電力会社 自由化 比較。 【2020年最新】一人暮らしにおすすめの電力会社と選び方!電気代が安い5社比較

電力会社おすすめ比較ランキング!おすすめ新電力15社を徹底比較【2020年7月】

電力会社 自由化 比較

独占状態が続いていた電力会社ですが、ついに自由化という流れが来ました。 なかなか電力が自由化しなかったのはそれなりの理由があったからだといえます。 まず、電力を供給するというのはインフラの一つであるので個人で発電して販売するというのには規模や安全性、安定性の問題などがあり難しかったからだといえます。 電力は生活にとっては欠かせないもので重要なライフラインの一つであり、不安定な供給であってはならないですし、安全性も確保されなければなりません。 しかし技術的な問題は進歩と共に改良され、電力会社でなくても安定的で安全に電力を供給できるようになったと判断されたことによって電力業界への参入が認められるようになりました。 また、そういう技術的な問題だけでなく、電力会社の既得権を保持したいという思いもこれまで自由化への大きな壁になっていたというのも容易に推測できます。 これまで電力会社は一般企業でありながらも独占状態であったために電気料金などはすべて、電力会社自身が設定できていました。 もちろん政府などの認可が必要であったわけですが、それが認められないということはほぼなかったことを考えれば事実上は電力会社の思い通りだったといえるでしょう。 電力会社の事故や対応の不手際などもあり、自宅や自社での太陽光発電など電力会社を通さない電力供給などが普及すると電力会社以外でも電力を供給する事業ができるのではないかという流れは自然に起こってきます。 電力会社のはやはり競争価格によって電気料金が下がるということです。 また基本的な料金でなく料金プランそのもののバリエーションが増えてよりお得な選択肢も増えると予想できます。 また技術的にも、より小型で簡易で効率的な発電方法によるものが開発されて大規模な発電にのみ頼ることからより多様な発電供給方法ができるということもメリットになるといえます。 独占状態からの自由化になればより電力供給の可能性を感じ期待したいと思います。 電力会社自由化の話は毎日、新聞やテレビで話題になり、いよいよ近づいてきたと実感しています。 でも、電力会社自由化てどう云うこと、と正直考えてしまいます。 今、関西電力と契約し電気も関電から貰っています。 自由化以降は例えば東電と契約出来る訳ですね。 電気は東電で発電したエネルギーを持ってくるの? そんなことないですよね。 そうすると、今まで通り、関電で発電した電気を使いお金は東電に支払う。 その仕組みはどうなっているのでしょうか?電力メーターをIT化し遠隔でメーターが見れるようになり東電より使用電力量は読み取れます。 たとえば50KWA使用したとして東電から私に請求があり支払う。 東電は仕入れた電気代を関電に支払う。 こんな感じでしょうか。 丁度、銀行のキャッシュカードを他行のATMで出金した様に。 現金は他行のATMから受け取るが、お金は自分の口座から引き落とす。 現物は本部どうしで相殺するのでしょうね。 こんなことで電気代安くなるのでしょうか?今、仮に関電が出している利益以下で東電は仕入れる事が出来ないでしょうから、消費者の電気代を値下げするイコール電力会社の利益が下がることなのでしょうか。 太陽光で発電した電力を電力会社が買い取ったりしますが、この量が増えてくると電気代のコストが上がってきます。 受益者負担の原則に則り、そのツケは消費者に行くのではないでしょうか。 将来的には、電池の様な電力が出来るといいな。 金属を絶対零度まで冷やすと電気抵抗がなくなる超電導になります。 小さな箱に電気を詰めて超電導の電気を持ち運ぶ。 送電線がいらなくなり発電効率もぐんと上がります。 格段に電気代が安くなるのではないでしょう。 超電導新幹線ですね。 又、原子力発電の安全性が飛躍的に良くなり事故ゼロの製品が出てこないでしょうか。 そうなれば、クリーンですし安い電力が手に入ると思うのですが。 話を元に戻しますが電力自由化は過当競争から一旦電気代が下がる様に思いますが、それらが落ち着いた後、適正価格(値上がり)に落ち着くのではないでしょうか。 