ブルクミュラー。 「ブルクミュラー 25の練習曲」について【 曲名・難易度 など】

【ピアノ初心者】バイエルに代わる教本!ゆるやかにレベルアップ! | 人生はff〜フォルティッシモ〜

ブルクミュラー

ピアノを学んだことのある方ならブルクミュラー(ブルグミュラー)の名前を知らない人は、ほとんどいないのではないでしょうか? 「25の練習曲」という曲集名ではピンとこない方でも「アラベスク」や「狩」、「乗馬」というタイトルならわかるのではないでしょうか? 発表会などで弾いたりしませんでしたか?レッスンで習うだけでなく、発表会での曲としてもよく選ばれています。 ブルクミュラーのコンクールというものもあるんですよ!それだけブルクミュラーを弾いている人が多いということなのでしょうね。 今回はピアノを習うほとんどの方たちが学ぶであろう、ブルクミュラーの「25の練習曲」の難易度順について書いていきたいと思います。 ブルクミュラーの「25の練習曲」はいつ頃に学ぶ曲集? ピアノの導入~初歩の教材はとてもたくさんの楽譜が現在出版されており、教材を選ぶのが大変です。 しかし、選択肢が増えたことで昔よりもその生徒さんにあった教材を選ぶことができるようになりました。 ピアノを始められる時期は生徒さんによってそれぞれですが、最も早い子で年少さんからでしょう。 年少さんからだと鉛筆もまだ持てない子もいますし、右左がわからない子もいます。 小学校にあがるくらいまでは、このような理解度などに個人差がかなりあるので、導入に使う教材にはとても気を遣います。 どの教材を使うかはその子にあったものを選ぶようにしています。 導入の教材にはいろんな特徴があって、1曲ごとレベルアップしていくものもあれば、1冊を通してあまりレベルが上がらず、ゆっくりのペースで学んでいける教材もあります。 それぞれのレベルにあった教材で導入は学びますが、導入~初歩の段階で最終的に目指すことは 音が読めること、 リズムが読めることです。 どの教材を使ったとしても最終的にはそれができていればいいわけです。 だいたいの子が小学3、4年生頃には、ブルクミュラーの「25の練習曲」に進めるようになります。 私のピアノ教室ではブルクミュラーの「25の練習曲」はみんな共通して弾く曲集です。 もっと早い段階で弾かせていらっしゃる先生もおられますが、私の教室では自分で楽譜を読めるようになってからでないとこの曲集には進ませないので、もしかすると弾かせる時期が他の先生方よりも少し遅いかもしれません。 数えて音を読むのではなく、文字を読むように見てすぐに読めるようになっていないと難しい曲はなかなか弾けません。 小さい頃に楽譜を読むということをしっかりやっていないと、譜読みが嫌いになってしまいます。 曲が難しくなればなるほど、楽譜は難しくなり音数が増えていきますよね。 楽譜を読むことが嫌になると、結果としてピアノを弾くことが嫌になるのです。 このような理由から私はまず音を読むこと、リズムを読むことに重点を置いています。 小学生になってからこの曲集を弾かせる理由はもう1つあります。 この曲集の前の教材には曲らしい曲というものがありません。 つまり、生徒たちにとってこのブルクミュラーの「25の練習曲」が初めての曲らしい曲になるのです。 これまで習ったものとは違い、強弱などの表現をつけるように指示がたくさん書いてあるので、だんだん表現するということを学んでいけます。 そしてこの曲集の25曲には全てタイトルがついていますよね。 そのタイトルによって曲について想像しやすくなり、想像を膨らませることができるので楽しいと感じるのです。 曲について想像して、表現をつけるというのは、小さな子にはできないことなので、ある程度そういうことが理解できるようになってから私は学ばせたいと思っているのです。 これがもう1つの理由です。 楽譜が読めるようになったらそれで終わっていた導入とは違い、テクニックを学ぶのと同時に少しずつ表現をつけるという次のステップに進んでいって欲しいと思った時に最適な曲集がこのブルクミュラーの「25の練習曲」なのです。 ブルクミュラーってどんな人? 