大田 区 避難 区域。 東京都大田区上池台のハザードマップ【地震・津波・土砂災害】

大田区ホームページ:大田区ハザードマップ(風水害編)

大田 区 避難 区域

東京 府中市では浸水想定区域内の人口に対する避難所の収容可能率が18%で、感染対策を考えると7%と、多摩川沿いの自治体で最も低く、浸水想定区域の住民の避難が課題となっています。 府中市の多摩川沿いにあり553世帯が入る大規模なマンションでは、最悪の場合3メートル近くの深さまで浸水するおそれがあり、住民がより高い階に住む知人の家や、マンション内の施設に避難する取り組みを進めています。 実際に去年10月の台風19号では、多摩川の水位が上昇し避難勧告が発表されたため、マンションの1階に住む40世帯余りが避難することになりました。 すでに雨が強まっていたことから、避難した人の中にはマンションの上層階に住む知人を頼って避難したケースがあったということです。 また、マンション2階の「ゲストルーム」と呼ばれる部屋を開放し、10人以上が避難したということです。 自治会長の林田健一さんによりますと、このマンションでは年1回の防災訓練に加えて、日頃からお祭りを開くなどして住民同士の交流を深める取り組みを進めているということです。 林田さんは「都会のマンションは『隣に誰が住んでいるかわからない』と表現されることがあるが、それではいざという時に対応できない。 イベントなどを通じて、顔が見える関係を作ることが皆で協力して災害に対応する秘訣だと思う」と話していました。 東京 大田区では70万人余りの人口のうちおよそ60%にあたる44万人余りが、多摩川が氾濫して最大規模の浸水が起きた場合の浸水想定区域に住んでいます。 水害に備え大田区は小中学校など89か所を避難所に指定していますが、このうち60%余りの59か所は浸水区域にあり、活用できるのは建物の2階以上とスペースが限られています。 このため浸水想定区域に住む44万人余りに対し、収容できるのは11万人分ほどしかありません。 さらに、新型コロナウイルスの感染防止対策をとって1人あたりのスペースを十分に確保した場合は、およそ4万6000人と、収容できるのは全体のわずか10%にとどまります。 大田区では予備の避難所として使用できるよう区内の都立学校などと協定を結び避難所を増やす取り組みも行っていますが限界があるといいます。 大田区の甲斐康誠防災計画担当課長は「住民には、避難所以外の安全な避難先を自らで確保してもらう必要があり協力をお願いしたい」と話していました。 水害時の避難に詳しい静岡大学の牛山素行教授は、避難所での新型コロナウイルスの感染が懸念される中、避難のあり方を見直すことの重要性が高まってきていると指摘しています。 今回の調査結果について牛山教授は、首都圏など大都市部では避難所に十分な収容力がないのが現状だとしたうえで、「避難所に行くのはあくまで手段の1つであり、必ずしも全員が避難所に行く必要はない」と話しています。 そのうえで避難所以外の避難先について、「予想される浸水の深さが低いのであれば、自宅の2階やそれ以上の高い所にとどまるのも避難の1つの方法だ。 親戚や知人の家など、自宅以外のところで安全が確保できるような場所へ移動する、あるいは宿泊施設に泊まることも考えられる」と話しています。 そして避難先を考える際には、ハザードマップなどを使って自分の身のまわりではどういう種類の災害が起こりうるのかを確認しておくことが重要だとしています。 牛山教授は「避難所に行く以外の手段がなければ避難所に行くというのが選択肢の1つになる。 いざという時になると冷静な判断はできないので、気持ちが穏やかな今のうちに避難先について十分考えておくことが必要だ」と話しています。 新型コロナウイルスの感染対策を考え、避難所における1人あたりのスペースを一部の自治体の指針などで示されている4平方メートルで計算すると「収容可能率」はさらに下がり、全体ではおよそ24%でした。 家族が1つの区画に集まって過ごすことも考えられますが、状況によって変わるため、それを条件に入れず計算しました。

次の

避難情報(東京都大田区)

