鬼怒川 ヤマメ。 栃木県・鬼怒川|関東・甲信の釣り情報|ANA釣り倶楽部│ANA SKY WEB

よっしーの散歩

鬼怒川 ヤマメ

藪を掻き分け、傾斜を下り、沢の奥へと詰めていく。 ヤマメ釣りと聞くと、多くの人はこんな情景を思い浮かべるだろう。 ヒレピンの美しいヤマメと出会うために、釣り人たちは吹き出る汗を拭いながら上流を目指したものだ。 そんなヤマメ釣りにあって「本流釣り」というカテゴリーが現れたのは、さほど昔の話ではない。 この釣りが脚光を浴びた当時、木々の翠と軽やかな川音に囲まれて竿を出すのがヤマメ釣りと思っている人は、本流という言葉に大いなる違和感を覚えたに違いない。 しかし、街のど真ん中にある本流域にもヤマメはいるのだ。 頭上の橋に大型車が駆け抜け、河川敷でゲートボールができるような広い川筋で、尺上どころか、40cm、ときに50cmを超えるような大ヤマメが釣れるのである。 いまや、本流釣りはヤマメ釣りの一角を担う釣法に発展し、名だたる河川の大場所にはちらほらと釣り人の姿を見かけるようになった。 「渓流域に比べて魚の数は少ないんですよ。 一日粘って、1回アタリがあるかないかという釣りです。 でも、渓流域では出逢えない大型が釣れるのが魅力です。 水量や水温といった川の状況を見極め、ここぞと思ったポイントで喰わせたときの喜びは格別です」 こう語るのは、渓流釣りのオールラウンダーである井上聡さん。 全国を釣り歩き、本流釣りでは大ヤマメからサクラマス、サケまでこなす人である。 今回は井上さんの本流釣行にお供することになった。 狙いはズバリ、大ヤマメである。 鬼怒川は栃木県日光市の鬼怒沼に源を発し、茨城県と千葉県の境で利根川に合流する、流程176. 7kmの一級河川である。 イワナを狙える源流部は急峻な谷間を流れる沢だが、川治ダムを経て竜王峡に差し掛かるあたりになると川幅が広がり、大渓谷とも呼べる渓相となる。 今回、井上さんと待ち合わせた塩谷町の上平地区は中流域とはいえ、河原まで含めると川幅は400m以上あるだろう。 「今期の鬼怒川は不調なのですが、先日雨が降って水が出たときに良型が釣れたんですよ。 あの出水で状況が好転してくれているといいんですけどね」 まずは上平地区を中心とした各ポイントを攻めてみることにした。 最初のポイントは2つの太い流れが合流する地点。 川幅は20m前後、水深は流芯で4〜5mはあるだろう。 小継竿ではまず攻めきれない規模である。 ここで井上さんが手にした竿は『』。 「本流釣りで何が一番大切かというと、当たり前のことですが『いかにしてポイントへエサを送り届けるか』なんです。 川幅が広いほど、水深が深いほど長竿が有利です」 至近にはテトラ帯があり、いかにも大物が潜んでいそうな雰囲気だがアタリすらない。 流れの手前、そして奥。 緩流帯では仕掛けを張り気味にし、しつこく底付近にエサを漂わせるが反応はない。 「小型のヤマメでもいれば、ハリに掛からなくてもアタリはあるはずなんです。 活性が低いのかなぁ……」 その後、氏家地区まで下って夕方まで粘ってみるも、目印を揺らすのはウグイのみであった。 「この暑さで水温が上がりすぎているのかもしれませんね」 この日は7月中旬。 冷水系の魚であるヤマメにはやや厳しい時期に差し掛かっているうえ、例年になく早い梅雨明けで猛暑が続くさなかである。 少しでも涼しい早朝がチャンスと見て、この日は竿を畳むことにした。 初日は夕方まで粘るも本命のアタリはなし。 水温が高いのかヤマメの活性は低かった。 明けて翌朝、午前4時起きで車を走らせ、前日に攻めて雰囲気のあったポイントをチェックしてみる。 しかし、相変わらずヤマメの反応は芳しくない。 「朝のチャンスタイムですらこれですから、ヤマメの活性はかなり落ちていますね。 もう少し日が経つと、ヤマメは産卵のために上流へ移動しますが、この周辺にいないわけではないと思うんですよ」 本流ヤマメ釣りは宝探しにも似ている。 一日に数度もないアタリを求めて、ポイントを推理するのである。 この日の状況を見て、井上さんは大きくポイントを変えたほうがよいと判断した。 小一時間かけて移動したのは、大谷川との出合い周辺である。 「威嚇でエサを噛むサクラマスとは違って、ヤマメは食性でエサを喰いますからね。 いれば一発で喰ってくると思うんですよ」 そんな井上さんの言葉を聞いた直後だった。 移動した先の第一投で、お気に入りの『』が胴までへし曲げられたのである。 流れを一気に駆け下る魚に付いて井上さんも下流へ走る。 グッと腰を落として矯めると、水面上で魚体が躍った。 ヤマメである。 それも50cmを超える大ヤマメだ。 ハリ掛かり直後の突進はかわした。 魚は井上さんよりも上流へ回っている。 竿の角度も十分だ。 フィニッシュまであと少し、と思ったところだった。 無情にも竿先が跳ね上がってしまったのだ。 痛恨のハリ外れである。 愕然とする井上さん……。 「これは獲りたかった……。 これだけ走り回ったので、このポイントではしばらく釣れないでしょう。 後でもう一度攻めてみます」 この釣行で初めての大勝負は無念のハリ外れ。 仕掛けを直しながらも悔しさを隠しきれない。 上流のポイントを狙った後、ヤマメを喰わせた場所を再び探ってみる。 やはり喰わない。 長い流れ込みのスジをていねいに釣り下り、湧き返しの鏡が消えかかる所でトンと目印が沈んだ。 井上さんの豪快なやり取りが始まった。 魚の走りにフットワークで付いていき、止まったとみるや一気に竿を絞り上げて浮かせにかかる。 苦もなく寄せて取り込んだのは、50cmを優に超えるニジマスであった。 井上さんが浮かべる笑顔の奥に滲むものがある。 今日の悔しさは、明日の希望をより大きくしてくれるものだ。 しかし井上さんがそれを心から受け入れられるのは、ハリを巧みに外し、悠々と深みへ消えていった大ヤマメが、足元にその身を横たえたときであろう。 今回の釣行では、井上さんの本流ヤマメ釣りテクニックをじっくり見ることができた。 次回からは大型を仕留めるためのノウハウを、井上さん直々に解説していただこう。 (次回へ続く).

