日経 プラス 10 サタデー。 香港国家安全法で「10年後はマカオのようになる?」:日経ビジネス電子版

BSテレ東のニュース「日経プラス10」「NIKKEI 日曜サロン」を配信 :日本経済新聞

日経 プラス 10 サタデー

23日に出版された米国・ボルトン前大統領補佐官の回顧録「それが起きた部屋」。 3つの疑問「米朝会談、決裂の真相は」「日米関係はどう描かれた」「米国大統領選挙への影響は」。 ボルトン前補佐官は1970年、イエール大学を最優秀で卒業。 2001~2005年、ブッシュ政権で国務次官、2005~2006年、国連大使、2018~2019年、トランプ政権で安全保障担当大統領補佐官。 イランや北朝鮮に軍事攻撃を辞さない超タカ派。 対中強硬派。 「悪魔の化身」「メモ魔」と称する声も。 ネオコン。 回顧録では大統領補佐官として至近距離から見守ったトランプ大統領の首脳外交秘話を綴り、トランプ大統領とホワイトハウスの政策失敗を批判。 1月、「大量の機密情報が記載されている」としてホワイトハウスが出版中止を迫り、6月16日には司法省が出版差し止めを求めて提訴。 連邦地方裁判所は棄却。 国際ジャーナリスト・歳川隆雄のスタジオコメント。 キッシンジャー回想録について言及あり。 写真:AP/アフロ。

次の

日経プラス10サタデー▽ボルトン氏の回顧録…その「破壊力」は?(BSテレ東4K、2020/6/27 09:30 OA)の番組情報ページ

日経 プラス 10 サタデー

23日に出版された米国・ボルトン前大統領補佐官の回顧録「それが起きた部屋」。 3つの疑問「米朝会談、決裂の真相は」「日米関係はどう描かれた」「米国大統領選挙への影響は」。 ボルトン前補佐官は1970年、イエール大学を最優秀で卒業。 2001~2005年、ブッシュ政権で国務次官、2005~2006年、国連大使、2018~2019年、トランプ政権で安全保障担当大統領補佐官。 イランや北朝鮮に軍事攻撃を辞さない超タカ派。 対中強硬派。 「悪魔の化身」「メモ魔」と称する声も。 ネオコン。 回顧録では大統領補佐官として至近距離から見守ったトランプ大統領の首脳外交秘話を綴り、トランプ大統領とホワイトハウスの政策失敗を批判。 1月、「大量の機密情報が記載されている」としてホワイトハウスが出版中止を迫り、6月16日には司法省が出版差し止めを求めて提訴。 連邦地方裁判所は棄却。 国際ジャーナリスト・歳川隆雄のスタジオコメント。 キッシンジャー回想録について言及あり。 写真:AP/アフロ。

次の

日経プラス10の配信動画 バックナンバー・見逃し|テレビ東京ビジネスオンデマンド 【BOD】

日経 プラス 10 サタデー

テレビ東京アナウンサー・角谷暁子と日経ビジネス編集委員・山川龍雄が、世間を騒がせている時事問題をゲストに直撃する動画の新シリーズ。 第2回のテーマは、香港国家安全法で「10年後の香港はどうなる?」。 香港への「国家安全法」の導入を巡り、米中が非難合戦を繰り返している。 トランプ大統領が「中国は『一国二制度』を『一国一制度』に変えた」と言い、中国への制裁を表明すると、中国外務省は「著しい内政干渉であり、米中関係を破壊するものだ」と強く反発した。 今後の香港はどうなるのか。 興梠一郎・神田外語大学教授は「中国は香港のマカオ化を狙っている」と指摘。 中国の姿勢次第では、香港が貿易・金融センターの地位を失うと警鐘を鳴らす。 角谷暁子(日経プラス10サタデー・キャスター、以下、角谷):さあ、始まりました。 これまでのところ、なかなかカドが立つような質問ができていないのが反省点です。 山川龍雄(日経プラス10サタデー・メインキャスター、以下、山川):そうですか。 おかげさまでとても好評で、毎回、たくさんの人に動画を見ていただいています。 デリケートな話題が多いので、突っ込むのはなかなか難しいですよね。 角谷:このコンテンツは毎週土曜朝9時30分からBSテレ東 7チャンネルで放送している「日経プラス10サタデー ニュースの疑問」という番組内でお伝えしきれなかったことをネット配信でお伝えしていこうというものです。 山川さんにも引き続き参加していただきます。 今回のテーマは「国家安全法で、どうなる香港」 5月28日、中国は、北京で開いた全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、反体制活動を禁じる「香港国家安全法」の制定方針を採択しました。 それを受けて、香港では反政府デモが続いています。 一方、トランプ米大統領は、中国に対して厳しい対抗措置を打ち出しました。 香港を巡る問題については、現地で学生がデモを続けているので、日本でも若い人たちが関心を寄せていますね。 山川:そうですね。 ただ心配なのは、どの国も新型コロナウイルスの問題に関心が集中してしまい、香港問題が置き去りになっているように見えることです。 国家安全法は、昨年、問題となった逃亡犯条例よりもはるかに深刻な内容を含んでいます。 にもかかわらず、昨年よりもメディアの取り上げ方が少ない。 だからこそ、今回はじっくりと掘り下げましょう。 角谷:お話を伺うのは、神田外語大学教授の興梠一郎さんです。 よろしくお願いします。 興梠一郎氏(神田外語大学教授、以下、興梠氏):よろしくお願いします。

次の