スマメイト ランキング 戦闘力。 【スマブラSP】リドリーを極める旅(戦闘力463万、スマメイトレート1631)

【動画あり】【世界戦闘力394万】VIP最上位リンクのスマメイト【スマブラSP】

スマメイト ランキング 戦闘力

その話をしたいと思います。 これってまず、「誰かが」「よくわからない方法で」「検証した結果」という非常にあやふやな情報をとりあえず載せとくかってものなんですよね。 だから「絶対というわけではありません」と言ってます。 とはいえ、書いてはいないものの計算方法は察せますね。 ただあくまで得られる知見は 「上位3. 世界戦闘力は発売当初は順位だと考えていた人もいたみたいですね。 ほぼ間違いなく違います。 ・自分のキャラでも同じ世界戦闘力になることがある ・逆VIPという戦闘力が拮抗するところがある 多分12万くらい。 その下にはいくのがほぼ難しい世界戦闘力空白帯 ・1台に80キャラおるのに700万がボーダーだと遊んでる人あまりにも少ない 1000万台以上売れてるしな だから「 世界戦闘力上位3. そもそもとして、世界戦闘力の上がり具合は不均等です。 それっぽくいうとです 戦闘力300万くらいでは10万〜50万程度変動するのに対し、VIP前やVIPでは数千〜数万になることもよくあります。 何が言いたいか適当に数字を出してみましょう 「10」がVIPボーダーとします。 多数のプレイヤーの戦闘力は以下のように、変化していきます 1 2 3 4 5 6 7 8 8. 3 8. 6 8. 9 9. 1 9. 3 9. 5 9. 7 9. 8 9. 9 10 10. 1 10. 2 10. 変動が少ないから。 そして、僕が割と残念というか、個人的に感じるところとしては 僕の感性からすれば、明らかにこの情報は「うさんくさい」よりの情報ですよ。 根拠があまりに薄いです。 とまでは言いません。 載せている方も「絶対では無い」といってます。 問題はそれを受け取った側があたかも「間違いのない事実」みたいに話をするのは、今のこの世の中では非常に危険です。 webの情報は不確かである。 これは前提なんですよね。 裏付けをする、納得のいく根拠がある、そして初めて信用の可能性がでてくるものです。 こんなこと言っておきながら、ちなみに僕が普通に間違っている可能性もあります。 あくまで僕の予想 3. 載せてないだけでもっと高い戦闘力の人も存在するでしょう。 おそらく総対戦数かなんかでVIP最高戦闘力が決まります。 裏付ける方法はありません。 にきいてください おまけ さて、こんな数字もあります 検証窓から解析の結果12. 5%がVIPでは? まぁこれもそこまで出回ってないからにうまいこと、解析結果をわかりやすい形で取り出せなかったのかもしれません。 これに関して言えば、何にもわかりませんw 正しいか間違ってるかも僕は解析できないのでさっぱりです。

