ネット 誹謗中傷 主婦。 堀ちえみのブログに誹謗中傷「死ね消えろ」、50代主婦が書類送検

堀ちえみのブログに誹謗中傷「死ね消えろ」、50代主婦が書類送検

ネット 誹謗中傷 主婦

木村さんのSNSには一時、一日100件近い誹謗中傷がよせられていた。 同番組は打ち切りが発表されたが、問題は残されたままだ。 木村さんに限らず、SNSでは個人を標的にした誹謗中傷が多い。 SNSのトラブル実態に詳しいITジャーナリストの高橋暁子さんが、SNSでの誹謗中傷実態と対策について解説する。 * * * 「ネットでそう書いてあったから信じただけ。 自分が書き込んだことは誹謗中傷に当たるのか。 未成年の頃は窃盗やカツアゲの常習犯だった」という旨の投稿をしてしまったのが今になって心配だという。 もともとその女性タレントのことは何とも思っていなかったが、ネットでそのような噂を見つけて腹が立ち、つい書き込んでしまったそうだ。 書き込みは既に削除したが、何かの拍子にタレントから訴えられるかもしれないと不安になるという。 「パートをしても生活が苦しいのに、悪いことをしている人がタレントをしていい生活をしているのが許せなかった。 ネットでも複数の似た書き込みを見かけた。 ただ、お金もないし訴えられると困る」 木村さんの悲劇は、SNSでの誹謗中傷が引き金のひとつとなって起きたと言われている。 SNSなどのインターネットで誹謗中傷が多い理由は、匿名性の高さが原因だ。 匿名性が高いと、人は攻撃性が高くなることが知られている。 Aさんの例のように、うっぷんを晴らすために使われることも多い。 中には、正義感を持って非難批判を書き込む人も少なくない。 有名人やタレントなどに対しては、「有名税」という考え方がある。 著名人であることを理由に、恋愛関係や不祥事が報じられ、結果として肖像権などが制限されることを税金にたとえて使われるのが「有名税」だ。 それを勝手に拡大解釈して、SNSで有名人を非難批判していいと思う人もいるようだ。 しかし、噂でしか知らない話は当然事実とはかけ離れているものだし、相手の尊厳を傷つけてよいわけがない。 何より、悪意に深く傷つき、木村さんの例のように悲劇につながることもある。 だが、インターネット上での匿名の書き込みは、見かけだけで実際には実名と紐付けられている。 スマホでもPCでも、それがネットに接続すると必ずIPアドレスという、ネット上の住所がつく。 このIPアドレスから匿名で発言しているユーザーが契約している携帯電話会社やプロバイダがわかり、そこへ発信者情報開示請求すれば契約者を特定できるからだ。 情報開示請求をするためには、プロバイダに対して問題が発生している該当の発信があるURL、掲載された情報、人権侵害になる理由などをまとめて連絡すればよい。 木村さんの悲劇が報じられたあと、木村さんに限らず有名人を誹謗中傷していたユーザーはアカウントを消して逃亡するという動きが多く見られた。 もう問題発言は消してしまったし、だいたい匿名だったんだし、自分は匿名のまま逃げられると思っているかもしれないが、そんなに都合よくはいかない。 アカウントなどが削除されていても、そのユーザーが接続した記録であるアクセスログが残っている場合は、情報開示請求ができる。 Twitterの場合は1ヶ月間残っているため、すぐに行動すれば対処できる可能性があるのだ。 ならば1ヶ月経過すれば責任が追及される心配はないのかというと、そうとは限らない。 アクセスログが消去される前にログ保存要請を被害者側がしていた場合は、1ヶ月を超えて保存されていることもあるからだ。 とはいえ、残念ながらSNSは、誹謗中傷する側に都合よくできている。 ネットで匿名は見せかけで、実際には実名と紐付けられてはいるが、そこにたどりつくには時間もお金もかかるし、何より精神的な負担が大きい。 インターネット上で顔が見えない複数の人に誹謗中傷されると、世界全てに否定されているような気持ちになりがちだ。 SNSの名誉毀損で係争した例をみると、実際は非難批判してくる人は一人で複数のアカウントをつくっているケースがほとんどだ。 だが、スマホの中では周囲の皆から攻撃されているように感じてしまうため、精神的に追い詰められてしまいがちなのだ。 Facebook Japan、LINE、Twitter Japanなどが参加する一般社団法人ソーシャルメディア利用環境整備機構(SMAJ)は、名誉毀損や侮辱するコンテンツ禁止を利用規約に記載することを発表。 禁止事項についての啓発広報を実施する他、禁止事項等に該当する行為を把握した場合、全部または一部のサービスの利用停止などの措置を徹底するという。 