クロスレイズ 最強。 「無料ダウンロードコンテンツ」&「コミックス付属特典コード」公開!PS4/NSW/STEAM「ジージェネ クロスレイズ」新情報!

アルヴァトーレ

クロスレイズ 最強

機動戦士ガンダムSEED MSV ソードカラミティ 型式番号:GAT-X133 地球連合軍のカラミティガンダムの派生機。 カラミティガンダムの開発過程において、万能機の開発を目的とした「リビルド1416プログラム」の一環として誕生した機体である。 オリジナル機からの変更点として真っ先に挙げられるのは、主力兵器であった長距離ビーム砲「シュラーク」を、巨大な対艦刀「シュベルトゲベール」に換装している点である。 他にもビームブーメランやロケットアンカーなど、ソードストライカーに搭載されていた武装を継承し、中長距離での砲撃戦を得意としていたオリジナル機とは対照的に、格闘戦重視の機体となっている。 本機はカラミティとほぼ同時期に開発を終了し、3機がロールアウト、そのうち2機はビクトリア基地奪還作戦に試験投入された。 エドワード・ハレルソン CV:松本保典 「どうやらジョークを言ってる場合じゃなさそうだな!」 「切り裂きエド」の異名を持つ地球連合軍のパイロット。 もともとは南アメリカ合衆国の戦闘機パイロットで、大西洋連邦による武力併合後、地球連合軍人となった。 戦闘機乗りとしては平凡な実績しか残せなかったが、MSパイロットとなってからは、メキメキと頭角を現すようになる。 特にMS白兵戦に対して抜群の才能を発揮し、異名である「切り裂きエド」も、1度出撃した彼の機体が、斬り倒した敵MSのオイルによって返り血のように汚れてしまうことに由来する。 だが、その異名に反し、本人は戦いが好きというわけではなく、MSを降りれば冗談好きの気さくな青年で、兵士たちの人気もあった。 機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY ガンダムアストレイ ミラージュフレーム 型式番号:MBF-P05LM 謎の組織「ライブラリアン」によって運用されている「ガンダムアストレイシリーズ」の改修機。 かつてオーブが中立コロニー「ヘリオポリス」で極秘裏に開発していたアストレイシリーズの1機である。 本機はザフトのヘリオポリス襲撃後、長らく行方不明になっていた5号機で、ライブラリアンによって回収され、多くの改造が加えられたことで外見も大きく変貌している。 装甲と外部フレームは「ヴァリアブルフェイズシフト装甲」に変更したほか、「特殊ミラージュコロイド」を新たに搭載し、両方を併用することで姿を自在に変化させる能力を持つ。 また、限定的ながら変形機能を備えており、指揮官機としての機能を持つ「コマンダーモード」と、格闘戦に特化した「グラディエーターモード」へと形態を変えることができる。 武装はアストレイの標準装備のほかに、両手足にソードを設置、さらに日本刀型の実体剣「アメノハバキリ」を装備している。 機動戦士ガンダムSEED C. 「第1期GAT-Xシリーズ」の再生計画「アクタイオンプロジェクト」に基づき、ストライクガンダムをベースに開発されたストライクEに専用の「ノワールストライカー」を装備した機体である。 「ヴァリアブルフェイズシフト装甲」や、強化型パワーユニット「パワーエクステンダー」を搭載し、防御性能の強化と稼働時間の延長が図られ、さらにOSやインターフェイスの改良によって操作性も向上した。 武装面では優れた連射性能と取り回しの良さから接近戦でも効果が高い「ビームライフルショーティー」や、ノワールストライカーのウイングと兼用の大型刀「フラガラッハ3ビームブレイド」を装備するなど、格闘能力が大きく強化されている。 スウェン・カル・バヤン CV:小野大輔 「ストライクノワール……戦闘を開始する」 地球連合軍の特殊部隊「ファントムペイン」に所属するストライクノワールのパイロット。 幼少時代は天体望遠鏡で星を眺めるのが大好きな普通の少年であったが、両親が事故に巻き込まれて死亡し、「ブルーコスモス」が運営する養護施設で育てられる。 