次の

デュラララ!!強さランキング【最新決定版】

スマメイト ランキング 戦闘力

最善な環境でオンライン対戦できる 経験上、スマメイトは VIPマッチよりも安定した環境で対戦できることが多いです。 レートをかけて対戦する場所なので、活用している人の多くは有線接続等の環境を用意している印象です。 有線接続の方のみとマッチングを行う設定等もできるので、安定した環境で対戦できることができます。 多少マッチングに時間はかかる可能性はありますが、無線の方も問題なく利用できます。 キャラ対策が積みやすい レーティング対戦は対戦相手を完全ランダムでマッチングすることも可能ですが、自身で選ぶこともできます。 相手が何かしらの制限をかけていた場合はマッチングが成立しませんが、スマメイトは幅広いキャラ使いのプレイヤーが利用していることに加え、 任意のプレイヤーに対戦を申し込むことも可能なので、キャラ対策は積みやすいと思います。 しかし、逆に連敗が続くと心が折れてしまい、スマメイトをやらなくなってしまう方もいます。 自身の実力がレートという明確な形で表示されるので、数字が下がることのプレッシャー等が理由になっているかと思います。 何事も継続することがもっとも重要だと思いますので、 自身に合った継続方法・工夫を見つけることで実力アップを測るのが理想的です。 対戦数を目標に設定する 「1日5戦」や「1週間で40戦」のように、対戦数で目標を設定する方法です。 レートを目標にすると、達成できずに心が折れてしまったり、つい連戦してしまい終わるタイミングが分からなくなることがあります。 対戦数で目標を設定すれば、ゴールがより明確になるので、モチベーションの維持をしやすく継続させやすいです。 その日の対戦内容を反省する時間も作りやすいので、効率の良い練習になるかと思います。 対戦中の課題を一つ設定する スマメイトに限ったことではありませんが、何でも良いので対戦前に自身の課題を設定することです。 「崖奪いを1度成功させる」、「〇〇コンボを1度決める」、「安易な回避癖をなくす」等といった自分ルールを設定します。 勝つことができれば理想ですが、勝ち負けはひとまず置いとき、設定した課題をクリアするためにスマメイトをするのも一つの手だと思います。 課題を設定することで自身のレベルアップも実感できるので、実行しやすい考え方だと思います。 レートを非表示にする 自身のレートを非表示にするスマメイトに実装されている機能です。 普通に対戦をしているとどうしてもレートが目に入ってしまいますが、この機能を使えばレートを見ずにレーティング対戦ができるので、レートを気にせず対戦することができます。 スマメイトは活用したいけど、レートが気になってどうしても勝ちに拘り過ぎてしまう方は使うと対戦しやすくなるかもしれません。 実際この機能を使っている方は多いと聞きます。 レート制限をかける スマメイトではマッチングするレートに制限をかけることで自身と近いレートのプレイヤーのみと対戦することができます。 ある程度のレート制限をかけて対戦した方が対戦数をこなすほど、自身の適正レートが明確になりやすく、一方的な試合が減り、試合内容についても何が良かったのか、悪かったのか考えやすくなります。 まとめ 以上が、スマメイトを継続して活用する方法です。 複数の継続法を紹介しましたが、人それぞれ考え方があると思いますし、自身に合ったやり方を見つけるのが一番だと思います。 勝ちに拘りすぎてもメンタルがやられてしまうので、今回紹介した方法で、自身に合った方法を見つけることができればと思います。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の