匿名の発信者の特定を容易にする制度改正の議論を本格化させる方針を示した。 この数年、発信者情報開示の項目への追加が検討されていた電話番号の開示も検討される見込みだ。 SNSの場合、多くはユーザー登録時に携帯電話番号登録も必須となっているため、もし携帯電話番号の開示が決まれば投稿者の特定が早まるので、被害者の負担が大きく減る可能性がある。 これは決して他人事ではない。 俳優・演出家の土屋シオンさんは誹謗中傷がひどかった数名を特定したところ、ほとんどが未成年だったという。 土屋さんは今後のことを考えて訴えずに直接話をしたそうだ。 無視したほうがよいとも言われたらしいが、子供がやってしまったことに大人として向き合い、皆がやっているという逃げ口上を間違いだと伝えるために対話を試みたそうだ。 だが、なかなか真意が伝わらない相手もいたようだ。 実際に、若者のSNS利用についてヒアリングしたなかには「嫌いな芸能人にはリプ(リプライ)とかDMとかで『消えろ』とか『テレビ出るなブス』とか送る」という大学生がいた。 「注目されている証拠だから嬉しいと思う」という感覚だそうだ。 このような若者たちは、悪いとも思わずに相手を傷つける可能性がありそうだ。 SNSで日々、起きているトラブルを見つづけていると、若者が軽い気持ちでこのように加害者になる例が目立つ。 加害者になる前に、危ういことをしているのだと教えてくれる大人は少ない。 皆がやっているからと繰り返せば、名誉毀損罪や侮辱罪に該当すれば、刑罰を受けたり、民事上の損害賠償を請求される可能性もある。 回線の契約者名で請求されることが多いので、自宅に届く法律事務所や裁判所からの文書でいきなり、未成年の子供がSNSで問題を起こしてしまったと知るかもしれない。 インターネットやSNSはとても便利なものだが、ときには深く傷つけられることもあり、両刃の剣となりがちだ。 周囲の大人は子どもが他人を傷つけることがないよう、子ども自身が追い詰められることがないよう見守ってあげてほしい。

次の

【ひどい!ネットでの悪口・誹謗中傷】書かれた時、書かれたらどうしようと怯えてしまう時の対処法

ネット 誹謗中傷 主婦

私は主婦で子供も旦那もいます。 誹謗中傷をされました。 そしたら子供の人数と旦那のこと、旦那は実家が船を持っています。 田舎で、地元のパチンコ掲示板なのですが、ほぼ私を特定した書き込み。 また、他にも過激な内容であだ名でヤリマン女は~など中傷。 どちらも誰かに返信する書き込みではないのですが明らかにヤリマン女というあだ名をつけた私に対する書き込み。 口噂をされたら解る人は解る。 現在はいくつか削除依頼は出していて消えていますが全てスクショしています。 ひとつひとつの書き込みに返信してる書き込みがないのですが、誰が誰に対して書いているのか曖昧ですがヤリマン女というあだ名が定着してる私への書き込みで事実無根ですが、数少ない船持ちの嫁ですのでとても気になります。 実名などはっきりしていませんが私しかいないような特定しつつある酷い書き込みに憤りを感じます。 この場合書き込み犯人は直接たどりつけるレベルですか?民事裁判で赤字になろうとも書いている人の顔までみたいと思ってます。 流れはどうなるのかも知りたいです。 また書き込みしている人の発信者情報を入手した後警察が情報源を割り出し調べるのでしょうか?どこかで情報源まで弁護士から入手した後警察からは調べることは出来ないといわれた!と見たのですが、民事裁判は誰でも起こせるみたいで、弁護士と共に情報源を入手したら警察が必ず絡んで調べてもらうのでしょうか?又はまず中傷犯に対して民事裁判を行い、悪質と認められたら情報源を調べてくださいという流れで警察が調べるのでしょうか?このレベルでは民事裁判すら認められないでしょうか?慰謝料などはいくらでも構わず書き込み犯人の顔を見るまで!に行けますか?書き込みしている中傷犯は恐らく一人ですが、度々私の容姿の事まで書いていてパチンコ屋は範囲がせまいけどパチンコ掲示板でパチンコ屋以外でも解る人はわかります。 書き込み犯の顔まで直接見れるか見れないかだけでも知りたいです。 Q 数ヶ月前、2ちゃんねるのとあるネット配信者(15歳くらいの女性)のウォッチスレッドに書き込まれた内容が気に入らなかったのか、その配信者が弁護士を雇い2ちゃんねるに対しIP開示請求を行いました。 (回線の契約者は親である私ですが書き込んだのは私ではありません。 書き込みの内容は常識的に考えればあまりよろしくない内容なのですが、個人を特定できる状態で名指しで誹謗中傷しているわけでは無いですし、書き込んだのが私ではないのに私に対して民事訴訟を起こされたらと思うと精神的に参ってしまいます。 