ボイス 10話。 ボイス2、10話のあらすじネタバレ結末の感想

【ボイス110緊急指令室/日本ドラマ】最終回(10話)ネタバレ感想:本郷雫は父に殺され父辰夫は自害【唐沢寿明 ・真木よう子主演ドラマ】

ボイス 10話

樋口と雫が直接対決! は石川を探しに雫の別荘へと向かう。 そこで樋口は雫の車と真新しい血痕を見つけたため、が中にいると確信する。 別荘の中で石川は血まみれになりながら必死に雫に抵抗していた。 しかし雫に殴られ蹴られ、石川の意識は遠のいていく。 そして鈍器のようなもので雫は石川を何度も何度も殴るのだった。 樋口は別荘の中に入るものの人気がなく、雫と石川がどこにいるのか分からなかったが、ひかりが現場音を聞いて地下室の存在に気が付き、地下室へと向かう。 雫はその様子を防犯カメラで見て楽し気に笑っていた。 そして雫は遠隔操作で別荘内のセキュリティを強化するのだった。 なんとか樋口が地下室に辿り着くものの、そこで樋口が目にしたのは血まみれで横たわる石川の姿だった…。 すると後ろから雫が登場し樋口に奇襲を仕掛ける。 樋口と雫は激しい銃撃戦を交え、樋口は「ここで路上生活者を殺していたのか!それに気づかれそうになってうちの奴を…!」と怒りに震える。 そんな樋口に雫は「調子に乗るからだ。 それに真実を打ち消したのはあなたの弟分ですよ」とあざ笑う。 激闘の末に樋口が打った銃が雫の肩を貫通する。 するとその時、強行犯係が到着し、雫を取り押さえるのだった。 雫が服毒自殺?! 現場に合流したは、楽し気に笑う雫に「もう逃げられない」と告げるが、雫は尚も笑い「私は狂っているんですか?私から見ればあなた達の方がよほど狂っている。 何が楽しくて毎日生きているのか。 」と言いのける。 その後すぐに雫が逮捕されたというニュースが全国放送で流れ、本郷ホールディングスは炎上し、本郷ホールディングスと繋がっていた港東警察署長・田所賢一も地位を失うことになった。 その頃、雫の父で本郷ホールディングスの会長は、雫の搬送先の院長に怪しげな連絡を入れていた…。 樋口とひかりの元には、雫の容態が急変し意識不明だと無線が入る。 不審に感じた樋口とひかりは病院へと向かうのだが、たった今雫が青酸カリを使って服毒自殺を図り死亡したと告げられる。 そして雫の処置を施したのは院長だという。 するとその時、雫を乗せたストレッチャーが地下駐車場から運び出されたことに気付き、二人は急いで地下駐車場へと向かう。 そして雫が車で運び出されたと同時に二人が到着し、急いで緊急指令室に今出ていった車の車両照会をするよう指示するが、偽装ナンバーのため調べることはできなかった。 雫は会長のもとに到着し、会長は雫に韓国行きのチケットを渡す。 そんな会長に雫は「僕がこうなったのは誰のせい?今まで僕がやったこと何も言わなかったじゃない。 」と告げ、会長は「お前の罪は私の罪だ。 お前のためならなんでもする。 とにかく今は身を隠せ。 そして生きてくれ。 」と言う。 すると雫は「あの日、父さんは嬉しそうだった。 父さんが人を殺した時、父さんは嬉しそうだった。 」と狂ったように笑いだし、会長は何も言葉を発することが出来なかった。 ひかり絶体絶命! 樋口達は雫が出航するであろう港へ待ち伏せする。 間もなくして雫の車がやってくるのだが、こちらに気が付いた雫は逃亡を図る。 そんな時、ひかりは署長から呼び出しがかかる。 ひかりが署長室に向かうと、署長の席に座っていたのは田所ではなく、雫だった…。 先ほど港に現れたのは雫ではなく、偽装工作だったのだ。 緊急指令室には雫から「急いでください。 これから私は橘ひかりを殺します。 」と通報が入る。 間もなくして雫がひかりのこめかみに銃を突き付けながら緊急指令室に入ってくる。 