その施設で反コーディネイター思想を植えつけられ、さらに兵士になるための厳しい軍事教育を受けて、命令があればどのような任務もこなす冷酷な戦闘兵器となった。 精神操作や肉体改造が行なわれていない非エクステンデッドのパイロットの中でも最優秀グループに属し、同じ境遇のミューディー・ホルクロフトとシャムス・コーザの3人でMS小隊を構成し、数々の任務をこなしていく。 イノベイター勢力との決戦後、刹那・F・セイエイ専用の新たなガンダムの開発が進められた。 本機はその専用機が完成するまでの間、刹那の搭乗機として検討されたダブルオーの改修装備型である。 オーライザーの採用によって見送られたセブンソード仕様に、射撃にも使える新装備「GNソードブラスター」が追加されており、機体名の「G」はこの「銃(GUN)」を意味している。 GNソードブラスターには「ツインドライヴ」の安定化システムが内蔵されており、オーライザーの支援は必要無くなったが、専用の太陽炉が失われていたため、「トランザムシステム」の使用は不可能であった。 それでも本機は非常に高い戦闘能力を発揮したが、刹那が対話を重視したこともあり、実戦への投入は見送られている。 ヒクサー・フェルミ CV:立花慎之介 「それでも僕は戦う! 1人の人間……ヒクサー・フェルミとして!」 「ヴェーダ」のエージェントとして活動するイノベイド。 元ガンダムマイスターで、かつてはGNセファーに搭乗し、グラーベ・ヴィオレントとコンビを組んでいた。 しかし、ビサイド・ペインに操られてグラーベを殺害してしまい、以降はヴェーダ専属のエージェントとなって活動する。 非常に陽気な性格であったが、エージェントとなってからは寡黙で物静かな人物へと変貌している。 国連軍との戦いでソレスタルビーイングが崩壊後、そのサポート組織であった「フェレシュテ」のメンバーの前に突如現われ、ガンダムサダルスードタイプFを強奪した。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダム・バルバトスルプス 型式番号:ASW-G-08 ガンダム・バルバトスの改修形態のひとつ。 エドモントンにおけるグレイズ・アインとの激戦以降、ダメージが蓄積していたバルバトスを、歳星のMS工房でオーバーホールした姿。 三日月・オーガスの戦闘データを元に反応速度と機動性の向上が図られ、阿頼耶識システムを通じた機体の挙動も、よりパイロットの感覚に近づけられている。 外装は近接戦を好む三日月の戦闘スタイルを考慮して、敵の攻撃を受け流しやすい曲面装甲が採用され、腰部には専用のスラスターを装備する。 また、格闘戦用の「ソードメイス」や「ツインメイス」、装甲と一体となった「腕部200mm砲」など、多数の武装が新たに開発されている。 三日月・オーガス CV:河西健吾 「おい……バルバトス……!いいから寄越せ……お前の全部……!」 火星の民間警備会社CGSの参番組に所属する少年。 小柄ながら強靭な肉体と精神力を備え、危険な阿頼耶識システムの手術を3度耐え抜いた。 あまり細かいことを気にせず、多くのことに無関心に見えるが、仲間を思う気持ちは誰よりも強い。 一方で敵に対しては冷酷で、戦場では容赦なく命を奪う。 幼少期から生死を共にしてきたオルガ・イツカとは強い絆で結ばれており、彼の頼みならばどんな仕事でも引き受ける。 阿頼耶識システムによる高い空間認識能力を持ち、MSの操縦技術にも優れていたことから、ギャラルホルンのCGS襲撃の際にガンダム・バルバトスで出撃した。 鉄華団結成後も、オルガや仲間のためにガンダム・バルバトスの専属パイロットとして戦い続ける。 ガンダム・グシオンリベイク 型式番号:ASW-G-11 鉄華団の所有するガンダム・フレームのMS。 宇宙海賊「ブルワーズ」から鹵獲したガンダム・グシオンをテイワズの技術者が中心となって改修した機体。 グシオンの特徴だった重装甲を腰部バインダーに流用した以外は撤去し、ガンダム・バルバトスの予備装甲に換装したことで、軽量化と稼働時間の延長が図られている。 バックパックにはグレイズの腕を転用したサブアームが内蔵され、武器の使用も可能となっている。 