【スマブラSP】世界戦闘力の上げ方について【スマブラスイッチ】

スマメイト ランキング 戦闘力

臨也の趣味の人間観察で自分自身が操られていたことに怒ったが臨也に本心を見透かされており、セルティに助けられたことでその後【ダラーズ】の一員となっている。 戦闘力はほとんどないので順位も下位。 これは想像でのランク付けになってしまうが九十九屋よりも戦闘力は低いと思うので順位も下位。 第30位 九十九屋真一 タウン案内の書籍などを手掛けているライターで本名は不明。 【ダラーズ】のメンバーで掲示板に変な書き込みばかりするので変人として扱われていた。 本名だけでなく、年齢や性別も不明で臨也ですらその正体はわかっていない。 正体不明の人物で作中でも全く登場しないことから正確な戦闘力を図ることはできないが強さを語り合う際となどの評価をするとこのくらいの順位が妥当。 作中での活躍が全くないので順位も下位。 門田とウォーカーと一緒に行動していることが多く、門田が轢かれた時には門田の無事を祈り、犯人を許さないという覚悟を持っていた。 普段は、自身で製作したアクセサリーを販売することで生計を立てていた。 戦闘力に関しては不明点が多いが神近や九十九屋よりも戦闘力は高いと思われるので順位も上位だが門田やウォーカーと比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。 氷彫刻をフリーで行っており、パーティなどに氷彫刻を提供していた。 門田と一緒に行動していることが多く、門田が轢かれた時には犯人を捜しまわっていた。 あまり戦闘力はない方だが九十九屋や渡草以上の戦闘力を持っていると思われるので順位も上位だが門田と比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。 多くの情報網を持っており、情報通であることからまとめ役をしていることが多い。 セルティとは幼い頃から一緒に行動しており、セルティに恋心を抱いて成長しており、人には全く関心を持っていない。 臨也と静雄と同じ高校出身で2人の間を取り持つ立場だった。 交友関係はそんなに広い方ではなく、友達も静雄と臨也くらいしかいない様子。 セルティに首が戻ったことでセルティが精神的に変化することを懸念しており、首が返ってこないように暗躍していたが事件が終了して以降は、セルティと仲直りしており、後に恋人同士になっている。 作中での行動からも戦闘力はあまり高くないことは確実で臨也や静雄と比較すると遥かに戦闘力は低いことは確実。 そのため、順位もかなり下。 危機的な状況に陥った際に笑みを浮かべてしまうという癖がある。 【ダラーズ】の創始者の一人で他のメンバーが脱退していく中1人だけ残っており、組織の管理を行っていた。 【ブルースクウェア】のリーダーになるように青葉に言われたことで【ブルースクウェア】を配下に置き、【ダラーズ】を自分の理想のチームへと創り上げていった。 自分を罠に嵌めた青葉の手にボールペンで攻撃をするなど常軌を逸した一面も見せていた。 どんな状況であっても普通の人間であるということが自身の特徴であった。 情報処理能力に長けており、掲示板に投稿されている情報を瞬時に判別・収集することが可能。 戦闘力に関していえば不確実な部分が多いがそこまで高くない様子。 臨也や静雄と比較すると戦闘力は遥かに劣ってしまうので順位も下位。 一時期は、【黄巾賊】を乗っ取ることに成功しているが正臣や門田の反撃を受けたことで敗北し、車で逃走しようとしていたところを静雄の攻撃を受け、恐怖のあまり正気を失い逃げているところを葛原に見つかり、捕まっている。 小物感が否めない人物で作中での活躍からもそこまで強くないと思われる為、順位もかなり下の方。 ニート同然の生活をしているが実際は、親から引き継いだアパートの家賃収入で生計を立てており、兄が経理と法務を担当し、妹が管理を行い、自身は取り立てやトラブルなどを担当している。 門田を轢いた犯人を捜しており、見つけた時にはワゴン車で轢いている。 戦闘力もそこまで高い方ではなく、順位もかなり下の方。 臨也や静雄と比較すると遥かに戦闘力は劣ってしまう。 さらに、門田と比較しても戦闘力は劣ってしまうので順位も下位。 帝人との交流はその後も続いており、池袋での刺激的な生活を帝人に良く話していた。 中学生時代には、【黄巾賊】を立ち上げた人物で【ブルースクウェア】との戦闘では、沙樹を人質に取られてしまい、彼女を救えなかったことで責任を感じ、【黄巾賊】を抜け、沙樹とも別れている。 その後、【リッパーナイト事件】をきっかけに【黄巾賊】に戻っており、自身の過去に決着をつけ、沙樹と復縁し、後に2人で池袋を後にしている。 見た目からは想像できないが筋肉質で喧嘩もなかなかの実力を持っている人物。 だが、 静雄や臨也と比較すると戦闘力は遥かに低いと思われるので下位にランクインしている。 