実はブルクミュラーに関する資料というのはほとんど残っておらず、音楽辞典にも名前が載っていないんです…(彼の父親と弟も音楽家で2人の名前は載っています。 ) なぜこんなにも有名な曲集の作曲家の名前が音楽辞典に載っていないのでしょう? 辞典に載るのは音楽史的に重要な役割を果たした人か、作曲技法の様式や時代の転換期となるような重要な作品を残した人だけなのです。 残念ながら、ブルクミュラーはそのどちらでもなかったのです。 少ない資料しかないのですが、わかっていることもあるのでブルクミュラーについて書いていきますね。 ブルクミュラーのフルネームはヨハン・フリートリッヒ・フランツ・ブルクミュラーと言います。 1806年にドイツのレーゲンスブルクで生まれ、1874年にパリで亡くなりました。 ブルクミュラーの父親と弟は音楽辞典に名前が載っていると先ほど書きましたね。 彼の父(ヨハン・アウグスト・フランツ・ブルクミュラー)はオルガン奏者、指揮者として活躍し、音楽監督も務めた人でした。 そして弟(ノルベルト・ブルクミュラー)は作曲家、ピアニストとして活躍を期待されていましたが、26歳という若さで亡くなってしまいました。 メンデルスゾーンが親友だったそうで、シューマンにも才能を認められていたようです。 ブルクミュラーはというと、ドイツでピアニストとして活躍していたようですが、その後パリに移りピアノ教師、作曲家として活躍したようです。 現在弾かれている曲集のOp. 100「25の練習曲」、Op. 105「12の練習曲」、Op. 109「18の練習曲」は全てパリに移ってから出版されたものです。 この頃ピアノの人口はとても増えており、ピアノを教養として身につけようとする人たちが多くいました。 その人たちが練習するための曲集というのが求められていました。 ブルクミュラーはその人たちのために、あまり無理せず、楽しみながら弾けて、でも練習になるという曲集を作りました。 彼は一流の音楽家にはなれなかったかもしれませんが、教育者としてはとても優秀な人だったと思います。 ブルクミュラーはピアノを学ぶ人達が何が苦手で、どういうことを練習させれば上手く弾けるようになるのかをよく理解していたと思うのです。 難しすぎないけど、すごく簡単なわけでもない。 練習曲だけど、楽しんで弾くことができる曲にしているという、この絶妙な感じが現在まで曲集が残り、伝わっている理由なのだと思います。 「25の練習曲」の曲集名と各曲のタイトルなどについて• 「25の練習曲」は実は省略された名前なんですよ。 日本語に訳すと「小さな手でも弾けるように構成と運指を考えた、段階的に取り組める易しい25の練習曲」になります。 ブルクミュラーはドイツ人ですが、フランスに移ってから出版された曲集なので、フランス語の原題になっているのかもしれません。 「 LEICHTE」とはドイツ語でやさしいという意味です。 ) ブルクミュラーの作品は他にもありますが、この「25の練習曲」と呼ばれている作品が他の曲集よりも簡単な曲集ということになります。 多くの方がこの曲集を学ばれるときを使われていると思いますので、全音版について書きますね。 この曲集は25曲あり、全てにタイトルがつけられていますが、全音版のタイトル名が昔と今とでは少し変化していることを知っていましたか? どのように違っているのかを見ていきましょう。 タイトルだけが変化しているのではなく、昔の楽譜にはペダルの指示がなかったのですが、現在出版されているものにはペダルを踏むよう指示が書いてあります。 しかしこれは子供にとっては踏むのが難しいものが多いので、基本的にはつけなくていいと思います。 ペダルを使った方がいい曲は後で説明しますね。 この他の変更点はメトロノームのテンポ設定です。 全ての曲で昔よりも遅いテンポ設定になっています。 昔のテンポ設定はどの曲もとにかく速くて、こんなテンポで弾いている人いるわけがない!!という程速かったんですよ。 新しいものは少し改善されていますが、まだ少し速いかなと個人的には思います。 メトロノームのテンポ設定はあまり気にしないでいいです。 そんなことよりも強弱などの表現をつけることが重要です。 