ループループする。 ループとは

Eve 惑星ループ 歌詞

ループループする

「レイジングループ」を発売しているのはケムコである。 「ナムコの間違い?」だとか「あの『シャドウゲイト』のケムコ?」などと言ってはならない。 今回は、この「レイジングループ」がなぜ素晴らしい作品なのかを7つの理由で解説しようではないか。 ネタバレは厳禁なタイプのゲームであるがゆえ遠回しな説明になるが、「レイジングループ」のことを少しでも気になってもらえるのであれば幸いである。 ただしそのすべてがダウンロード専用タイトルとしての販売であり、2017年1月25日についにPS4パッケージ版が発売されることになったのだ。 ダウンロードタイトルがパッケージ版になるということはさらに売れる見込みがあるということであり、同時により多くの人にプレイしてもらいたいということである。 そして必然的に、ゲーム内容もそれに伴うほど高レベルであることが多い。 それこそ世界中で爆発的な人気を誇る「マインクラフト」も今では各種ハード向けのパッケージ版が出ているし、も日本語化と同時にPS Vitaでパッケージ版が登場した。 よい作品がパッケージ化されるという例は、探せばいくつか見つかることだろう。 しかも「レイジングループ」は別に海外のゲームというわけではない国産タイトルである。 つまり、ローカライズの際にパッケージ版を同時に出すというわけではなく、純粋に「レイジングループ」をより推すためだけにパッケージ化が行われるわけだ。 ダウンロードタイトルを発売するのとは比にならないほど労力が要るパッケージ版を、それもケムコとしては10年近く行っていなかった冒険を行うという時点で、このタイトルに対する自信が読み取れるというわけだ。 「汝は人狼なりや?」をデスゲームとして、ノベルとしてうまく解釈している 本作は、「汝は人狼なりや?」、いわゆる「人狼ゲーム」を題材にしたノベル系アドベンチャーだ。 主人公の房石陽明(ふさいし はるあき)は、バイクで旅行をしている最中にとある山奥の休水(やすみず)という不吉な集落へと迷いこんでしまう。 そこでは霧が出たときに「黄泉忌みの宴」という殺人儀式が行われており、村人の中に潜んだ人食いの人狼を探し出してくくり殺さねばならない。 そう、誰が人狼なのかを疑い毎晩ひとりずつ殺す「人狼ゲーム」を、そのまま設定に取り込んだと言えるであろう。 しかしおもしろいことに、本作の目的はその宴で勝利目的を満たすことではない。 実は主人公は死ぬとループしてしまい、記憶以外のすべてを失いはじめからやり直すことになってしまうのだ。 こうなると事情は変わる。 生き残ることが重要になるのはもちろん、ループから抜け出すということが大きな目的となるわけだ。 なぜ休水という集落にはこのような儀式があるのか? いったいどんな存在がこんな馬鹿げた信仰を作り出したのか? 実際に怪奇現象が起こるのはなぜか? そして何より、なぜ房石陽明がループに巻き込まれているのか。 人狼や怪奇現象に狙われるという恐怖のみならず、大きな謎が存在するという違った種類の恐怖も味わえるのである。 無論「人狼ゲーム」そのものではないのだが、それらしさも用意されている。 殺人儀式が行われている休水では毎晩誰をくくり殺すか相談をすることになるわけだが、彼らは与えられた役割によって行動が変わってしまう。 あそこまで冷静な人物がなぜか感情的に、頼れるはずの人物が突然弱気に……。 ただでさえ人間関係がこじれた田舎だというのに、殺す立場になるか殺される立場になるかで霧の中身も不吉に変化するのである。 「文章を読むのが面倒くさい」と思う暇すらないほどスムーズに読めるテキスト 本作のディレクターおよびシナリオライターはamphibian(あんひびあん)氏が担当しているのだが、率直に言って氏はかなりの才能あるいは力量を持っていると言えよう。 おもしろい話を書けるのは当然なのだが、読ませ方にも十二分に注意を払っているであろうことが読み取れるのだ。 しかしながら「レイジングループ」は違う。 読み始めると次第に世界設定に心を掴まれることになり、少し興味があるからキリの良いところまで読んでみようと思えば大きな節目を迎え、次には結末を見たいと思わされることであろう。 シリアスな場面と冗談めかした場面の緩急、ひとつずつ提示される伏線と徐々に明かされていく真実。 その流れという文章は、水を飲むかのようにごく自然に読み手へと溶け込んでいく。 ……といってもこのあたりは実際に読んでみないとわからないだろうが、いずれにせよamphibian氏の実力に驚くことになるであろうという予言はしておく。 それこそ徹夜して読みたくなるテキストが展開されているのだ。 