雫は「全員外に出てください」と命令し、扉のロックをかける。 そしてひかりを今にも撲殺しようとしながら「さて、生きてるうちに樋口彰吾は到着できるかな」とニヤニヤ笑うのだった。 そんな雫にひかりは「あなたは悲しい人よ。 孤独なのよ。 私ならあなたが抱えてきた悲しみを聞くことができる。 」と告げるが、雫は「哀れみなどいらない。 」と言って振りかぶるのだが…。 その時、雫の振り上げた腕に銃が貫通する。 樋口が撃ったのだ。 樋口は初めから雫が逃亡する気などないと見抜いており、港に一度行ってから再び緊急指令室に戻ってきて中で待機していたのだ。 雫の驚きの末路 樋口は雫の額に銃を突きつけ、「ここがお前の墓場だ」と告げ、その後雫がいつも使っていた鈍器のような凶器を雫に向けて振りかぶるのだが…雫には当てず雫のすぐ横に落下するのだった。 樋口は「俺はどうやったらお前を一番残酷に殺せるか考えてたんだ。 でもお前に会って全て無駄だと分かった。 生きろ。 平凡な日常を生きてみろ。 それがお前にとって一番の苦痛だ。 」と告げ、「本郷雫!殺人容疑で逮捕!」と叫ぶのだった。 その後、樋口は一人息子の大樹が入院している病室を訪れ、寝ている大樹に「大樹、パパ約束果たしたぞ。 悪い奴捕まえた。 夢の中のママ、笑ってるか?」と囁くのだった。 翌日、ひかりは父の殺害現場を訪れ、花をたむけていると、樋口も未希の殺害現場に花をたむけて「待たせたな、未希」と告げていた。 重体だった石川は目はまだ覚まさないものの容態は安定し、快方へと向かうのだった。 雫の末路はというと、なんと会長に刺されて死亡し、会長も「雫、地獄で会おう!」と叫び、自らの腹部を刺して自殺するのだった。 その後、ECUは正式に発足となる。 ついに最終回を迎えました! 最初から最後まで1分たりとも目が離せない緊迫したシーンが続きましたね! 樋口は雫を殺さず、雫にとって一番の苦痛になるであろう「平凡な生活」を送らせることを選びました。 確かに雫を殺したところで、『狂人』の雫にとってはそんなこと辛いことではありませんもんね。 しかし、なんとラストで雫は父親である本郷会長に刺殺されましたね!会長も自殺しましたし、この展開にはとても驚きました。 また、石川が死なないでくれて本当に良かったです。 あんなに雫に殴られても生きているなんてすごいです。 早く元気になってまた樋口とバディを組んで欲しいです。 このドラマは1話から最終話までずっと脚本も出演者の演技も素晴らしくて飽きることなく毎週楽しく視聴することができました。 とても素晴らしいドラマでした! ドラマ「ボイス 110緊急指令室」最終回10話のTwitterの反応と考察 めっちゃ面白かった。 最終回も、最初から最後まで見応えあって最高。 — 100万円当選の為に生きる。 あとちょいグロある。 ちょいね。 最初は怖そうで見ないかもと思ったのに惹き付けられて終わってしまうの寂しいです。 『ボイス』(보이스)は、OCNを運営する韓国のケーブルテレビ「CJ ENM」で放送された韓国のテレビドラマである。 日本では『ボイス〜112の奇跡〜』のタイトルでDVD販売、動画配信が行われている。 シーズン1は2017年1月14日から3月12日まで全16回にわたって放送。 主演はチャン・ヒョク。 シーズン2は2018年8月11日から9月16日まで全12回にわたって放送。 主演はイ・ジヌクとイ・ハナ。 シーズン3は2019年5月11日から放送されている。 主演はイ・ジヌクとイ・ハナ。 2019年7月期に日本テレビにおいて、『ボイス 110緊急指令室』(ボイス 110きんきゅうしれいしつ)のタイトルでリメイクの上、放送される予定。 より引用 ボイス 110緊急指令室 関連記事・2019夏ドラマネタバレ感想記事とキャストあらすじまとめ記事.