「25の練習曲」の難易度順 この曲集の難易度順について見ていきましょう。 それぞれの曲で練習のポイントは違いますが、ポイントを理解し、練習すれば弾けないということはありません。 私がペダルを入れた方がよいと思う曲は、7番「清らかな小川」、19番「アヴェマリア」、21番「天使の合唱」、24番「つばめ」の4曲です。 ペダルを踏むというのは慣れるまでが大変で、最初はペダルに気を取られて指がおろそかになります。 ちゃんと弾けるようになってから、ペダルを踏むようにした方が上手くいくと思います。 ピアノのペダルは基本的には音を弾いた後に踏む「後ペダル」です。 踏み方に慣れるために、を使ってみるのも1つの方法だと思います。 しかし、最初からそれらに頼るのは止めた方がいいですよ!音楽は想像するものです。 絶対の答えはありません。 曲のタイトルや曲調からいろんなことを自分なりに想像してみて、よくわかない部分が出てきたら、参考にするくらいの気持ちでいて下さい。 この他にも止めて欲しいことがあります。 自分で楽譜を読む前にCDを聴きまくって耳コピのようにして弾くのも絶対に止めて下さい!!! そんなことを繰り返していては、譜読みをほとんど自分でしていないので読譜力はつきませんし、表現も自分でつけていないので、曲をまとめる力もつきません。 初めは上手に弾けるかもしれませんが、途中で伸びなくなってしまいます。 すぐに結果を求めないようにして下さい。 少しずつできるようになればいいのですから、焦らないように!自分でできるようにするということがとても重要なことなんですよ!! さて、それぞれの曲の弾き方のポイントだけ書いていきますね。 曲のイメージは自分で考えて下さいね。 1番「すなおな心」 この曲のポイントは長いスラーだと思います。 小節ごとで音が切れないように気をつけるだけで上手に聴こえます。 後は左手のクレッシェンド、デクレッシェンドをよくつけることです。 15番「バラード」 左手がメインの曲です。 粒をそろえて弾けるようにリズム練習が必要になります。 この曲は左手の方が動きがよくないことを理解させて、左手も右手のように動かす必要があることを自覚させたいのかなと私は思っています。 18番「気がかり」 リズムに注意な曲です。 左手が1拍目になっていますね。 この曲は左手の和音の上に右手の音がちょこんと乗っているようなイメージで弾かなければなりません。 右手が前に前に出てこないように気をつけましょう。 20番「タランテラ」 左手の伴奏形が途中で変わるので、そこに注意ですね。 8分の6拍子の曲です。 8分音符が3つセットということを視覚的にしっかり理解させながら、間を休みにしたり、2拍や3拍伸ばしたりさせることで、音楽に動きをつけています。 25番「乗馬」 この曲集の中で最も知られている曲だと思います。 短い曲の中にこの曲集の総まとめのように、音域を幅広く使い、3連符を弾かせるところ、スケールを弾かせるところなどが出てきます。 しかし同じ部分が何度も出て来るので、譜読み自体は簡単に出来るような構成になっていて、難しくて挫折するということはありません。 この曲を素敵に弾くポイントとしては、何度も出て来る最初の部分をいかに馬が走っているように弾けるかです。 どのようにするとよいかというと、1拍目に1番の重みを持ってきて、次に3拍目にまた少し重みを持ってくるように弾くんです。 2拍目と4拍目は軽く弾きます。 2拍目と4拍目が重いと野暮ったい感じになります。 弾き方によって曲の雰囲気はとても変わります。 スタッカートの仕方によっても違います。 緩いスタッカートにすれば優しい馬にもなりますし、鋭いスタッカートにすると攻撃的な馬になります。 他にもテンポ設定でも雰囲気は変わります。 少しゆっくり弾くと、牧場の感じになりますし、速く弾くと競走馬の感じが出ます。 どんな「乗馬」したいのかよくイメージして弾いて見て下さい。 ブルクミュラーは多分テクニックよりも、表現をつけて欲しいという思いでこの曲集を作曲したのだと私は思います。 どの曲も自分なりのストーリーを作って、楽しんで弾いて下さい。

