クレジットカード現金化 仕組み。 クレジットカード現金化の仕組みについて

クレジットカードの仕組みと支払い方法

クレジットカード現金化 仕組み

たやすい願いだ! では、今回は ショッピング枠現金化の仕組みや意味をわかりやすく解説していくぞ! すでにお手元にあるクレジットカードには機能ごとに目的に合わせた枠が付与されています。 ショッピング利用は、会員が加盟店(第22条に定めるものをいう。 以下同じ。 )から商品・権利を購入し、または役務の提供を受けることの代金につき、会員が当社に対して、加盟店に対する支払いを会員に代わって行うことを委託することができる機能です。 当社は、会員に対して、会員からの委託に基づき、加盟店に対して、代金を支払うサービスを提供します。 金融サービスは、会員がJCB所定のATM等を利用する方法等により、当社から金銭を借り入れることができる機能 引用元: 当然ながら借り入れでお金を用意するのであればキャッシングを使うほかありません ですが、このショッピング枠を換金できる裏技が 『ショッピング枠現金化』なのです。 クレジットカード現金化とも言われており 「キャッシング枠だけでは足りない」「借り入れができない」なんて時には今すぐできる金策に使われています。 ただ、ショッピング枠の現金化には 失敗のリスクもあり、仕組みすら知らない状態での利用はオススメしません。 そこでこのページでは、安全に行うために基本となる仕組みから解説させていただきます。 クレジットカード現金化の方法は主に2つの仕組みに分かれる ショッピング枠を現金化する場合、一般的なのが専門の業者に任せる方法です。 この専門業者ですが、古くからある店舗型のほかに最近ではネット型の業者も続々と進出しています。 それぞれには特徴があり、大きく分けると方式は次の2つです。 換金率が高い• 少額の資金調達に適している 高換金率が魅力 買取方式の大きなメリットは 換金率が高いことにあります。 買取方式の場合、業者は基本的に現金化方法を指示するだけなので手数料が高くありません。 店舗型業者の多くは「75%~90%」の買取率を設定しており、少しでもショッピング枠を無駄なく換金したい方に選ばれています。 少額の資金調達に適している 買取方式は換金率の高さには優れてはいますが、たくさんお金を用意するのは難しいでしょう。 というのも、購入する商品は換金性が高いためカード利用停止のリスクが高くなってしまいます。 多額の現金を用意する場合は、同一商品の複数買いは疑われやすいので避けておきましょう。 非対面の接客でカンタンに手続きできる• 詐欺やトラブルに遭うリスクがある• 手数料が高い 非対面の接客でカンタンに手続きできる キャッシュバック方式の場合、ネット型の業者と取引するため直接店舗に足を運ぶ手間がいりません スマホ1つで申し込みが完了するため、 自宅や職場からすぐにお金を用意したい場合には大変手軽でしょう。 詐欺やトラブルに遭うリスクがある キャッシュバック方式の場合、顔の見えない相手と取引するため買取方式に比べて詐欺被害やトラブルが非常に多いです。 安易に利用してしまうと 個人情報を奪われたり、入金されないといった詐欺に遭うケースもあります。 手数料が高い キャッシュバック方式の場合、商品発送や取引における手数料が高額になることもあります。 そのため利用後に後悔する方も多く、東京都庁の公式サイトにも相談事例が掲載されていました。 インターネットで見つけたクレジットカードの現金化業者に電話したところ、30万円の雑貨をカードで購入すれば21万円をキャッシュバックするとの説明を受け、現金化を依頼した。 リボ払いの予定であったが、よく考えると手数料名目の業者の取り分が高額であり、解約したい。 30歳代 男性 引用元: ショッピング枠現金化は商品買取方式がオススメ ここまで2つの取引を紹介しましたが、いかがでしたか? ショッピング枠の現金化は最終的には換金できるもののリスクには大きな違いがありましたね。 結論として、 クレジットカード現金化を行うなら買取方式がおすすめです。 というのも、 買取方式なら失敗のリスクを恐れず安全にショッピング枠を現金化できます。 もちろん優良店を選ぶ必要はありますが、これからお探しの方は当社 『クレジン』を検討してみてはいかがでしょうか? クレジンでは、商品買取方式を採用しており顧問弁護士の指導のもとご安心いただけるサービスをご提供いたします。 また、換金率の高さやスピーディーな対応でたくさんのお客様にご満足いただいております。 まずはお気軽にご相談ください。