忘れることができないであろうヒロインたち 左が芹沢千枝実、右が回末李花子 「レイジングループ」には恋愛アドベンチャー的な要素もある。 これはあくまで本筋ではないものの、しかしながら各キャラクターのルートを見たあとには、それぞれのヒロインたちに対する思いが募ることであろう。 ヒロインは3名。 ヒステリー系ヒロインとも言われる巻島春 彼女たちの容姿だけを見ても特にこれといった感慨が湧かない可能性のほうが高いだろうが、ヒロインたちが持つ過去、そして事件に巻き込まれたがゆえに明らかになる弱みを見た瞬間、二度と忘れられないキャラクターになるであろう。 無駄なキャラクターが存在しない 本作を遊んで感心したのは、すべてのキャラクターに役割が与えられていると同時に、そういう人物であるという説得力があるところだ。 たとえその存在が全体的に見て端役だったとしても、誰かの友人や家族として、あるいは同じ地域に住む人間として、そして殺し殺される間柄として明確な役割が存在するのだ。 たとえば、はじめは嫌味なメガネのオッサンにしか見えない能里清之介(のさと きよのすけ)。 彼は村の名家のひとつである能里家の次男である。 当然ながら彼にはいけ好かない人物となってしまった背景があり、そして能里家に属することに大きな意味を持っている。 そういった各キャラクターの小さな真相が、ほとんどすべての人物に用意されていると言っても過言ではないのだ。 そして、その小さな真実が集まって真相への道が切り開かれるのである。 では、これまでの作品に登場したキャラクターたちの誕生日が祝われる。 なぜわざわざそんなことをしているのかと言えば、作品に登場するキャラクターは丁寧な描写がされているがゆえに、ひとつの存在としてプレイヤーたちにも認められているからだろう。 そしてその祝われる様子がまた、すべてのキャラクターに無駄がなく、大きな存在感を持っている証左のひとつであると言えよう。 ちなみにこれは、主人公の房石陽明に対しても同じことが言える。 彼はただのプレイヤーの分身ではないし、事件に巻き込まれた運の悪い哀れな主人公ではない。 房石陽明は間違いなく主人公である意味を背負っているのだ。 そしてまた、ひとりの魅力的なキャラクターであると言えよう。 すべてが解決される ここまで本作の魅力をいろいろと紹介したが、ひとつ気をつけて欲しいことがある。 それは、本作がミステリーものであるということだ。 たしかに日本の田舎で起こる恐怖体験ということで和風ホラーな要素もあるし、そういった場所の信仰や民俗学のような話も出てくる。 もちろん、恋愛アドベンチャーとしての側面もあるだろう。 ただ、「レイジングループ」は真相が明らかになるタイプのミステリーなのだ。 なぜループが起こっているのか、どうして非常識な殺人儀式が起こっているのか、そしてその背後に何があるのかといったところまで綿密に用意されており、そしてほとんどすべてが描かれている。 そのため、本作を「人狼ゲーム」として見たり、あるいは恋愛アドベンチャーとして見ると物足りない部分が出てくるだろう。 誰かをくくり殺すことが目的ではないのだし、ヒロインと恋愛を成就させることが目的ではないのだ。 終盤は真相へたどり着くための怒涛の展開が続き、それまで恐怖だったものが明確に見えるようになり、それこそジャンルが変化したかのように感じられるほどである。 もちろん、ほかの要素をあえて捨ててでも描いた真相は衝撃的なものである。 シナリオライターのこだわりがここにすべて込められていると言ってもよい。 その瞬間には、まさしくカタルシスが到来することであろう。 -デスマッチラブコメ-」に繋がる広い世界観 ケムコは以前に「D. -デスマッチラブコメ-」という作品を展開している。 これは女性に告白されると周囲を巻き込んで爆死してしまうアドベンチャーゲームなのだが、実はこの作品と「レイジングループ」には繋がりがあるのだ。 より正確に言えば、時と場所は違えど世界観は共通したものを持っているらしい。 別にこの作品を遊ばずとも「レイジングループ」を理解することができるだろうが、もし本作にハマったのであれば「D. -デスマッチラブコメ-」も読んでみるべきであろう(本作はおよびで展開中)。 ふたつの繋がりを理解した瞬間、「レイジングループ」の世界がさらに広くなったかのような感覚を得ることができ、さらにこの世界の続きを読みたいと思わせるような作りになっている。 なお、「D. -デスマッチラブコメ-」は告白されると爆死するというムチャクチャな設定が目につくが、内容はかなり真っ当だ。 いわゆるラブコメものに対しひとつの答えを出すというテーマを持ち、テンプレ的なキャラクターにもしっかりとした背景を持たせ、さらにはミステリーとしての側面もある。 こちらもまたamphibian氏の才覚が発揮された一品だ。

