風邪 一晩で治す方法。 風邪に対する考え方(4)風邪を早く治すには?

風邪に対する考え方(4)風邪を早く治すには?

風邪 一晩で治す方法

Sponsored Link 風邪の原因や症状を抑える成分などを知っておく 風邪は ウイルスによって起こる感染症です! 今だに風邪に効く薬は開発されていません。 だから風邪薬は、風邪自体を治すのではなく、風邪の諸症状を和らげる薬なんです。 熱・・・・・・・・ アセトアミノフェン、イブプロフェン、エテンザミド(解熱)• 頭痛や関節痛・・・ アセトアミノフェン(鎮痛)• 炎症・・・・・・・ イブプロフェン、トラネキサム酸• 鼻水や鼻づまり・・ クロルフェニラミン、マレイン酸塩、フマル酸• 咳・・・・・・・・ リン酸ジヒドロコデイン、dl-メチルエフェドリン塩酸塩 となりますが・・・、子供の服用をおすすめしない成分が入った薬もあります。 Sponsored Link 風邪を治すには自然治癒が一番 自然治癒力を育てよう! はぁ!?俺は早く熱を下げたいんだよ何言ってんの! と思いますよね。 でも、 後々のことを考えると薬を極力飲まない方がいいんです。 自然治癒力が育ちませんからね。 とりあえず、薬を使わない方法を試してから、どうしても熱が下がらないなら病院に行くか薬を飲むことをおすすめします。 で、子供も大人も早く風邪の症状から脱出したいのであれば、 3つのポイントを理解しておくことです!• 睡眠・・・ 体力回復。 あらゆる方法で睡眠をとる。 栄養・・・ 消化のいいものを摂る。 卵がゆがおすすめ!• 水分・・・発熱で水分が失われるので 水分補給は忘れない。 なぜなら、 身体が自力で治そうとしなくなるからです! こちらの も読んでみるといいと思いますよ。 Sponsored Link 熱を下げる荒治療 人それぞれですが、意外にやっている人が多く熱を下げる荒治療!を紹介します。 もちろん私もやってます。 実際に私は熱が出るとこの方法で次の日には熱が下がっています。 自分には合っているのかもしれませんが、この方法は批判的な意見も多くあることも知っておいてください。 それを踏まえてあえて紹介します。 ポイントは、 身体を温めること 汗をかくこと 水分を摂ることの3つです!• 42度~43度の熱い風呂に入る。 すぐ暖まる(熱い)ので約5分で出る。 ビタミンCが入った暖かい飲み物をすぐ飲む。 HOT蜂蜜レモンorゆず茶など• 部屋を暖かくして風呂から出たらすぐ布団に入る。 身体は冷やさない!• 汗をかいたら着替える(2~3回ほど)• 水分補給を必ずする(HOT蜂蜜レモンか常温のポカリ)• あれば 栄養ドリンクを飲む。 飲まなくてもOK どうしても 確実に風邪(熱を下げる)を治したいときは、この方法に栄養ドリンク と小児用ジキニンのシロップを飲むこともあります。 ジキニンの飲み方は、 でポイントや副作用について紹介されてますから読んでみてください。 この方法で過去に何度か飲んでみましたが、テキメンでした。 部屋を暖め加湿器などで 乾燥を防ぐ。 か、布団に入ったら暖房を切る。 布団に入ったら首までしっかり毛布でカバーする。 紹介した荒治療ですが、「やってみようかな」と思ったら試してみる価値はあるかもしれません。 どうしてものときは、病院に行くことをおすすめします。

