イラレ グループ 化。 Illustratorで文字のグループ化が解除でき

Adobe Illustratorの作業効率が飛躍的にアップするショートカットまとめ

イラレ グループ 化

環境設定を開くと「 ダブルクリックして編集モード」という項目があるのでチェックしてOKを選択します。 これで編集モードが利用可能になりました。 アイテムをダブルクリックで編集モード 下記のようにたくさんのアイテムがあって、何度かグループ化されているようなデータを扱う時に編集モードが活躍します。 とりあえずテレビのイラストのモニタ部分を操作するために、編集モードを使ってみましょう。 まずはテレビのイラストをダブルクリックします。 画面左上に変わったアイコンが表示されたのがわかるでしょうか。 このアイコンが表示されていれば編集モードになっています。 この状態だとまだグループ化されたアイテム全体が選択されているので、もう一度ダブルクリックしてみます。 今度はテレビのイラストのみ選択することができました。 さらにもう一度ダブルクリックしてみると、今度はテレビのモニタ部分だけ選択することができます。 この時に他のアイテムを選択しようとしても選択できません。 Illustrator の編集モードはグループ階層ごとにアイテムを選択できる仕様なので、グループ階層が深くなればなるほど選択できるアイテムが減っていきます。 このおかげで、 触りたくないアイテムをロックしたり非表示にしながら作業することがなくなりました。 ありがたいです! 編集モードから抜ける方法 他のアイテムを選択するためには編集モードから抜ける必要があります。 画面左上に出ているアイコンの矢印をクリックすると、グループの階層がひとつ上がるので、何度かクリックを繰り返すと編集モードから抜けます。 何度もクリックするの面倒という時は「 Layer1」をクリックして、矢印をクリックすると編集モードから抜けることができます。 イラレで作業していて「 あれ?なんか突然アイコンが表示されたけど?」という経験はないでしょうか。 それは知らないうちに編集モードに変わっていたわけですね。 そのせいで「 編集モードうざいしダイレクト選択ツールでいいし」というデザイナーさんもいるようですが、グループ化されているアイテムを選択するのではなく、編集することを目的としているので、そもそもダイレクト選択ツールとは用途が違うんですね。 例えば、イラストの肌の色を変更するというような作業はダイレクト選択ツールで十分だと思いますが、イラストの開いた目を閉じた目に変更するような部分的に複雑な作業をする場合、どうしても周囲のアイテムをロックしながら作業する必要が出てきます。 その点、 編集モードを使うとアイテムをロックする必要も無く、間違えて他のアイテムを動かす心配もないので効率的に作業ができます。 まとめ 自分も慣れるまで使いづらかった編集モードですが、今では必須の機能になっていて、特にイラストを部分的に修正する時なんかは、めちゃくちゃ便利だと思います。 あまり Illustrator の編集モードを使ってないという方は、作業時間を大幅にロスしている可能性もありますよ!使わないと勿体ない機能なので是非使ってみてください。 「Illustratorの編集モードを使ってない人は10時間ぐらい損してる!」でした。

次の

Adobe Illustratorの作業効率が飛躍的にアップするショートカットまとめ

イラレ グループ 化

複数のオブジェクトを 1 つにまとめて、1 つのグループとして扱うことができます。 オブジェクトをグループ化すると、各オブジェクトの属性や相対的な位置を変えずに、まとめて移動や変形処理ができます。 例えば、ロゴを構成するオブジェクトをグループ化すると、ロゴ全体を 1 つのグループとして移動したり、拡大縮小したりできます。 グループ化したオブジェクトは、アートワークの同じレイヤー上に配置され、そのグループの最前面のオブジェクトの背面に順次重ねられます。 したがって、グループ化すると、オブジェクトが別のレイヤーに移動したり、レイヤー上でのオブジェクトの重なり順が変わってしまったりする場合があります。 異なるレイヤーのオブジェクトを選択してからグループ化した場合は、選択したオブジェクトの最前面のレイヤーにオブジェクトがグループ化されます。 グループは ネスト構造にすることもできます。 ネストとは、グループを他のオブジェクトやグループの中に組み入れて、より大きなグループにすることをいいます。 グループは、レイヤーパネル上では 項目として表示されます。 レイヤーパネルを使用すると、グループ内の一部のオブジェクトをグループ外に移動したり、他のグループに移動したりできます。 オブジェクトの 分割・拡張を使用すると、1 つのオブジェクトを、そのアピアランスを構成する複数のオブジェクトに分割できます。 例えば、単色カラーの塗りが適用された円と線などの単純なオブジェクトを分割・拡張した場合、塗りと線は別々のオブジェクトとなります。 パターンの塗りが適用されたオブジェクトなど、複雑なアートワークを分割・拡張すると、パターンはその構成要素である個々のパスに分割されます。 通常、オブジェクトのアピアランス属性や構成要素のプロパティを変更する場合に、オブジェクトを分割・拡張します。 また、オブジェクトの分割・拡張は、Illustrator 独自のオブジェクト(メッシュオブジェクトなど)を、そのオブジェクトを認識しない他のアプリケーションで使用する場合に便利です。

次の

Illustratorの複合パスとは?グループ化との違いや活用方法を解説

イラレ グループ 化

アウトライン化とは? イラレで基本的に入力する文字フォトツールがありますが、そのフォントツールをアウトライン化することでオブジェクトにすることができます。 何が違うのかというと、 フォントは文字情報、アウトライン化したのはオブジェクト 図形 情報ということです。 このアウトライン化をすれば、インストールしたフォントで別のパソコンで開く場合置き換わってしまうということを防ぐことができます。 では、もともと文字をアウトライン化しておけば?と思うかもしれませんが、アウトライン化した文字は、オブジェクト情報なので、文やフォントを変えるといったことができません。 保存しなければ、元に戻す command+Z で、アウトライン化する前に戻すことは可能ですが、保存してしまうと変更できなくなります。 入稿データなどはアウトライン化する前に保存し、アウトライン化後別名保存 command+Shift+S をすることをおすすめします。 イラレでアウトライン化する方法 今回は、文字をアウトライン化する方法を紹介します。 すべて選択 command+A ですべてを選択します。 書式>アウトラインを作成 を選択します。 すべてアウトライン化されました。 アウトライン化されるとテキストボックスではなく、文字自体が選択できるようになります。 以上で、アウトライン化は完了なのですが、複雑なデータを作成した場合、フォントが残っていた!などのミスをしない検索をかけるのがおすすめです。 書式>フォントを検索 を選択します。 ウィンドウからドキュメントフォントが(0)になっていることを確認します。 これで、アウトライン化されているかを確認します。 イラレでアウトライン化を解除する方法 イラレでアウトライン化を解除する方法は、実はありません。 先に述べたように、 保存する前であれば、元に戻す command+Z で戻すこともできますが、基本的には解除方法はありません。 ですので、アウトライン化する前には必ず保存し、別名保存をしましょう! PDFのテキストをアウトライン化する方法 AdobeのAcrobatを使用してテキストをアウトライン化することもできます。 編集>プリフライト を選択するとウィンドウがでてきます。 このウィンドウのPDF フィックスアップからフォントをアウトラインに変換を選択します。 選択するとこのような画面になります。 保存を押すと 以上のようにフォントをアウトライン化することができます。 いかがでしたか?アウトライン化が理解できましたか? アウトライン化をすると相手にデータを渡す際にはとても便利です。 別名保存はとても大事なので忘れないようにしてください。

次の