次の

クレジットカード現金化の仕組み~カードが現金に変わるまで~

クレジットカード現金化 仕組み

【買取方式の注意点】• カード利用停止のリスクが高い• お金の調達までに時間がかかる• 今後法律違反となる可能性が高い 『』にもあるように、クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為はカード会社の利用規約に反した行為です。 中でも、新幹線の回数券や金券類は90%以上の換金率で現金化できることが多いものの、 数枚購入しただけで利用停止に陥った方もいるほど危険な商品となります。 指定の商品を購入するにしても自分の名義を使うことに変わりありませんから、いくら業者からの指示でも高く換金しようとするのは危険なのです。 次に買取方式はクレジットカードで商品を購入し、それを現金化業者に持っていくか郵送する必要があります。 そこから商品を点検するなどの手間があるため、お金の調達までには 最短でも数時間~2、3日は見ておくべきでしょう。 最後に、買取方式は将来的に違法性のあるサービスとして摘発される可能性があります。 東京弁護士教会から買取方式の危険性に対する危険性についての意見書が公開されるほどですので、違法なサービスになりかねないということを熟知しておくべきでしょう。 クレジットカード現金化の仕組みで決める【失敗させない得策】 カードでお金の仕組みや、仕組みによって異なる現金化方法の注意点などをお話して来ましたが、いかがでしたか? カードでお金では買取方式またはキャッシュバック方式で現金化が行われ、どちらを利用する際にも利点や注意点を知った上でご自身のニーズに合った方法を選びましょう。 元現金化業者としていえることとしては、圧倒的に キャッシュバック方式がオススメです。 というのも、最大の理由は安全性の高さにあります。 換金率はもちろん重要ですが、買取方式を利用して高く現金化できたとしても、10%~15%の手数料の差で カード利用停止等のリスクを負う必要性があるのかを見極めることも重要でしょう。 また、キャッシュバック方式の利用をするのであれば、失敗しない業者を選択しなければ本末転倒です。 クレジットカードの現金化で資金調達をする際は、安全性が高く換金率等のサービスも満足できる業者を見つけましょう。