大田 区 避難 区域

更新日:2020年6月5日 申請書記入にお困りのときは 記入に際しての不明点などは、大田区特別定額給付金コールセンター(電話:03-5744-1713)へお問い合わせください。 また、ご高齢の方や障がいのある方などのために、お近くの特別出張所の窓口にて申請の補助を行っています。 窓口での相談にあたっては 、「申請書」「世帯主の本人確認書類」「口座番号のわかるもの」を必ずご持参ください。 注釈1 特別出張所での申請補助は、午前8時30分から午後5時まで(土曜日、日曜日、休日を除く)です。 6月10日頃までは、多くのご相談をいただくことが予想されます。 お急ぎでない方は6月10日以降のご相談をお願いします。 注釈2 区役所、特別出張所へご来庁いただいても、給付が早まることはありません。 感染拡大防止のため、郵送での申請にご協力をお願いいたします。 郵送申請書は6月1日(月曜日)に各世帯へ発送しました 申請にあたっての必要書類や注意事項などは、本ページ内の「郵送申請について」をご覧ください。 6月10日(水曜日)を過ぎても申請書が届かない場合は、大田区特別定額給付金コールセンター(電話:03-5744-1713)へご連絡ください。 区役所の各窓口では申請書を発行することはできません。 申請書記入にあたり特にご注意いただきたい点 申請書の給付対象者欄に給付金の不要をチェックする欄がございますが、 給付を希望される方は、チェックしないでください。 郵送申請に必要な添付資料 必要書類 (コピーをご提出ください。 ) 1. 世帯主の本人確認書類(いずれか1点) 世帯主の氏名・生年月日を確認できるよう、コピーをお願いします。 (注釈)下記の書類をお持ちでない方は、ご相談ください (例)• 健康保険証• 介護保険被保険者証• 運転免許証• 運転経歴証明書• マイナンバーカード(顔写真付きのカード。 マイナンバー通知カード(紙製・緑色)ではありません)• 住民基本台帳カード• 旅券(パスポート)• 在留カード• 身体障害者手帳• 精神障害者保健福祉手帳• 療育手帳(愛の手帳) 2. 通帳または銀行キャッシュカード 下記が確認できるようにコピーをお願いいたします。 (世帯主の口座に限ります)• 金融機関名• 支店名• 預金種別• 口座番号• 口座名義人(カナ) (注釈1)不鮮明で確認できなかった場合、書類を再度ご提出いただく必要があります。 (注釈2)詳細は申請書に同封の説明をご覧ください。 申請期限 令和2年9月2日(水曜日)当日消印有効 オンライン申請について(マイナンバーカードをお持ちの方) 5月1日から特別定額給付金のオンライン申請が始まりました。 マイナンバーカードをお持ちの世帯主の方は、マイナポータルにおいてオンライン申請が可能です。 手続き方法など詳細はをご覧ください。 5月15日から、オンライン申請分の特別定額給付金の給付を開始しています。 申請・給付状況はをご覧ください。 (注釈)できるだけ早い給付をめざしたデータ処理をしておりますが、個別の受付状況や振込状況の照会には対応できるものとはなっておりませんので、大変恐れ入りますが、電話での個別の受付状況や振込状況のお問い合わせは、ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。 よくある質問 Q1申請書は、今住んでいる住所に届きますか 基準日(4月27日)に住民登録されている住所に郵送します。 6月10日以降に届かない場合は、大田区特別定額給付金コールセンター(電話:03-5744 -1713)にご連絡ください。 Q2住民票は大田区にあるが現在海外にいる場合、給付対象となりますか 基準日(4月27日)において、住民登録があれば支給対象となります。 ただし、海外で開設された金融機関口座を振込先に指定することはできません。 Q3基準日(4月27日)までに大田区へ転入しましたが、基準日以降に転入手続きをしました。 どこに申請すればよいですか 大田区に転入する前の自治体へ申請してください。 Q4マイナンバーカードのコピーは必要ですか 運転免許証、健康保険証など申請者の本人確認書類のコピーを同封すれば、マイナンバーカードのコピーは不要です。 Q5申請期限を過ぎてから、申請できますか 申請期限の9月2日(当日消印有効)までに申請がないと、申請辞退とみなします。 忘れずにご申請ください。

次の

警戒レベル4(避難勧告)発令(大田区・多摩川流域)

大田 区 避難 区域

同15時時点で、都内では八王子市の一部、町田市の全域、港区、江戸川区、江東区の一部などに避難勧告が出されている。 なお大島町、日野市の一部では著しい危険が切迫している時に出される避難指示も発令されている。 都内で避難勧告が発令されている地区(15時00分現在) ・三宅村:島内全域 ・利島村:全域 ・檜原村:全区域 ・神津島村:よたね地区など一部区域 ・大島町:島内全域の全世帯 ・瑞穂町:殿ケ谷地区、石畑地区、箱根ケ崎地区、高根地区の土砂災害特別警戒区域 ・奥多摩町:町内全域 ・日の出町:全域 ・八王子市:市内の土砂災害警戒区域 ・あきる野市:市内全域(秋川の浸水想定区域にお住まいの方) ・日野市:宮、高幡など一部区域 ・清瀬市:下宿一丁目から三丁目など一部区域 ・町田市:市内全域(川沿いや崖・斜面地の近くにお住まいの方) ・青梅市:市内全域の土砂災害警戒区域および川沿い、低い土地の住民 ・稲城市:矢野口地区、東長沼地区、大丸地区などの一部の地区 ・江戸川区:新中川から西側の地域(清新町・臨海町は除く) ・港区:海岸の付近 ・渋谷区:全域 ・江東区:亀戸、大島、東砂、北砂の一部の地域 避難準備は渋谷区・大田区などもまた同時刻、都内では東村山市、神津島 島嶼 、立川市、瑞穂町、青梅市、あきる野市、足立区、豊島区、日野市の一部、渋谷区、多摩市、大田区、文京区、葛飾区、品川区、福生市、稲城市などに避難準備指示がなされている。 なお、東京都内の避難所・一時滞在施設等の検索は、東京防災マップで確認できる。 千葉県、神奈川県、埼玉県はじめ関東圏などでは多くの地域に避難指示・避難勧告・避難準備の指示がされており各自治体のホームページなどで随時確認が必要となる。 台風19号、非常に強い勢力非常に強い勢力で接近中の台風19号は、12日午後から東海や関東に上陸の恐れ。 気象庁の発表によると、12日から13日にかけて、東日本を中心に、西日本から東北地方の広い範囲で猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなり、記録的な暴風となるところも。 また、台風本体の非常に発達した雨雲がかかるため、広い範囲で記録的な大雨となる見込み。 状況によっては、大雨特別警報を発表する可能性もあるという。 (modelpress編集部) 【Not Sponsored 記事】.

次の