次の

人狼系ノベルADV「レイジングループ」を読み始めると徹夜するほど熱中してしまう7つの理由

ループループする

一致したら転記する 検索は繰り返し構文でループして値を確認し、条件に一致したものを抽出する、というパターンと決まっています。 まずは一番簡単な、 文字列が一致していたら、店舗IDを転記すると言うコードを作ってみます。 店舗一覧からラーメン屋の店舗IDのみを検索結果のシートに転記します。 Sub 完全一致検索 Dim i As Long '店舗一覧の行数のカウントアップ用 Dim j As Long '転記先の行数のカウントアップ用 Dim rw As Long '最終行取得用 Sheets "店舗一覧". Count , 1. End xlUp. C列の値が「ラーメン屋」と等しいときのA列に値を転記した 完全一致の時はセルの値が等しいかどうかをIfで条件分岐すれば、簡単に検索が可能です。 今回は別シートに転記する、と言う内容なので、転記先の行番号をカウントアップする為の変数を宣言したのがポイントです。 含んでいたら転記する 今度は完全一致ではなく、「含む」む店舗を検索しましょう。 店舗IDに5を含む店舗IDを抽出してみます。 Sub 含む検索 Dim i As Long '店舗一覧の行数のカウントアップ用 Dim j As Long '転記先の行数のカウントアップ用 Dim rw As Long '最終行取得用 Sheets "店舗一覧". Count , 1. End xlUp. Instrは何文字目に含むかを返す関数で、含まれていなければ0を返します。 よって、A列の値に5が含まれていない、と言う条件文にしました。 条件が合えば転記する 福岡のラーメン屋の店舗IDを検索しつつ、何件あるかをカウントしてみましょう。 B列が「福岡」かつC列がラーメン屋ならOKです。 Sub 含む検索 1 Dim i As Long '店舗一覧の行数のカウントアップ用 Dim j As Long '転記先の行数のカウントアップ用 Dim rw As Long '最終行取得用 Dim 店舗数 As Long Sheets "店舗一覧". Count , 1. End xlUp. " End Sub Ifの条件文の所に2つの条件をAndでつないで2つの条件を一致するようにしています。 いろいろと試してみましょう!検索結果の転記を高速化したい方は、配列、検索そのものを効率化したい場合は、予め検索する候補を絞る、と言った工夫をしてみて下さい! <お知らせ> Excel VBAでクラスやオブジェクトの概念と使い方を丁寧に解説し、ワンランク上の実力を目指すガイドを書きました。

