彼岸入り彼岸明けとは いつからいつまで。 2020年・令和2年のお彼岸はいつからいつまで?春のお彼岸・秋のお彼岸

2020年お彼岸はいつ?3月春彼岸・秋彼岸の時期や供花、彼岸明けとは? [暮らしの歳時記] All About

彼岸入り彼岸明けとは いつからいつまで

お彼岸とは? お彼岸とは、 雑節(ざっせつ)のひとつです。 雑節とは、二十四節気(にじゅうしせっき・1年間を24等分したもの)、五節句(ごせっく・季節の節目の行事)のほかに、季節の移り変わりをより適確につかむために設けられた特別な暦日(れきじつ・こよみで定められた日)です。 彼岸は、春分(しゅんぶん・二十四節気のひとつ)と秋分(しゅうぶん・二十四節気のひとつ)を中日とし、前後それぞれ3日間を合わせた7日間のことを指し、この期間に行う仏事を 彼岸会 ひがんえ といいます。 最初の日を「彼岸入り(ひがんいり)・彼岸の入り(ひがんのいり)」、最後の日を「彼岸明け(ひがんあけ)・彼岸の明け(ひがんのあけ)」と呼びます。 関連: 関連: 関連: 「彼岸」は仏教用語です。 仏教では、 今私たちがいる煩悩や迷いに満ちた世界を「此岸(しがん)」といいます。 この此岸にある者が六波羅蜜(ろくはらみつ・菩薩になるための方法)の修行をすることで 煩悩や悩みの海を渡って辿り着く悟りの世界を「彼岸(ひがん)」といいます。 お彼岸は、 極楽浄土に想いを馳せ、より彼岸に近づけるよう修行をする期間といわれています。 また、 彼岸は西、此岸は東にあるので、秋分と春分は太陽が真東から昇って真西へ沈むことから、彼岸(極楽浄土・あの世)と此岸(この世)が通じやすくなると考えられ、先祖供養をするようになったのだそうです。 2020年のお彼岸はいつ? 2020年のお彼岸は下記のようになります。 そのため、家族や親戚が集まってお寺や自宅でお坊さんにお経をあげてもらったり、お墓参りをして先祖への感謝の念と現世の人々の安寧を祈る行事として定着しています。 現在、日本で全国的に行われている行事の多くは、地域によって旧暦で行われたり、新暦で行われたりしています。 お盆についても、7月13日~7月16日までのところと月遅れの8月13日~8月16日までのところ、旧暦のお盆のところがあります。 ご先祖様があの世から私たちのところへ帰ってくるといわれており、私たちはご先祖様をお迎えし、供養し、再びあの世へ送り出します。 また彼岸と此岸が通じやすくなると考えられ、先祖供養が行われます。 」 どちらも先祖供養をすることに違いはありませんが、上記のような違いがあるようです。 お彼岸とお盆の違いがわかりましたね。 悟りを開いて彼岸に近づく修行をする人は、私たち一般人の中にはいないのかもしれませんが、ご先祖様に感謝し、供養する人は多くいらっしゃると思います。 今の自分があるのはご先祖様のおかげと感謝をし、今の自分がどんなふうに生きているのか、墓前で報告をするとご先祖様も喜んでくださるのではないでしょうか。 関連: - , , , ,.

次の

お彼岸はいつからいつまで?お供え金額の相場やおはぎを飾る理由は?

