異 世界 で どれ い に なり まし た が 小説。 ある日から使えるようになった転移魔法が万能で生きるのが楽しくなりました(まるせい(ベルナノレフ))

【ライトノベルとは何か】ラノベ読者になるための学びの知恵袋

異 世界 で どれ い に なり まし た が 小説

ご主人さまとなったダグラスに仕える奴隷の少女チカは、にこやかな顔をしつつも内心ドギマギ冷や汗いっぱい。 購入済み 紳士でドMで野獣なご主人さま rina. araki. 71 2017年06月03日 屈強な騎士さまで、優しく高潔なヒーロー、ダグラスさまのドMぐあいと野獣っぷりが絶妙です。 ヒロインのチカちゃんに蔑まれ、責められて興奮していたかと思えば、嗜虐心むきだしにしてチカちゃんを追い詰める。 その奥底には、彼女への深い愛情があり、けして嫌がることや無理強いはしない、正々堂々としたお人柄。 絶妙です。 こういったジャンルには、俺様気質の強引な野獣キャラや、ヒロインにベタ惚れで甘々だけど夜は激しい、と言ったキャラはよくいる気がしますが、ダグラスさまはそういったありきたりな型にはまらない、魅力的なキャラクターです。 ヒロインのチカちゃんも、ヒーローに強引に押し切られて流されてしまう、健気だけど優しい、といったよくいるキャラではなく、自我が強くてたくましくて、境遇からの人物像に説得力があります。 ヒーローに翻弄されっぱなしのヒロインに違和感を覚える方にはピタリとハマるおすすめの作品です。 全部で3巻ありますが、一気に通読してしまいました。 3巻分の内容が一冊にまとまった紙の書籍もあり、そちらには追加のイラストと書き下ろしがあるようです。 私は電子書籍派なので満足していますが、書籍の方も手にとってみたいなと思うくらいにはこの作品のファンになってしまいました。