次の

Windows 10で動画をリピート・ループ再生する方法(無料・標準機能)を紹介

ループループする

古代文明における車輪の発明は、馬車や自転車から鉄道、自動車など、その後何千年にもわたる移動手段のイノベーションの扉を開けることになった。 こうした新たな移動手段は、物資や人々をより遠くへ、より迅速に輸送することを可能にした。 だが新世代の移動手段のイノベーターたちが思い描くのは、こうした車輪に頼らないモビリティ技術だ。 彼らによる次なるディスラプションは、回転でなく浮揚によって実現する。 この「ハイパーループ」と名付けられた構想は、単なる移動に留まらず、都市と郊外の発展を再定義すると期待されている。 飛行機と同じスピードで地上を移動し、都市と都市を地下鉄の駅のようにつなぐ交通機関を想像してみよう。 は、旅客と貨物を最高時速 1,000 km 以上で輸送する。 電気モーターと磁気浮揚を利用した、地下鉄車両のような「ポッド」が滑り抜けるチューブは、地下や地上の高架、さらには水中にも建設が可能だ。 ハイパーループの利点はスピードに留まらない。 この技術では、従来の方法と比較して移動に必要な動力が非常に少なく、直接的な二酸化炭素排出量はゼロだ。 ポイント間の移動をオンデマンドで行うことができ、天候や渋滞の影響も受けない。 この移動手段が空想上の未来の話だという考えは、改める必要がある。 ハイパーループ革命の先頭を競うスタートアップ企業ヴァージン・ハイパーループ・ワンは、既にこの技術の実物大テストで成功を収めており、はハイパーループによる移動が今後 10 年以内に現実のものになると述べている。 変革する輸送 投資家で起業家のシャーヴィン・ピシュヴァー氏は、イーロン・マスク氏とともにハイパーループのアイデアを着想し、2013 年にヴァージン・ハイパーループ・ワンを設立。 当初は Hyperloop Technologies という社名だったが、リチャード・ブランソン氏のヴァージン・グループが 2017 年に行ったで、現在の社名に変更された。 同社は実用へ向けて着実に歩みを進めており、現在米国とインド、中東でプロジェクトが進行中だ。 ハイパーループは人々の移動、生活、就労の形を変える可能性を持っている。 移動時間について考えてみよう。 現在、ロサンゼルスからラスベガスへの移動時間は、自動車で 4 時間 17 分、飛行機なら 1 時間半 乗換時間を除く。 シカゴからセントルイスへは、自動車なら 5 時間、飛行機なら 1 時間 20 分だ。 ヴァージン・ハイパーループ・ワンを利用すれば、それぞれの移動時間は 30 分と 33 分にまでできる。 ネヴァダ州にあるヴァージン・ハイパーループ・ワンの試験走行用トラック [提供: Virgin Hyperloop One] 同社のシニア土木エンジニア、イスマエル・バブール氏は「ラスベガスに住みながらロサンゼルスで働くことができます。 サンタモニカから自動車通勤するよりも早いのです」と話す。 減圧チューブのインフラにより、ハイパーループは従来の移動手段以上に便利なものとなる。 乗客はポッドを任意に呼び出すことができ、直接目的地へ行くことが可能。 「ハイパーループに乗りたいと思ったら、5 分以内には乗車できます」。 これが社会に与える影響は圧倒的だ。 職場の近くに住む必要がなくなれば、遠く離れたコミュニティに移ることができる。 より低コストで、教育水準が高く、空気がきれいで、より高い生活の質を得られる場所への移住が可能となるのだ。 人々が去った都市部は人口密度が低下し、住民は汚染の減少や渋滞の緩和、住宅費の低下など、郊外同様の利点の多くを享受できる。 その結果、どちらのグループにも身体的な健康と経済状態の好転、教育の向上、雇用の拡大、より幸せな結婚生活など、ポジティブな成果がもたらされる。 