彼岸入り彼岸明けとは いつからいつまで

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、季節の変わり目に訪れるお彼岸。 馴染み深い言葉だが、その時期はいつなのか、どのような意味があるを知っている人は少ないのではないだろうか。 そこで本記事では、お彼岸の時期などの基礎知識とお彼岸の時期に準備するもの、当日の過ごし方を解説する。 お彼岸とは お彼岸は、節分と同じく特別な暦日である「雑節」の一つ。 仏教では、"悟り"までに超えるべき煩悩、迷いは「川」に例えられ、その向こう岸に"涅槃(ねはん)"があるとされている。 この"向こう岸"を「彼岸」と呼び、私たちが生きている世界をそれと区別して「此岸(しがん)」という。 お彼岸はどういう期間? 「亡くなった家族、ご先祖様は彼岸に渡っている」とされていることから、お彼岸の時期に供養を行う。 太陽が真東から昇り真西に沈む春分の日、秋分の日は「彼岸と此岸が通じやすくなる」と言われており、この時期に先祖の冥福を祈るのが風習となった。 民俗学では、日本古来の「太陽信仰」「祖霊信仰」とも関係しているという説がある。 ちなみに、お彼岸の概念は日本独自のもので、仏教の生まれたインド、隣国の中国の仏教においてはこのような風習はない。 お彼岸の時期はいつ? お彼岸は、3月20日頃の「春分の日」と9月22日頃の「秋分の日」の2回存在する。 それぞれ前後3日間合わせて7日間がお彼岸の期間だ。 お彼岸の始まりを「彼岸入り」、春分の日・秋分の日当日を「中日」、お彼岸の終わりを「彼岸明け」と呼ぶ。 2020年(令和2年)では、春のお彼岸が3月17日が彼岸入り、3月23日が彼岸明け、秋のお彼岸は9月19日が彼岸入り、9月25日が彼岸明けとなる。 ただし、春分の日・秋分の日は年によって異なるため、毎年同じ日がお彼岸になるわけではない。 お盆とは何が違うの? どちらも"お墓参りをする"という点は共通しているものの、お彼岸とお盆(8月中旬頃)は違うもの。 お盆は「あの世からご先祖様が帰ってくる期間」だが、お彼岸はそうではない。 あくまでも先祖の供養を行い、自身も彼岸(悟りの境地)へ到達するための修行を行う日とされている。 また、「お彼岸休み」が存在しない点もお盆との違いだ。 お彼岸には何をする?準備するものは? では、お彼岸の時期はどのように過ごせばいいのだろうか。 お彼岸に準備するもの、当日に行うことを紹介しよう。 供養 お彼岸の時期は、多くのお寺で「お彼岸法要」「彼岸会」といった仏事を行う。 合同供養の場合だけでなく、住職が各家庭をまわるケースも少なくない。 いずれの場合も、3,000円から5,000円ほどの「お布施」を用意するのが一般的だ。 お布施を渡す際は、表書きに「御布施」と書き、お盆に乗せるか服紗(ふくさ)に包むのがマナー。 お墓参り お彼岸には、お墓参りに行くのが一般的。 お墓は「此岸と彼岸の交流の場」とされており、お墓参りすることでご先祖様を偲び、感謝・敬いを伝える意味合いがあるようだ。 当日は墓石をきれいに洗い、お墓の周辺を掃除したら、線香を手向け手を合わせる。 お墓参りには、「この時間」という決まった時間帯は存在しないが、午前中に行うのが一般的だ。 お墓参りにいけない場合には、仏壇に手を合わせるだけでも良いとされる。 お供え お墓参りの際には、落雁(らくがん)などのお菓子などのお供え物を用意しておく。 特に、お彼岸の代表的なお供え物が「ぼたもち」「おはぎ」。 「ぼたもち」と「おはぎ」が同じものだが、春のお彼岸には「ぼた(牡丹)もち」、秋のお彼岸には「おはぎ(萩)」と呼ぶ。 お供えしたぼたもち・おはぎ・お菓子は、その場で、もしくは持ち帰って食べると良いとされている。 これは、お供えが「共に供する」と意味することに由来し、ご先祖様と分けあって食べることで供養になるそうだ。 また、親戚・知人などの別世帯に御供物を持っていく際は、のし紙をつけて渡すのがマナー。 東日本では黒と白、西日本では黄色と白の水引き(結び切り)を使用することが多い。 お彼岸の花 「お墓参りといえば菊」とイメージしがちだが、お彼岸は菊以外の季節の花をお供えするのも良いとされている。 春にはカーネーション、秋にはリンドウなどを供える方もいるようだ。 故人が好きだった花をお供えするのも良い。 ただし、トゲのある花(バラなど)やツルのある花(スイートピーなど)は、仏教のマナーに反するため避けるようにしよう。 文/oki.

次の

お彼岸はいつからいつまでですか?

彼岸入り彼岸明けとは いつからいつまで

【スポンサードリンク】 2017年彼岸入り、彼岸明けはいつからいつまで? お彼岸は年に2回、春と秋にあります。 2017年の彼岸入り、彼岸明けは 春:3月17日~3月23日(春分の日は3月20日) 秋:9月20日~9月26日(秋分の日は9月23日) になります。 つまり「彼岸」という場所に至ること、と解釈されています。 彼岸は春分の日・秋分の日を中日として、前後各3日間の計7日間の期間をいいます。 この期間の最初の日を「彼岸入り」、最後の日を「彼岸明け」といい、この期間に行われる仏事を「彼岸会(ひがんえ)」と呼びます。 期間中は俗に、中日にはご先祖様に感謝し、残る6日間は悟りの境地に達する為に必要な6つの徳目「六波羅蜜(ろくはらみつ)」を1日に1つずつ修める日とされています。 以上の、大乗仏教の求道者が実践すべき6つの徳目のことをいいます。 春分と秋分の時期が「彼岸」とされるのには、昔から仏様がいる極楽浄土は西にあるとされており、太陽が真東から昇り真西に沈む春分の日と秋分の日が彼岸(ご先祖様がいる世界)と此岸(現代の世界)が最も通じやすい日とされ、ご先祖様を供養するようになったそうです。 【スポンサードリンク】 彼岸におはぎを食べる理由 お彼岸におはぎを食べる理由は、様々な説があります。 ・昔は砂糖はとても高価な物で、甘い物はとても貴重な食べ物とされていた為、特別な日にご先祖様におはぎをお供えしていた。 などの理由から、おはぎをお彼岸に食べるようになったといわれています。 このことから、春のお彼岸で食べるのが「おはぎ」、秋のお彼岸に食べるのが「ぼたもち」と呼ばれています。 同じ食べ物でも季節によって呼び名が変わるんですね。 まとめ 2017年の彼岸入り、彼岸明けや、お彼岸の意味などについてご紹介しましたが、普段あまり馴染みのない言葉なども多く、少し難しいと感じるかもしれませんね。 ですが、お彼岸の時期にお墓参りをするのにはとても深い意味があるようです。 2017年のお彼岸は春が3月17日~3月23日、秋が9月20日~26日です。 家族でお墓参りに出かけるなど、ご先祖様に感謝する日として過ごしてみて下さいね。 お彼岸におはぎを食べる理由は諸説ありますが、春のお彼岸に食べるのが「おはぎ」、秋のお彼岸に食べるのが「ぼたもち」と呼ばれます。 以上、「2017年彼岸入りと彼岸明けはいつからいつまで?意味やおはぎを食べる理由」でした。

次の