個人を名指ししての書き込みではなくこういった中傷的な書き込みであっても民事訴訟を起こされる可能性はあるのでしょうか? 弁護士を雇って民事訴訟をしようとさせてるのは保護者か第3者の入れ知恵かはわかりませんが、2ちゃんねるの書き込みに対して数十万も着手金を払ってここまでしてくる人間ならば訴訟してくる可能性はありますよね? 相手に私の個人情報は渡っているので書き込み本人では無い私が訴えられることになるのでしょうか? ・回線契約者である私が書き込みをしていないのに訴えられるかどうか? ・個人を名指し、特定してない状態でのああいった内容書き込みでは名誉毀損は成立するのか? ・もし私宛に裁判所から訴状が届いた場合どのような対応をとればよいか? この3点だけでも教えていただければ幸いです。 数ヶ月前、2ちゃんねるのとあるネット配信者(15歳くらいの女性)のウォッチスレッドに書き込まれた内容が気に入らなかったのか、その配信者が弁護士を雇い2ちゃんねるに対しIP開示請求を行いました。 (回線の契約者は親である私ですが書き込んだのは私ではありません。 A ベストアンサー >・回線契約者である私が書き込みをしていないのに訴えられるかどうか? 名義確認で、相談者さんが名義人である以上は訴訟となれば相談者さん相手となります。 >・個人を名指し、特定してない状態でのああいった内容書き込みでは名誉毀損は成立するのか? 名誉棄損には該当しませんが、その相手のハンドルネーム等が個人情報と同じくらいに有名である場合以外は成立しません。 >・もし私宛に裁判所から訴状が届いた場合どのような対応をとればよいか? 絶対に無視はしないでください。 相談者さんも、弁護士を選任して利用しているのが誰なのかをきちんと釈明することしかありません。 私の個人的な意見ですが、裁判所もこの場合名誉棄損の条件が揃っていませんから、棄却する可能性が高いと思います。 また、弁護士も条件が揃っていませんから訴訟へは踏み切ることは通常はありません。 Q 訴えられる可能性はありますか? 2ちゃんの某スレッドによく書き込みをしています。 そのスレッドは住人が気に入らないと思ったサイトのアドレスを晒し、住人全員で そのサイトの管理人を叩くスレッドです。 例えば、管理人のブログを時には何年分も遡ってコピペして掲示板で晒し、内容を 貶したり、管理人の作品を「よくこんなくだらないもの作るよね」「こんなもの作る ような人間、死ねばいいのに」といったような感じです。 私もそんな感じで暇があると書き込んでいたんですが、この間、友達に書き込んでる ところを見つかってしまいました。 友達は「見ず知らずの他人をよくここまで叩けるね」と呆れ、「いい加減にしないと いくら匿名の掲示板でも場合によっては訴えられるよ」と言いました。 なんでも、もし叩かれてる管理人が掲示板を見て、ショックを受け、病院にかかった りしたら、傷害罪?とか暴行罪が成立するかもっていうんです。 そうしたらいくら 2ちゃんでも書き込んだ人間のIPとかを提供するんじゃないかって。 でも、確かに私は色々悪口を書き込みましたけど、別に本気でその管理人を叩こうと 思ってたわけじゃないです。 だって人の悪口を言うのって盛り上がるし、絶対にバレ ないんだから安心して楽しめるじゃないですか。 主婦のオバサンたちだってよく悪口 で盛り上がってるでしょ?あれがネットの掲示板になっただけです。 私じゃなくても 誰だってやってることですよね。 実際に叩かれてる管理人に掲示板のURLを教えて、管理人が動揺したりサイトを 閉鎖したりするところを楽しんでる住人もいますけど、私はそういうことはしない です。 ただ悪口を言ってるだけです。 それでも訴えられてしまう可能性はあるんでしょうか? そんなことになったら、親にもバレるでしょうし、無茶苦茶怒られた上にネット禁止 を喰らうかもしれません。 そうなったら、逆に私が精神的苦痛を感じたってことで 訴えてきた管理人を訴え返せるんじゃないかなと思うんですが、どうでしょう。 不安でしようがないんです。 優しい方、回答お願いします。 訴えられる可能性はありますか? 2ちゃんの某スレッドによく書き込みをしています。 そのスレッドは住人が気に入らないと思ったサイトのアドレスを晒し、住人全員で そのサイトの管理人を叩くスレッドです。 例えば、管理人のブログを時には何年分も遡ってコピペして掲示板で晒し、内容を 貶したり、管理人の作品を「よくこんなくだらないもの作るよね」「こんなもの作る ような人間、死ねばいいのに」といったような感じです。 