今までの既得権を取り除き健全な業界になることで適正価格で安定供給されるといいなと思います。 電力自由化 【東京電力】 電力自由化 【電気事業連合会】 「電力自由化が始まったのを情報として知っているが、実際に具体的な行動はしてない」そんな家庭がたくさんあるのかもしれません。 電力自由化といわれてもイマイチ実感のわいていない人は少なくなく、これからどう考えていけば良いのかは人によって違います。 私たちのライフスタイルに電力は欠かせないものですから、本来なら真っ先に最優先で検討しても良いはずです。 ですが、そうできない事情があるのかもしれません。 まず、電力自由化にあたってどんなメリットとデメリットがあるのか、それを知ることから始めなければいけないのです。 そして、メリットに魅力を感じれば契約電力会社の変更を検討、そうでなければとりあえず現状維持となります。 そのメリットとして大部分を占めるのは、何より電気代です。 電気代が安くなれば1か月にかかる水道光熱費を削減できますので、特に家計を預かる主婦にとっては朗報です。 電気代が安くなればそれ以外に使えるお金が増えますから、実に良い話です。 ただ、電気代が具体的にいくら安くなるのか、そこを検討しないことには具体的な行動にうつせないです。 月にいくら安くなるのか明確にわかっていればそのお得感も伝わりますが、そうでない漠然とした状態では身動きが取れないでしょう。 電気代が安くなるかどうかの比較をするためには、まずは住んでいる地域の新電力会社をチェックする事が大切です。 そのうえで新電力会社へ変更したと時どの位の差が生まれるのか、そこに注目する事が電力自由化によってしなければいけない行動です。 そうする事で実際的にどうなのかがわかりますので、契約先の変更についても現実味があります。 そして、その差が大きければ契約先をチェンジするのもありでしょう。 そのための手続きは思っている以上に難しくはないので、案内に従って行っていけばそれでOKです。 この動きが各家庭で活発になっていけば、新電力へ切り替える世帯が増えたとしてもおかしくありません。 そして、新電力に切り替えればそれは主婦同士のコミュニティを通して各家庭に伝わりますので、それで少しずつ新電力へとチェンジしていく可能性はあります。 電力自由化に対してどちらかといえば消極的な態度をとっている家庭が多いのかもしれませんが、このチャンスは活かさなければもったいないです。 現状維持にとどまらず何かを変えることは不安も大きいですがせっかく電力会社を選択できる自由があるのですから、その権利を活かして生活を楽にさせたほうがいいと思います。 現代社会にとって電気というのは、水やガスと並んで重要な位置を占めています。 電気がなければ一日たりとも満足な生活が行えなくなり、私たちの日常は大打撃を受ける事になるのです。 この大切な電気を供給してくれているのは、電力会社です。 これまでは住んでいる地域ごとに契約する電力会社が決まってしまっていて、消費者が自由に電力会社を選ぶ事が出来ませんでした。 この事が消費者にとって、不利益になってしまっていたのです。 契約する電力会社が決まっているという事は、電力会社は何もしなくても自分の所と契約をしてくれるという事になります。 そうなると電力会社は営業活動をしなくても、楽して顧客を獲得できるという事になります。 またサービスを良くしなくても他の電力会社に契約変更される心配がありませんから、電気料金を高めに設定して、多くの利益が得られるようにしていたのです。 こうして私たち消費者は、電力会社が変更できないせいで、これまで多大な損失を被ってきてしまっていたのです。 ところがここに来て、消費者にとって大きなメリットをもたらしそうな事が起きました。 それが電力自由化です。 電力自由化とはその名の通り、電力会社を消費者が自由に選べるようにしたものです。 この電力自由化が実施された事で、私たち消費者はこれまで散々味合わされてきた不利益から解放される事になります。 電力自由化が実施された事で電力会社は営業活動をしないと、顧客を他の電力会社に変更される恐れが発生しました。 そこで電力会社は他の電力会社に変更されない様に、料金の値下げなどのサービス向上に乗り出す事になったのです。 