イチジク ジャム の 作り方。 冷凍イチジク(世界一のジャムのために)

アイスにぴったり♪「いちじくコンポート」

イチジク ジャム の 作り方

スポンサードリンク イチゴジャムにレモン汁を入れるのは何故?レモン汁がなくてもイチゴジャムは作れるのか!?パンやヨーグルト、紅茶など様々な場面で活躍する ジャムは小さなお子様から年配者まで幅広い年層の方々から人気のある保存食です。 特にイチゴやブルーベリーなどのベリー系のフルーツを使用したジャムやオレンジなどの柑橘系を用いたジャムは人気が高く、保存性の高さに加え、優れた栄養素を含んでいることから、私たち人間の健康を支えてくれる大切な食べ物として重宝されています。 今回はジャムの中で最も人気のあるイチゴジャムの作り方となぜレモン汁を入れなければならないのかをご説明していこうと思います。 一気に過熱してしまうと焦げてしまう可能性がありますのでじわじわとゆっくり火にかけましょう。 イチゴに含まれる空気を一気に外へ放出すると吹き零れの要因となりますので、ゆっくり空気を排出させましょう。 砂糖が塊になっていると焦げてしまうため、焦がさないように良く溶かしましょう。 また、イチゴに糖分が吸収されると白くなり、やや透明になります。 木べらですくって、ややとろみが出てきたと感じたら火を止めましょう。 イチゴが均等に沈んだと感じたら、再び過熱します。 今回は強火で一気に火を加えます。 沸騰を始めたらレモン汁を加えます。 この工程を怠ると殺菌が行われず、長期保存に不向きなジャムが完成してしまいます。 そして、キャップを緩めて「シュ」っという音が聞こえたら、キャップをきつく締め直します。 この作業によってジャムの酸化を防ぎ、保存性を高めてくれます。 スポンサードリンク レモン汁をジャムに入れる理由とは? 先程入イチゴジャムの作り方をご説明しましたが、イチゴと砂糖だけでジャムが作れそうな気がしませんか? なぜレモン汁が必要なのかをご説明したいと思います。 ジャム作りにレモン汁が必要な理由とは、ジャム作りに欠かせないペクチンという成分を出すためです。 イチゴなどのフルーツには種子の部分にペクチンが含まれているので、レモン汁を入れなくてもジャムを作ることが出来ます。 しかし、レモン汁を入れるとレモンの酸味と香りによってジャムの味が引き立ち、より一層美味しいジャムが完成します。 もしレモン汁が用意出来ない場合は、同じ効果を持つ 穀物酢を用いることで同様の効果が得られます。 レモン汁を使用しないイチゴジャムの作り方 では、レモン汁を入れないイチゴジャムの作り方をご紹介します。 少しすくい上げたイチゴを水に落として、水中で丸くなるくらいの濃度がお勧めです。 開封後は2週間以内に食べきりましょう。 レモン汁を使用せずにイチゴジャムを作った場合、固まらない場合があります。 3以上だった場合です。 イチゴに含まれるペクチン量はたいへん低いため、レモン汁を用いた方が良いでしょう。 もし、手元にレモン汁が無い場合は、クエン酸を用いると良いでしょう。 間違ってもお酢を加えることはしないようにご注意ください。 イチゴジャムは貧血予防や美肌効果、二日酔いに滋養強壮効果があるので、イチゴが余っている場合はイチゴジャムを作って健康と美容を維持しませんか? スポンサードリンク.

次の

農産物の上手な利用法(イチジクジャム/作り方)