また、接近戦主体のバルバトスに対し、遠距離支援向きの装備として頭部に高感度センサーを搭載しており、照準モードに可変することで、あらゆる射程での精密射撃をサポートする。 さらに取り外されていた阿頼耶識システムは、鹵獲したマン・ロディのものを移植して再搭載された。 武装は柄の伸縮が可能な格闘兵器「ハルバード」や、グレイズのライフルを改修した「ロングレンジライフル」などを装備する。 昭弘・アルトランド CV:内匠靖明 「これが俺達、鉄華団の戦いだ……!」 火星の民間警備会社CGSの参番組に所属する少年兵。 CGSに売られたヒューマンデブリたちのリーダー格で、鍛え抜かれた体躯と強靭な精神力を持っている。 無愛想であまり人を寄せ付けず、ひとり黙々とトレーニングをしていることが多い。 幼少期は商船団で家族と宇宙を渡り歩いていたが、海賊の襲撃によって両親を殺され、弟の昌弘とも生き別れになり、自身はヒューマンデブリにされてしまった。 オルガ・イツカがCGSを乗っ取ったことで自由を手に入れ、今度は自らの意思で鉄華団の仲間となる。 阿頼耶識システムの手術を2度受けており、MSの操縦技術に優れることから、鉄華団では三日月・オーガスに次ぐMSパイロットとして活躍した。 「機動戦士ガンダム SEED DESTINY ASTRAY」 テスタメントガンダム 型式番号:ZGMF-X12A ザフトの試作型MS。 その後、連合軍によって高機動飛行ユニットかつ格闘戦用武器となる「ディバインストライカー」を追加、さらには対量子コンピューター用ウィルス散布機能が付加された。 また、防御面においても「フェイズシフト装甲」を「ヴァリアブルフェイズシフト装甲」に改良され、攻盾システム「トリケロス改」を装備するなどの強化が図られている。 「機動戦士ガンダム00」 サーシェス専用AEUイナクトカスタム (モラリア開発実験型) 型式番号:AEU-09Y812 PMCトラストが開発したAEUイナクトの改良機。 肩および頭部先端の電力受信アンテナを大型化したことによってエネルギー供給量が飛躍的に増大している。 さらにPMC所属のパイロット、アリー・アル・サーシェスの要望で装甲の軽量化が行なわれ、高い機動性を発揮する。 武装においても、大型のカーボンブレイドとして兼用が可能な「ブレイドライフル」や、子弾を拡散して広範囲の攻撃を行なえる「ミサイルランチャー」などを装備し、通常機に比べて格段に強化されている。 モラリアの合同軍事演習では刹那・F・セイエイの乗るガンダムエクシアと交戦した。 性能では劣っていたもののパイロットの高い技能によってガンダムエクシアを圧倒する。 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 ハシュマル 型式番号:不明 火星のハーフメタル採掘場から発掘されたMA。 「厄祭戦」の元凶となった自立型無人兵器のひとつ。 人類の虐殺を目的に進化した兵器で、厄祭戦では総人口の約4分の1の命を奪った。 MSと同じくエイハブ・リアクターを動力とし、表面装甲はナノラミネートアーマーによって強固に守られている。 また、機体内部で生産される「プルーマ」と呼ばれる小型機を大量に従えて活動するため、たとえ1機であっても撃退には大規模な戦力が必要となる。 武装は頭部に対人用のビーム砲を装備。 MSに対しては、両腕から射出する運動エネルギー弾と、背部から伸びた「超硬ワイヤーブレード」を用いて攻撃を行なう。 採掘場で発見された当初は活動を停止していたが、イオク・クジャンの率いるMS部隊が不用意に接近したことで覚醒し、再び人類殲滅のために動き始めた。

次の

「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」に「ガンダムアストレイ ゴールドフレームアマテラス」と「ロードアストレイΩ」が参戦決定

クロスレイズ 最強