帝人と比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上位。 ルリに対し、異常な愛に目覚めたことで裏ファンコミュニティの中核をも担っていた。 ルリの大切なものを壊すことで彼女の心を破壊しようと企んでいたが一緒に行動していた仲間たちがどんどん捕まってしまい最終的には、自分のマンションに帰っているところを襲撃され、臨也のもとに連れ去られてしまっている。 ルリに対する異常な愛を持っている人物で作中での行動からもかなり注意が必要な人物。 強さで見るとあまり強い方ではないということから順位も下位の方だが法螺田と比較すると僅かだが実力は高いと思われるので順位も上。 誰かを傷つけたり、破壊することに躊躇のない人物で法螺田からも恐れられていた人物。 喧嘩では、数にモノを言わせ圧倒するという戦闘スタイル。 【黄巾賊】との戦闘では、沙樹を連れ去り、重傷を負わせた人物で沙樹の証言から逮捕され、後に出所している。 自身のチームを裏切った門田や弟の青葉、臨也たちのことを激しく憎んでおり、復讐を企て臨也の元に身を置いていた。 ハンマーを武器にしており、ハンマーで沙樹に重傷を負わせていた。 法螺田からも恐れられるほどの実力の持ち主なので順位も上位だが臨也と比較すると戦闘能力は劣り、弱いと思われるので順位も下位。 交通法違反者を追いかけすぎてよく事故まで発展してしまう。 バイクに乗っているときの戦闘力は圧倒的なモノで静雄と肩を並べるほどの実力を持っていると言われている。 警察から逃げ回っているセルティを捕まえるために他所から配属されており、自身が配属されてから池袋での暴走族の活動はかなり減っている。 セルティと遭遇した際には、凄まじいチェイスを繰り広げたことでセルティのトラウマとなり、天敵となっている。 バイクに乗った時の戦闘力は作中でもトップクラスの人物だが総合的な評価をすると順位はこのくらいが妥当。 だが、 セルティにトラウマを植え付けるほどのバイクテクニックはかなり驚異的。 セルティからは『化け物』と言われるほどの評価されていた。 常に気怠そうな顔をしている。 あまり戦闘力は高くなさそうな見た目だがプロの格闘家なので常人以上の戦闘能力を持っていることは確実。 妹の美影が高校を辞める原因になった臨也を憎んでいるため、見つけたときにはすぐに潰しにかかっていた。 プロの格闘家なので高い戦闘力を持っていることは確実だが静雄や臨也と比較すると弱いと思われるので下位にランクイン。 だが、法螺田たちと比較すると強いことは目に見えてわかるので順位も上。 「人間は脆い生き物なのか」を確かめるために破壊行動を行う戦闘狂で高い戦闘力を誇っている。 澱切の依頼と臨也の依頼を同時に受けているときにセルティたちと出会ったことで異形の存在に気付き命を狙うようになっていった。 静雄との戦闘で敗北し、任務は失敗に終わっているが「人間は脆い生き物なのか」という問いに終止符を打つ存在に出会えたことに感動していた。 その後は、デニスの紹介で静雄やトムと一緒に取立人として行動するようになり、自身が強くなり、静雄のすべてを理解し、静雄を倒すことを目的にしている。 任務遂行中に静雄との戦闘で敗北しているので静雄よりも戦闘力は低く弱いことは確実で赤林にも敗北しているので2人よりも戦闘力は低いことは確実。 だが、泉井や影次郎と比較しても高い戦闘力を持っていると思われるので順位も上位にランクイン。 その後、【ダラーズ】の一員となっている。 洞察力と状況判断能力に長けており、戦闘力もそこそこある方。 新羅からは、精神的な抑止力と評価されていた。 父親と共に左官屋をしている。 リーダーとしての能力も高く、作中でも活躍していた。 純粋な戦闘力で見るとあまり戦闘力が高い方ではないので順位は下の方。 臨也や静雄と比較すると戦闘力は遥かに劣ってしまうので順位も下位。 四木の指示で臨也に接近していたが【罪歌】の片割れの鯨木によって【子】になったことで臨也を裏切り、臨也を鯨木に渡している。 筋骨隆々な体格から戦闘力が高く、強いことは確実でヴァローナたちよりも上位にランクイン。 エゴールやサイモンと比較すると戦闘能力は劣ってしまうと思われるので下位だが日本での任務失敗後の行動を見ると常人以上のタフネスを持っている。 ロシアで7番目に恐ろしい人物と評価されるほどの実力者で戦闘の前には武器を用意しないでその場で武器を調達する。 組織を抜けたヴァローナとスローンを追いかけ、日本に訪れており、ハリウッドと戦闘を行ったが武器と使ったものが静雄の持ち物で静雄の攻撃を受け、敗北している。 その後、杏里と出会い、【罪歌】が杏里の意思を無視し、斬られたことで【罪歌の子】になっている。 上記のことから常人以上の戦闘力をもっていることは確実で上位にランクインしているが静雄の一撃を喰らい敗北しているので静雄と比較すると戦闘力は劣ることは確実なので順位も下位。 