あかね さす 紫野 行き 標 野 行き 野 守 は 見 ず や 君 が 袖 振る。 萬葉集和歌介紹-第一期

萬葉集和歌介紹-第一期

あかね さす 紫野 行き 標 野 行き 野 守 は 見 ず や 君 が 袖 振る

さくら野歌壇 万葉恋歌 第38葉 あかねさす 放課後は さくら野貿易 さくら野歌壇 万葉恋歌 中西進博士の文庫本『万葉集』(講談社文庫)を読む 上野亮介 第38葉(巻1・20 - 21) あかねさす 紫野 むらさきの 行き 標野 しめの 行き 野守 のもり は見ずや 君が 袖 そで 振る 紫草 むらさき の にほへる 妹 いも を 憎くあらば 人妻ゆゑに われ恋ひめやも ここに揚げた一対の歌は、 額田 ぬかたの 王 おおきみ と 大海人 おおあまの 皇子 みこ の、あまりにも有名な贈答歌。 額田王は 天智 てんじ 天皇の妻にして万葉屈指の女流歌人。 対する大海人皇子は皇太弟。 つまり天智天皇の弟で、次の天皇になるべき人です。 それがこの時点の二人の立場です。 しかし、以前は、この二人は愛し合う仲でした。 二人の間には皇女が産まれています。 その後、いつのころか、またどういういきさつがあったのか、天智天皇が彼女をわがものにしてしまうのです。 この兄弟は後に対立し、古代最大の動乱・ 壬申 じんしん の乱へとつながります。 そんな事情をもつ二人の愛の唱和となれば、古来さまざまな解釈がなされてきたのも当然です。 宴席の 戯歌 ざれうた という説もあります。 今となっては真相はわかりませんから、万葉集が伝える情景をそのまますなおに鑑賞してみましょう。 あかねさす 紫野 むらさきの 行き 標野 しめの 行き 野守 のもり は見ずや 君が 袖 そで 振る (あかねさす紫野行き標野行き、野守は見ないでしょうか、あなたが袖を振るのを) 「あかねさす紫野」という響きがもたらす開放感と色彩感。 「紫野行き、標野行き」と畳みかける躍動感。 「野守は見ずや」の緊張感。 「君が袖振る」という描写にこめられた複雑な思い。 足らざるものも余計なものも何ひとつない。 緊密に連なった言葉のすべてが、そのときの光景と作者の心の動きを担っています。 まさしく出色の名歌です。 この歌がいつどこで詠まれかを万葉集は注記しています。 それを踏まえて、もう一度、歌を味わってみましょう。 初夏、天智天皇が盛大な狩りを催しました。 額田王や大海人皇子たちも随行しました。 場所は琵琶湖近くの 蒲生 がもう 野 のです。 そこを「紫野」と呼んだのは、染料や薬用に使う紫草の群生地であったからです。 そういう大切な丘陵には一般人の立入を禁止する 標 しるし が立ててあります。 だから「 標野 」ともいいます。 「紫野」も「標野」も同じ丘陵の別の呼び名です。 男たちは騎馬で狩りをし、女たちは野の草や花を摘んで遊びます。 額田王がふと見ると、大海人皇子が自分に向かって遠くから袖を振っているではありませんか。 これは投げキスみたいなもの。 万葉人 まんようびと は投げキスはしません。 代わりに袖を振る。 奥ゆかしいですね。 「紫野行き、標野行き」と繰り返していますから、場所が移っても袖を何度も振ったのでしょう。 しかし、番人がいます。 「標野」を見張る衛兵か、あるいは天智天皇のことか、それが「野守」です。 「いけません、野守が見るではありませんか」 これに対して大海人皇子は単刀直入です。 紫草 むらさき の にほへる 妹 いも を 憎くあらば 人妻ゆゑに われ恋ひめやも (紫匂うあなたが憎かったら、人妻なのに恋い慕ったりしようか) 大海人皇子は額田王のことを「 妹 いも 」と呼んでいます。 「妹」とは愛する女への呼称。 しかも「 紫草 むらさき の匂へる 妹 いも 」です。 彼女の高貴な美しさをズバリ言い表すと同時に、「紫野行き標野行き」の歌に見事に和しているのです。 一気に詠み下した歌でありながら、二人の過去と現在を思えば「人妻ゆゑに」という言葉が重く響きます。 この唱和だけを見れば、二人は非常に危険な関係にある。 「いかに何でもそれは・・・・」と思った人が唱えたのが「宴席の戯歌」説なのかもしれませんね。 【これまでのさくら野歌壇】.