私もそんな感じで暇があると書き込んでいたんですが、この間、友達に書き込んでる... そうなったら、逆に私が精神的苦痛を感じたってことで訴えてきた管理人を訴え返せるんじゃないかなと思うんですが、どうでしょう。 まず、こういった主張が認められるなら、人を殺しておいて逮捕されて懲役を喰らった犯人が刑務所に入れられて苦痛を感じたって訴えることができるでしょう。 こういうのを『自業自得』とか『盗人猛々しい』と言います。 こんな主張は認められません。 主婦のオバサンたちだってよく悪口で盛り上がってるでしょ?あれがネットの掲示板になっただけです。 私じゃなくても誰だってやってることですよね。 単に悪口を言っただけだと思われているようですが、公然と悪口を言うのも『侮辱罪』という罪になります。 刑法231条、罰は拘留または科料ですから認められると立派な前科者です。 主婦のオバサンたちが悪口で盛り上がるのと掲示板に書き込むのとでは伝わる人数の点で決定的に異なります。 また、掲示板に書き込むことは証拠を残しているといった点でも異なります。 ただし、訴えられない可能性の高い範囲はありますよ。 HNに対してのみ悪口を言っている場合。 これを有罪とした例はありませんし、訴えたところで警察なり、検察で却下されるでしょう。 それも程度問題です。 他にも、その人のサイトから個人を特定できる情報をまとめてみたところ脅迫状や抗議電話が殺到したり、その人のサイトを炎上させちゃえって煽れば威力業務妨害罪で訴えられます。 この場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。 そうなったら、逆に私が精神的苦痛を感じたってことで訴えてきた管理人を訴え返せるんじゃないかなと思うんですが、どうでしょう。 まず、こういった主張が認められるなら、人を殺しておいて逮捕されて懲役を喰らった犯人が刑務所に入れられて苦痛を感じたって訴えることができるでしょう。 こういうのを『自業自得』とか『盗人猛々しい』と言います。 こんな主張は認められません。 Q 爆サイにありもしない事を掲載されてしまいました。 全く事実無根、本当に身に覚えのない事を掲載されてしまいました。 目を覆いたくなる様な内容です。 全くの嘘だからと無視していましたが、余りにも酷い内容でその事が頭から離れません。 名誉棄損で訴えてやりたい位ですが…やはりこの様なネット掲示板の類のものは個人を特定する事は難しいものでしょうか? また個人を特定出来た場合、法的に罰する事は出来るのでしょうか? この様な問題に詳しい方がいらっしゃいましたらどうか解決策をご伝授願います。 宜しくお願い申し上げます。 掲示板の管理者にIPアドレスを教えてもらい 次ぎに、プロバイダーに住所氏名を教えて もらえば可能です。 ただ、一般人が請求しても教えてくれませんが 弁護士が請求すると、教えてくれるところが 多いです。 伏せ字がしてあっても、四囲の状況から特定 可能であれば、犯罪になる可能性があります。 しかし、警察に訴え出ても、相手にしてくれない 場合が多いです。 その場合は、相手を特定してから訴えると、 警察も動くという話しです。 こういう犯罪を専門にしている弁護士がかように 解説していました。 Q 某悩み相談の掲示板参加者です。 荒らし弱冠1名で頭を悩ませております ほぼ全てのスレッドに卑猥な発言~罵声 カス、死ね、コジキ、障害者など 、酷いです アンカや矢印などで荒らしてます なぜそんなに荒らすのか原因を調べた所、たぶん間違いないかと思いますが 参加している掲示板は地方のローカル的なとこです 荒らしが同地方の人物にお金を貸して踏み倒されたらしいのです だからその地方の人間全てに逆恨み?してるのかと思います 管理者に相談メール送りましたが音沙汰無し 警察にも相談しましたが、匿名掲示板なので名誉棄損、侮辱罪等立件は困難では・・・ とのことです しかし連日の酷い荒らし行為で、心身遣られている感じです 私以外にも精神的に参っている人はいるかと なんか良い方法ないでしょうか? 前は荒らしに反論してましたが、最近は誰もがスルーしてます しかし書き込みは絶えません A ベストアンサー 公認のあだ名(ニックネーム・ペンネーム等)はまずいですし 伏字だとしても前後の話から、容易に推測できるものだと可能性は十分ありますね。 通常、そのような書き込みは共通の情報ソースを持つ人間に見られるものですし その書き込み後に、更に人物特定できるような情報が追加される可能性が高いです。 人物特定された時点で、別の掲示板などからのリンクが貼られれば、その情報は更に拡大します。 当然、その中には間違った情報や意図的に示された内容も追加されるでしょう。 それは特定された人物(当初とは別人かもしれませんが...)