これでやっと私たち消費者は、不利益な環境から解放される事になりました。 今回の電力自由化によって、これまで電力に携わってこなかった業種が携わる様になったのです。 これによってますます電力会社はサービスを良くしなければならない状況に追い込まれる事になり、私たち消費者にとって追い風となりました。 しかしこの電力自由化を黙って見ているだけでは、電力自由化は形骸的な物となってしまいます。 私たち消費者が賢く積極的に電力を供給してもらう会社を選んで行くことで、電力自由化が進み、私たち消費者その恩恵を受ける事が出来るのです。 ですから日和見を決め込むのではなく、今すぐにしっかりと電力を供給してもらう会社を選び、会社間の競争を活発化させる事が大事です。 また、電力自由化の成功の如何を握っているのは、私たち消費者でありますから、これから電力自由化について真面目に向き合うことが、必要となってくるでしょう。

次の

電力自由化のデメリット・メリットと電力会社を比較する必要性

電力会社 自由化 比較

一人暮らしで安い電力会社はどこだろう?と探していますよね。 一人暮らしの電気代は4,000円前後が相場。 そんな電気をあまり使わない一人暮らしでは、おすすめ電力会社を選ぶために各社の料金・割引内容などを細かく比較する必要があります。 結論を言うと、一人暮らしにおすすめな電力会社は「 Looopでんき」「 シン・エナジー」「 CDエナジー」「 東京ガス」「 関西電力」の5社になります。 この記事では一人暮らしの方におすすめな電力会社をランキング形式で紹介し、お得な選び方や乗り換えの疑問点なども分かりやすく解説します。 一人暮らしで電気の乗り換えを検討しているみなさんのお役に立てる内容になっているので、ぜひ参考にしてくださいね。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・家にあまりいない人 ・30A以上で契約している人 ・解約金や違約金を支払いたくない人 一人暮らしの方に今もっとも安くておすすめなのがLooopでんき。 Looopでんき最大の特徴は「基本料金が0円」ということ。 一人暮らしでは電気をあまり使わないため、電気代に占める基本料金の割合が大きくなりがちです。 しかしLooopでんきでは、 今まで毎月かかっていた基本料金をまるまる節約することができるのです! 余計な固定費がなくなり電気代は使った分だけ支払えばいいので、まさに一人暮らしにピッタリの電力会社と言えるでしょう。 特に30アンペアや40アンペアなど、基本料金が一定程度かかっている方では月に数百円の節約も可能です。 また、Looopでんきは初期費用や解約金などがありません。 もしかしたら将来引っ越すかもしれないという一人暮らしの方でも、気軽に申し込むことができますよ。 なお、東京の方はガスもセットで契約が可能。 電気とガスをまとめてお得にしたいという方にもピッタリの新電力です。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・関西、中国、四国、沖縄在住の人 ・日中にほとんど家にいない人 シン・エナジーはすべてのエリアに共通して、電気をあまり使わない方がお得になるような料金プランが特徴。 特に 関西、中国、四国、沖縄エリアでお得に利用できるのがポイント。 上記のエリアでは従来の電力会社が既に十分安いため、他の新電力ではほとんど安くできないか、むしろ割高になってしまうことが多いのです。 これらのエリア在住の一人暮らしの方は、 シン・エナジー一択と言っていいでしょう。 また、通常のプランと別に夜間(22時~8時)の電気代が安くなる「生活フィットプラン」も用意。 平日は仕事で日中ほとんど家を空け、電気は主に夜間に使うという生活の方にピッタリです。 寝てる間はエアコンをかけっぱなしという方にも最適なプランです。 関西、中国、四国、沖縄エリアに限らず他のエリアに住んでいる方でも、夜に電気を使う割合が高いという方はお得に利用できますよ。 シン・エナジーでは現在、Amazonギフト券やWAONポイントなどと交換できる 「EJOICAセレクトギフト」3,000円分プレゼントキャンペーンを実施中です。