次の

額田王の「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」っていう...

あかね さす 紫野 行き 標 野 行き 野 守 は 見 ず や 君 が 袖 振る

『 袖を振るというのは恋のしぐさだったそうで、万葉集にも、集中第一の才女額田王の 歌が出ている。 「 あかねさす紫野行(ゆ)き 標野(しめの)行き 野守は見ずや 君が袖振る 」 巻1-20 恋歌ながら、景観が大きく、吹きわたる野風まで感じられる。 紫野とは、染料の紫をとる紫草がはえている野をいう。 紫野とは接続していたらしい。 紫野もまた禁野なのである。 ここで貴族たちが野あそびをし、紫草をみつけては根を掘る。 根とは染料をとるだけでなく、干して軟膏をつくり、やけどや湿疹の治療に つかうのである。 このため、紫草をさがす野遊びのことを薬猟(くすりがり)といった。 標野が男どもの遊猟の場であったのに対し、薬猟はおそらく女性たちのあそび だったろう。 』 (司馬遼太郎 街道をゆく:大徳寺散歩中津宇佐のみち:朝日文庫より) 668年5月5日。 天智天皇は近江の蒲生野で遊猟を催されました。 皇太弟大海人皇子(おおあまのみこ:のちの天武天皇)をはじめ諸皇族、群臣 ことごとく従い、華やかな衣裳をまとった女性は紫草を、男性は生えかけたばかりの 鹿の袋角(鹿茸:ろくじょう:強壮剤に用いる)を採集する行楽色の強い儀式です。 風薫る野原の中でのピクニックを満喫し、黄昏こめるころ待望の酒宴がはじまりました。 皓皓と輝く月光の下での賑やかな酒盛り、今日の猟の成果に弾む会話。 心地よい音楽と艶やかな美女の踊り。 夢のようなひとときが過ぎてゆきます。 やがて宴が佳境に達したとき、周りから声があがりました。 「おーい 額田王さま、歌を一首所望いたす! 」 額田王は大海人皇子と十市皇女までなした元愛人同士ながら、今は天智天皇の後宮に 召されている女性です。 満場の人々は息をのんで王を凝視します。 やがて朗々たる美声が響き渡りました。 「 あかねさす 紫野行き 標野(しめの)行き 野守は見ずや 君が袖振る 」 巻1-20 額田王 美しい茜色に照り映える紫野を行きつ戻りつしながら袖を振るあなた。 そんなにあからさまに振ると標野の番人(野守)に見つかってしまいますよ 人々は楽しかった昼間のひと時を思い起こしたことでしょう。 標野を行きつ戻りつしたのはすべての男に当てはまることでした。 誰が返歌をしても良い状況です。 額田王はじっと反響を見守ります。 突然、大海人皇子が立ち上がり詠いだしました。 「 紫草(むらさき)の にほえる妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに 我(あ)れ恋ひめやも 」 巻1-21 大海人皇子 ( 紫草のように色あでやかな妹よ。 そなたをどうして憎く思えるでしょうか。 今は人妻になったあなたですが、わたしはなお一層恋しくてならないのです。 ) 額田は今や天皇の愛人。 別れたとはいえ大海人はきわどい告白したのです。 一同シーンと静まりかえり天智天皇の顔色を伺います。 ややあって、天皇は破顔一笑。 やがて並居る満座も賑やかな笑いに包まれ拍手喝采です。 真迫の演技だったのでしょう。 人々は二人が今でもひよっとしたら密かに思いあっているのではないかと 疑ったかもしれません。 とはいえ、美人の誉れ高い額田王も当時すでに齢 よわい 四十前後。 大海人は姥桜といってもよいその容貌を紫のように艶で麗しいと褒め称えたのです。 さらに「人妻ゆえに」は「人妻なのに」と受け取れるほか 「触れてはならない人妻だから一層心をそそる」とも取れます。 美しく、張りがあり、格調高い額田の歌、男らしい堂々たる大海人の歌。 特に額田王はこの一首で万葉不朽の歌人になったといえましょう。 この歌は、古くから 「子までなした二人から天智天皇は額田王を強引に奪い取った。 そして、この薬獵の場で久しく会わなかった二人が再会し、 恋情いまだに燃え続けている」ロマンティックな歌として 多くの人々を魅了してきました。 野守を天智天皇に擬す解釈あるいは、額田王は天智天皇に惹かれて自らの意思で 大海人のもとを去ったとの説もあります。 しかしながらこの歌は相聞歌ではなく雑歌に分類されており、朝廷の儀式的行事に 付随して詠われた公的なもの、つまり、遊猟が終わったあとの天皇臨席宴会の歌なのです。 だからこそ酒席を最大限に盛り上げる必要がありました。 額田王と大海人皇子は、若々しい恋情の時代が過ぎ去ったにもかかわらず、 今もなお恋して止まぬ恋人同士を見事に演じきりました。 とはいえ、二人の胸の中には初恋の甘酸っぱい幸せな思い出が満ち満ちて いたことでありましょう。 二人の歌には過ぎ去りし「紫のゆかり」の想いを胸に秘め、老いたりといえども、 今なお茜色に輝くばかりの美しさを讃えあっているように思われるのです。 『 ぼくの中にきみが入ってきたのは どこであったか 花散る五月の紫草の野で あまりに長くきみは待っていた なぜなら すでにながいあいだ ぼくは暗闇のなかを歩いてきたのだから 男たちは潮が満ちるのを待っていた 深い夜は遠い山々のかなたにあったが あの夜が明けたら 男たちは原野を進まねばならぬのだ 天武天皇の一年六月 壬申の乱があった もちろん ぼくにはその朝の深さをしるすべはない だが近江の山野を進むあの兵馬の幻影を見なければ ぼくはきみに遭うことはなかっただろう その時 きみは髪にムラサキの花をさして立っていた 』 -- 秋谷 豊 額田王より 花の詩集 筑摩書房所収.