資産家の令嬢であったが父が立て続けに事業に失敗してしまい、遠い親戚に預けられていたその後メイクアップアーティストとして活動を始め、後にモデルになっている。 数代前に人間ではないモノの血を混じらせていることで彼女自身も常人以上の身体能力と圧倒的な怪力を持っている。 自身は、その能力に気付いていなかったが自分を救おうとした父親が亡くなったことを知り、【異形】の力に目覚めている。 力に目覚めた後には、澱切陣内の策謀によって行われた【儀式】の参加者を次々に倒していった。 【ハリウッド】という異名を持っており、ネブラからも検体として狙われていた。 だが、静雄との戦闘であっさり敗北してしまっていることでネブラが彼女のことを弱いと勘違いしたことで検体の対象ではなくなった。 人ではない何かの血が入っていることで高い身体能力と怪力を持っていることは確実で常人以上の戦闘力を持っており、強いのでこの順位。 だが、静雄との戦闘で敗北しているので静雄よりも戦闘力は低く弱いので順位も下位。 喧嘩の実力はかなり高いもので作中でも活躍していた。 【ダラーズ】に扮した【ブルースクウェア】が自身のチームだけでなく、一般人にも手を出したことでチームを率いて、【ダラーズ】のメンバーに攻撃を加えようと行動をしだした。 だが、【ダラーズ】の門田と戦闘を行ったが敗北しており、その後仲良くなっている。 高い戦闘力を持っていることは確実で静雄の攻撃も4発なら受けきれるほどの根性とタフネスを持っていることからも強いことは確実。 門田に敗北しているが様々な意見を参考にすると門田以上の強さを持っていると思われるので順位も上位。 那須島を斬ることを拒むことで【罪歌】を抑え込んでいたがその後、【罪歌】の愛の形こそが正しいと考えなおし、那須島を斬っている。 【罪歌の子】と【罪歌の孫】を支配しており、数多くの事件を起こし、【罪歌】の求める強者・静雄を斬るために【罪歌の孫】を増やし、静雄と一般人を斬りつけていった。 那須島が杏里に目を付けたことで杏里に攻撃を仕掛けたが彼女が【罪歌の母】であったため、孫の意識を支配されたことで騒動が収まっている。 その後、杏里に【罪歌】を譲るように交渉したが決裂しており、杏里に攻撃を仕掛けたが鯨木に妨害されている。 たくさんの事件を引き起こしている人物で戦闘力もそこそこ高い方だと思われる。 だが、 杏里に攻撃を仕掛けようとした際に、孫たちの支配を奪われてしまっていることから杏里のほうが戦闘力は高いと思われるので順位も下位にランクイン。 若くして幹部に登った人物で表向きは、絵画代理店の代表取締役を務めている。 どんな時も冷静でセルティのヘルメットの下を見ても全く動じなかった。 セルティの姿を見ても全く動じない精神力の強さと合気道黒帯の実力を持っているので強いことは確実。 だが、赤林や青崎と比較すると戦闘力は劣ってしまうので順位も下位。 エゴールやスローンと比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上位にランクイン。 高校時代には、臨也の取り巻きの一人である事件に巻き込まれたことで原因で高校を中退している。 その後も臨也の下に身を置いていた。 格闘家としての実力も高く、影次郎をも凌ぐほどの実力者。 影次郎の方が強いという意見も多くあったが総合的な評価をすると影次郎以上の強さを持っていると思われるので順位も上位。 臨也と比べると臨也の下についていたことから臨也よりも戦闘力は低く弱いと思われるのでランキングも下位。 組織きっての武闘派。 赤林が別の組にいた時にはライバル関係であったが今では決着をつける気はない様子。 単独行動を行っている赤林とは違い、組織としての武力を重視している。 組織の勢力にも影響を及ぼす存在感と高い戦闘力を持っているので順位も上位だが赤林と比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。 【粟楠会】とは敵対している組織に所属していた。 過去に、沙耶香に右目を攻撃されたことで【罪歌の子】にされそうになったが沙耶香に心を奪われたこともあり、精神力で【罪歌の声】をねじ伏せ、自らの右目を取り出し【罪歌の子】にならなかった。 【ダラーズ】にも登録している。 武闘派として活動していた人物で高い戦闘力を持っていることは確実でさらに頭もキレる。 臨也や静雄と比較すると戦闘力は劣ってしまい順位も下位だが青崎や御影と比較すると戦闘力は高く強いため順位も上位にランクイン。 身長2m以上と体重120kgという圧倒的な体格を持っており、静雄を抑えれるほどの実力を持っている。 圧倒的な戦闘能力を持っているが自身は争いごとが嫌いで平和主義者。 過去にロシアの武器商社に所属していたことからかロシア語で話すときは荒っぽい話し方になる。 【ダラーズ】に所属しており、静雄を【ダラーズ】に誘った人物で学生時代には、静雄と臨也の喧嘩の仲裁をしていた。 