国会議員 給料 世界。 国会議員 年収2000万+非課税で1200万、世界有数の厚遇|NEWSポストセブン

国会議員の給料はいくら?主な使用内容や地方議員・外国との比較

国会議員 給料 世界

国会議員の年収は、2200万円でした。 (国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律調べ) 国会議員の年収 議員報酬)の平均は、 2200万円でした。 平均年収推移は 2106万円~2200万円となっています。 お給料(月収): 約98万円~98. 5万円 国会議員の生涯年収を詳しく解説! 国会議員の生涯年収ですが国会議員の場合は衆議院議員の任期は 4年で、参議院議員の任期が 6年と決まっているので、在籍中の年数がその国会議員の生涯年収に相当します。 【最長任期の議員の生涯年収は?】 94歳まで衆議院議員を務めた尾崎行雄氏で、当選が25回で議員勤続63年はどちらも日本記録です。 尾崎行雄氏の生涯年収を現在の国会議員の平均年収2200万円で計算すると 13億8600万円になります。 【国際比較】各国の国会議員の年収ランキング 各国の国会議員の年収で年収が高い順にまとめてみました。 アメリカ1570万円 カナダ1260万円 イギリス970万円 ドイツ1130万円 韓国800万円 中国は情報がありませでした。 日本の国会議員の年収はアメリカよりも多いダントツ1位といえそうです。 仕事内容・仕事の面白さ 【【国会議員の仕事内容】 国会議員の仕事は大きく3つ分類され一つは国の法律を作ることと、もう一つは予算を決めることで、最後の一つが内閣総理大臣を選ぶことです。 法律は私たちが生活を営んでいる社会のルールで、例えば島国の日本には尖閣諸島問題や竹島問題など日本の領土や国民の安全を脅かすさまざまな問題が存在します。 そのため憲法9条の改憲が国会で議論されていますが、消費税率の引き上げなども私たちの代表である国会議員が、議論し法律を作ります。 そして日本では国民が内閣総理大臣を選ぶことができないので、私たちの代わりに国会議員が投票で内閣総理大臣を選びます。 また国会が会期中の時は国会に出席をしますが、国会がない時は選挙区の支持者の相談や陳情を聞いたり、選挙区でのイベントなどに参加したりします。 さらに自分が所属する党本部で抱えている問題や課題の対策などを他の国会議員や官僚と相談したり、専門家から話を聞いたりすることも国会議員の仕事の一つです。 【国会議員の仕事の面白さ】 国会議員も地方議員も国民から選ばれ、日本や地域の代表として国民の生活をより良くするという役割があることは変わりません。 ただ国会議員の仕事の面白さは日本の将来の発展を考えて日々、活動しているという自覚と責任を持って仕事を行っていることでしょう。 例えば国会議員の大切な職務の一つに立法がありますが、法律をつくることで私たちの生活は大きく変わります。 日本の領土や国民を守るために憲法9条の改憲が、本当に必要かももっと議論されるべきです。 また消費税率の引き上げなどももっともっと議論を行い、本当に私たちの生活が良くなるように行動を起こし、そうすることで国民から喜ばれることが国会議員の仕事の面白さのはずです。 国会議員になるには?(資格や難易度) 国会議員になるには特に資格などは必要ありませんが、選挙に立候補し当選することが前提になります。 被選挙権の要件は衆議院議員の場合は25歳以上ですが参議院議員の場合は 30歳以上で、さらに立候補には本人届出と推薦届出と比例代表選出議員の選挙では 政党の届出のいずれかの届出と供託金が必要です。 ただ何の地盤もなくいきなり選挙に立候補しても当選することは難しく、市議からスタートし地元に人脈をつくり県議などを経て立候補するか、各政党で立候補者を公募している場合は経歴書や小論文を提出し、面接を行い党が承認すればその党が供託金も用意してくれます。 この他にも国会議員の秘書として働き政治家としてのノウハウを学び、その国会議員が政治家を引退した際に支持基盤を引き継ぐケースや、日本維新の会の政治塾のように候補者養成が目的の政治塾で、政治や政策の勉強を行いその党の支持を得るなどのケースがあります。 いずれにしてもどんなに素晴らしい政策を掲げても、何の実績も地盤もなければ立候補してもまず勝ち目はありません。 国会議員の給料はどこから出てるの? 国会議員の給料はどこから出てるのかですが、国会議員の給料は私たち国民が納める税金から捻出されています。 それだけに私たち納める税金を国会議員が、無駄にしないようにお願いしたいものです。 国会議員の給料は高いの?低いの?低い場合はどんな問題がおきるの?【秘書の年収】 日本の国会議員の年収2200万円は 世界の他の国会議員の年収と比べても最も高く、それでも日本の国会議員の口からは政治には金が掛かるとしか聞こえてきません。 ただ国会議員の年収2200万円はサラリーマンのように、全額が自分のためにだけ使えるわけではありません。 例えば最も金がかかるのは実は人件費で、国会議員の場合は国が給料を支払ってくれる公設秘書が3人います。 ただ実際には 公設秘書だけでなく私設秘書や事務員やアルバイトなどを雇っていて、国会議員の年収からこれらの人件費が支払われています。 そのため多くの国会議員は政治資金パーティーなどを開催して、お金を集めなければならないというわけです。 自民党に所属する国会議員であれば派閥の会長から夏は氷代と冬は餅代と呼ばれる臨時収入がありますが、少数派の政党にはそんな余裕もありません。 一概には日本の国会議員の年収が高いかは断言できませんが、多くの国民が生活に苦しんでいることを考えると国会議員の年収が議論されてもいいはずです。 国会議員の年収の本音 国会議員に本音を聞いてみました。 不明 現在口コミ取材を募集しています。 元国会議員経験のある方の口コミお待ちしております。

