スタ即。 グッスタ!の強み|グッドスタート|法人向け プログラマ研修

グッスタ!の強み|グッドスタート|法人向け プログラマ研修

スタ即

「多くの文献では、ケガの定義が『すべての練習に参加できない状態』とされています。 あるいは『試合に出られない状態』。 選手がケガをしてから90分間プレーできるようになるまでのプランの仕方です。 ただ問題は、メディカルスタッフとテクニカルスタッフの連携です。 ここまではメディカルスタッフ、ここからはテクニカルスタッフという分担制ではなく、ケガの最初から試合に90分間出場できる状態まで2つのスタッフが連携して見ていく必要があります。 リハビリがチームのトレーニングプロセスと切り離されてしまうと、トレーニングに戻るのがすごく難しくなってしまいます。 でもそれって実際は無理なので、再受傷する原因になっていました。 例えばハムストリングの再受傷が起こるのはトレーニングに復帰してから3週間以内が6割以上というデータがあります。 まず最終的に『90分間プレーできる』がゴールだとすると、リハビリの最終段階が『ゲームの出場時間を増やしていくこと』。 その前の段階が『チームのトレーニングに合流してフルメニューをこなせる状態』ですね。 イコール、サッカーのアクションが起こせる状態になります。 その前の段階として、『チームのトレーニングに合流前の状態』があります。 この状態だと、サッカーのアクションはトレーニングできないんですね。 なぜかというと、サッカーのアクションというのはコミュニケーションを取って状況判断をして、判断を実行すること。 要は対戦相手や味方がいない状況の中でのリハビリでは、サッカーのアクションのトレーニングはできない。 なので、リハビリからチームの練習に合流する時にいきなりフルメニューは論理的に不可能なんです。 最初はパスとウォーミングアップだけとか、パス&コントロールの練習だけにして、サッカーの中の複雑性がない状況からやる。 要は『サッカーのアクションに必要となるアクションのトレーニングをする期間』です。 例えば、プレスというのは、スプリントとストップというアクションに分解できます。 僕らは『ベーシックアクション』って呼んでいますけれども、それをトレーニングしていく段階があります。 ただベーシックアクションも2つに分けられて、それをピッチ上でやる場合と、ジムの中でやる場合があります。 ただ基本的にはジムのトレーニングとピッチ上のトレーニングは並行して進んでいくんですね。 昨日までは全部ジムでのトレーニングをやっていたけど、今日からは全部ピッチ上になりますではなくて、ピッチ上のリハビリが始まったけれども、ジムでのリハビリもあるし、同時に筋力を回復させる動きもあります。 そして、その前の段階が『ベーシックアクションを行うための動きの改善』ですね。 具体的には関節の可動域や安定性であったり、筋力だったりを鍛えます。 重傷ではないケガの診断にもドクターが関わってくるチームもあると思うんですけど、おそらく多くのチームでドクターは常駐してないので、基本的な診断はフィジオセラピストがやっていると思います。 で、復帰までの期間は、もし画像診断をした場合はドクターとフィジオセラピストでその目安を決めていく形になります。 例えば膝の靭帯を負傷したとしたら、手術をするかしないかの判断をまずしますよね。 手術をしない場合であれば炎症期を終えた後から、まず動きの改善を行います。 それに必要な数値が基準になります。 例えばハムストリングが爆発的なアクションに耐えられるような筋力になっているかどうかとか。 実際問題、段階を移行する基準は経過日数が目安なのでしょうか? 「各ピリオドの目安は負傷部位によって変わってきます。 例えば、足首の捻挫だと割とコントロールしやすい。 テーピングなどをすれば割と早くその段階をクリアできていくんですけど、肉離れとかになると負荷をちょっとずつ上げていくことが大事になってくるので、そこを慎重にやっていかないとすぐ再発しちゃうんです。 あるいは休んでいた期間が長くなる前十字靭帯とかだったら、ウォーミングアップに復帰してから全体練習に合流するまでの時間が長くなってきます。 全体的にはよくあるケガだと予想がつくんですけど、あまり見ないケガになると難しかったりします。 ケガの併発も予測を難しくしますね」 今季躍進したアヤックスに代表されるオランダサッカーは各分野のトレーニング理論を突き詰めている。 リハビリに関してもピッチ内ではGPSを使ってリハビリを行うので、具体的な数値を見ることができます。 自分のやっているリハビリがチームのトレーニングに対して何%くらいの負荷なのかから逆算して、復帰にどれくらいかかるのかを計算できるようになってきています。 負荷というのは徐々に上げていかないと再発してしまうので、どのような段階的な過程をたどるべきかを最近出せるようになってきて。 アキュート・クロニック・ワークロード・ラティオという考え方があって、これは過去4週間のチームトレーニングの負荷の平均を出して、それに対して今リハビリ中の選手は1週間に何%の負荷がかけられているかを見ていって、それを100%に近づけていく。 毎日数値で出てくるので、それがいきなり上がってたりすると、ケガのリスクが2倍になります、みたいな数字が出てくるんですね。 それが何%くらいになっているかは非常に参考にしやすいですし、高いエビデンスが出てくるので。 