次の

よっしーの散歩

鬼怒川 ヤマメ

今回のブログネタはWILD-1郡山店曳地よりお届けいたします。 ちょっとコアな感じがするかもしれませんが、お付き合いください。 皆さん、フライフィッシングで尺ヤマメを釣る事って、結構大変ですよね? しかも、ドライフライとなると尚更難しいですよね。 そんな憧れとも言えるような尺ヤマメが、自分の目の前で何回もライズをしている光景は 鳥肌が立ち、手が震え、緊張の中に何とも言えない幸せなひとときが流れます。 今回はその鬼怒川の解禁当初から5月中旬位までの釣り方のポイントを紹介致します。 時期的にはブログ発信が遅れたため、来シーズンの参考にして頂ければと思います。 ポイント 私がメインとして通っているところは、上流は小林橋付近から下流は岡本頭首工までの区間です。 もちろん、鬼ヤマメはそれ以外の区間でも釣れます。 狙うポイントとしては長い瀬の下流にあるトロ瀬やプールが一級ポイントです。 このようなポイントは水生昆虫が瀬に卵を産み、それが羽化する際に流され、トロ瀬やプールで羽化したり、瀬で溺れた水生昆虫が、このようなポイントに流れ着き、さらにヤマメが捕食しやすい水流だったりします。 しかも、ポイントは流れが緩い所が多い為、ラインの着水音が静かな#4がベストだと思います。 鬼怒川の釣りスタイル 鬼怒川を釣るときに最も重要な事はライズを見つける事です。 その見つけ方には大きく分けて2つあります。 季節や天気もよりますが、3月はお昼前後、4月上旬はお昼前後と夕方4時以降、中旬以降は夕方4時頃から日没がライズが起きやすい時間帯です。 この時間の前後に有望なポイントで待っている方法です。 ハッチが起きる頃になるとセキレイが川に目立つようになってきますので、鳥の動きを見ているのも良いと思います。 また、もう一つの楽しみとして、ただ待っているのではなく、イスやバーナーなどを持っていき、ちょっとした河原でピクニックのような事をしながら待っていると、非常に有意義な時間になります。 大きく広い鬼怒川にはたくさんの種類の水生昆虫が生息しています。 もちろん、羽化するタイミングも少しズレたりします。 そこで、河原をライズを探しながら歩きます。 他の釣り人が見逃してしまうような小さなポイントを見つけられたりすることもあります。 サイズが小さい割には、羽がグレーで大きい為、すごく目立ちます。 ライズの回数が多い時にはこの水生昆虫を捕食していることが多いようです。 鬼怒川はなぜか、3月上旬からハッチしていますが、盛んに成るのは4月以降です。 私はイブニングをあまりやらないので詳しくはわかりませんが、5月以降の夕方はヒゲナガのピューパやアダルトパターンが良いと思います。 この他にも捕食されている水生昆虫はいますが、上記のパターンを抑えておけば、十分に釣りになると思います。 最後に 鬼怒川にはたくさんの方が釣りを楽しんでいます。 フライの方、ルアーの方、エサ釣りの方、漁師さんなどなど。 その方々が皆さん平等に楽しむ事が重要です。 その為には先行者が居たら、必ず一声かけてから釣りをしましょう。