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・電気とガスをまとめたい CDエナジーには一人暮らしの方向けの「シングルでんき」が用意されていて、電気の使用量に関わらず毎月100円を安くすることができます。 また、首都圏ではガスの供給も行っていているため、電気とガスをセットで契約できるのも魅力。 CDエナジーでは 電気だけでなくガスもあわせて光熱費全体を節約することができるのです。 また、Amazonプライムの年会費を負担してくれる「エンタメでんき」というプランも選べたり、電気代100円につき1ポイントが毎月付与されるなど特典が豊富なのも魅力。 ポイントはTポイントやdポイントなどの提携ポイントと交換でき、電気代の支払いに充てることもできます。 CDエナジーに新規申し込みで 最大10,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。 これから夏は電気代が高くなる季節なので、検討中の方はこのタイミングでの申し込みがおすすめです。 こんな人におすすめ! ・電気とガスをまとめたい方 ・電気代の支払いでポイントを貯めたい方 深キョンのCMでおなじみの東京ガスの電気には、一人暮らしなど電気をあまり使わない人向けの「ずっとも電気1Sプラン」があります。 電気を使っても使わなくても、必ず東京電力より安くなるように設定されています。 さらに、毎月の電気代の支払いで パッチョポイントが貯まり、貯まったポイントはdポイントやPontaポイント、Tポイント、WAONポイントなどと交換ができます。 ポイント還元率 電気代1,000円=15ポイント ガス代1,000円=5ポイント また、レシピ動画サービス『クラシル』の有料機能の一部が使えたり、電気トラブルに24時間無料で対応してもらえるなどのサポートが充実しているのも魅力です。 ガス料金は変わりませんが、 電気とガスを東京ガスにまとめたい、様々なサービスやサポートもあわせて利用したいと言う方におすすめです。 こんな人におすすめ! ・関西エリアに在住 ・電気をあまり使わない ・電気とガスをまとめたい 関西エリアにお住まいの一人暮らしの方は、関西電力に電気とガスをまとめるというのもお得です。 関西電力では電気とガスのセットプラン「なっトクパック」を用意していて、 電気とガスをまとめると電気代、ガス代ともに今の関西電力・大阪ガスの料金より必ず安くなります。 「なっトクパック」に申し込むことで、電気は関西電力の従量電灯A(従来のプラン)から「なっトクでんき」に、ガスは大阪ガスの一般料金(従来のプラン)から「なっトクプラン」に切り替わります。 また、なっトクパックにすることで、電気代・ガス代の支払いで「はぴeポイント」という独自のポイントが貯まります。 ポイントはdポイントや楽天ポイント、ANAマイルなどの提携ポイントに交換することもできます。 ポイント還元率 電気代1,000円=8ポイント ガス代1,000円=5ポイント ポイントを貯めたいという人にもおすすめです。 一人暮らしにおすすめの電力会社の選び方 おすすめの電力会社を選ぶためには、選び方のコツを知っておくことも大切です。 一人暮らしで安い電力会社を選ぶポイントをまとめたのでご覧ください。 月々の電気使用量・アンペアを把握する まずは自分の現在の 電気使用量と 契約アンペアを確認することが大切です。 電気使用量はどれくらい? 電気使用量はkwhという単位で表されます。 一人暮らしの電気使用量は70~200kwhまでが相場。 130kwh前後が平均的で、それ以下なら少なめ、それ以上なら多めと判断するといいでしょう。 電力会社の中には80kwhなどあまり電気を使わない場合でお得になるところもあれば、200kwhなど電気をある程度使った方がお得になるところもあります。 検針票や請求書を見れば載っているので、まずは自分が電気をどれくらい使っているのかを知っておきましょう。 契約アンペアはどれくらい? 電気の使用量だけでなく、現在契約しているアンペア数も把握しておきましょう。 契約アンペアとは、電気を一度に流せる容量のこと。 アンペアが大きいほど一度に流せる電気も多くなりますが、その分基本料金が高くなってしまいます。 