薬物 芸能人 俳優。 【2020年最新】芸能人で薬物疑惑報道があるのは誰?俳優女優・タレントアイドルを一覧でまとめ

個性派俳優Yは誰?薬物を肯定する発言の芸能人はあの人?

薬物 芸能人 俳優

まず指摘できるのは、彼らは一般人よりもはるかに、日常生活の中でクスリと接する可能性が高いということだ。 「渋谷の一角にかつてバーがあった。 目立たないが、芸能事務所関係者、マスコミの人、海外の芸能関係者まで集う知る人ぞ知る店。 そこが『買える』ということで有名だったんです」 こう語るのは、芸能関係者のXである。 Xは 「今からでも2時間もらえれば、すぐにクスリを手に入れてきますよ」と豪語する。 Xは現在は薬物を断っているが、数年前に覚醒剤による逮捕歴がある。 現在も芸能界に関わっているため、匿名とする。 「クスリを手に入れることのできるバーはぼくが知っているだけで、現在も都内に5つはある。 経営者の方針にもよりますが、自らが売らずに、客同士に取引の場所を貸すパターンが多い。 そういう噂のあるバーは、外国人モデルが沢山遊びに来ていて流行っている」 その中の一つ、西麻布のバーでのことだ。 「ある程度人数が集まったら、店を閉めちゃうんですよ。 そしてテーブルをぴかぴかに磨いて、クスリ(コカイン)をざーっとテーブルの上に白線のように撒いて、みんなで鼻から吸っていく。 その場には、何人も芸能人がいましたよ」 昨年12月に『FRIDAY』で報じられた俳優・成宮寛貴の薬物使用疑惑の写真も、マンションの一室で撮られたとされるものだった。 成宮自身が薬物を使用していたか否かは今も定かではないが、こうした都心のクローズドな場所で、密かにクスリは取引され、使用されているのである。 Xは自ら薬物を使用する他、「運び屋」でもあった。 芸能事務所の人間、テレビ局員などに毎日のように覚醒剤を運んでいたという。 「カジュアルにつき合おうと思えばできるんですよ。 最初は葉巻みたいな感覚。 まあ、あったら気持ちがいいよな、程度です。 『覚醒剤を常用していると、身も心もボロボロになる』と言いますが、必ずしもそうならない人もいる。 15年、20年やりつづけて、中毒にならない人も知っています」 Xもまた「カジュアル」に覚醒剤に手を出した。 そして、その量は次第に増えていった。 「ぼくの場合、仕事が忙しいときは、やらなかった。 クスリをやると、自分では能率が上がっているつもりでも、実際の作業は遅く、そして雑になる。 やりたくなるのは、盆暮れとか、しばらく人に会わなくていいとき。 クスリをやって人に会うとばれてしまいますから。 清原さんが、『週に一度、子どもと会った後、寂しくなって覚醒剤を使っていた』という報道がありました。 でも、覚醒剤をやったことのあるぼくたちから見ると『来週まで子どもに会わないのだから、クスリを使えると考えたんじゃないか』と勘ぐってしまうんです」.

次の

薬物疑惑の芸能人リスト実名で逮捕秒読みは誰?【2020最新】画像付きで紹介!