次の

第24回 「あかねさす…」

あかね さす 紫野 行き 標 野 行き 野 守 は 見 ず や 君 が 袖 振る

の万葉歌碑めぐりのスタートの志都美神社の次は、総合体育館である。 行ってみると、体育館と公民館は同一敷地内にある。 体育館の駐車場に車を止め、歌碑を探す。 あなたはそんなに袖(そで)をお振りになったりして。 (伊藤 博 著 「 一」 より) (注)あかねさす【茜さす】分類枕詞:赤い色がさして、美しく照り輝くことから 「日」「昼」「紫」「君」などにかかる。 むらさき草。 根から赤紫色の染料をとる。 赤紫色。。 古くから尊ばれた色で、では三位以上の衣服の色とされた。 (注)むらさきの 【紫野】:「むらさき」を栽培している園。 (注)しめ【標】:神や人の領有区域であることを示して、立ち入りを禁ずる標識。 また、道しるべの標識。 縄を張ったり、木を立てたり、草を結んだりする。 題詞は、「遊獦蒲生野時作歌」<(すめらみこと)、蒲生野(かまふの)の遊狩(みかり)したまふ時に、が作る歌>である。 (注): (注)みかり【遊獦】:が狩りをされた、すなわち、薬猟り(くすりがり)をされたこと。 薬猟りとは、不老長寿の薬にするために、男は鹿の袋角(出始めの角)を、女は薬草をとる、という行事をいう。 の立役者、は西暦667年に飛鳥から近江に移り、翌年で即位した。 である。 については、(ブリタニカ国際大)に次のように書かれている。 「『』初期の女流。 『』に鏡王の娘とあるが,鏡王については不明。 同じ万葉女流での室となった鏡王女 かがみのおおきみ の妹とする説もある。 に愛されて とおちのひめみこ を産んだが,のちにのに入ったらしい。 この,兄弟の不仲,前者の子ととの争い,などには彼女の影響が考えられる。 『』には,のに従って詠んだ回想の歌を最初とし,持統朝に弓削 ゆげ 皇子と詠みかわした作まで,3首,短歌 10首を残している 異説もある。 職業的とする説もあるが,歌には明確な個性が表われている。 質的にもすぐれており,豊かな感情,すぐれた才気,力強い調べをもつ。 」 の3首、短歌10首をみていこう。 編者の考えによって重複使用されたのであろう。 続く四八九歌と一六〇七歌(鏡王女)も同じ扱いになっている。 中味は、レタスとトマトそして焼き豚である。 デザートは、外周から中央にトンプソンとクリムゾンシードレスで円を描いた。 8月19日のザ・モーニングセット 8月19日のフルーツフルデザート tom101010.

次の