次の

風邪を早く治すために覚えておきたい3つのポイント|一般内科|東京都墨田区両国の湘南メディカル記念病院

風邪 一晩で治す方法

喉の痛みの原因とは? 「風邪のひきはじめはいつも喉の痛みから」というほど、頻繁に喉の痛みに悩まされている人も多いと思います。 「喉が痛いだけ」と思われがちですが、声を出したり飲み食いするだけでもつらく、仕事への影響もあるので一日でも早く治したいですよね。 この喉の痛みの多くは、 細菌やウイルスに対する反応で喉が炎症している状態のようです。 空気や食べ物の通り道であるのどは、外界に近いため、外敵の侵入を防ぐ機能を備えています。 のどは、粘膜で守られていますが、ウイルスや細菌などによって破壊され体が傷つくと、体を守ろうとする防御反応によって炎症は起こります。 炎症が起きているところは、赤くなり、熱を持ち、腫れ上がり、痛みを感じます。 細菌やウイスルに限らず、声の出しすぎ・タバコの吸い過ぎ・過剰なアルコール摂取などから喉の炎症が引き起こされることもあるようですね。 喉の痛みを治すには、この炎症を抑えなければなりません。 細菌やウイルスの感染であればまずはそれらを取り除くことも大切です。 この時の対処方法として重要なポイントは以下の通りです。 喉の痛みを一瞬で治したい時にできる7つの対処方法 ここからは、喉が痛い時にできる7つの対処方法をご説明します。 自宅や職場でも簡単にできるものばかりですので、できる限り徹底しましょう。 喉が痛い時は湿度に注意!加湿器で部屋の湿度を調整 湿度が低く乾燥している状況は、身体に様々な悪い影響があります。 空気が乾燥していると細菌やウイルスの活動が活発になります。 つまり菌の繁殖を促進するわけです。 部屋の湿度調整は風邪の予防にもなりますので、日頃から一定の湿度を保つことがとても大切。 そして喉が痛い時は、いつも以上に部屋の湿度を気にかけ、保湿を心がけましょう。 部屋の大きさにあった加湿器の設置(なければ濡れタオルなど)や、使用する暖房機器の選択など、ウイルスの活動を抑えられる環境を整えましょう。 イソジンがなければ緑茶でうがいするのも効果的と聞きますし、もちろん水道水だって大丈夫!とにかく定期的なうがいを意識して行うことが大切です。 うがいをすると、口腔内 喉 の細菌やウイルスを洗い流すことはもちろん、乾燥した喉を潤す効果もあるそうです。 保湿の大切さは上述のとおりですが、それはうがいでも効果があるわけです。 喉が痛い時はマスクを着用していつも以上に乾燥対策 喉の痛みや、その他風邪の症状がある時はマスクをしましょう。 マスクを着用すると、風邪の細菌やウイルスを周囲にまき散らかさないことはもちろんですが、喉への保湿効果が期待できます。 マスクをつけていると自分の吐いた息がマスク内を循環して湿度を保ってくれます。 何の変哲もない普通のマスクでもいいですが、マスク自体に湿度のある「濡れマスク」もありますので、そういった高機能マスクを使うとより高い保湿効果が期待できます。 またマスクと同様に保湿効果が期待できるのが「のど飴」です。 のど飴を口に入れていると唾液が出るので自然と喉が潤います。 マスクをずっと付けているのが苦手な方もいらっしゃいますが、そのような時は、のど飴を舐めて保湿を心がけましょう。 喉が痛い時は水分補給も大切!