にとっては名誉毀損以外の何物でもありません。 書かれた内容が真実にしろ、冗談にしろ不特定多数の人間が見る可能性のある電子掲示板にそのような侮蔑するような言葉を 書き込むのはいけないと思いますが... A ベストアンサー ちょっと失礼します。 思うに、名誉毀損は人や団体が名誉が毀損されたと考えない限り成立しないものと考えます。 例え、事実であっても著しい不利益が起こるか起こった、と名誉を毀損されたと考える側が感じれば、名誉毀損として訴を起こしても別に構わない訳ですね。 但し、訴えるにしても、それが本当に名誉毀損かどうかは、社会的に大きな影響が有る事柄や人物、団体等に関係する場合には、割と争う点が多くなるでしょう。 さて、マスメディアでも、一部伏字やイニシャル等で人物や団体の名称を誤魔化して出して居る場合も有りますよね。 知る人ぞ知ると云うか、分かる人には分かっちゃったり、簡単に特定出来る事も多いのに。 これはちょっと後ろめたかったり、なんだか照れくさかったり等、自分に言い訳をしたくなる様な心理状態に発表側が居る場合に多く使われる手法だと、理解される事が多いと思います。 いわゆる「エクスキューズ」って奴ですね。 御自分のHP等で何か特定の人や団体等を批判される場合、御自分がHPを置かれているHP提供サイトの行動傾向を見つつ、実名での文章発表を行えば良いかと思います。 明ら様に罵倒する言葉や差別する用語等、「不当な表現」でなければ、ちょっとした素人ジャーナリズムを気取るはMy HPホルダーの楽しみではないでしょうか……。 まずは御話まで。 御役に立てれば幸いです。 ちょっと失礼します。 思うに、名誉毀損は人や団体が名誉が毀損されたと考えない限り成立しないものと考えます。 例え、事実であっても著しい不利益が起こるか起こった、と名誉を毀損されたと考える側が感じれば、名誉毀損として訴を起こしても別に構わない訳ですね。 但し、訴えるにしても、それが本当に名誉毀損かどうかは、社会的に大きな影響が有る事柄や人物、団体等に関係する場合には、割と争う点が多くなるでしょう。 さて、マスメディアでも、一部伏字やイニシャル等で人物や団体の名称を誤魔化して出... A ベストアンサー 4です。 なるほど、そういう場合ですね。 個人情報かどうかといわれれば個人情報だけど、侵害かどうかは本人が判断することになります。 なので、本当に名前以外の情報がないなら、本人が「侵害された」と名乗り出ることもないだろうから、侵害には当たらないと思われますよ。 でも万が一、書き込み者の情報(同じIDからの書き込み履歴なんか)から会社が特定されて、それに「ブサイク」とか「使えないヤツ」とかいう誹謗中傷情報がくっついて、本人に知れて激怒させる可能性も絶対にありえないとは保証できないから、本当に絶対に大丈夫とは言えないかな。 もっとも、そんなことはめったに起こらないと思いますけどね~ A ベストアンサー 先ず、ネット上での名誉棄損や脅迫を内容とする投稿が不法行為に該当するという前提の下で 「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任及び発信者情報の開示に冠する法律」 通称プロバイダー責任法という法律があります。 2年ほど前までは単に情報を経由しただけのプロバイダーに発信者情報を開示請求できるのか 議論があったのですが、東京地裁で数件の開示を命令する判決が下され 現在では、上記プロバイダー責任法第四条の1項を根拠に発信者の本人情報の開示を 求めることができるとされています。 よって、上記プロバイダー責任法第四条の要件を満たす者は、上記法律により 不法行為を行った者を特定して、その後に不法行為に基づく損害賠償請求訴訟を提起することになります。 2~3ヶ月では、無理かも知れませんね。 具体的に、何ヶ月かは断言できません。 (2chではありません) その掲示板はネット上で講義について情報交換する場なのですが、 そこで質問する際は 「A先生の心理学は先週出席とりましたか?」 等、講義を受け持つ先生の名前を掲示板に出して聞く形になっています。 心理学一つでも担当の先生が複数いるからです。 ちなみにB先生の悪口や名字以外の個人情報は一切書き込んでいません。

次の

“繋がりすぎる”ネット時代の誹謗中傷問題、解決策はあるのか (1/5)

ネット 誹謗中傷 主婦