次の

国民は給付・補償なく我慢、議員は世界最高水準の報酬維持。安倍首相の会見に批判殺到

国会議員 給料 世界

そうでもない 海外との比較は必ず為替相場と言うものが影響する。 6年前は円高だったので 今の給与より3割安いという評価になる。 日本の中では何も変わっていないのだが 他国との比較では高くなってしまう。 それと システムなどにもいろいろ違いがあり 一概には言えない。 日本の多くの議員は 実は自腹を切って政治活動している。 野党でも党首になれば 2億や三億の金がかかる。 政治献金とは、政治に参加する権利なのでほんとは人権だ 多くの国はその額の規制は緩い アメリカの大統領選などは数千億円では足りないお金が必要なのだが そのすべては献金でまかなわれる・・・これが民主主義 しかし 日本は規制がいっぱいかかっているので 政党助成金などの税金が使われる。 それでも足りないから 多くの国会議員は 報酬の中から人件費や 事務所代を支払っている。 それに 国会議員の報酬や国会議員の数と言うものは 税に比較すれば 経済規模が小さすぎる。 たとえ半額にしたところで コップ一杯の水で 砂漠に水を撒くような話。 無報酬にしたところで コップ二杯の水を 砂漠に巻いても何も生えてくることはない。

次の

上院議員で2億円!アメリカ国会議員の手当が日本よりも高い理由-Suzie(スージー)