「深く検討してみると、こうした可能性が見えてきます」と話すバブール氏は、ハイパーループでつながったコミュニティに住宅開発業者が群がり、社会的にだけでなく経済的にも便益が生み出されると予測する。 「ハイパーループでつながっただけで発展が加速する都市が増えていくでしょう」。 ハイパーループ・ワンの試験走行用トラックのトンネル内部 [提供: Virgin Hyperloop One] 課題の舵取り このハイパーループを実現するには、技術と規制の両方における課題の克服が必要だ。 技術上の困難に対処するため、ヴァージン・ハイパーループ・ワンはデザインへの戦略的なアプローチを行っている。 2019 年 11 月、同社はオートデスクとのを発表。 ハイパーループ路線のデザイン、建設、運用、管理の最適化にオートデスク ソフトウェア 、、、 を活用している。 ヴァージン・ハイパーループ・ワンは、より良い決定を行えるよう、プロジェクト ライフサイクルの全段階で実際の状況を取り込み、またシームレスなクラウド コラボレーションを採用することで オートデスクの プロジェクト デリバリー プラットフォームを使用 、ハイパーループ産業を推進しつつ、鉄道や幹線道路の経路最適化など、従来の形態の移動手段にも副次的な便益を提供する。 技術的課題には、まず乗客の安全と快適さが挙げられる。 ハイパーループを快適なものにするため、エンジニアはシステムの配置、つまりハイパーループがたどる駅から駅までの縦と横のラインを慎重に検討する必要がある。 「最小カーブに際しては、乗客の快適性に配慮して余裕のある数字を使っています」と、バブール氏は話す。 システム エンジニアはコーヒーをバロメーターとして、カーブの通過時にも乗客のカップが倒れないように計算。 「ハイパーループの乗車中に、コーヒーカップが滑るようなことはありません」。 ハイパーループ・ワンのポッドと試験走行用トラック [提供: Virgin Hyperloop One] 乗車の快適度には窓からの景色も影響するため、ヴァージン・ハイパーループ・ワンは窓を設置しない予定だ。 「飛行機で時速 1,100 km 以上で移動する場合、目の前にあるのは広大な視界です」と、バブール氏。 「同じスピードで地上近くを走行する場合、窓の外を眺めていると、乗客はひどい乗り物酔いになるでしょう」。 物理特性は、工学上のハンディキャップになると同時に、利点にもなる。 「止めることのできない」勢い 2017 年、ラスベガス近郊で世界初となるフルシステムのハイパーループのテストを完了させたことで、ヴァージン・ハイパーループ・ワンは大きな技術的課題を解決する能力を立証した。 今後、もうひとつの手強い困難を克服する必要がある。 それは政府による規制だ。 貨物向けのハイパーループ・ワン構想 [提供: Virgin Hyperloop One] ハイパーループは新たな技術であるため、業界と政府は規制をゼロから作成する必要がある。 最初のステップは、関係者が連携しての安全基準の制定やフレームワークの研究、そしてハイパーループ旅客プロジェクトの検証が可能な米国内初のイパーループ認定センターの構築になるだろう。 それに対して、既に 17 州が公式回答を提出している。 ロイター通信のによると、2025 年までには試験走行用トラックで乗客の試乗が可能となり、2029 年までに運用可能なハイパーループ ルートが完成する。 規定の策定が計画通りに迅速かつスムーズに進むことは稀だが、バブール氏の見方は楽観的だ。 「他国に比べると、米国は役所仕事が多めです」と、バブール氏。 「でも、現在の盛り上がりのままでそこを乗り越えれば、もうこの勢いは止められないでしょう」。

次の