インターネットを利用していると、いわれのない誹謗中傷を受けることがあります。 名誉毀損の書き込みをされることもありますし、SNSで嫌がらせを受けたり、罵倒されたり、営業妨害や業務妨害を受けたりすることもあります。 リベンジポルノによる被害もあるでしょう。 このようなネット上の書き込みによる被害を受けた場合、加害者を警察に逮捕してもらって刑罰を受けさせたいと思うことが多いですが、警察は必ずしも動いてくれるとは限りません。 警察に動いてもらうには、そのための適切な対処方法を押さえておく必要があります。 そこで今回は、ネット名誉毀損・誹謗中傷やSNS嫌がらせなどの被害を受けた場合に警察に動いてもらって加害者を逮捕する方法を解説します。 SNSで嫌がらせ!相手を名誉毀損で逮捕してもらう方法は? ネット上、特にSNS上で、不当な誹謗中傷・名誉毀損の書き込みによって被害を受けることがよくあります。 悪口・侮辱を受けるだけではなく、個人情報の晒し、リベンジポルノ被害なども受けることもあります。 このような嫌がらせは、名誉毀損罪、プライバシーの侵害、リベンジポルノ防止法違反にあたるはずで、警察に動いてもらい逮捕もしてもらい、加害者に刑事罰を受けさせることができるはずです。 しかし、ネット上で被害を受けたからと言って、 必ずしも警察が動いてくれるとは限りません。 警察が逮捕に向けて動くには、犯罪が起こったと疑われる捜査の端緒が必要です。 犯罪が行われたという要件に該当することが必要なのです。 Twitterなどの名誉毀損、悪口で、個人情報が晒されたりで、警察が動かない理由は、名誉毀損の構成要件が満たされていない可能性があります。 「Twitterで悪口を書かれた」「アカウントを変えて捨て垢で誹謗中傷をしてくる人がいる…」そんな経験をしたことがあ… Twitterの晒し・いじめ・なりすまし等で警察は動かない? 一般的に、警察はネット犯罪の取り締まりに消極的なのではないかと言われることがあります。 確かに、ネット犯罪は相談件数の割に受理件数が少ないです。 具体的には、相談件数としては、平成12年には2000件弱だったものが 平成20年以後は年間1万件を超えており、大幅に増加していますが、平成22年~24年までの相談受理件数は 200件前後にとどまっているのが現状です。 このように、警察がネット犯罪の取り締まりに消極的なのは、ネット犯罪についてはそもそも犯罪が成立するかどうかの見極めが難しいことや、立証が困難であったり、警察に専門家がいなかったりすることがその理由となっていると考えられます。 名誉毀損の構成要件とは? 名誉毀損罪は刑法第230条第1項で「 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する」と定められています。 ここでいう「公然と」ですが、インターネット・SNS上の書き込みの場合、構成要件を満たすことには通常問題はありません。 また「事実を適示し」との条文ですが、「その事実の有無にかかわらず」と書いてあるように、真実であるか偽りであるかは問わないということがポイントです。 なお、名誉毀損罪は、人の社会的評価を低下させるものかどうかについて問題になります。 たとえば、相手が特定されていない書き込みについて、「この書き込みは自分のことだと思う」などと思い込みによって警察に相談しても、実際に動いてくれることはないでしょうし、「ぼくとあの人とは仲が良くないです」と書かれていたことを不快に感じたとしても、それだけで名誉毀損にはなりません。 単に自尊心を傷つけられたというだけでは、名誉毀損罪に問うことは難しいのです。 これでは、警察も積極的には動いてもらえません。 名誉毀損罪における免責 名誉毀損罪の構成要件に該当する場合でも、次の3つの条件をすべて満たす場合は、免責されます。 公共の利害に関する事実にかかわるものであること• 専ら公益を図る目的があること• 真実であると証明されるか、真実であると信ずるについて相当の理由があること 名誉毀損の時効 さらに、名誉毀損で逮捕してもらうためには、公訴時効にも注意が必要です。 犯罪にも時効があるので、問題となる行為からあまりに時間が経過していると、追及することができなくなります。 刑事上名誉毀損罪の公訴時効3年なので、犯罪行為が終わった時から3年が経過すると、もはや警察に相談に行っても動いてもらうことができません(刑事訴訟法253条1項)。 また公訴時効にかかる期間と、民法上の不法行為に基づく損害賠償請求権の消滅時効にかかる期間は異なります。 損害賠償請求権の消滅時効は、加害者を知った時から3年間か不法行為の時から20年間のいずれか早いほうに成立し、公訴時効よりも成立までに時間があります。 刑事告訴ができなくても、民事裁判による損害賠償はできるので、忘れないでおきましょう。 ネットで他人を誹謗中傷すると「名誉毀損」となって相手から刑事告訴や損害賠償請求をされる可能性があります。 