契約アンペアによってお得な電力会社も変わってくるので、電力会社を選ぶ際には自分の契約種別をしっかり確認しておきましょう(検針票に書いてあります)。 なお、契約アンペアや使用量ごとに安い電力会社は後半の『』で紹介します。 基本料金が無料または安い電力会社を選ぶ 一人暮らしの方は複数人世帯と比べて使用量が少ないので、その分基本料金が占める割合も大きいです。 基本料金は契約しているアンペアに比例して高くなるので、30Aや40Aで契約している人ほどメリットが大きいでしょう。 また、長期の出張や旅行などでよく家を不在にするという方も基本料金が0円または安い電力会社はお得です。 ただし、もともと基本料金がない関西、中国、四国、沖縄地方ではお得にならないので注意が必要です。 そこで一人暮らしの方は電気だけでなくガスとセットで光熱費全体を節約するという視点も大切になります。 現在のガス会社に特にこだわりがない方は、ガスも検討してみてください。 一人暮らしの方は引っ越しなどで電気を解約する機会も多くなりがちなので、解約金・違約金のかからない電力会社を選びましょう。 以下の電力会社では発生するので注意してください。 ・auでんき:1年未満の解約で2,000円 ・ソフトバンクでんき:いつ解約しても500円 ・J:COM電力:最大20,000円 一人暮らしで安い電気料金を比較 一人暮らしにおすすめな電力会社5社の電気料金はどこが安いのか?一目でわかるように比較しました。 東京電力エリア、関西電力エリアの2つのエリアに分けて、それぞれ3つの アンペア・使用量のパターンでシミュレーションしています。 電気代が3,000円程度になる方はシン・エナジーを、それ以上またはそれ以下になる方はLooopでんきを選ぶと良いでしょう。 関西電力エリアの一人暮らしで電気代を安くしたい場合はシン・エナジーを選びましょう。 なお、基本料金0円のLooopでんきはこれくらいの使用量まではあまりお得とは言えませんが、月5,000円を超えるような使用量の多い一人暮らしの方ではお得に利用することもできます。 一人暮らしで電力会社を乗り換える際の疑問解消 最後に、一人暮らしで電力会社を切り替える際によく聞かれる質問をまとめました。 一人暮らしでも必ず電気代が安くなるの? 電気の使用量や契約アンペアによっては 変わらないかむしろ割高になってしまう可能性があります。 電気使用量が極端に少ないと安くならない 電気の使用量が極端に少ない場合、電力会社を乗り換えても安くならない場合もあります。 そもそも新電力の多くは、使用量=電気料金が増えるにしたがって節約できる幅も大きくなるように金額を設定しています。 もちろん一人暮らしでも平均的な使用量の方であれば安くなりますが、月に2,000円未満というような極少使用量の方では残念ながらほとんど安くできないのです。 アンペア数によっては割高になる 電力会社の中にはあるアンペアまで基本料金が同額というところもあります。 例えば丸紅新電力では、10A~30A契約ではすべて基本料金が803円です(東京電力エリアの場合)。 東京電力の20Aの基本料金は572円ですから、現在20Aで契約している方が丸紅新電力に切り替えると月に231円の値上がりになってしまうのです。 20A以下で契約している方は乗り換え検討先の電力会社の基本料金を確認しておくことをおすすめします。 一人暮らしの平均的な電気代はどれくらい? 一人暮らしの方の電気代の平均は月に約4,000円程度。 ただし、エリアや年代、季節によって以下のような傾向にあります。 平均より安め 平均より高め 関西、中国、四国エリア その他のエリア 勤労世代 高齢世代 春・秋 夏・冬 平均はあくまで一つの指標ですが、平均より電気代が高い人は電力会社を切り替えることで安くできるでしょう。 賃貸マンション・アパートでも契約できるの? 賃貸のマンションやアパート、集合住宅でも、電力会社の切り替えは可能です。 ただし、建物で高圧一括受電をしている場合には申し込みができません。 検針票に「高圧」の記載があるか、契約アンペアが7kVA以上、建物に大きなキュービクルが設置されている場合は一括契約です。 分からない方は大家さんに確認してみましょう。 引っ越しと同時に申し込みできるの? 