次の

[小説]異世界で奴隷になりましたが

異 世界 で どれ い に なり まし た が 小説

最愛の女性を自らの手にかけた。 だが、目覚めた彼に待ち受けていたのは見知らぬ世界だった。 そこは日本のようで日本ではない異世界で、実在する刀剣が少女として生きている。 そしてなにより驚くべきことに、男性と女性の価値観が大きく逆転していることにあった……。 【書籍版あらすじ】 剣術家の家に生まれた青年・結城悠は、ある日、とある事情から最愛の少女の命を奪ってしまう。 悠は贖罪として自ら命を絶ったはずが、見知らぬ森の中で目を覚ました。 不思議に思い森の中をさまよっていると、頭から狐耳をはやし、やけに扇情的でコスプレじみた和服を着た美少女と出会う。 話を聞くと、この世界は人間の女性は絶滅し、代わりに刀剣より生まれた新人種、「御剣姫守」が鬼と戦っているのだという。 人口の1割ほどしか存在しない男性は、「御剣姫守」に守られて暮らしている。 ジャンル:〔ファンタジー〕 「働きたくない」 異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。 ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。 呆れられて「次の人に期待する」という神様に見送られ、桂馬はそのまま召喚された。 召喚したのは第695番ダンジョンコアと名乗る金髪ロリ幼女。 そしてなんか流れでダンジョンマスターになったけど、あれ、このダンジョン1部屋しかない上に山賊に制圧されてね……? はたして桂馬はいきなり詰んでるこの状況を覆し、惰眠をむさぼる働かない生活を手に入れることはできるのか?! (2019年1月25日 書籍12巻&コミカライズ3巻発売中。 aspx? 「この世界はゲームの中の世界なのよ!」とか「私は悪役令嬢なの!」などと訳の分からないことを仰っている。 訳は分からないが、お嬢様がそう仰るのならそうなのだろう。 「ゼノ、ここは乙女ゲームの世界で、私は悪役令嬢なの!本当なのよ?」 「存じております」 ただ、いい加減鬱陶しい。 何百回同じことを聞かされるのだろうか。 「でも私って屋敷の外に出たことないのよね……。 本当にここが乙女ゲームの世界か確かめるためにも……ゼノ、街に行くわよ!」 以前はあまり口を開いて下さらなかったお嬢様が胸を張って言う。 そんなお嬢様の姿に、私は自然と言葉を発していた。 「御意、お嬢様」 ジャンル:〔ファンタジー〕 磁石寺 啓太はその日、一世一代の告白を行っていた。 前から好きだった少女に愛の告白。 受け入れられた直後、彼らを止める障害出現。 逃げる啓太は同じ時、隣の教室から逃げだして来たクラスメイトと鉢合わせる。 二股がバレて刺し殺されそうなクラスメイトと逃げる彼だったが、健闘空しくクラスメイトの代わりに刺し殺されてしまう。 次に目覚めた時、真っ白ふわもこな生物、シロウサギへと転生を遂げていた。 童貞で死んでしまった彼はこの辛く厳しい第二の生で決意する。 時間軸が同じなだけです。 指摘あれば表現変えたりします。 兎さんが張っちゃけるのは一章の後半からw ジャンル:〔ファンタジー〕 俺の名前は島 清興。 そう、あの戦国時代の島左近の本名と同じだ。 身体は鍛えてはいるが、島左近の様に勇猛果敢では無い、小説好きアニメ好きの単なる隠れオタの20歳童貞である……表向きは。 実は本当にあの関ヶ原で討ち死にした、あの島左近の生まれ変わりだったりする。 今また死に、そして生まれ変わった先は、剣と魔法のファンタジーの世界。 次の人生こそ悠々自適な酒池肉林の隠居生活をしてやると思ったのだが、どうしてこうなった? 3月25日登場人物紹介、アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインを更新しました。 次回更新予定、パーヴェル。 誤字脱字修正が有りましたら、出来る限り修正しますので、御報告下さい。 毎週日曜日の午前0時更新予定です。 キャラクターデザイン、挿し絵は其間トワさんに描いて戴いております。 ありがとう御座います。 ジャンル:〔ファンタジー〕 超スーパー初心者が超スーパー不定期に投稿します。 いい作品になるよう頑張りますが、めちゃくちゃになると思うので、生暖かい目で見てくれると嬉しいです。 ちなみに作者は主人公最強異世界ハーレムモノが好きなので、ガッツリその方向でいきたいと思います。 序盤は全然バトルなしの、ラブコメ色強めになってます。 まあ、大体そんなもんよな。 〜あらすじ〜 オタク主人公・獅子堂礼王 ししどれお は、ある日死んでしまう…はずが、異世界の獣人として転生する。 しかし、かつて人や魔族と共存していた獣人を含めた亜人達は、人と魔族から虐げられ、結界の中に閉じこもっていた。 主人公は、亜人達の栄光を取り戻すために戦う! ジャンル:〔ファンタジー〕 召喚されたらロボだった。 そしてアレがついてない。 ちょっとした手違いから魂だけ異世界に召喚されてしまった俺。 目覚めたら守護魔道機体なるロボの身体になっていた。 街に迫る「獣機」、ヒト族を襲う魔道機との戦いが始まった。 俺を召喚した羞恥心ガバガバエルフ魔導師。 王子系貧乳弓の達人妹エルフ。 爆乳見習い職人無邪気ドワーフ。 人妻エルフと幼女エルフ。 百合系お嬢様に中二病痛魔道士、ガングロダークエルフ。 飛来するモンスター、襲い来る暗殺者。 辺境の小さな町を舞台に王国を揺るがす陰謀がうごめく。 主にだらだら日常、時々バトル。 おティンティン付いてない、むっつりスケベェファンタジー連載中。 ジャンル:〔ファンタジー〕 異世界から人を呼び寄せる術が確立された世界。 そこに呼び出された青年「一郎」は特別な知識や技能も無いため 「外れ」として鉱山送りになってしまう。 だが輸送中、戦闘に巻き込まれて馬車は破壊され、一郎は半死半生となって1人倒れていたところ、 人々から『幽鬼』として忌避される青い髪を持った少女と出会う。 禁術とされる「錬金術」を扱う彼女は一つの選択肢を示したのだった。 「私のいう事、何でも聞く?」 その少女、アルフィリアと一郎は共に新大陸開拓の一大拠点となっている大陸東端の街、テルミナスに向かう。 そこでは探検者と呼ばれる、新大陸に夢を託す人々が集まっていた。 だが実態は、一部を除けば低い社会的身分、危険な戦闘と不安定な収入、そしてそれらに甘んじるしかない人々がなる底辺職。 それでも一郎は探検者に身を投じ、日々の命を繋ぐのだった。 剣も魔法も古代文明もある世界で、底辺であろうとあがき抜く。 いつか、家に帰るために。 完結まで一気に投稿いたします!本日から番犬大祭、四時間ごとに一本投稿!よけれは見ていってください! ある日、魔王に拾われた俺。 一匹の子犬。 そして年月がたち三百年後。 俺は立派な番犬となり、魔王街と魔王城をつなぐ橋を守っていた。 立派な黒く長い毛並みに凛々しい顔つき(犬だけど)。 体も、馬と同じぐらいに。 今や番犬歴も二百年となっていた。 しかし、この平和な魔王街。 特にやることもなく、唯一やることといえば・・・・・・。 「モフモフさせてー」 通りすがりの人たちにモフモフさせること。 それは、子供だったりおばあちゃんだったり元勇者だったり、はたまた魔王の娘まで?! そして、俺はこの癒しも何もない魔王街の、唯一の《癒し》ポイントとなったのだった。 一匹の犬と通りすがる人々のほのぼのコメディ。 ゆる~い雰囲気をお楽しみください。 そこでエルスティア・バルクス・シュタリアとして二十年の歳月を過ごし、正室と五人の側室を設け幸せな時を過ごし始めていた。 しかし、歴史は……いや神はエルに安息の時を与えまいと激動の時代へといざなっていく。 後の世界に多くの偉業と異名をもって知られるエルスティア・バルクス・シュタリアの生涯の第二章の幕開けである。 syosetu. 闇雲に頑張ってます! とにかく、強さを求めて、頑張ってます。 かなり、チートに成って来てます。 基本的には、戦うことは、好きだけど、争いごとは、嫌いみたいです。 結構、理屈、ぽいです、が、無頓着、ぽいです。 なんでこんなことになったの!? しかしうさみは、それでも今日を生きていく。 章ごとに別エピソードのオムニバス風です。 転生編、召喚編、皇帝編、目からビーム編、冒険者編、おっぱい編、戦争編、ゾンビ編、剣士編。 エピソードごとに平均一回程度主人公が死にます。 章ごとに違う時系列の話になり、繋がりがあったりなかったりします。 時系列順不同。 AWは異世界あなざーわーるど。 前作前々作は読まなくても楽しめますたぶん。 ある時、彼は偶然にも異世界の存在に気付き、渡航する手段を発見する。 だが行き付いた先は魔獣が闊歩する異世界。 平和な地球で暮らしていた彼に戦闘能力があるはずもない。 果たして彼は生き延びる事が出来るのか。 そして訪れる異世界での遭逢。 ミルナ、ソフィー、エレン、レオに出会い、彼は少しずつ人間らしくなっていく。 アキが仲間達と異世界の謎を紐解いていく異世界日常ファンタジー。 syosetu. mitemin. jimdo. よろしければご愛読ください。 彼女はどこへ向かうのか。 彼女は何を為すのか。 それは作者にすら分からない。 何故ならこの物語にあらすじはなく、彼女が好き勝手に生きた軌跡が、毎日一話ずつの物語となってゆくからである。 「おはよう。 」 思わず頭をポンポンと触ってしまったが、嫌がる様子もない。 女の子は部屋の隅にある観葉植物を指さしてマナの木だと言い、育てて欲しいから私の世界に来て欲しいとのこと。 実家から盗ん・・・持ってきた観葉植物が異世界のモノだとは流石に信じられないが、既に目の前の異変すら理解を超えている。 俺の家庭環境はとても悪く、一人暮らしをしてからも長く付き合っていた恋人にはフラれ、38歳になってしまった。 「後顧の憂いもないしな。 」 今の生活に魅力は無く、今後の人生も薔薇色になる予定はない。 異世界というのは俺がプレイしたビデオゲームのように魔法が存在するようだが、ちゃんと生活できるのか? 通貨は? 言語は? 衣食住は? 神さま・・・? 元の世界に戻れないの!? それでも俺は行くことにした。 何しろゲームのような幻想世界にはそれなりに興味は有ったからだ。 行けるのならそれはもう幻想ではない。 詳しく話を聞けば更に興味は湧く。 結婚する為に溜めていた貯金を全て引き出し、色々と準備を終えると、いよいよとなった。 「おおおお・・・。