国会議員 給料 世界

「ねぇ、この県会議員って、 どのくらい 給料もらってたのかね…」 母が、 ニュースを見ながら、ボソっと つぶやきました。 「まぁ、あれはひどいよね…」 都知事や県議会議員などの、 不祥事に関するニュースが続くと、 「またか」という感じで、 見ている私たちも、 感覚がマヒしてしまいそうですが、 そもそも彼らは、私たち 国民や都民が選んだ人達です。 国民である自分たちにも責任はある… と思いながらも、 ニュースが出るたびに、苦々しい気持ちになります。 国会議員の 不倫騒動や、 政務活動費の 不正流用。 または、公用車の 私的利用や高額な 出張費など 政治家の「 ゲス」な行動が、報道されるたびに、 こいつらに、自分たちが払った 税金が、 使われてるのかと思うと、 いったい、いくら給料もらってるんだ?と、 その 報酬が気になり、少し調べてみました。 衆参両院議長:217万円• 衆参両院副議長 :158万4,000円• 国会議員 :129万4,000円 このほかに、いわゆるボーナスにあたる 期末手当が 約635万円支給され、 年収ベースの総額は2,200万円くらいになります。 しかも、これ以外にも 手当が色々支給されます。 例えば、 文書通信交通費、月額100万円で非課税です。 そして、 領収書を提出する義務がありません。 昔は、通信費などが高額だったために、 必要だったのかもしれません。 しかし、 メールやスマホなど、通信網が発達した今、 通信費といっても、たかが知れています。 また、事務所によっては、文書通信交通費を 経費にはしないで、 議員個人の口座に、 全額振り込んでいるところもあります。 政党には、国からさらに 政党交付金として、 議員1人当たり年間 約4,000万円、 立法事務費として、月額 65万円が会派に支払われます。 このお金は多くを 政党が使い、 議員個人に支給されるものではありません。 しかし、政党によって違いはありますが、 政党交付金の一部を、年間 数100万円~1,000万円程は 各議員に、支給されているそうです。 議員本人の口座や、政党支部の口座には、 手当や経費を含めて、年間 約4,200万円ほどのお金が 分けられて振り込まれます。 アメリカやイギリスなど、世界の諸先進国に比べて、 日本の国会議員は 最高水準と評されるくらい、 優遇されているため、 議員特権として批判されることもあります。 また、 東日本大震災がきっかけで、 2割カットされた ときの年収が 約1,750万円でした。 しかし、 2年間の暫定措置として、 決められた結果、安倍政権が数にものを言わせて、 野党の反対を押し切り、打ち切ってしまいました。 そして、平成26年4月からは、 国民への大増税がはじまり、 逆に、 国家公務員と国会議員には、 賃上げラッシュが、はじまりました。 国家公務員の給料は、 平均8%を引き上げ、 行政職平均では、月額2万9,000円ほど、 ボーナスを含めると、年収で 約51万円のアップです。 国会議員の給料についてはさらに多く、 5月分から月額 約26万円の 増額し、 年間 421万円も、引き上げられたのです。 国会議員はお金がかかる? 「 国会議員はお金がかかる」とか、 「 選挙費用が自腹だから高い」という話を よく耳にしますが、本当なのでしょうか? これらの主張としては、 議員全体の 経費と収入のバランスを比較して、 日本の議員の給料は、欧州などに比べて かなり安いのだとか! 理由としては、 選挙費用が高額だから! よく国会議員の年棒をイギリス、ドイツなどと 比較しますが、 欧州の選挙は 日本に比べてお金を全然かけません。 例えば、 日本の衆議院選挙の場合ですが、 選挙期間 12日間で、 2,300万円も 掛かると言われています。 主な内訳としては、• 人件費:地元秘書・事務員、うぐいす嬢など• 事務所経費• 選挙カーにかかる経費 また、一定の得票数を得られないと 供託金として、 300万円没収されてしまいます。 比例区だと、更に高く 600万円です。 一方、アメリカ、フランス、イタリア、 ドイツなどには 供託金制度はありません。 イギリスは約10万円、カナダで7万円からみると、 日本の供託金はかなり高額といえます。 基本的に、欧州の先進国では、 国が政党に助成し、 候補者自身は、あまりお金を出さなくても 活動できるシステムになっています。 また、アメリカは、日本よりも 寄付金の制限が 大分ゆるく、ロビー活動もかなり 合法化されています。 アメリカの大統領選挙で、 ヒラリー・クリントンが、集めた寄付金は、 想像を超えるような 巨額な金額ですが、 寄付金のほうが、議員報酬よりも はるかに高額なのです。 そのため、 選挙費用が個人負担の日本では、 国会議員の給与が高いというのは 間違いなんだ! という議員方の主張です。 しかし、先述しましたが、 国会議員がよく言う「お金がかかる」というのは、 そのほとんどの使い道は 地元秘書の人件費や事務所経費。 つまり、 自分が次の選挙で当選するための費用です。 有権者である私たち国民に、 政策を説明することは、 重要な仕事だと思います。 しかし、国会議員としての 給料と、 選挙に 当選するための資金を、 一緒に考えるべきなのかは疑問です。 事実、選挙活動にあまりお金をかけない議員もいます。 「 政治活動にはお金がかかる」という 議員の主張は、そのまま信じることはせず、 議員の動向に注目していくことも大切です。 さいごに 日本の 国会議員の報酬に関しては、 「多すぎる」という意見が多くあります。 しかし、その一方で 報酬と経費を混同してしまう 場面も、メディアで多く目にします。 日本とアメリカを比べた際に、 報酬は日本の方が多いかもしれません。 それでも、 議員ひとり当たりの 立法経費は、 アメリカの方が、段違いに多いというのも また事実です。 アメリカは、仕事の対価としての 議員報酬と、 立法に関わるための 経費、 そして 選挙費用などが厳しく分かれています。 しかし、日本の場合は、 一部の裕福な議員以外は、 議員報酬から政治活動費をひねり出しています。 例えば、政治家個人の 政治団体に寄付をして、 それを 経費として支出したり、 私設秘書の給与にしたりと、 その区別が、 あいまいになっているのが現状です。 そういった 実情を理解しないで、 ただ「 報酬が高い」と 単純に感じる。 加えて、議員による 政治資金に関わる不祥事の ニュースをメディアで見聞きすることで、 罰的な感覚で報酬を引き下げたほうがいい!と、 考える多くの 国民サイド。 一方で、 経費を報酬から捻出しているため、 歳費は高くはない!とする多くの 国会議員サイドの 隔たりがあると感じました。

次の