電力会社によって、 引っ越しと同時に利用できるかどうかは変わります。 この記事で紹介してきた電力会社で、引っ越しと同時に利用できるのはこちら。 引っ越しと同時に利用できない電力会社では、まずエリアごとの電力会社 東京電力や関西電力など に申し込んで1か月利用してから、希望の電力会社に申し込むことができるようになります。 今の電力会社へ解約連絡をすべき? 新電力への乗り換え時には、基本的にそれまで利用していた電力会社への解約連絡は必要ありません。 乗り換え先の電力会社が代わりに解約手続きをしてくれます。 初期費用・工事費はかかる? 電気の切り替えは基本的にはすべて無料です。 契約する電力会社によっては契約手数料がかかることもありますが、ほとんどの新電力では初期費用は無料です。 また、スマートメーターが未設置の方は簡単な取替作業が行われますが、工事費も一切発生しません。 切り替え完了までにはどれくらいかかるの? 基本的に次回の検針日から切り替わります。 申し込みのタイミングにもよりますが、およそ 2週間~1ヶ月程度かかるという認識でいましょう。 夏や冬など電気使用量が増える時期は申し込みが混み合い、次々回の検針日切り替えとなる可能性もあるので、なるべくゆとりをもって申し込むことをおすすめします。 他に電気代を安くする方法は? 電力会社を切り替えられない方、あるいは切り替えた上でさらに電気代を安くしたい方は以下の方法を実践すると良いでしょう。 契約アンペアを下げる 現在30Aや40Aで契約している方は、アンペアを20Aに下げることで月に200円~500円の節約になります。 それだけ電気を一度に使える量は減ってしまいますが、エアコン、ドライヤー、洗濯機、電子レンジなどを3つ同時に使わないなどの工夫をすれば問題ありません。 なお、10Aや15Aはさすがに低すぎて不自由になるので推奨しません。 エアコンの使い方を見直す エアコンは特に電気代が高くなる原因になるため、使い方を工夫することで使用電力を減らせます。 設定温度を調整する 冷房は28度、暖房は20度を目安にすることで電気代を抑えられます。 扇風機と併用する 扇風機を併用することで、部屋の空気を循環できエアコンの設定温度を下げずにすみます。 こまめに消さない エアコンは起動時が最も電気を使います。 1時間以内の外出ならつけっぱなしの方が消費電力を抑えられます。 まとめ 新電力への切り替えは、基本的に「電気をたくさん使う人ほどお得になる」と言われています。 しかし、 電気をあまり使わない家庭でもちゃんとお得になるということがこの記事でわかっていただけたかと思います。 ガスもまとめることでよりお得にすることができるので、ぜひあわせて検討してみてくださいね。 , ,•

次の

【電力自由化】新電力会社のおすすめ人気ランキング!厳選5社を比較

電力会社 自由化 比較

電力自由化が2016年4月よりスタートしました。 しかし多くの方からまだ不満の声が届いています。 「電力会社が選べるようになったけど、電気料金なんて変わらないし、切り替える手間がヤダ!」そんなあなたに今回伝えたいのは、 特典サービスです!! 電力自由化により新たに参入した新電力と呼ばれる企業には、他業種の企業も多く、例えばガスセット割やガソリンが安くなるなどの特典サービスがあるのです!!また楽天ポイント、Tポイント、PONTAなどのポイントがもらえる仕組みもあります。 「あ~もったいなかった、なぜ早く電力会社を切り替えなかったんだろう!」 この記事を読んでいただければ、そう思っていただけます。 本記事では、あえて電気料金には触れません!その代わりに、各電力会社の「特典サービス」について詳しく解説いたします。 今回は新電力の参入の多い関東エリアの電力会社について解説いたします。 また関東に参入している企業は、全国展開をしている企業が多いので、関西や四国、九州、中国、東北、北海道、沖縄の方もぜひ本記事をチェックしていただき電力自由化の切り替えの参考にしてくださいね!! 電力自由化にはどんな特典サービスがあるのか? 電力自由化によってさまざまな特典サービスが電力会社より提供されています。 多くのサービスは以下のカテゴリーに分けられます。 