乾燥対策になります。 喉が痛い時には水分補給も大事です。 うがいと同様、水分補給によって喉を潤すことができるので口腔内の乾燥対策になります。 ただし あまり冷たい飲み物は身体を冷やしてしまうので、常温からぬるめの飲み物が適しています。 うがいと同様に緑茶を飲むといいですね。 紅茶もいいと言われています。 ただしお茶や紅茶は利尿作用が強いので、そればかり飲むのではなくミネラルウォーターなど他の飲み物も飲みましょう。 反対に飲むのを控えたほうがいい飲み物は、炭酸飲料やお酒(アルコール)。 喉の痛みを早く治したければ一晩(治るまで)我慢してください。 殺菌効果や炎症を抑える効果がある、もしくは喉に優しい食べ物を選ぶ 喉の痛みを一晩で治したければ、食べ物もできるだけ喉の痛みに効くものを食べたほうがいいです。 一例ですが、 長ネギ・玉ねぎ、生姜(しょうが)、大根おろし、にんにく、はちみつなどが喉にいいと言われています。 それぞれ特長は異なり、殺菌効果・消炎効果・血行促進によって身体を温める効果などがあります。 特にはちみつは、ビタミンが豊富に含まれていることもおすすめ理由とされています。 反対に唐辛子や柑橘系などは喉への刺激が強いので、喉に痛みがある時は控えたほうがいいですね。 食べ物ではありませんがタバコもNGです! 喉周辺を温めて免疫力アップ 喉の痛みを一晩で治すには体の免疫力を高めることが大切です。 体温が上がると免疫力は上がると言われているので、できるだけ喉を中心に身体全体を温めます。 冬の外出時であればマフラーの着用は必須です!寝るときもできるだけ喉を暖かくして眠るようにしましょう。 ちなみに僕は、ネックウォーマーを着用して寝ます。 これなら寝返りなどしても取れてしまうことがないですし、何より温かい! ネックウォーマー選びには暖かいことはもちろんですが、睡眠に影響しないよう肌に優しい天然素材のものがオススメです。 特にシルク素材は、保湿力が高く肌に優しい素材なのでおすすめです。 なかにはこのようにシルク素材のネックウォーマーで、口まで覆えばマスクにもなる一体型の商品もあります。 喉周辺を温め、そして保湿効果にも期待しながら眠ることができます。 こまめにうがいをして喉を洗浄• 常温からぬるめの飲み物(水、緑茶、紅茶など)で喉を潤す• 喉が痛い時は刺激が強いものは口にしない• 移動中はマスクを着用して乾燥対策。 のど飴があるとさらに良い• 室内は加湿器や濡れタオルで湿度をあげる• 寝る時は喉周辺をネックウォーマーで温める• 寝る時もマスクを着用することで保湿効果• 喉の炎症を抑える市販薬「ペラックT錠」「のどスプレー パープルショット」を服用する また細かいことですが、喉が痛い時はなるべく喉を使わないようにすること(喋らないこと)も大切です! これらの対処方法を徹底すれば、経験上、喉の痛み・イガイガが気になり始めた初期段階なら 一晩で喉の痛みを治すこともあります。 1日でも早く喉の痛みを治すには、とにかく早めの対処が大切。 色々と対処方法をあげましたが、どれも難しいことではありませんので、できることからすぐにでも実践することをオススメします。 また時間が作れるようでしたら、医師への相談が間違いありません。 喉の痛みが悪化してつらくなる前に対処していきましょう!.