一方誹謗中傷… 名誉毀損で逮捕の具体例 次に、名誉毀損による逮捕の具体例を確認しましょう。 ネット犯罪による名誉毀損については、警察は消極的な面は否めませんが、実際に動いて名誉毀損罪で逮捕されている事例もあります。 拓殖大の客員教授の名誉毀損の事例 たとえば、拓殖大の客員教授が「2ちゃんねる」上において、計33回にわたって執拗に攻撃された事案では、加害者の23歳の北大生の男性が名誉毀損罪によって逮捕・起訴されました。 この事案では、加害者に対し、 懲役1年6月執行猶予3年の判決が下されています。 2ちゃんねるで誹謗中傷を受けたら、警察へ被害届けを出すことも選択肢の一つになります。 しかし、警察は、ネットの誹謗中傷… 「人間のくず」書き込みによる実刑判決の裁判例 ある男性が乗用車を運転中に男子高校生をひいてしまい、業務上過失致死罪に問われた裁判中に、(2001年7月)に、加害者がネット上でその男性を「人間のくず」と書き込み、両親の実名まで掲載した事案では、大阪地裁が、加害者に対し、懲役1年4月の実刑判決を言い渡しています。 加害者は控訴しましたが、大阪高裁は控訴を棄却し、最高裁でも上告が棄却されたため、実刑が確定しました。 このように、ネットにおける誹謗中傷でも、悪質な場合には警察も動いてくれて逮捕起訴してもらうことができますし、懲役刑、ときには実刑まで受けさせることも可能なので、諦める必要はありません。 刑事告訴と被害届の違い 警察に名誉毀損の被害などを相談して手続をすすめてもらうためには、警察に被害申告のための書類を提出しなければなりません。 警察に被害申告する方法としては、 被害届と告訴状があります。 被害届とは、単に「被害を受けました」という申告書です。 警察がその内容を見て、必要だと判断したら実際に動いて加害者を逮捕することになります。 これに対し、告訴状は、「被害を受けたので相手を処罰してほしい」と警察に申し立てる書類です。 警察が告訴状を受理したら、基本的にそれに従って捜査をして、必要に応じて相手を逮捕する必要があります。 告訴状は、被害届よりも強い効力があります。 また、犯罪には親告罪と言って、警察が動くために必ず告訴状が必要になるタイプの犯罪があります。 ネット誹謗中傷でよく問題になる名誉毀損罪も親告罪なので、名誉毀損によって相手を逮捕してもらうためには、被害届ではなく告訴状を提出する必要があります。 なお、名誉毀損罪の告訴期間は、犯人を知った日から6か月以内に限定されています。 ここでいう「犯人を知った」とは、 犯人が誰であるか特定できたという意味です。 犯人の氏名や住所を知らなくても、犯人が特定できたら犯人を知ったことになり、告訴期間が起算されます。 警察に被害届を提出する方法 被害届を提出する方法をご紹介します。 被害届は、用紙が警察に備え付けてありますので、基本的にその用紙に被害内容を書き込んで警察に提出するだけです。 ネット犯罪の被害届を出すなら、各都道府県のサイバー犯罪窓口(サイバーポリス)に連絡をして手続きすると良いでしょう。 警察に相談に行くときには、以下の情報やものを用意しておきましょう。 被害者の氏名、住所、年齢、職業• 判明している限りの加害者の情報(住所、氏名、年齢、職業など)• 該当サイト名とURL、投稿日時• 誹謗中傷記事があるページを印刷するか、スクリーンショットで保存したもの• 印鑑、身分証明書 今回はサイバー警察とは一体どのような仕事をしている組織なのかという基本的な知識のほか、一体どこまで監視しているのか、… 警察に告訴状を提出する方法 次に、告訴状の提出方法をご説明します。 告訴状を提出する場合も、提出先は被害届の場合と同様、警察署です。 ただ、この場合作成が必要な告訴状の内容は、被害届よりもかなり詳しいもの、つまり具体的には被害内容が犯罪の構成要件に該当することを説明しなければなりません。 また同時に証拠も提出しないと、警察は動いてくれません。 きちんと適切に告訴状の内容を記載出来るかどうかによって、警察が動いてくれるかどうかが変わってきます。 そこで、 告訴状を提出するときには、自分1人で作成するのではなく、弁護士に依頼することをおすすめします。 弁護士は法律のプロなので、相手の行為がどのような罪になるのかをわかりやすくきちんと告訴状に書いてくれますし、証拠もそろえて警察に提出してくれます。 告訴状受理後の流れと手続き|起訴・刑事裁判 ネット名誉毀損を受けたとき、相手に対して告訴状を提出して受理されたら、その内容を警察が見て、問題があると判断したら実際に捜査を開始して、相手を逮捕してくれます。 加害者が逮捕されたら、相手は警察の留置場に身柄拘束されます。 