次の

ボイス 110緊急指令室/最終回:第10話/見逃し無料動画|樋口とひかり、二人の戦いに打たれる終止符とは……

ボイス 10話

youtubeや、パンドラや、デイリーモーション等々・・・ [st-kaiwa1]違法アップロードされた動画を、無料で見るリスクもあることをご存知ですか? ウイルスに感染で、個人情報漏洩・・・ 著作権で違法しているので、すぐに削除されて全部見れないなどなど・・・ 被害が生じる場合があります。 そういう場合は、自己責任になってしまいます。 危険と隣り合わせの違法サイトを見るのは避けましょう。 実際ウイルスに感染した人がいます。 このようになったら、後悔しても・・・後の祭りです。 お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。 ボイス 110緊急指令室最終回10話の見逃し以外にHuluで7月に視聴可能な動画作品 ボイス 110緊急指令室最終回10話・見逃し以外にも楽しめる有益な 動画配信サービス、Huluについてです。 お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。 室内に人気は無いものの、現場音を聞いたひかり 真木よう子 が地下室の存在に気付き、向かう樋口。 すると、そこで樋口を待っていたのは血まみれで倒れている石川だった…。 怒りに震える樋口に奇襲を仕掛ける雫! 樋口と雫の激しい銃撃戦が繰り広げられる! 激闘の末、駆けつけた強行犯係によって取り押さえられた雫は、怒りの治まらない樋口を楽しげに挑発して…。 現場の樋口に合流したひかりは「怪物を作るのは人」だと話し、歪んだ父子関係によって殺人鬼となった雫の心中を想像する。 そんな中、雫の容態が急変し意識不明だと無線が入りー。 不審に思った二人は病院へ向かうが、処置中に雫が服毒自殺を図って死亡したと告げられる……!! 周到な筋書きに疑念を抱く二人は、雫を乗せたストレッチャーが地下駐車場から運び出されたことに気づくが……! 最後まで目が離せないスリルと衝撃の最終回! 公式より引用 ボイス 110緊急指令室 最終回10話評判・感想 ボイス 110緊急指令室 最終回10話のみんなの評判や感想です。 笑ってる やっぱかっけえ。 かっけえのにこわいって凄いなあ。 こんなにかっこいいなんて今まで気づかなかったぜ — こしあん koshiansuki777 最終回の終わりかた。 雫とお父さんが死んで、スッキリ終わるわけじゃなかった。 そして世の中から事件は無くならないから、ECUは必要。 次の事件が起きてたから、続編に期待。 でも本当は、ECUなんて無くてもいい世の中がいいんだけどね。 — Jumi Jumi78273714 ボイス終わっちゃた でも最初は見れるかなぁって思いつつ どんどん話に夢中になって まさかの透ちゃんも あんなに話に絡んでるとはまったく思わなかった。 父は抱えきれない罪悪感と責任を感じ償いの為に雫を刺し、自分も自害した。 本郷親子は救いようのない哀しき悪役でもあったのだ。 普段があぁいう人柄だからこそ陰をやらせたら最高なんだろうな。 時間経過した場合は、配信が停止されている場合もありますので、 にて、お確かめください。

次の

ボイス 110緊急指令室の続編や映画化はある?最終回の結末はどうなる?

ボイス 10話

ある日、犯人を追いかけ張り込み中だった彼は、突入直前の妻からの電話を無視してしまう。 その頃、誕生日である夫に、手作りのお弁当を届けようと家を出たジヘ。 その途中で何者かに襲われ、夫に電話をかけるが繋がらず、112通報センターに助けを求めるが、無残にも殺されてしまう。 彼女もまた、ジヘを殺した犯人と同一人物に、父であるグックァンを殺されてしまう。 ジヘ、グックァンの殺害容疑で犯人が逮捕され、裁判が始まる。 事件当時に電話応対した彼女は、容疑者として捕まった犯人の声が違うと証言し、その容疑者は釈放されてしまう。 グォンジュの証言のせいで、妻を殺した犯人を釈放されてしまったジニョクは、彼女を恨むようになり、無気力な毎日を過ごす。 論理的に行動するよりは、感覚で行動し、武闘派のジニョク。 対照的に、グォンジュは論理的な思考で行動し、お互いの足りない部分を補いながら、妻と父を殺した真犯人逮捕を目標に、日々起きる事件を解決していく。 真犯人逮捕を隠れた目標とし、ゴールデンタイムチームを結成したグォンジュ。 そのメンバーに選ばれたヒョノは、天才的なハッキング能力を生かし、現場のジニョクと、指揮をとるグォンジュのサポートに徹する。 もともと空港警察勤務だったウンスは、妹が事件に巻き込まれた際、ゴールデンタイムチームに救ってもらったことをきっかけに、同じチームとして働き始める。 ジニョクの後輩にあたる刑事デシクは、彼を兄のように慕い、いつも行動を共にする頼もしいパートナーだが、後半に進むにつれて実は秘密を持っていたことが明らかになり・・・。 ジヘとグックァンを殺した黒幕は、金と権力を持ち合わせた人物。 その力を使って、警察庁勤務の人々も言葉巧みに脅していき、誰が仲間なのか、スパイなのか、ドキドキハラハラした展開が続いていきます。

次の