次の

症状別!風邪をひいてしまったときにおすすめの食べ物とは?コンビニでおすすめの食べ物も紹介|からだカイゼン委員会|株式会社 明治

風邪 一晩で治す方法

私って、職業柄かもしれないけど、結構な健康オタクです。 なので、風邪をひいたら一晩でも1日でも早く治したいし、そもそも風邪をひきたくもありません。 10年ぐらい前から、薬やサプリ、食品の知識や私の体験をいかして、風邪を早く治す方法や、風邪をひかない方法を研究というか、自分で試しています。 「風邪を早く治す方法」というと、『薬を飲む!でしょ』と思ったかもしれませんが、残念がら「ハズレ」です。 ドラッグストアの薬やお医者さんが処方する薬は、基本的に全部、対処療法の薬です。 つまり、咳(セキ)がでるなら、咳止め。 熱があるなら、解熱薬、 のどが痛いなら抗炎症剤(痛みを鎮める薬)なわけです。 実は、どの薬にも風邪自体を治す成分は、入っていません。 つまり、あなたが通常飲んでいる薬は、咳や熱などのツライ症状を押さえる効果を期待するものなので、風邪自体は自然に治るのを待っているだけなのです。 (ただ、漢方薬の『葛根湯』だけは別。 葛根湯は体を温めて、風邪自体を早く治す効果があります) だから、お医者さんの薬や薬局の薬を飲んでも、症状が軽くはなりますが、風邪自体が早く治るってことはありません。 (薬剤師の私がこんなこと書いていいのかなー、と思いますが、誰でもちょっと調べれば分かる事実だから問題ないですね。。 ) 風邪をやっつける薬はまだ世の中にありませんので、風邪を早く治すには、体の免疫力を高めるのが今のところ一番です。 風邪を早く治すために免疫を高める3つの方法 風邪を早く治すことを目的に、免疫を高める方法をお話しします。 これらの方法は、「風邪に効く」とか、「免疫を高める」と言われている方法を調べ、色々と自分で実体験しながら、一番効果があるものだけを集めた方法です。 私や私の家族は、風邪をひきかけたとしても、これらの方法を1つ、2つ行えば、風邪をひかないし、もし風邪をひいても1日、2日でほぼ治ってしまいます。 それも、風邪薬を飲まないで治っていますので、効果は明らかにあると思っています。 風邪を良くひく人や、そもそも風邪をひきたくない人は、ぜひ試してみてください。 風邪を早く治すために、私がやっている免疫力を高める方法は、次の3つです! ビタミンCを多めに飲む 「ビタミンCを 多めに飲む」と、ひかえめに書きましたが、風邪の予防や風邪を早く治すためには、一定量以上を飲む必要があります。 私は、風邪予防のために毎日、ビタミンCのサプリメントを1回1,000㎎、朝晩の1日2回飲んでいます。 (1日のビタミンC量は2,000㎎) で、風邪をひいてしまった時には、朝昼晩と、昼の1回増やして、1日3回飲むようにしています。 (1日のビタミンC量は3,000㎎) ちなみに、ビタミンCの一般的な一日最低必要量は100mgとされています。 そんなたくさん飲むと副作用があるのでは? と思われるかもしれませんが、ビタミンCは過剰にとっても、尿として流れ出てしまうので、たまに下痢気味になる人がいるぐらいで、ほとんど副作用はありません。 それよりも、ビタミンCが不足したときは、壊血病になったり、風邪をひきやすくなったり、老化が進むことになってしまいます。 特に、ストレス時や病気になった時にはビタミンCの必要量が増加します。 このことは重要な割には、あまり一般には知られていません。 でも、ちゃんと学術的にも、世界的にも証明されていることです。 ビタミンC 3,000㎎は、一回に全部飲まずに、1日3回、1000㎎ずつ飲むようにしてください。 朝食後1000㎎、昼食後1000㎎、夕食後1000㎎とできるだけ分けるのがポイントです。 そうすれば、ビタミンCの血中濃度が常に高まるので、あなたの体が力強く風邪菌をやっつけてくれますよ(免疫力が高まる)。 ビタミンCの購入場所ですが、ドラックストア等で売っているビタミンCのサプリメントでOK(錠剤でもカプセルでも同じ)です。 「ビタミンCの粉末を買う」という方法もありますが、飲むときに必要な量を量るのが手間だし、溶かす必要もあります。 体を温める 次に、「体を温める」必要性についてお話します。 