次の

【鬼怒川でルアーヤマメ釣り】フライマンにルアーの使い方を指南して頂きました

鬼怒川 ヤマメ

水位の安定しやすい川 関東平野を流れる鬼怒川は、坂東太郎と称される利根川の支流として最も長い全長176. 7kmを誇る。 栃木県と群馬県の県境付近、燕巣山、物見山、鬼怒沼山などを繋ぐ稜線に端を発し、栃木県の日光市、宇都宮市、茨城県の筑西市、下妻市などを流下したのち、守谷市付近で利根川下流域に合流する大きな川だ。 鬼怒川は大きな川ながら、上流のダムの放水により水位が変動しやすい利根川に比べると、比較的水位が安定する傾向がある。 特に中流部は平坦で穏やかな流れを見せる場所が多く、そうした流れの様子が「絹川」と表現され、鬼怒川の語源となったともいわれる。 また、ヤマメやアユの釣り場となる中流部までのアクセスもよく、所要時間は都心からでも2時間弱。 さらに渓谷の様相を呈してくる上流域へも3時間程度で行けるため、釣り人を惹きつける要因になっている。 源流部ではイワナも釣れる。 遠方からの釣り客が多いのは中流部のアユ釣りとヤマメ釣りだ。 アユ釣りは6月に入ると下流の区間から順次解禁となり、よいシーズンの後半には25cmクラスの大型もねらえて人気が高い。 一方、近年の鬼怒川本流では、それよりも前の時期から楽しめるヤマメ釣りの注目度が年々高まっている。 釣り人が憧れる本流の尺ヤマメ 鬼怒川中流部のヤマメ釣りは、区間により多少異なるが3月からスタート。 その後、6月いっぱいまでフライ、ルアー、エサ釣りなどを楽しむファンの姿をよく見かける。 なかでも遠方からのファンが多く集まるのはフライフィッシング。 鬼怒川の中流部は、ガガンボ、コカゲロウ、カゲロウ、トビケラなどの水生昆虫の種類が豊富だ。 これらの虫が川で羽化し、ヤマメがそれを盛んに食べる。 その際、ヤマメが水中から浮上して、水生昆虫に襲いかかる「ライズ」の光景が見られることも多く、フライフィッシングではこのライズを捜しながら釣るスタイルが大変人気がある。 広い流れで育った大型のヤマメが盛んにライズする光景を一度でも見てしまえば、フライフィシングのファンは通わずにはいられない……というわけだ。 大型ヤマメのライズをねらえるのは、下流の茨城県境から上流の日光市高徳の道谷原発電所取水堰までの広い区間。 特に氏家周辺は水位が少なめで釣りやすく人気が高い。 解禁直後からしばらくは区間内の下流部が釣り場になり、5月以降になると、上流の大谷川合流点付近が有望になる。 なお、エサ釣りの場合はいずれのエリアもポイントが広く大きいことから、7m超の本流ザオが必要になる。 温泉と合わせて楽しめる上流部も人気 また、鬼怒川といえば江戸時代に発見され、当時は日光詣の大名や僧侶のみが入ることを許されたという由緒ある鬼怒川温泉が有名だが、釣りと合わせて楽しむならのそのさらに上流にある川治温泉がおすすめ。 川治温泉は周辺に「男鹿川キャッチ&リリース」「川治温泉キャッチ&リリース」の2つの釣り専用区があり、どちらもルアー・フライ・テンカラ釣り専用区だが、ニジマス、ヤマメ、イワナが多い。 特に「川治温泉キャッチ&リリース」の区間は全体に歩きやすく、トイレもあり、ビギナーや女性アングラーにも釣りやすい。 お湯も「傷は川治、火傷は滝(鬼怒川温泉)」と並んで称えられた名湯なので、周辺の龍王峡に見られる自然美や、日光の社寺の観光と合わせて長逗留してみるのもおすすめだ。

次の