高度な駆け引きに高身長選手達は青ざめる これこれこれーー!!やっぱり星海と日向はバチバチやんなきゃですよねー で、星海がアタックなら日向のちょっと上っていう(笑) 日向追いつき追い越せたかなーと思ったんですけど、まだ難しいのかな笑 高身長選手達が青ざめる横に身長載ってるの笑う ブラックジャッカル20 — アドラーズ19 春高で星海に身長のことを聞いてしまったスポーツライターの柄長 隣には出版社でインターンをしている元音駒の山本あかねが星海のスパイクの技術は一つ抜きん出てると語る スポンサーリンク 音駒きたーーあかねめちゃ成長してる 音駒の選手たちのその後、そろそろ明らかになっていきますかねー まだ研磨くらいですよね判明しているの 柄長は春高後も6年星海を追いかけ続けた 「小さい事」こそ星海の翼だと言う 星海の背中は、190cm代の選手達に空中戦はこうやるのだと語っていた 星海エピソードでしたねー自分と似たライバルがいるのって良いですよね 次はそろそろウシワカですかね。 元プロのお父さんとか登場するのでしょうか MSBYブラックジャッカル VS シュヴァイデンアドラーズ 得点状況 第3セット ブラックジャッカル20 — アドラーズ14 MSBYブラックジャッカル 20 宮侑 — 5 明暗 — 1 木兎 — 5 NEW? — 9 NEW スポンサーリンク 影山 — シュヴァイデンアドラーズ セッター 2016年オリンピック日本代表 188cm 牛島 — シュヴァイデンアドラーズ オポジット 192cm 星海 — シュヴァイデンアドラーズ アウトサイドヒッター 173. 1cm 月島 — 仙台フロッグス(Division2) ミドルブロッカー 大学4年 卒業後仙台市博物館(宮城)勤務 黄金川貫至 — 仙台フロッグス(Division2) セッター 自動車メーカー(仙台)勤務 尾白アラン — 立花レッドファルコンズ アウトサイドヒッター 大平獅音 — キンイロスポーツジャンパーズ(Division3) アウトサイドヒッター スポーツメーカー勤務 中島猛 — キンイロスポーツジャンパーズ(Division3) リベロ スポーツメーカー勤務 山形隼人 — 日脚自動車ライオンズ(Division2) リベロ 五色工 — Azuma Pharmacyグリーンロケッツ(Division1) アウトサイドヒッター 大学4年 桐生八 — Azuma Pharmacyグリーンロケッツ(Division1) アウトサイドヒッター 古森元也 — EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) リベロ 鷲尾辰生 — EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) ミドルブロッカー 角名倫太郎 — EJP(東日本製紙)RAIJIN(Division1) ミドルブロッカー 金田一勇太郎 — たまでんエレファンツ(Division2) ミドルブロッカー 大学4年 卒業後電気工事会社(埼玉)勤務 尾長渉 — たまでんエレファンツ(Division2)ミドルブロッカー 大学4年 卒業後電気工事会社(埼玉)勤務 百沢雄大 — 大日本電鉄ウォーリアーズ(Division1) ミドルフォロッカー 青根高信 — VC伊達(社会人チーム)ミドルブロッカー 建設会社勤務 二口堅治 — VC伊達(社会人チーム)アウトサイドヒッター エネルギーメーカー勤務 理石平助 — VC神奈川(Division1)アウトサイドヒッター 大学4年 千鹿谷栄吉 — VC神奈川(Division1)ミドルブロッカー 大学4年 木葉秋紀 — エアーガイツ製薬バレーボール部(社会人チーム)アウトサイドヒッター 製薬会社(東京)営業 昼神招子 — 光新薬レッドラビッツ オポジット 昼神幸郎の姉 スポンサーリンク 研磨 — ㈱Bouncing Ball代表取締役 大学生 プロゲーマー 株式トレーダー Youtuber KODZUKEN(コヅケン) 山口 — 大学4年生 卒業後家電メーカー(宮城)勤務 谷地 — 大学4年生 卒業後広告デザイン会社(東京)勤務 東峰 — アパレルデザイナー(東京) 澤村 — 宮城県警生活安全部(宮城) 菅原 — 小学校教諭(宮城) 宮治 — 「おにぎり宮」店主 武田先生 — 烏野高校教諭 男子バレー部監督 烏養コーチ — 坂ノ下商店店主 烏野バレーボール部コーチ 木下 — 鉄道会社勤務 成田 — 不動産会社勤務 田中 — スポーツインストラクター 潔子さん — 田中と結婚 スポーツショップ店員 縁下 — 理学療法士 昼神 — 獣医学部5年 兄の福郎はシュヴァイデンアドラーズのキャプテン 瀬見 — 公務員 バンドマン 白布 — 大学医学部5年 川西 — 大学4年 関向幸治(コージー) — 大学4年 泉行高(イズミン) — 大学4年 宇内 — 漫画家 週刊少年ヴァーイ「ゾンビ剣士ゾヴィッシュ」連載中(打ち切り間近) 赤葦 — 大手出版社週刊少年漫画誌配属(ほんとうは文芸希望) 杉本菊多郎 — 日本バレーボール協会大会運営事業部 雲雀田吹 — 全日本男子代表チーム監督 国見英 — 大学4年 卒業後一十一銀行(宮城)勤務 川渡瞬己 — 旅行代理店(宮城)勤務 照島遊児 — 美容師見習い 西谷夕 — イタリアでカジキ漁 影山美羽 — ヘアメイクアーティスト 作並浩輔 — 建設会社勤務 北信介 — 米農家 猿杙大和 — 区役所(東京)職員 小見春樹 — 役者(東京) 白福雪絵 — 食品メーカー栄養士(千葉) 雀田かおり — スポーツポロモーター(東京) 柄長ニ三 — スポーツライター(春高で星海にインタビューした人) 山本あかね — 大学1年 出版社インターン スポンサーリンク AMETORICOさん、 こんにちは、星海回、素晴らしい描き方でした! 小さいひとたちの言葉、中島や宇内の言葉は本当にせつなく、宇内の「世界は平等じゃなくて 平等だ」を三人の背中で表現することのセンス。 星海ママ、魔法の言葉をありがとう〜 この作家さんの、面白さに責任を持って描こうとチャレンジし続ける姿勢が、ほんとプロですね。