ガスと電気のセット割 LPガス(プロパンガス)や都市ガス企業が多く電力自由化に参入しています。 そして他にはできない光熱費の節約を提案しているのです!• 共通ポイントサービス Tポイント、PONTAポイント、楽天ポイントなどいろいろな場所で使用できるポイントサービスはやはり便利です。 毎月の支払いがポイントとして貯まるのは魅力的です。• 独自ポイント 企業独自のポイントサービスも提供されています。 商品券や共通ポイントへの交換など広いサービスを提供しています。• その他サービス ガソリン割引や航空会社のマイルポイント、クーポン券配布などいろいろな特典が提供されているのです。 それでは続いて、電力自由化による各電力会社の割引・特典サービスを確認していきましょう。 大手電力会社の特典比較 以前まで関東エリアは、東京電力のみが電力を供給していました。 しかし電力自由化となり他地域の大手電力会社も関東エリアに参入しているのです。 これにより電力自由化後は、東京電力エナジーパートナーをはじめとした大手電力会社は、電気料金だけでなく、さまざまな割引・特典サービスの提供を始めています。 以下の表で確認してみましょう。 上記は東京電力などが自社で提供している特典サービスですが、例えば一部のガス会社では、東京電力エナジーパートナーと提携し、電力は東京電力、ガスは自社といった形でサービス展開しているパターンもあるのです。 大手ならではの戦略でこのような特典サービスの拡大も図っているのです。 今後も新電力に対抗すべく大手電力会社としてサービス強化することは間違いないでしょう! すぐに電気料金・特典を比較したい方は、 自社サービスとセット割特典!! 電力自由化に伴い、別業種の企業が多く新電力として登場しました。 そのような企業では、自社サービスとのセット割を特典として提供しています。 例えばガソリン、インターネット、自社ポイントなどさまざまな特典が提供されているのです。 電力自由化によって参入した新電力は、大手電力会社とは異なる独自の生活に密着した特典が多いといえます。 それでは、どのような特典があるのか見ていきましょう! 生活費を節約する特典! 電力自由化では、生活費も節約できます!なぜなら新電力の中には、石油関連の会社や携帯電話・インターネット企業などがあるからです。 なかなか節約することができなかった皆さんも、電力会社を乗り換えるだけで割引特典などを得られるのです。 電力自由化によりどのような特典サービスが関東エリアで提供されているか確認してみましょう。 例えば携帯電話会社といっても企業によってサービスに違いがあるのです。 例えば大手携帯電話会社の中で、電力自由化に参入しているのはソフトバンクとKDDIのみです。 KDDIとソフトバンクでも特典サービスには違いがありますし、ドコモに関しては2016年6月時点では電力自由化への参入は発表しておりません。 電力自由化に参入している企業に乗り換えることが節約への第一歩ですが、乗り換え先のサービスがご自身の生活に合うか合わないかを十分に検討することも重要です。 買い物がお得になる!?太陽光発電まで無料!! 電力自由化により参入した新電力は、いままでに考えもしなかった特典サービスを提供している電力会社があります。 たとえば、スーパーやコンビニでの買い物割引、電車に乗ればお得になったり、さらには旅行割引や基本料金0円、太陽光発電無料設置まであります。 近くにコンビニ(ローソン)や提携スーパーがない場合は特典を受けるのがむずかしくなってしまいます。 普段の生活の中に、利用可能なサービスや店舗があるのかを確認しましょう。 すでにこのような店舗やサービスを利用している方であればかなりお得な特典になりますね! 光熱費重視!ガスセット割特典!! 光熱費を下げたいと考えている方は、やはり「ガス会社」のセット割が魅力です!!電力自由化により多くのガス会社が新電力として参入し、ガスと電気のセット割を提供しています。 当然ながらガスと電気のセット割を受けるには、ガス提供エリアに住んでいる方限定となります。 その代わりに光熱費節約の面では大きな効果を発揮することは間違いありません。 以下の表に関東エリアを中心としたガスセット割特典を提供している電力会社をまとめましたのでご確認ください。

次の