次の

メイドから母になりました

異 世界 で どれ い に なり まし た が 小説

ご主人さまとなったダグラスに仕える奴隷の少女チカは、にこやかな顔をしつつも内心ドギマギ冷や汗いっぱい。 購入済み 紳士でドMで野獣なご主人さま rina. araki. 71 2017年06月03日 屈強な騎士さまで、優しく高潔なヒーロー、ダグラスさまのドMぐあいと野獣っぷりが絶妙です。 ヒロインのチカちゃんに蔑まれ、責められて興奮していたかと思えば、嗜虐心むきだしにしてチカちゃんを追い詰める。 その奥底には、彼女への深い愛情があり、けして嫌がることや無理強いはしない、正々堂々としたお人柄。 絶妙です。 こういったジャンルには、俺様気質の強引な野獣キャラや、ヒロインにベタ惚れで甘々だけど夜は激しい、と言ったキャラはよくいる気がしますが、ダグラスさまはそういったありきたりな型にはまらない、魅力的なキャラクターです。 ヒロインのチカちゃんも、ヒーローに強引に押し切られて流されてしまう、健気だけど優しい、といったよくいるキャラではなく、自我が強くてたくましくて、境遇からの人物像に説得力があります。 ヒーローに翻弄されっぱなしのヒロインに違和感を覚える方にはピタリとハマるおすすめの作品です。 全部で3巻ありますが、一気に通読してしまいました。 3巻分の内容が一冊にまとまった紙の書籍もあり、そちらには追加のイラストと書き下ろしがあるようです。 私は電子書籍派なので満足していますが、書籍の方も手にとってみたいなと思うくらいにはこの作品のファンになってしまいました。

次の