もし軽微な事件などで勾留が行われなかったらすぐに身柄が解放されますが、重大な事案の場合には引き続き勾留されます。 勾留期間は10日ですが、捜査のために必要があれば、さらに10日間延びます。 拘留期限の10日後、検察官が「起訴」するか判断 勾留中、警察が捜査を進めて証拠を集めます。 そして、勾留期間が切れるとき、検察官が被疑者を起訴するか、不起訴にするか決めます。 起訴されたら、相手は刑事裁判にかかり、その裁判の中で相手が有罪か無罪かについて審理が行われます。 有罪の場合には、刑罰も決定されます。 このようにして、最終的に相手が悪質で有罪と言うことになると、相手に「罰金刑」「懲役刑」などを受けさせることができます。 刑事裁判では示談で刑を軽くする 刑事手続きによっては被害者が損害賠償金を受け取ることはできません。 ただ刑事裁判では、被害者と示談が成立していると情状が良くなって加害者側の刑が軽くなります。 そこで、加害者が逮捕されたり、起訴されたりしたら、加害者側の弁護士から被害者に連絡が来て「〇〇円で示談してほしい」とか「示談の話し合いをしたい」などと言って、示談金を支払う場合があります。 この点でも、警察に動いてもらって相手を逮捕・起訴してもらう意味はあると言えます。 ネット誹謗中傷の相談は法律の専門家へ 最後に、ネット犯罪による被害を法律の専門家に相談するメリットをご紹介します。 被害者が自分一人で対応していても、警察はまともに取り合ってくれないことも多いですし、きちんと適切に証拠を揃えることもできないので諦めてしまいがちです。 しかし 弁護士に相談・依頼すると、アドバイスをしてくれるので手続を適切にすすめることができます。 また、法律のプロが自分の味方になってくれるということで大きな安心感を得られます。 さらに、告訴状を作成する際、被害者が自分で効果的な内容の書面を作成することはかなり難しいですが、弁護士であれば法律的な観点から、適切な告訴状を作成してくれるので助かります。 被害者が自分一人で警察に告訴状を持っていっても、証拠がないとか、必要なことが書かれていないなどと言われてなかなか受け付けてもらえないことも多いですが、 弁護士に依頼すると、そのような問題がなくなり、告訴状を受け付けてもらいやすくなります。 弁護士が書いたら、告訴状の内容がしっかりしているので告訴後の手続き進行もスムーズになりますし、警察からの連絡なども弁護士が受けてくれることもあり、被害者の精神的な負担が軽減出来ます。 ネット誹謗中傷などの被害に遭って、加害者を逮捕してもらいたいと考えている方は、まずは一度、弁護士に相談に行ってみましょう。 突然、ネット上で誹謗中傷を受けた場合、どこに相談するか?悩みます。 警察に届け出るべきか?弁護士に相談するか?この記事… まとめ 今回は、ネット誹謗中傷などの被害に遭った場合に、加害者を逮捕してもらって刑罰を受けさせる方法について解説しました。 ネット誹謗中傷は、名誉毀損や侮辱罪、営業妨害や業務妨害罪などの犯罪になりますし、リベンジポルノもリベンジポルノ防止法におって罰されます。 警察に動いてもらうためには、きちんと証拠を揃えて、適切な内容の告訴状を作成して提出する必要があります。 ところが、警察はネット犯罪に対して消極的な面がありますし、被害者が自分一人で対応していると、適切な対応ができず、見過ごされてしまうことも多いです。 そこで、ネット犯罪の被害を受けて、加害者に罰を受けさせたい場合には、弁護士に相談をしましょう。 弁護士であれば、証拠を揃えて効果的な告訴状を作成して、警察の手続きをスムーズにすすめてくれます。 今回の記事を参考にして、上手に警察とのやり取りをすすめ、相手に適切な罰を受けさせましょう。 誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。 書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた• SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている• 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている• 書き込み犯人を特定したい• 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。 弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。 1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

次の