機動戦士ガンダムSEED MSV ソードカラミティ 型式番号:GAT-X133 地球連合軍のカラミティガンダムの派生機。 カラミティガンダムの開発過程において、万能機の開発を目的とした「リビルド1416プログラム」の一環として誕生した機体である。 オリジナル機からの変更点として真っ先に挙げられるのは、主力兵器であった長距離ビーム砲「シュラーク」を、巨大な対艦刀「シュベルトゲベール」に換装している点である。 他にもビームブーメランやロケットアンカーなど、ソードストライカーに搭載されていた武装を継承し、中長距離での砲撃戦を得意としていたオリジナル機とは対照的に、格闘戦重視の機体となっている。 本機はカラミティとほぼ同時期に開発を終了し、3機がロールアウト、そのうち2機はビクトリア基地奪還作戦に試験投入された。 エドワード・ハレルソン CV:松本保典 「どうやらジョークを言ってる場合じゃなさそうだな!」 「切り裂きエド」の異名を持つ地球連合軍のパイロット。 もともとは南アメリカ合衆国の戦闘機パイロットで、大西洋連邦による武力併合後、地球連合軍人となった。 戦闘機乗りとしては平凡な実績しか残せなかったが、MSパイロットとなってからは、メキメキと頭角を現すようになる。 特にMS白兵戦に対して抜群の才能を発揮し、異名である「切り裂きエド」も、1度出撃した彼の機体が、斬り倒した敵MSのオイルによって返り血のように汚れてしまうことに由来する。 だが、その異名に反し、本人は戦いが好きというわけではなく、MSを降りれば冗談好きの気さくな青年で、兵士たちの人気もあった。 機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY ガンダムアストレイ ミラージュフレーム 型式番号:MBF-P05LM 謎の組織「ライブラリアン」によって運用されている「ガンダムアストレイシリーズ」の改修機。 かつてオーブが中立コロニー「ヘリオポリス」で極秘裏に開発していたアストレイシリーズの1機である。 本機はザフトのヘリオポリス襲撃後、長らく行方不明になっていた5号機で、ライブラリアンによって回収され、多くの改造が加えられたことで外見も大きく変貌している。 装甲と外部フレームは「ヴァリアブルフェイズシフト装甲」に変更したほか、「特殊ミラージュコロイド」を新たに搭載し、両方を併用することで姿を自在に変化させる能力を持つ。 また、限定的ながら変形機能を備えており、指揮官機としての機能を持つ「コマンダーモード」と、格闘戦に特化した「グラディエーターモード」へと形態を変えることができる。 武装はアストレイの標準装備のほかに、両手足にソードを設置、さらに日本刀型の実体剣「アメノハバキリ」を装備している。 機動戦士ガンダムSEED C. 「第1期GAT-Xシリーズ」の再生計画「アクタイオンプロジェクト」に基づき、ストライクガンダムをベースに開発されたストライクEに専用の「ノワールストライカー」を装備した機体である。 「ヴァリアブルフェイズシフト装甲」や、強化型パワーユニット「パワーエクステンダー」を搭載し、防御性能の強化と稼働時間の延長が図られ、さらにOSやインターフェイスの改良によって操作性も向上した。 武装面では優れた連射性能と取り回しの良さから接近戦でも効果が高い「ビームライフルショーティー」や、ノワールストライカーのウイングと兼用の大型刀「フラガラッハ3ビームブレイド」を装備するなど、格闘能力が大きく強化されている。 スウェン・カル・バヤン CV:小野大輔 「ストライクノワール……戦闘を開始する」 地球連合軍の特殊部隊「ファントムペイン」に所属するストライクノワールのパイロット。 幼少時代は天体望遠鏡で星を眺めるのが大好きな普通の少年であったが、両親が事故に巻き込まれて死亡し、「ブルーコスモス」が運営する養護施設で育てられる。 その施設で反コーディネイター思想を植えつけられ、さらに兵士になるための厳しい軍事教育を受けて、命令があればどのような任務もこなす冷酷な戦闘兵器となった。 精神操作や肉体改造が行なわれていない非エクステンデッドのパイロットの中でも最優秀グループに属し、同じ境遇のミューディー・ホルクロフトとシャムス・コーザの3人でMS小隊を構成し、数々の任務をこなしていく。 イノベイター勢力との決戦後、刹那・F・セイエイ専用の新たなガンダムの開発が進められた。 