イチジク ジャム の 作り方

1.生ゴミ堆肥をつくる コンポストを使いましょう。 生ゴミは、野菜くずや魚や肉などの残飯が主ですが、我家では毎日玄米を精米するのでヌカも入ります。 味噌汁の残りなどもOKですよ。 そうなると、大変貴重な堆肥になりますから、生ゴミは一切家から出せません。 当然ですがゴミ袋の節約にもなりますね。 良い堆肥にするには微生物の力を借ります。 EMなどのぼかしも良いのですが、私は「米のとぎ汁乳酸菌」を作って使っています。 (作り方はネットでググるとたくさん出てきます) 生ゴミのバケツに「米のとぎ汁乳酸菌」を入れておき、バケツが一杯になったらコンポストに入れます。 その上に、土を少し被せると早く生ゴミが分解します。 草取りをしたときも、どんどん入れていきます。 一杯になったら半年くらい放置して、完全に土になったら畑に使います。 キュウリなどはツルをだして自分を固定しようとします。 ですが、支柱がプラスチックや金属だったりすると、直射日光が強い時はかなり熱くなりますから、キウリの気持ちになって自然の材料を使いましょう。 私は、土手に生えてきた竹を使うようにしています。 自然の材料なら、ゴミにならず土に返っていきますし、なんといってもお金がかからりません。 例:竹、麻ひも 3.旬の野菜しか作らない 野菜作りは、自然の摂理に逆らうからうまくいかないのです。 商売なら季節はずれのものもいいでしょうが、素人が自然の流れに逆らうことは無謀かと思います。 旬を意識した野菜作りをすると、病気にもなりにくく、たくさんの収穫ができます。 4.もちろん農薬は使わない 農薬は百害あって一利なし。 絶対に使ってはなりません。 私なぞは、20年前に買ったマラソン乳剤(猛毒)がまだ倉庫に眠っています。 (どう処分していいか分からない) アブラムシやうどん粉病などが発生しても、ガマンガマン。 虫が来たり病気になるのは、まだ土が作物にとって良い状態じゃないから、自然がダメだししていると思いましょう。 ただ、うどん粉病などはカビが原因で発生します。 風通しをよくするか、(1リットルに1g)を水に溶いて、ジョウロなどを使って野菜にかけてください。 大丈夫です、葉焼けなどはしません。 そもそもカルシウムですから、土壌改良剤にもなります。

次の

イチジクジャムの作り方

イチジク ジャム の 作り方

皮ごと簡単!いちじくジャムの作り方レシピ 材料(ジャム瓶3つ分)• イチヂク800g• レモン汁大さじ1. 5 作り方 1)洗って、ヘタを切り落とす 皮は丸ごと使います。 2)皮ごとカットして鍋に入れる サイズはお好みですが、1. 5cm角くらいがおすすめです。 3)砂糖をまぶして10~30分おく 浸透圧で水分が出てきて、焦げずに煮詰めやすいです。 4)レモン汁を加えて中火~弱火で煮る アクがたくさん出てくるので、すくい取ります。 はじめは中火で、水分が減ってきたら弱火にして、たまにかき混ぜてください。 アクをすくったり、混ぜたりするのに、こちらの「無印良品のシリコン調理スプーン」が、とっても便利でオススメです。 5)瓶を煮沸消毒する 我が家では、パスタ鍋を活用して、煮沸後は網ごとすくい上げています。 熱いうちに逆さにして水気を切り、水滴を蒸発させてください。 6)瓶に詰める 煮詰まるのに小1時間かかります。 好みのトロミになったら、煮沸消毒した瓶に入れます。 粗熱が取れるまではキッチンペーパーをかけておき、冷めたら蓋をして冷蔵庫で保存します。 冷蔵庫で3ヶ月ほど保存できます。 いちじくのプチプチ感が際立ちます。 いちじくの上品な香りが楽しめます。 その他、あっさりめのパウンドケーキ、シフォンケーキに添えても、美しいですね。 子どもと作れる簡単ジャム 6歳と10歳の娘たちと作った、5年目のいちじくジャム。 どれも簡単な作業ばかりなので、ほとんど子どもたちに任せられました。 いちじくを洗う• いちじくを切る• 砂糖、レモン汁を計る• 混ぜる 私の仕事は、見守ることと、味見をやめさせることくらいでした。 秋の歓びを五感で味わえる幸せ。 ジャムづくりって、 「切って、煮るだけ」 と手軽なのに、ゆったり流れる時間を味わえるのところが、すごく好きです。 まだジャムづくりしたことない方も、ぜひお気軽に試してみてくださいね。 きっとハマることと思います。 出来上がった可愛いジャムたちは、今月から始まる、のお客様たちにデザートとしてお出しする予定です。 (蛇足)いちじく好きの告白 東京から転勤で金沢に来てから、手軽にいちじくが手に入るようになり、ジャムを作らずに秋を迎えられなくなりました。 イチジクは、生のままでも魅惑の味で• イチジクロール• イチジクケーキ• イチジクパフェ 見つけたら、絶対に注文してしまうほど。 「ドライいちじく」にも目がありません。 もはや、愛しています。 笑 皆さんもぜひ今だけの秋の味、堪能してくださいね。 すまーときっちんのLINEでは、暮らしに役立つ情報をお届けしています。

次の