いろんなチームが使っているので研究が進んでいるんですね。 医療の判断では、とにかくエビデンスが重要なんです。 主観的な考えや根拠が明らかでない理論は医療の現場ではあまり通じない。 エビデンスは?ってなるんですよ。 そう考えると、GPSで1番変わったのはトレーニングやゲームの具体的な数字を出せるようになったこと。 多くのチームが使ってないと効果を証明することって難しいんですよね。 CLに出るレベルの34チームのデータを収集していて、ケガの予防の調査だったり、トップレベルではどういうケガが起こっているかなどを頻繁に発表してくれています。 かなり突っ込んだ内容で、クラブのケガの件数が監督によって変わるということを言っていたり、スタッフ間のコミュニケーションの質がケガのリスクになることを論文の中で出してくれているので参考になるなと。 つまり、チーム全体のトレーニング負荷のコントロール。 もう1つは、その中で負荷の個別化をすること。 インディビジュアルなピリオダイゼーションが2つ目です。 全員が同じコンディションであるわけではないですし、ケガの既往歴によってもケガのしやすさは変わります。 例えば、ハムストリングのケガだったら長いスプリントが発生するトレーニングで負荷がかかりやすいですし、前十字靭帯だったらカッティング動作、切り返しの動作が大きい負荷になります。 ハムストリングの既往歴のある選手は広いスペースでトレーニングをすることが負荷になりますし、反対に前十字靭帯の既往歴がある選手にとってはスペースの狭い中でのプレーが負荷になります。 特にコンディショニングトレーニングの日に、今日は11対11で負荷をかけますよという場合には、この選手はチームが10分のゲームを4本やるんだったら、この選手は2本ですよ、という形ですね。 「その辺は変わってきていますね。 だからメディカルスタッフとテクニカルスタッフが持っているプロセスのイメージが異なると、リハビリ自体がうまくいかなくなります。 その中でスタッフ間のやり方を一致させるのは難しい面がありますよね。 「本当にその通りなんですよね。 僕が思っているのは、これから監督が変わるたびにメディカルスタッフやフィジカルスタッフのやり方がガラリと変わってしまうと、スタッフ間のビジョンが発展していきづらいんです。 「監督やテクニカルスタッフに関しては、チームのやり方に合った監督を連れてくるようになったというか、それができているクラブが増えています。 逆説的な話になりますが、昔はそこが分離していたから理論的に共通でなくても破綻しなかったわけじゃないですか。 ただ、そこを一気通貫でやるとなると考えが同じでないと危険ですよね。 「それは本当に難しいところなんですね。 従来からの流れでいくと、辻褄が合わなくなってくる部分は出てくる。 それは何かと言うと、段階的に負荷を上げていかないと再受傷しやすいとなった時に、戦術とはまったく関係ないところでの話として、今までケガをして6週間試合に出ていなかった選手が初めて出た試合で90分間出るのはリスクが高くなるわけです。 メディカルとかフィジカルは最新のエビデンスに沿って意見を出しますが、そこに納得してもらえるかどうか。 そこで監督の意見としては、『いや昔はそうだったから』というのになりがちです。 サッカーのピリオダイゼーションにリハビリも含めるとか、メディカルスタッフの最新のエビデンスでの理論に対して理解を示すというのはこれからの監督に求められる最低限のベースなんでしょうね。 「そうなってくるなと思います。 そもそもサッカーの強度が上がってきていて、その傾向はこれからも続きます。 メディカルやフィジカルはそこから逆算して考えていくことになるので、当然過去の経験則とは答えが違ってくるわけです。 いかに早く試合に復帰させるかも重要なんですが、シーズントータルでどれだけ多くの試合に出場させられるかは、それ以上に重視すべきことのはずです。 シーズンの最初にケガをした選手をできるだけ早く復帰させようとして再受傷して、結果的にシーズン中に出場できる試合の数が減ってしまうっていうのは本末転倒なので。 その前提がある中で、より早く復帰させるかどうかを考えていく。 そういうピッチ上の現実がある中で、そこにメディカルスタッフも合わせていかなければいけない部分もあるのかなと。 「結局こっちとしては、事実を伝えることに専念するしかないです。 この報告は難しいです。 どうしても選手のことを考えて、選手はこう思っているからとか、選手がこう感じているからとかが頭の中にどんどん入ってきちゃうので。 ただ選手や監督の気持ちを考え出しちゃうと駄目です。 基本的にケガのコミュニケーションをする時は、客観的な事実だけを伝える。 そうじゃないとミスコミュニケーションが生まれてきます。 あとピッチ上の現実として難しいのは出場時間ですね。 目安としては6カ月間試合に出ていない選手なので30分ですとなった時に、30分経ちました、じゃあ交代しましょう、というのは現実的ではない。 そこで大切なのはリスクを伝えることです。 30分というのは感覚的に言っているわけではなくて、過去のエビデンスによって導かれた確率としてこういうリスクがあると。 「そうです。 『わかった、でもしょうがないので90分出す』と言われたら、監督がそれだけのリスクを取ったということがお互いの共通の認識になるので。 そうしたコミュニケーションを綿密に取ることが最終的には最大のケガの予防になると思います」.