次の

クレジットカード現金化仕組み

クレジットカード現金化 仕組み

まず、三店方式の「三店」とは、クレジット現金化業者以外に、何を示しているのでしょうか? そのひとつは、「クレジットカード会社」です。 カード会社は、現金化を正式に認めているわけではありませんが、利用者に対して現金化した金額(利用金額)を請求する、という形で関わってきます。 もうひとつ、取引に関係するのが「買取り業者」です。 クレジット現金化業者では、商品の購入先と売却先のいずれかを、独立した第三者として取引に関わらせていることがほとんどです。 これは、三店方式が違法とみなされるかどうかにも関係してくる、重要なポイントです。 では、「利用者」「現金化業者」「カード会社」の三者間で、実際にどのような流れで取引が行われるのか、説明しましょう。 利用者は、現金化業者が指定した業者で、ショッピング枠を使って商品購入を行います。 利用者は、商品を受け取った後、別の業者(買取り業者)に転売します。 利用者は、商品の転売によって現金を手にします。 後日、カード会社から商品購入金額の請求が来ます。 キャッシュバック方式とは、どう違う? 三店方式と、キャッシュバック方式との大きな違いは、取引に関わる業者の数です。 キャッシュバック方式では、現金化の手続きからキャッシュバックまで、単一の業者が行います。 これは、商品の買取りを行わず、手数料を差し引いた現金の還元、という形式で現金化を行っているからです。 普通のショッピングでも見られる、ポイント還元やキャッシュバックキャンペーンの還元率が、80~90%まで大幅にアップしたようなものです。 なぜ、このような高還元率が実現できるのかというと、購入対象となる商品は、紙切れや安物の玩具など、ほとんど価値のつかない商品(ダミー商品)だからです。 キャッシュバック方式において、商品購入はあくまで形式上のものである、という性格が強いことが分かります。 これに対して、三店方式では、ブランド品や時計など高額な価値のつく商品を業者が買い取り、現金化する仕組みになっています。 このため、三店方式のクレジット現金化業者は、「古物商」の許可を取得していなければなりません。 古物商とは、公安委員会の許可の元で、中古品を対象に売買や交換を生業とする、営業所や個人のことです。 買取り対象の商品が、新品同様の状態であっても、一旦購入したものを転売するなら中古品となります。 パチンコの「三店方式」と似ている? パチンコの景品の買取りにおいても、クレジット現金化業者と同じ「三店方式」というシステムになっています。 パチンコに親しんでいる人であれば、こちらのほうがイメージしやすいかもしれません。 パチンコにおいては、景品を現金に交換することでお小遣いを得たり、生計を立てている人もいます。 しかし、日本では法律により、パチンコはギャンブルではなく、あくまで遊技とみなされています。 よって、本来、景品の現金化は認められていません。 パチンコ店自体が景品の現金化を始めてしまうと、違法な賭博になってしまいます。 それを回避するために、景品の買取りに関しては、パチンコ店とは全く関係のない第三者として、買取り専門店などが対応しています。 パチンコ利用者は、パチンコ店で景品を受け取った後、別のお店で現金に換えているのです。 これが、パチンコにおける三店方式の仕組みです。 クレジット現金化においても、商品の購入先と売却先が同一の業者であれば、違法性は高くなってしまいます。 そのため、現金化業者でも商品の購入先を一般のお店に指定するなど、対策をとっています。 三店方式とキャッシュバック方式、どっちがおすすめ? 三店方式には、前述したようにグレーな側面もあるので、「キャッシュバック方式のほうが安全では?」と考えるかもしれません。 ですが、キャッシュバック方式を採用している業者でも逮捕された事例があるので、絶対に安全とは言い切れません。 キャッシュバック方式は、現金化を目的に商品を販売することから、「景表法」に違反している、という見解もあります。 また、換金率から見ると、特に三店方式は買取り商品のジャンルによって換金率に差が出やすいので、単純に比較はできません。 利便性から言えば、商品転売の手間がなく、オンライン取引で完結するキャッシュバック方式に魅力を感じるでしょう。 ただし、キャッシュバック方式は実態の見えにくいオンライン店舗が多いこと、ダミー商品は景表法違反のリスクが高い、といった点が不安です。 こういったリスクを避けるのであれば、実店舗型の三店方式を選ぶほうが安全です。 三店方式には、どんなリスクがある? 三店方式でも、選んだ業者によっては、リスクが皆無とはいえません。 特に気をつけてほしいのが、無店舗型の買取り業者です。 このような業者では、多くの場合、商品の返送が確認できてからでないと、現金が入金されません。 商品未着や、配送途中に商品が壊れるなどのトラブルがあった場合、購入金額が返ってこないこともあります。 商品が無事到着したとしても、まだ安心はできません。 悪徳業者が相手だと、商品に「傷がある」「(新幹線の回数券などの場合)有効期限が残り少ない」といったケチをつけて、還元率を低くするケースもあるそうです。 これを防ぐためには、買取りに進む前に、以下の点を電話などで直接確認しておきましょう。 換金率と、実際の入金額はどのくらいになりそうか?• 換金率は必ず保証してくれるか?• 手数料はどのくらいか?その内訳は? 現金化業者のウェブサイトで、利用額に応じた換金率表が公開されていることがあります。 例えば、「20万以上~30万円未満の利用なら、90%の換金率」などと、定められています。 換金率表は、一見して明瞭で信用できそうに思えますが、実際には表の数値より低い換金率だった、というケースがままあります。 これは業者が嘘を書いているのかと言えば、実はそうでもありません。 なぜなら、換金率表には、あくまで「最大値(上限値)」しか表記されていないからです。 表では、「換金率90%」と書かれていたとして、それはどんなに良い査定結果でも「換金率が90%を超えることはない」という意味なのです。 誤って「最低90%以上は保証」という意味にとってしまわないように、注意しましょう。 換金率表の正確な意味を読み取るには、表の下の方に小さな文字で「この数字は最大値です」といった注意書きが書かれていないかをチェックしましょう。 書かれていなくても、念のために問い合わせて確認しておくのが望ましいです。 三店方式の業者を利用すると、違法? これまでに、三店方式の現金化業者が摘発された事例は、いくつかあります。 ですが、すべての三店方式が違法とみなされるわけではありません。 購入先と買取先が、全く独立した業者であると認められれば、現時点では摘発の対象にはなりません。 多くの現金化業者は、商品の購入先を、第三者である一般のブランドショップやみどりの窓口に指定しています。 こうして、現金化業者は買取り専門業者とみなされ、その証拠として古物商の許可を取っていれば、怪しまれることはないのです。 商品を自社で販売し、自社で買い取っている業者には、要注意ということです。 このような悪質業者を利用しても、利用者が逮捕されることはありませんが、商品購入に費やした金額は返ってきません。 しかし、三店方式の場合、利用者も全くの罪に問われない、という保証はありません。 なぜなら、カード会社へ利用金額の返済が完了しないうちに、商品を転売すると、「横領罪」に該当する可能性があるからです。 カード会社は、利用者に代わって、商品の購入代金を立て替えています。 利用者が返済を終わらせるまで、商品の所有権はカード会社にあるということです。 今までに、クレジットカード現金化の利用者が逮捕された事例はありませんが、今後はどうなるか分かりません。 違法ではなくても、カード会社の利用規約に反していることになります。 クレジットカード現金化は、以上のようなリスクもあるため、頻繁に利用することは推奨できません。 緊急で現金の用意に迫られているときの、最後の手段として検討するべきでしょう。 クレジット現金化業者なら、カード会社にバレない? 商品を自分で選んで購入するやり方だと、カードの利用履歴が不自然になりやすいです。 現金化業者に依頼すれば、決済代行会社との協力によって、カード会社に現金化が把握されるのを防ぐことができます。 決済代行会社が介在することで、その分手数料は多く取られてしまいます。 決済代行会社の立場としては、高い手数料収入が得られるというメリットがあるから、現金化業者と提携しているのです。 しかし、手数料が割高になったとしても、絶対にカード会社にバレないようにすることが、何より重要ではないでしょうか。 万が一、現金化が発覚してカードが利用停止になったら、自己破産も不可能になります。 三店方式にもいくつかデメリットがあるのは事実ですが、自分で現金化するよりは安全な方法です。 現金化業者が、購入する商品から買取先まで全て決めてくれるので、手間もかかりません。 素人知識で商品を買っても、実際に買取りに出すと、それほど高値がつかないなどの失敗もあります。 安定して高換金率を実現するためにも、まずはクレジット現金化業者に相談するのが賢明です。

次の