薬物 芸能人 俳優

・自ら歌うだけではなく、作詞作曲も手掛ける希代のヒットメーカー。 ・時代を代表するような名曲も生み出し、あるミュージシャンに提供した楽曲は、ミリオンになったこともある。 ・Xは現在も音楽活動を続けており、最近も某芸能人に楽曲を提供している。 ・薬の使用歴は20年以上。 性行為時の激しい快楽にふけるために使っている。 ・Xの親友も覚醒剤で逮捕されている。 ・Xが出したゴミの中からは、薬物使用の証拠に加え、SMグッズも押収されている。 ・逮捕、起訴された暁には、Xの性癖もあらわになる衝撃的な公判が待っているかも。 情報引用元: 追記:2020年2月13日、槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されました。 日本レコード大賞受賞の大物歌手M 日本レコード大賞も受賞したM。 ・バラードやダンス系ミュージックに定評がある。 ・XはNHKの紅白歌合戦に出場経験がある。 ・X本人にも薬物疑惑が掛かっていますが、マトリが行動確認などを行って狙っているのは主に旦那のZの方。 ・Zは元々チーマー上がりで六本木界隈の遊び人として有名で、その頃から仲間と一緒に違法薬物をやっていた。 ・実際に数人の仲間は大麻やコカインなどで最近も警視庁組対五課に逮捕されている。 ・XもZも夫婦揃って時期は違うがアメリカに留学経験あり。 ・2019年惜しまれつつ亡くなったロック界の大御所に可愛がられていた。 ・X自身も野外フェスや六本木のクラブなどでの奇行が多数目撃されている。 ・この夫婦とその周辺者からの違法薬物の噂は絶えない。 ・X自身は子供がいて、2人目の出産直後は夜の街で目撃情報なども無し。 ・だが実際は目立たない六本木のクラブなどで遊び歩いていた。 情報引用元: ・元々女優として芸能活動を始め、数々のヒット曲を出し、何度も紅白に出場。 ・女優としても数多くの映画やドラマなどに出演。 ・好感度が高いタレントとしてCMにも起用されている。 ・Xの出すアルバムはオリコンチャートでも常にベスト10にランクイン。 ・歌手として女優としても多くの賞を受賞するなど評価は高い。 ・Xの薬物使用疑惑は結構前から。 ・Xは体調が不良のときが結構多く、撮影をドタキャンすることも多い。 ・肌荒れなどがひどいときもあり、薬物の噂が絶えない。 ・独特の声、化粧も独特、性格は元々喜怒哀楽があり、感情の起伏が激しい。 ・かつては結婚していたが、躁鬱状態がひどく家庭内不和が噂され、離婚。 ・コカイン疑惑問題で芸能界を半ば引退したイケメン俳優Nとも一時親密な時期があった。 ・Xは芸能界の交友関係に違法薬物の噂が絶えない人間が多い。 情報引用元: 超人気バンドのボーカルK 第一線で活躍を続ける超人気バンドのボーカルK。