本機はその専用機が完成するまでの間、刹那の搭乗機として検討されたダブルオーの改修装備型である。 オーライザーの採用によって見送られたセブンソード仕様に、射撃にも使える新装備「GNソードブラスター」が追加されており、機体名の「G」はこの「銃(GUN)」を意味している。 GNソードブラスターには「ツインドライヴ」の安定化システムが内蔵されており、オーライザーの支援は必要無くなったが、専用の太陽炉が失われていたため、「トランザムシステム」の使用は不可能であった。 それでも本機は非常に高い戦闘能力を発揮したが、刹那が対話を重視したこともあり、実戦への投入は見送られている。 ヒクサー・フェルミ CV:立花慎之介 「それでも僕は戦う! 1人の人間……ヒクサー・フェルミとして!」 「ヴェーダ」のエージェントとして活動するイノベイド。 元ガンダムマイスターで、かつてはGNセファーに搭乗し、グラーベ・ヴィオレントとコンビを組んでいた。 しかし、ビサイド・ペインに操られてグラーベを殺害してしまい、以降はヴェーダ専属のエージェントとなって活動する。 非常に陽気な性格であったが、エージェントとなってからは寡黙で物静かな人物へと変貌している。 国連軍との戦いでソレスタルビーイングが崩壊後、そのサポート組織であった「フェレシュテ」のメンバーの前に突如現われ、ガンダムサダルスードタイプFを強奪した。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダム・バルバトスルプス 型式番号:ASW-G-08 ガンダム・バルバトスの改修形態のひとつ。 エドモントンにおけるグレイズ・アインとの激戦以降、ダメージが蓄積していたバルバトスを、歳星のMS工房でオーバーホールした姿。 三日月・オーガスの戦闘データを元に反応速度と機動性の向上が図られ、阿頼耶識システムを通じた機体の挙動も、よりパイロットの感覚に近づけられている。 外装は近接戦を好む三日月の戦闘スタイルを考慮して、敵の攻撃を受け流しやすい曲面装甲が採用され、腰部には専用のスラスターを装備する。 また、格闘戦用の「ソードメイス」や「ツインメイス」、装甲と一体となった「腕部200mm砲」など、多数の武装が新たに開発されている。 三日月・オーガス CV:河西健吾 「おい……バルバトス……!いいから寄越せ……お前の全部……!」 火星の民間警備会社CGSの参番組に所属する少年。 小柄ながら強靭な肉体と精神力を備え、危険な阿頼耶識システムの手術を3度耐え抜いた。 あまり細かいことを気にせず、多くのことに無関心に見えるが、仲間を思う気持ちは誰よりも強い。 一方で敵に対しては冷酷で、戦場では容赦なく命を奪う。 幼少期から生死を共にしてきたオルガ・イツカとは強い絆で結ばれており、彼の頼みならばどんな仕事でも引き受ける。 阿頼耶識システムによる高い空間認識能力を持ち、MSの操縦技術にも優れていたことから、ギャラルホルンのCGS襲撃の際にガンダム・バルバトスで出撃した。 鉄華団結成後も、オルガや仲間のためにガンダム・バルバトスの専属パイロットとして戦い続ける。 ガンダム・グシオンリベイク 型式番号:ASW-G-11 鉄華団の所有するガンダム・フレームのMS。 宇宙海賊「ブルワーズ」から鹵獲したガンダム・グシオンをテイワズの技術者が中心となって改修した機体。 グシオンの特徴だった重装甲を腰部バインダーに流用した以外は撤去し、ガンダム・バルバトスの予備装甲に換装したことで、軽量化と稼働時間の延長が図られている。 バックパックにはグレイズの腕を転用したサブアームが内蔵され、武器の使用も可能となっている。 また、接近戦主体のバルバトスに対し、遠距離支援向きの装備として頭部に高感度センサーを搭載しており、照準モードに可変することで、あらゆる射程での精密射撃をサポートする。 さらに取り外されていた阿頼耶識システムは、鹵獲したマン・ロディのものを移植して再搭載された。 武装は柄の伸縮が可能な格闘兵器「ハルバード」や、グレイズのライフルを改修した「ロングレンジライフル」などを装備する。 昭弘・アルトランド CV:内匠靖明 「これが俺達、鉄華団の戦いだ……!」 