イタリアン レシピ プロ。 魚料理のレシピ

プロが教える辛旨ペンネアラビアータ!『人気イタリアンレストランオーナーの簡単動画レシピ紹介』第三弾

イタリアン レシピ プロ

今回は初、パンを紹介したいと思います。 知り合いの人気のイタリアンレストランで教えていただいたレシピです。 お店でも人気でとっても美味しいフォカッチャです。 料理との相性もとても良いです。 強力粉 600g• 砂糖 15g• 塩 12g• ドライイースト 10g• 水(常温)400g• オリーブオイル 15g• ローズマリー お好みで 材料はこれだけです。 スーパーで簡単に手に入ると思います。 作り方 1、ボールを二つ用意して一つに小麦粉、砂糖、塩、イーストを入れます。 もう一つには水とオリーブオイルを一緒にいれます。 2.粉の中の塩などを手でよく混ぜ合わせます。 特にイーストは混ざりづらいのでよく混ざったのを確認してください。 混ざったところに水を一気に入れます。 手でまとまるまで混ぜます。 ボールだと混ぜづらいので台の上に出して生地を台に擦りつけるように混ぜていくと5分くらいで台や手に生地がくっつかなくなってきます。 これくらいになったら表面を作るように生地を丸めます 6. 丸く出来たらボールに戻して表面にオリーブオイルを塗ってラップをして40度くらいで発酵させます。 40分くらいで倍くらいに膨らんだらokです。 発酵する前の状態です。 発酵が終わったら成形します。 生地をボールから台の上に出します。 ボールの下の部分だった所を上になるように台にのせて、綿棒で平らに伸ばします。 平らに伸ばした生地の両端を真ん中に折り込んで三つ折りにします。 上下をひっくり返して、横を折り目が見えないように下に隠すように整えます。 鉄板にこの状態でのせて上に乾かないように布かラップをして再び二倍くらい発酵させます。 15分くらいで膨らむを思います。 目安としては表面に指を刺して、その穴が縮まなければ発酵してる合図です。 縮むようならもう少し発酵をさせてください。 表面にオリーブオイルと、塩、ローズマリーを表面にふりかけて200度で焼成します。 12.約20分で焼けます。 目安は底面を覗いて焼きいろがついていれば完成です。 網などの上でのせてさましてください。 パンってめんどくさそうなイメージありますけど、意外と発酵が長いだけで作業時間だけ見ると意外とすぐでちゃいました。 食パンじゃないものを食べたくなった時など、サンドイッチ作ったり冷凍もできるので、使いやすいパンだと思うのでぜひ作ってみてください。

次の

【保存版】これは使える!9つの王道パスタレシピを、人気イタリアンのシェフが伝授

イタリアン レシピ プロ

夏場にあっさりと頂くマグロマリネのサワーソースです。 白ワインとご一緒にどうぞ 暖かくなるとおいしくなるのがスズキです。 イタリア料理でもスズキのような白身魚はよく使いますのでいろいろな白身魚でも試して下さい。 大きなエビで作る豪華な料理です。 お誕生日や結婚記念日などに作ると素敵な食卓になりますよ 淡白なスズキにレモンクリームソースがよく合います。 スズキの素材の良さを引き立てながら、あっさりし過ぎない一皿です。 白身の魚にはバジルのソースでアクセントをつけるとおいしく仕上がります。 濃厚な風味のエビは香草でもっと風味がよくなります。 いつもと違ったエビの料理を楽しんで下さい。 玉ねぎをじっくり煮こんだトマトソースがエビなどの甲殻類によく合います。 ソースが余ったらパスタやリゾットのソースにしてもいいでしょう。 ホタテはエビやカニに次いで人気のある素材です。 アンチョビを使ったトマトソースを使うイタリア料理によくある料理です。 人気のホタテ料理をあっさりとした一品にするのがこの料理。 おいしい素材はイタリア料理では塩、こしょう、レモン汁、オリーブオイルでいただくことが多いです。 フランス料理でもよくつかわれる魚、舌平目。 もちろんイタリア料理でもよく使います。 魚料理のポイントは余熱、ふんわり仕上がるので余熱を上手に使いましょう。 フィレンツェ風はほうれん草を使った料理です。 オーブンを使って魚に火を通すとふんわりした食感に仕上がります。 これはZuppa di Pecieと呼ばれる、本当はスープのです。 魚介類がたっぷり入ったボリュームのあるスープです。 淡白な味のカジキマグロもチーズをまぶして焼くと味わいが深まります。 ケッパーがこの料理のアクセントになって全体を引き立てます。 魚介類によくつかわれるチーズパン粉焼き、お好みの香草を使えばよりおいしくなります。 イタリア料理ではパン粉は細引きを使います。 夏場においしいイサキを香草焼きにしてみました。 高価なお魚でなくても立派なイタリア料理になりますよ。

次の

プロが教える辛旨ペンネアラビアータ!『人気イタリアンレストランオーナーの簡単動画レシピ紹介』第三弾

イタリアン レシピ プロ

夏場にあっさりと頂くマグロマリネのサワーソースです。 白ワインとご一緒にどうぞ 暖かくなるとおいしくなるのがスズキです。 イタリア料理でもスズキのような白身魚はよく使いますのでいろいろな白身魚でも試して下さい。 大きなエビで作る豪華な料理です。 お誕生日や結婚記念日などに作ると素敵な食卓になりますよ 淡白なスズキにレモンクリームソースがよく合います。 スズキの素材の良さを引き立てながら、あっさりし過ぎない一皿です。 白身の魚にはバジルのソースでアクセントをつけるとおいしく仕上がります。 濃厚な風味のエビは香草でもっと風味がよくなります。 いつもと違ったエビの料理を楽しんで下さい。 玉ねぎをじっくり煮こんだトマトソースがエビなどの甲殻類によく合います。 ソースが余ったらパスタやリゾットのソースにしてもいいでしょう。 ホタテはエビやカニに次いで人気のある素材です。 アンチョビを使ったトマトソースを使うイタリア料理によくある料理です。 人気のホタテ料理をあっさりとした一品にするのがこの料理。 おいしい素材はイタリア料理では塩、こしょう、レモン汁、オリーブオイルでいただくことが多いです。 フランス料理でもよくつかわれる魚、舌平目。 もちろんイタリア料理でもよく使います。 魚料理のポイントは余熱、ふんわり仕上がるので余熱を上手に使いましょう。 フィレンツェ風はほうれん草を使った料理です。 オーブンを使って魚に火を通すとふんわりした食感に仕上がります。 これはZuppa di Pecieと呼ばれる、本当はスープのです。 魚介類がたっぷり入ったボリュームのあるスープです。 淡白な味のカジキマグロもチーズをまぶして焼くと味わいが深まります。 ケッパーがこの料理のアクセントになって全体を引き立てます。 魚介類によくつかわれるチーズパン粉焼き、お好みの香草を使えばよりおいしくなります。 イタリア料理ではパン粉は細引きを使います。 夏場においしいイサキを香草焼きにしてみました。 高価なお魚でなくても立派なイタリア料理になりますよ。

次の