次の

【2020年最新】芸能人で薬物疑惑報道があるのは誰?俳優女優・タレントアイドルを一覧でまとめ

薬物 芸能人 俳優

俳優でミュージシャンのピーエル瀧さんが、 麻薬取締法違反の罪で逮捕、起訴されてからずっと、 芸能界が張り詰めているような気がします。 そんな中、東京スポーツの記事に書かれた、 「薬物芸能人X」が誰かが非常に気になっています。 薬物芸能人Xは、現在、 薬物使用で警視庁の捜査対象になっている 芸能人の中でも「大本命」の人物であり、 もし逮捕されるようなことになれば、 世間に与える衝撃度は、ピエール瀧さん以上! と言われています。 この薬物芸能人Xは、他紙で 「国民的タレントF」とか「マルチタレントN」と 表現されている人と同一人物ではないか? と噂されています。 そして、いずこでも、 「逮捕が秒読み」と言われています。 また、 ・薬物芸能人Xの元カノの歌手Y ・解散したグループにXと共に所属していた仲良しZ この2人との関係性も気になります。 かなり情報が出そろってきたので、 これらの情報を統合すると、正体は確定するでしょうか? 他紙の情報も併せて、今出ている情報を元に、 薬物芸能人X、歌手Y、仲良しZを 予想してみようと思います。 薬物芸能人Xの特徴について 薬物芸能人Xとは、いったい誰なのか。 記事にあった、本人特定につながりそうな情報を 洗い出してみます。 【東京スポーツ】 ・有名グループに所属していた ・テレビを中心に八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍 ・歌手Yと付き合っていた ・XとYは破局し、Yは別の男と結婚、出産 ・Xが所属していたグループにいたZもシャブを使っていた ・XとZには寝る間もないくらい忙しい時期があった ・グループ解散後もXとZは仲良し 実は、この薬物芸能人Xは、一週間ほど前に 【週刊アサヒ芸能】で『マルチタレントN』、 【女性セブン】で『国民的タレントF」、 と紹介されている薬物使用疑惑のある芸能人と 同一人物では?という指摘があります。 その根拠は、それぞれの週刊誌での 紹介の内容を見ればわかります。 【週刊アサヒ芸能】 ・清原和博さんと一緒にいたところを目撃されている ・テレビでは陽気な姿を見せる ・芸能界でデビューする前やんちゃをしていた ・元カノKが歌手 ・後輩のミュージシャンSは私生活で世間を騒がせた過去がある ・後輩のミュージシャンSはバツイチ、現在は元タレントYと交際中 ・S曰く、Nは昔相当怖かった 【女性セブン】 ・誰もが知る国民的タレント ・逮捕となれば社会的影響があまりにもおおきい ・彼(つまり男性) ・過去最大の騒動になる 比較するとわかりますが、 ローマ字は、名前のイニシャルとは限らず、 週刊誌独自のルールに基づき割り振っている ものもあります。 ただ、週刊アサヒ芸能は、 芸能人をイニシャルで表現していると 考えられます。 スポンサーリンク 薬物芸能人Xは誰!? さて、薬物芸能人Xが誰かですが、 ポイントは「元カノ」とされている歌手ですね。 東スポでは「歌手Y」アサ芸では「元カノKは歌手」と 表現されています。 この歌手Yは、東スポで某女優が 「あけっぴろげな性格」 と表現しています。 ・元彼女 ・イニシャルがK ・あけっぴろげな性格 とくれば、恐らくこの人かなと予想できます。 出典元:wakaikoro. com こうなると、この歌手Yも追われることになるのかな? と思うのですが、常習性はどうなのでしょうね。 少し前に、同じく東スポで「歌姫X」として 疑惑に挙がっていましたが、あれは条件的に 彼女ではないみたいでしたね。 というのも、別の週刊誌(週刊ゲンダイ)では、 「平成の歌姫『H』」と表現されていて、 こちらはイニシャルの可能性があるので、 別の人かなと考えられます。 話を戻して、歌手Yが先ほどの写真の人だとすると、 薬物芸能人Xの人物像は、かなり絞られますね。 グループに所属していた時の情報が ・有名グループに所属していた ・Xが所属していたグループにいたZもシャブを使っていた ・XとZには寝る間もないくらい忙しい時期があった ・グループ解散後もXとZは仲良し となっています。 com そして、元グループメンバーであり、仲良しZは、 出典元:www. cinematoday. jp と予想してみました。 うーん、これは確かに衝撃ですね。。。 薬物芸能人Xの正体が確定し、速報が流れた瞬間、 言葉を失う人、めちゃくちゃ多数だと思います。 また、薬物芸能人Xに相当すると思われる付加情報が、 2つありました。 「視聴率低迷」とのことだが、他にも同レベルの視聴率で続いている番組はあるため、関係者の間でも驚きの決定とのこと。 1については、別のところでも確認されているらしく、 同様の症状に加えて、返事が上の空で話している内容が 不明瞭、などということがあったそうです。 2については、この件が既にマスコミ関係者の中でも 上層部へ噂として伝わっている可能性が高く、 自社に害が及ばないように予防線を張ろうとしている、 といったところでしょうか。 まとめ いかがでしたでしょうか。 薬物芸能人Xが誰かを予想してまいりましたが、 「国民的タレントF」「マルチタレントN」と 同一人物なら、その正体は確定と言っても 過言ではないレベルまで信ぴょう性が上がったと 自分では思います。 あくまでも予想の域を脱していないですが。。。 とはいうものの、これが本当であれば、 やっぱり衝撃が大きいし、 あってほしくないとも思います。 薬物芸能人Xが逮捕されるところなんて 見たくない!という人も相当数いると思います。 でも、悪いことは悪いことで、 明らかにし、改善されなければなりません。 真実はまだ、闇の中ですが、 薬物に汚染されていると言われる芸能界が、 一刻も早く浄化に向かってくれるといいなと 願うばかりです。

次の