火星の民間警備会社CGSの参番組に所属する少年兵。 CGSに売られたヒューマンデブリたちのリーダー格で、鍛え抜かれた体躯と強靭な精神力を持っている。 無愛想であまり人を寄せ付けず、ひとり黙々とトレーニングをしていることが多い。 幼少期は商船団で家族と宇宙を渡り歩いていたが、海賊の襲撃によって両親を殺され、弟の昌弘とも生き別れになり、自身はヒューマンデブリにされてしまった。 オルガ・イツカがCGSを乗っ取ったことで自由を手に入れ、今度は自らの意思で鉄華団の仲間となる。 阿頼耶識システムの手術を2度受けており、MSの操縦技術に優れることから、鉄華団では三日月・オーガスに次ぐMSパイロットとして活躍した。 「機動戦士ガンダム SEED DESTINY ASTRAY」 テスタメントガンダム 型式番号:ZGMF-X12A ザフトの試作型MS。 その後、連合軍によって高機動飛行ユニットかつ格闘戦用武器となる「ディバインストライカー」を追加、さらには対量子コンピューター用ウィルス散布機能が付加された。 また、防御面においても「フェイズシフト装甲」を「ヴァリアブルフェイズシフト装甲」に改良され、攻盾システム「トリケロス改」を装備するなどの強化が図られている。 「機動戦士ガンダム00」 サーシェス専用AEUイナクトカスタム (モラリア開発実験型) 型式番号:AEU-09Y812 PMCトラストが開発したAEUイナクトの改良機。 肩および頭部先端の電力受信アンテナを大型化したことによってエネルギー供給量が飛躍的に増大している。 さらにPMC所属のパイロット、アリー・アル・サーシェスの要望で装甲の軽量化が行なわれ、高い機動性を発揮する。 武装においても、大型のカーボンブレイドとして兼用が可能な「ブレイドライフル」や、子弾を拡散して広範囲の攻撃を行なえる「ミサイルランチャー」などを装備し、通常機に比べて格段に強化されている。 モラリアの合同軍事演習では刹那・F・セイエイの乗るガンダムエクシアと交戦した。 性能では劣っていたもののパイロットの高い技能によってガンダムエクシアを圧倒する。 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 ハシュマル 型式番号:不明 火星のハーフメタル採掘場から発掘されたMA。 「厄祭戦」の元凶となった自立型無人兵器のひとつ。 人類の虐殺を目的に進化した兵器で、厄祭戦では総人口の約4分の1の命を奪った。 MSと同じくエイハブ・リアクターを動力とし、表面装甲はナノラミネートアーマーによって強固に守られている。 また、機体内部で生産される「プルーマ」と呼ばれる小型機を大量に従えて活動するため、たとえ1機であっても撃退には大規模な戦力が必要となる。 武装は頭部に対人用のビーム砲を装備。 MSに対しては、両腕から射出する運動エネルギー弾と、背部から伸びた「超硬ワイヤーブレード」を用いて攻撃を行なう。 採掘場で発見された当初は活動を停止していたが、イオク・クジャンの率いるMS部隊が不用意に接近したことで覚醒し、再び人類殲滅のために動き始めた。

次の

【Gジェネクロスレイズ】本作の最強機体は「ELSクアンタ」作品別では「ウイングゼロ(EW)」「ストフリ」「キマリスヴィダール」を推奨!パイロットは「傭兵」持ちが強い

クロスレイズ 最強

攻略本・他サイトの内容の無断転載禁止。 ゲーム内で確認した内容を投稿してください。 攻略本側が攻略サイトを無断転載される事例もあるようですが、炎上しないように楽しみましょう。 編集ルール• 編集は左上の 編集タブからお願いします!!• 編集する前に 編集ルール こことそのページのルール をよく読み、 テンプレートに合わせて編集してください。 編集を更新する前に必ず プレビューで崩れていないか確認をお願いします。 >プレビューがうまく使えません。 ページの保存で更新内容が途中になる場合があります。 現在ページが作成されていない項目が多数存在します。 新規作成は pukiwikiライクモードです wikiでは不都合がある模様。 他のモードで作成すると編集ができないため、新規作成の際は注意してください。 