その体格からも強いことは確実で超絶的な暴力をもっている静雄を抑えれるほどの実力を持っているので作中でもトップクラスの実力者。 臨也と比較しても負けないほどの実力を持っていると思われたが臨也よりも戦闘力は僅かだが劣ると思われるので順位も下位。 人間ではないものの血を引いているので聖辺ルリの血縁者に当たる。 ネット上でも活動を行っており、ダラーズチャット内でも『甘楽』に化けることで情報操作を行っていた。 杏里と同じく『母』としての格を持っている【罪歌の宿主】。 新羅を切りつけ、誘拐したが後に【罪歌の呪い】の解けた新羅に告白したが振られてしまっている。 戦闘力に関しては不確実な部分が多く正確な戦闘力を図ることは難しいが強さを語り合うサイトなどの評価を参考にするとこの順位が妥当。 臨也や静雄と比較すると戦闘力は劣ってしまう為、順位も下位だが青崎や赤林と比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上位にランクイン。 【罪歌】の思念を受けながらも額縁の中のモノを見ることで自我を保ち、【罪歌】を抑え込んでいた。 【罪歌】の影響を受けていることから高い身体能力を持っており、【罪歌】の経験してきた戦闘と記憶を引き継いでいる為、高い戦闘力を持っている剣豪。 【リッパーナイト事件】では、母であることで子や孫の意識を支配することで事件を片付けている。 高い戦闘力を持っていることは確実で作中でも活躍していたため、順位もかなり上位。 だが、静雄や臨也と比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。 帝人たちと比較すると戦闘力は高く強いので順位も上位にランクイン。 新羅と静雄とは学生の頃からの友人。 静雄に対し、苦手意識を持っており、駆け引きや理屈も通じないことから会うたびに喧嘩をしている。 静雄と戦闘を行った際には、静雄の攻撃をガードしたことで両腕が骨折と脱臼をした。 その後、ヴァローナに止めを刺されそうになったがサイモンの放ったスタングレネードの閃光に紛れ、救出されている。 主に影で活躍を行っており、数多くのハンドルネームを使い分けることで情報収集を行っていた。 静雄との戦闘で重傷を負っていることから静雄よりも戦闘力は低く、弱いことは確実だが総合的な評価をするとこのくらいの順位が妥当。 帝人やヴァローナ以上の戦闘力を持っているので順位も上。 高い戦闘力を持っている人物で作中でもトップクラスの実力者。 静雄が尊敬するほどの戦闘力を持っているが静雄と比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位だが他の人物たちと比較すると戦闘力は高いと思われるので順位も上位にランクイン。 非常識な存在であるが性格は常識的で面倒見が良い。 質量を持っている影を自在に操ることが可能で財布や鎌などを作り出すことも可能。 アイルランドで生活を送っていたが首が盗まれたことで首の反応がある日本にやってきており、森厳と取引をしたことで池袋に住み、運び屋として活動していた。 新羅が幼い頃から一緒に生活を送っており、相思相愛でありながらも一線を引いていた。 最終的には、首を取り戻し、本来の姿に戻ることに成功し池袋から去ろうとしているが新羅に首を斬られたことで池袋に残り、新羅と一緒に生活することを決めている。 作中での活躍からも戦闘力が高いことは確実で第2位にランクイン。 バイクでのテクニックも常人以上のモノを持っている。 金之助に追いかけまわされたことで彼のことがトラウマになっている。 高い戦闘力を持っているので臨也達と比較しても強いことは確実なので順位も上位だが静雄と比較すると戦闘力は劣ってしまうと思われるので順位も下位。 筋力にリミッターが存在しないという特異体質で圧倒的な戦闘力を持っている。 筋肉だけでなく骨や関節も強靭に進化しているのでナイフもほとんど刺さらず、銃で撃たれても全く動じない。 作中での活躍からも圧倒的な戦闘力を持っていることは確実。 臨也との戦闘では、臨也の両腕を骨折させ、戦闘不能まで追い込んでいる。 常人では考えられないほどの力を持っており、自動販売機や電柱をいとも簡単に破壊してしまう。 以上のことを踏まえてみても作中間違いなくNo. 1の人物。 臨也との戦闘結果から臨也以上の戦闘力を持っていることは確実で順位も上位にランクイン。 スポンサードリンク デュラララ!!強さランクまとめ Sランク 平和島静雄、セルティ・ストゥルルソン Aランク トラウゴットガイセンデルファー、折原臨也、園原杏里、鯨木かさね、サイモン・ブレジネフ Bランク 赤林海月、青崎柊、写楽美影、四木春也、贄川春奈、六条千景、聖辺ルリ、エゴール、スローン Cランク 門田京平、ヴァローナ、写楽影次郎、葛原金之助、泉井蘭、徒橋喜助、紀田正臣、渡草三郎、法螺田 Dランク 竜ヶ峰帝人、岸谷新羅、遊馬崎ウォーカー、狩沢絵理華、九十九屋真一、神近莉緒.

次の