次の

Inec Groupe

スタ即

などを承っております。 混雑時には受付をお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。 STACIAプラザでのお申し込みにあたっては、必ずご本人の来店が必要です (未成年者の場合は親権者の同席が必要です)。 家族の方だけではお申し込みできません。 カードの発行には所定の審査等がございますので、お届けにはおよそ3~4週間かかります。 一部券種を除き、約2週間でカード発行のオンライン入会用タブレットもご用意しています。 「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、お申し込みご本人の公的書類による本人確認が必要となります。 いずれも有効期間内もしくは現在有効なものをご持参ください。 家族会員の方は不要です。 お申し込みご本人様が下記3点をお持ちのうえご来店ください。 (学生の方は下記証明書と学生証も必要です)• ご本人様を確認できる書類(運転免許証など)• ご指定される金融機関口座番号がわかるもの(キャッシュカード・通帳)• ご指定される金融機関口座の届出印 【本人確認書類(いずれか1点を必ずご持参ください)】• 運転免許証の交付がある方• 運転免許証または運転経歴証明書(住所変更をされた方については両面とも)• 運転免許証の交付がない方• 各種健康保険証(ご本人のお名前・生年月日・現住所の記載があるもの、カードタイプの場合は両面とも)• パスポート(「顔写真」と「所持人記入票(住所)」のページ)• 在留カード、特別永住者証明書のいずれか(住所等変更された方については両面とも)• 住民票の写し(発行日から6カ月以内のもの、原本でも可)• (いずれも発行日から6ヵ月以内のもの)• 国税または地方税の領収書または納税証明書• 社会保険料の領収書• 公共料金の領収書(電力会社、水道局、都市ガス会社、NHK発行のものいずれか1枚).