デフォルトの編集モードを pukiwikiライクモード としています。 何か意見があればまで。 英数文字は必ず半角文字で統一してください。 ページ下部に追記。 携帯端末など、一部のブラウザでローマ数字が見えないための対処です。 特にギリシャ文字を含む名前のページを作成するときやそのページへのリンクを貼るときは注意を払いつつ実行してください。 機体名称で使用頻度の高い カッコ文字について、次のように入力してください。 丸カッコ については 半角文字で入力してください。 隅付きカッコ【 】は 全角文字のまま入力してください。 角カッコ[]については、リンク切れ対策のため 全角文字で入力してください。 キャラクター名や機体名の・記号 ナカグロ は全角文字で入力してください。 半角だとローマ数字同様に文字化けする場合があります。 編集の際に Gジェネ過去作Wikiから引用する場合はその旨を明記して編集してください。 Gジェネシリーズの過去作品について言及する際には可能な限り作品名を明示して記述してください。 特に 前作という単語は直系と時系列で意味が変わるので使用しないでください。 過去作の内容は、過去作のページを編集状態にした中身をコピーしてくる事のみ可です。 過去作では作成モードが違う場合が多いため、過去wikiのコピーから作成しないでください。 既存ページのコピーから作成する』をしない。 データ類のレイアウト変更や項目の削除を行う時など、編集者の意図を伝えたい時に活用して下さい。 理由等を付ける場合も同様。 なにもなく大幅に削除した場合は荒らし行為と思われますので注意してください。 wikiメンバーに 編集モードの変更権限を付与しました。 編集モードの訂正等ご協力をお願いします。 荒らし対策のため、非ログインユーザーに画像認証を導入しました。 ご了承下さい。 携帯電話から閲覧の方はをどうぞ。 新機動戦記ガンダムW BATTLEFIELD OF PACIFIST• 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光• 機動戦士ガンダムSEED MSV• 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R• 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B• 機動戦士ガンダムSEED DESTINY-MSV• 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY• 73 STARGAZER• 機動戦士ガンダムSEED C. 機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS• 機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY• 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R• 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY B• 機動戦士ガンダム00P• 機動戦士ガンダム00I• 機動戦士ガンダム00V• 機動戦士ガンダム00V戦記• 機動戦士ガンダム00I 2314• SDガンダムGX• 数字の全角1234567890はすべて数字の半角1234567890に変更です。 全角A~Zも半角のA-Zに変更です。 全角()表記はページが統一されるように半角 に変更です。 全角【】は、半角文字が存在しないためそのままです。 全角[]は、リンクがうまく張れないためそのままです。 アプサラスII• アプサラスIII• ジムスナイパーII• ザクII改• 等ローマ数字をI アイ を重ねることで表記する。 ただし、ページを作成したりリンクを貼らずに通常の文章を記述する際には英文字Z ゼット に置き換えても構いません。 ただし、ページを作成したりリンクを貼らずに通常の文章を記述する際には英文字v ブイ に置き換えても構いません。

次の