風邪というのは、体が冷えるとかかりやすくなります。 寒い冬にコートも着ずに外に長時間いたり、風呂上りに体を冷やしたりすると、風邪ひいてしまったりします。 これはどうしてなのか、知っていますか? 体温が低下すると免疫が低下する 体が冷える(体温が低くなる)と免疫が低下するからです。 体温が低くなると、風邪菌をやっつける免疫細胞の活動がにぶくなるのです。 では、次に逆のことを考えてみましょう。 4度と37. 4度の比較)も上がるのです。 だから、私たちの体は、風邪をひくと、熱が37度とか、38度にあがって、自分の免疫力を高めることにより、風邪菌をやっつけようとするわけです。 なので、自分で体温を上げることができれば、免疫力を500倍に上がるので、悪い菌をやっつけてしまうことができるのです。 じゃあ、どうやって、自分の体温を上げるか? 体温を上げて免疫を高める2つの方法 体温を上げて免疫を高めるにはいくつか方法がありますが、今回は、簡単で効果が高い2つの方法を紹介します。 カイロを背中に貼る! これだけ。。 風邪をひいて寒気がする時などは早めに背中にカイロを貼れば、体温が上がって免疫力が急上昇するので、1日もしないうちに体が元気な状態にもどりますよ。 これは、やっている人はやっている方法なので、やったことが無ければ、一度やってみてください。 効果テキメンですよ。 効果の速さでは、ビタミンCを飲むより、即効性がある方法です^^ 葛根湯を飲む 風邪薬の「葛根湯」を飲むことも、免疫を高めて風邪を早く治す方法の一つです。 「葛根湯」は、日本で販売されている風邪薬としては、風邪を根本から治すという点で、唯一、風邪を早く治す効果がある薬です。 ですから、私は初めに「風邪薬を飲んでも風邪が早く治るわけではない」と書きましたが、例外が、この葛根湯です。 葛根湯は、漢方薬の一つで、「体温を上げる」働きがあります。 つまり、体温を上げることによって、体が持っている免疫力を高めて風邪を治すことを狙っているのです。 葛根湯は、カイロのようにソッコーで体温を高めるわけではないのですが、風邪のひき始めや体がゾクゾクするときに飲んで寝れば、体がポカポカ状態で寝ることができます。 朝起きてみると、だいたい風邪は治っていることが多いです。 私の家族は、ここ10年ぐらい、通常の風邪薬は使ったことが無く、飲むとすればこの葛根湯です。 安全性とコスパ的に私が買っているのは、「クラシエ薬品 葛根湯エキス顆粒S」です。 睡眠時間を長くする 免疫を上げるための、最後の一つが、睡眠時間を長くする(寝まくる)こと。 体の免疫を高める方法として、今まで、「ビタミンCを飲む」、「体温を上げる」と二つの方法を紹介してきましたが、もう一つの免疫力を高める方法が、「睡眠時間を長くする」ことです。 「昼寝をしたり、よく寝ている人はあまり風邪をひかない」とか、「仕事が忙しくて睡眠時間が減った時に限って風邪をひいた」という経験があると思います。 この理由は「睡眠時間と免疫力はある程度、比例しているから」。 一般的に、睡眠時間が少ないと免疫が低くなるので風邪をひきやすくなり、たくさん寝ている免疫が高まり風邪をひきにくくなります。 ですから、風邪をひいたときは、早めに寝るのが一番です。 まあ、早めに寝るといっても、眠くなければ寝れないわけですが、私のとっておきの方法をご紹介しておきます。 名付けて、「寝る前のミルクバナナ」です。 寝る前に、ミルクバナナを作って、それを食べて寝ます! 体がポカポカしてきて、すごく眠くなりますので、夕方からでも寝れるぐらいです。 ホントに寝れますから、だまされたと思ってやってみてください。 まとめ 免疫を高めて風邪を早く治す方法を大きく3つ説明してきましたが、1、2個やるだけでも、かなり効果があります。 私は、風邪の予防法も研究、実践しているのでほとんど風邪をひかなくなりましたが、風邪をひいたときもこの方法を実践するだけで、1日ぐらいで治ってしまいます。 簡単だけど、本当に効果がある方法なので、風邪をひいてしまったときや風邪かな?と思った時はすぐにやってみてくださいね。 でも、本当は風邪を引かないようにするのが一番。 そもそも風邪を引かなくする方法があるので、ぜひ、チェックしてみてください。

次の