次の

パブスタナンパは即お持ち帰り可能!?ワンチャン狙いで立ち回るコツとは!│オトナトレジャー

スタ即

メールで即レスする必要は全くない。 「メールは即レスすべき」という考えにとらわれていると、頻繁にメールチェックをしてしまい、本来やらなければいけない仕事に手をつけられなくなる。 これでは本末転倒であり、仕事の生産性が低くなるだけだ。 僕自身は今基本メールは即レスだが、それは生産性が高まった結果にすぎない。 仕事がデキる人が即レスなのは、彼らが仕事に余裕があるからだ。 逆に言うと、もしあなたが長時間労働に苦しんでいるなら。 あなたがするべきことはむしろメールチェックの頻度と時間を制限することだ。 僕自身、メールチェックの頻度と時間を制限することで飛躍的に生産性を上げることに成功した。 今日はその僕自身の経験から、そのメリットについて語っていこう。 さぁ、今日も早速いってみよう! 広告 メール処理だけで日中が終わってしまう問題 「メールを即レスしなければいけない」という考え方にとらわれることのデメリットは何だろうか。 それは仕事の生産性が圧倒的に落ちることだ。 まず、メールボックスを常にパソコンの画面で開いていると、単純にその画面が気になり(無意識だからあなたは気づいていないが)あなたは目の前のことに集中できなくなっている。 メールボックスの画面や、通知は明らかにノイズなのだ。 単純にこれだけで、あなたの生産性は落ちている。 問題はここからだ。 「メールは即レスすべき」という考えにとらわれていると、常にメールボックスを見て、常にメールに返信し続けなければいけない。 また、メールでは他人から仕事の依頼が来ることも当然多い。 「メールは即レスすべき」という考えにとらわれる人はこうしたメールでの依頼に対してすぐ着手してしまう傾向が強い。 そうすると メールの返信と、メールで来た仕事の依頼で日中のほとんどが終わってしまうことになる。 だから残業しなければいけなくなり、長時間労働が慢性化するというわけだ。 「メールは即レスすべき」の呪縛の恐ろしさをわかっていただけただろうか? この呪縛から逃れるためにもっとも効果的な解決策。 それは、メールチェックをする頻度と時間を決めることにある。 メールは本来すぐ確認するべきものではなかった 何を隠そう、僕自身も昔は常にメールチェックをしていた。 メールが来たらすぐチェックをしていたし、当然返信もすぐしていた。 上司や同僚からメールでタスクを依頼されたら、それを「すぐ処理しなきゃいけない」と脊髄反射的にタスクに着手してしまっていた。 その結果、当たり前のように残業していた。 しかし、長時間労働に悩み、「なんとかしたい」とビジネス書に答えを求めるようになり、次第に「メールは即レスすべき」という考え方自体に問題があることを知った。 メールはすぐ確認するべきものではなかったのだ。 本来メールは受け手が好きな時に確認できることに意味があるツールだ。 急ぎの用件であれば電話をすればいいわけで、メールを送ったら相手がすぐ確認してくれる(メールはすぐ確認すべき)と思うのはあきらかにツールの使い方を間違っている。 そして最終的には、 メールチェックは1日2回、15分ずつというマイルールを決めることにした。 このマイルールで運用してどうなったか、結果を書いていこう。 仕事の主導権を取り戻した! 結論から言えば仕事は全く支障なく回っていった。 まず、頻度と時間を決めたことで、メールチェックの時間は単純に「メールチェックの時間」になった。 即レスできるものはするが、即レスできないものは翌日以降に「メール返信」というタスクとして個別に対応すればいいことに気づいた。 当然メールで依頼されたタスクも、翌日以降のタスクにすればいいことに気づいた。 こうして メールチェックだけに専念することで、本来その日自分がやりたかった仕事に集中できるようになり、自分のペースで仕事が進むようになった。 仕事の生産性は圧倒的に向上していった。 仕事の主導権を「メール」から「自分」に取り戻すことができるようになったのだ。 まとめ 「メールはすぐ確認するべきだ」という考え方の背景には、おそらく日本人のマジメな性格が影響していると僕は考えている。 つまり、相手が送ってきたこと(メール)に即レスをしないことは「失礼だ」という礼儀的な要素が強いと考えている。 しかしここまで書いてきたように、ツールの性質を考えれば、メールを即レスしないことは失礼でもなんでもない。 むしろ生産性が低い方が、ビジネスマンとして他の人に迷惑をかけることになるということに気づいてほしい。 また、「メールはすぐ確認すべきだ」という考え方のせいで生産性が圧倒的に落ち、結果的に長時間労働に陥ることについてもここに書いたとおりだ。 解決策は簡単。 メールチェックの頻度と時間を決めてしまうことだ。 そしてそれを忠実に実行する。 やってみれば僕が書いたように全く支障なく、いや、むしろ大幅に仕事の生産性が上がっていくことを実感できるはずだ。 以下の記事も理解を深めるために読んでみてほしい。 セミナー情報も随時お知らせします。 「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。 もちろん、無料です! 登録は以下からどうぞ• とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中 毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。 しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。 しかも、 30日間は実質無料でお試し可能。 まずは試してみてほしい。 きっとあなたの役に立つ。 個人セッションのご依頼 平日18時以降、都内で開催。 遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。 詳細とお申し込みはこちらから。

次の