次の

Anime Movies

ハイキュー 393

注目ポイント ・タイトル名 ・扉絵 ・幸郎 ・ブロックアウト ・駆け引き ・伏線回収 以上、 6つの注目ポイントをご用意!!! 各注目ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー! ハイキューネタバレ393話:タイトル名 ハイキュー393話のタイトル名は 「一番乗りの男」 一番乗り…? どの選手がピックアップされるのか?! ハイキューネタバレ393話:扉絵 393話の扉絵はこんなかんじです! かつての仲間、昼神幸郎の話を聞く星海。 393話は、星海?昼神!? ハイキューネタバレ393話:幸郎 鴎台の星海と昼神幸郎。 高校卒業前のある日のこと。 大学の 共同獣医学部に合格した幸郎は、 自分の好きな道に進もうとしていた。 試合中はずっと「ミスったって死なない」って思ってやってきたけど これからはミスったら誰かが死ぬかもしれない 命を扱う仕事に就こうとする幸郎の覚悟を、星海はただ黙って聞いていた。 ハイキューネタバレ393話:俺に来い 試合では、木兎が活躍を見せ、またも元気球で点を獲られるAD。 BJ 20 ー 17 AD 波に乗っているBJ、次は侑のバケモノサーブ! 静まる会場だったが、星海は侑のボールが 「俺に来い」と願っていた。 放たれるサーブ! その強烈なボールは、星海の元に! しっかり捉え、拾う星海! 侑は一発で拾われ、全力で悔しがるのだった。 ハイキューネタバレ393話:ブロックアウト しかし、ADのスパイクを拾い、攻撃はBJのターン! ラストは 木兎。 乱れたトス+ブロック3枚だったが、木兎はブロックの位置・手を把握、 ブロックアウトを狙う! しかし、ボールが放たれるその瞬間、ブロックをしていたはずのAD 昼神福朗は手を引っ込める! 勢いよくブロックに当てるはずだったボールは、ブロックをすり抜け、天高く放たれた。 ブロックアウトに使われそうになったところを、咄嗟の判断で避けた福朗… 木兎は素直に 「上手ぇ!!」と褒めるのだった。 ハイキューネタバレ393話:技術 試合を観に来ていた山口は、 福朗の判断力の高さに驚愕。 月島も驚きながらも、その判断ができる要因を説明する。 月島の場合は、格好の観察・練習相手に日向が居たから。 あとは…ブロックアウトに 使われてたまるかっていう…執念? 同じく試合を観ていた和久南出身の 中島&川渡。 川渡は、 背が高い選手達がこれまでの経験でブロックアウトに慣れてきていると。 中島は、 チビが高さに対抗できる武器である ブロックアウトさえも対応されてしまうことに、なんだか寂しそうな表情を浮かべていた。 月島兄は、かつて天満に言われた言葉を思い出していた。 上へ行けば行く程 相手はより大きくより速くより賢かった 俺は「小さい代わりに技術で勝負するんだ」って思ってました でも小さかろうが大きかろうが 技術を磨いた者が技術を持っている 世界は平等じゃなくて平等だ ハイキューネタバレ393話:駆け引き そして試合は続行、星海は幸郎の言葉を思い出していた。 「好きな事」だから、しんどい事もあるだろうけど その言葉を胸に、星海はスパイクを打つ為、高くジャンプする! コレを決められなければ明日俺の居場所は無い コレを決められない俺に明日の居場所は要らない ブロックの手を捉え、ブロックアウトを狙う星海。 