次の

ブルクミュラー:25の練習曲:全音オンラインショップ

ブルクミュラー

con Vivace Piano Concierge 一般的にブルグミュラー25番はどの位の年齢で終えると順調?• ブルグミュラー25番の進度について ネットで検索すると、 「ブルグミュラー25番は小学校低学年で終えた」 「のんびりやっているので小学校2年でブルグミュラー25番に入りました」 はたまた 「幼稚園児です、ブルグミュラー25番を終えてソナチネをしています」 と、私からみれば驚くほどの進度の早さに「本当なの?」とびっくりしてしまいます。 私は長年ピアノを教えていますが、恥ずかしながらブルグミュラー25番は 進みの早い子で小学2年生から 割と順調な子で小学3年生から のんびりしている子だと小学校高学年で使用しています。 (しかも中学受験などない地域です) だいたい一般的にブルグミュラー25番はどの位の年齢で終えると「順調に進んでいる」というレベルに値するのでしょうか? インターネットが普及したことで、生活がとても便利になりました。 しかしその反面、情報量がとても多く、また誰でも匿名で情報を流せる事もあり、情報の信頼性に疑問を持つこともしばしばあります。 残念ながら、全ての情報が正しく事実に基づいているとは限りませんので、鵜呑みにしないことも必要なようです。 さて、進度についてのご質問ですが、 生徒さんがピアノを始める時期も異なりますので、年齢で区切ってお話をするのは少々危険で、 また「どのくらい曲を仕上げたら完成」とするのかという線引きも、指導する先生によって異なりますので、それも進度に大きく影響することになります。 そのため、ほんの参考程度としてお話をいたします。 私の経験では、小学校高学年でブルグミュラーを使用している生徒さんも多く、小学校4・5年生くらいでブルグミュラーを終えてソナチネに入るペースですと、 結構進んでいる方です。 これまでの最短は、小学2年生でブルグミュラーを終えた生徒さんがいましたが、極めて稀ですね。 将来、音大へ進むということであれば、進度をある程度気にする必要がありますが、ピアノは進度だけではなく、曲の完成度や表現がより重要となりますので、 使用している教材に関わらずに、生徒さんがいつも一定期間で曲を仕上げているような場合には、「順調に進んでいる」と言ってよいと思っています。 「」でも、一般的なピアノの進度について書いています。 このページの内容に関連するページ: ブログ.

次の

ブルクミュラー:25の練習曲:全音オンラインショップ

ブルクミュラー

「ブルクミュラー 25の練習曲」と呼ばれ長らく親しまれているこのエチュードは、19世紀の半ばにフランスで誕生した。 曲集のタイトルをフランス語の原題どおりに訳すと、『ピアノのためのやさしく段階的な25の練習曲——小さな手を広げるための明解な構成と運指 作品100』である。 作曲者のフリードリヒ・ヨハン・フランツ・ブルクミュラー(1806〜74)はドイツのレーゲンスブルクに生まれ、デュッセルドルフで育ち、26歳でフランスに渡ってパリで活躍した。 当時のパリといえば、産業や鉄道インフラ整備が進み、芸術活動においても華々しい熱気を帯びた国際都市である。 外国人のブルクミュラーは、同地の音楽文化の勢いに乗るようにしてピアノ教師、サロン音楽の作曲家、そしてバレエ音楽作曲家として名を馳せた。 「25の練習曲」作品100のエチュードを出版したのは1851年。 作曲家としてはバレエ音楽の成功などですでに一定の評価を獲得し、ピアノ教師としてはベテランの域に到達していた45歳の頃である。 彼の遺産や自筆譜などの大半は現存していないため、どのような経緯や目的でこのエチュードが作られたのかは定かではない。 しかし、性格小品集や練習曲集があまた生まれた19世紀のピアノ文化最盛期にあって、ブルクミュラーは初心者たちのために、当時流行の音楽様式のエッセンスを伝え、同時に基本的なピアノの演奏技術の向上をはかることのできる良質なエチュードを作ろうとしたに違いない。 「アラベスク」(シューマンに続く)や「バラード」(ショパンやリストに続く)など、最新のロマン派ピアノ曲らしい標題を取り入れ、「スティリエンヌ」「タランテラ」「舟歌」といった舞曲や性格小品の様式に、「小さな手」のピアノ学習者たちでも親しめるように、さまざまな工夫を凝らした。 片手が1オクターブを超えた音域を押さえる曲はない。 調号は4つまで(As durの「舟歌」が最多)。 初版はどの曲も2ページ以内に収められている。 ピアノ教師としての長年の経験から、当時の慣習や楽器の特性に見合ったフレージングや運指が施されている。 初版はパリのブノワ・エネ社から1851年に発売され、翌1852年にドイツの都市マインツにあるショット社からも出版された。 現在ではインターネット上の電子図書館でこれらの初版譜が容易に確認できる。 なお、作品100は3巻組みを想定して書かれたエチュードのうちの第1巻にあたる。 第2巻は「18の練習曲 作品109」(1858)、第3巻は「12の練習曲 作品105 」(1854)である。 第2巻の「18の練習曲」は同時代のフランスの作曲家ステファン・ヘラーに、第3巻の「12の練習曲」は当時のパリ音楽院の院長であるD. オーベールに捧げられている。 ちなみに、ブルクミュラーはすでに1838年の段階で、3巻本からなる導入期用の教則本をヨーロッパ各地で出版している。 このテキストは完全に初歩段階から学べるようになっており、「25の練習曲」は、レベル的にはその続きにあたることにも言及しておきたい。

次の