しかし、狙われた 日向は星海の思惑に気付き、手を引っ込める!! 日向もまたブロックアウトを避けたのか…!? と思ったその瞬間、星海は手首を捻らせ、ブロックアウト狙いから 強打にチェンジ!!! 日向の引っ込めた手の隙間から抜けたボールは、BJのコートに叩き込まれた。 中島は、星海が ブロックアウトに気付かれた事に気付いて強打に戻したことに驚愕していた… その 高度過ぎる駆け引きに、高身長の選手達は本当に嫌そうな顔を見せる…! ハイキューネタバレ393話:小さい 試合を取材しに来ていた、記者が二人。 音駒・竹虎の妹で出版社にインターンに来ていた 山本あかね 19 と、スポーツライターの 柄長二三 29 だ。 星海のスパイク技術の高さを評価するあかねの言葉に、柄長は高校生だった星海に取材したときの事を思い出す。 小さい事は不利な要因であっても 不能の要因では無い そして現在の星海は、背中で高身長を持つ選手達に語りかける。 兄弟の中で唯一低身長だったことを悩む、小学2年生の悩みに星海母が答えるシーン! 低身長が不利だと知り、その上で強くなることを目指してきた星海。 世界でもプレーをしていくプロになり、誰よりも先に戦い方を身につけていた! 母の言葉通り、 一番乗りの男になった星海かっこいいし、伏線回収の仕方がもう、鳥肌もんです! ハイキューの最新単行本が無料で読める方法! これからご紹介する内容は 無料で最新刊を読めてしまう方法になります。 最新刊をすぐ読みたい…• jpの無料トライアル期間に登録すると合計6巻初回ポイントで読めちゃいます。 ポイント利用で 1冊今すぐ読める ポイント利用で 2冊今すぐ読める すぐにでは無いが、ポイント利用で 3冊読める 【ハイキュー 393話 一番乗りの男】:まとめ いかがでしたか? 最後に、今回の注目ポイントを簡潔にまとめます! 注目考察ポイント ・木兎の活躍続く! ・星海 以上、 2つの注目考察ポイントをご用意!!! 各注目考察ポイントの下に詳しい内容も書いていきますよー! ハイキューネタバレ考察393話:木兎の活躍続く! 木兎の活躍回が始まった392話。 これは、まだ木兎編が続くとみた! 次の393話でも、恐らく木兎が活躍を見せることでしょう。 392話では、木兎が3年の時の春高の様子が描かれて、そこからエースになっていましたね! 次はおそらく、日向や侑との連携とか見えてくるのでは!? 単体だけでも十分強いですが、ここはチームプレーを見せて欲しいところです! ハイキューネタバレ考察393話:過去編と比較するなら そして、名言からタイトルを考察。 セットポイント、もしくはマッチポイントの瞬間なんかで使われる可能性あり! この試合序盤でできなかったことが、できるようになる…とか! ハイキューネタバレ考察393話:星海 ADにはもうひとり! 星海! 星海も、成長した日向に対抗心を燃やす場面はありましたが、成長した姿や、心境などはまだ… 高校では断念せざるを得なかった、 日向との空中対決もまだ! バチバチに戦って欲しいもんです! ハイキューネタバレ393話以降の内容を考察!木兎の活躍続く!:まとめ いかがでしたか? 最後に、注目考察ポイントを簡潔にまとめます!.

次の

▷ ハイキュー!!393最新話ネタバレあらすじ確定&感想! 感想 !

ハイキュー 393

春高優勝校は一林高校• 木兎の掲げるエースの心得• 梟谷学園出身メンバーの現在がほぼ明らかに 今回393話は、獣医学部に合格した元鴎台高校ミドルブロッカーの昼神幸郎と星海光来が話す回想シーンからスタート! 星海、超ハイブリッドサーブを攻略! 獣医学部に合格した昼神幸郎は星海にこう言う。 試合中ずっと「ミスったって死なない」って思ってやってきたけど これからはミスったら誰かが死ぬかもしれない バレーボールでミスをして試合に負けてしまったとしても、自分が死ぬわけではないし、もちろんチームメイトが死ぬことなんてありえない。 絶対死なないから思いっきりプレーしよう、ミスしてもまた反省して練習を重ねて次の機会に上手くできればOKだ。 それが部活動の責任の重み。 だが幸郎がこれから先戦っていく医者の世界ではミスは許されない。 なぜなら生き物の命を預かっている仕事だから、上手くやることが当たり前だ。 責任の重みが違う。 それはもちろんプロのバレーボール選手という立場の星海にも言えることだ。 試合に戻る。 BJ 木兎の元気球スパイクが綺麗に決まりサーブ権はBJへ。 チーム名 得点 ブラックジャッカル 20点 アドラーズ 17点 本試合絶好調の三刀流スパイカー 宮侑がサーブ位置へ入る。 静まり返る試合会場。 俺に来い まるで肉に飢えた狼のような表情でまだかまだかとボールを熱望するのは星海光来だ。 宮の腕から超ハイブリットサーブが放たれる。 そう、彼はブロックアウトを狙っているのだ! しかし、、勢いよく放たれたスパイクは、ブロックの手に当たることなくエンドラインを超えアウトとなってしまう。 なにが起こったのか? ブロックアウトに利用されると感づいたブロックの昼神福郎が、咄嗟の判断でスッと両手を下げたのである! 、、、なんと高度な空中戦だろうか!! …よく空中で咄嗟にそんな事できるよね… 観客席の山口が呟く。 春高で同じ様にボールを避けた経験のあるツッキーが解説する。 彼がブロックアウト回避をできるようになったのは、日向翔陽という恰好の練習相手がいたからと、あとは、 ブロックアウトに使われてたまるかっていう…執念? だそうだ。 背が低い選手が高いブロックの壁に対抗できる数少ない武器がブロックアウトだとバレー界では捉えられている。 しかし上のレベルへ行けば行くほど、ただのブロックアウトでは通用しなくなってくるのだ。 同じく戦況を見つめる 小さな巨人 宇内天満は過去の自分の言葉を思い返す。 俺は「小さい代わりに技術で勝負するんだ」って思ってました でも小さかろうが大きかろうが技術を磨いた者が技術を持っている 世界は平等じゃなくて平等だ 背が低いかわりに技術を磨いたところで、技術があるのは当たり前の世界で戦わなければならないのが現実だ。 それでもどうすれば、背が高い選手にも負けない活躍をし続けることができるのか。 死ぬ気で毎日考え実践した先にしか未来はないのだ。 チーム名 得点 ブラックジャッカル 20点 アドラーズ 18点 空中戦の王者は一人で充分だ!! 試合は続く。 リベロ 平和島があげたトスに 星海光来がドシュンーー!! と跳びつく! 1本1本のスパイクに全身全霊で臨む彼らしいプロ意識を感じる名言がここで登場した。 それがこちらだ。 コレを決めなければ明日 俺の居場所は無い コレを決められない俺に 明日の居場所は要らない くゥーー痺れた!! さあ、渾身のスパイクはどうなるのか!? 星海の前に立ちはだかるのは3枚の壁だ。 彼は一番左のブロック 日向の右手に狙いを定めた! ブロックアウト狙いだ。 しかし星海のブロックアウト狙いに感づいた日向は両手をスッと下げ始める! 時が止まったかのような描写だった。 日向の些細な動きからブロックアウト回避に感づいた星海はなんと…!! なんと…!! 強引に打ち出す方向を変え、強烈なスパイクを叩き込んだのだった!! これには敵チームはおろか、チームメイトも驚愕の表情を浮かべている。 特に身長190cmを超える昼神、ソコロフ、トマス、明暗らは青ざめた顔をしている。 このシーンをもっと臨場感たっぷりの言葉で伝えられないことが悔しくてならない笑 ぜひ本誌で刮目して欲しいシーンだ。 チーム名 得点 ブラックジャッカル 20点 アドラーズ 19点 背が小さいハンデをもろともせずバチッとスパイクを決めてみせた星海は最後、両チームメンバーに向けて背中でこう語る。 最新話ネタバレ記事一覧 393話 ハイキュー最新43巻を無料で読むには? 「ビーチバレーで鍛え上げた日向の進化したスパイクのシーンを単行本で読みたい!」 という方にはU-NEXTの無料トライアルがおすすめ。 なぜなら31日間無料トライアルに登録すると、600ポイントがもらえるからです! *無料トライアル期間中に解約した場合、月額料金は発生しません.

次の