イタリアマフィア コロナ。 経済危機のイタリアで、マフィアが無金利融資を開始。もちろん「裏」あり

伊マフィア虎視眈々、新型コロナ危機で苦境のビジネス狙い撃ちの恐れ 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

イタリアマフィア コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、外出禁止が全土で続くイタリアだが、マフィアがすでに解除後を見据えた動きを始めているという。 コロナ後を狙うマフィアの動き イタリア警察によれば、外出禁止令解除後に予想される不況は、組織犯罪の格好の機会となる可能性があるという。 現金を保有するマフィアは、多くの企業にとって無視することのできない支援者となるだろう。 現在でも、すでにマフィアはそうした活動を行っている。 数週間にわたる公衆衛生上の緊急事態を経て、イタリアの状況はゆっくりと改善されてきているように見える。 一日あたりの新たな感染者数が減少し、メディアは外出禁止令解除後に関する予測を始めた。 やっと希望が見え始めた状態だが、経済復興期に組織犯罪が横行するのではないかという懸念も出てきている。 「マフィアにはもともと社会や経済の変化に適応できる能力がある。 新型コロナ危機で企業と経済活動は大打撃を受けたが、その再建プロセスにどのように食い込んでいくか、彼らはすでに考え始めている」 関連記事: 資金繰りに悩む中小企業がターゲットに 「イル・ファット・クオティディアーノ」紙によれば、事業を再開しようとした時に多くの企業が直面する問題が資金繰りだ。 「小規模な工場や商店、レストラン、バーなど、家賃や仕入れの代金が支払えずに借金がふくらみ始めた小規模企業は多い。 莫大な現金を保有するシチリア・マフィアやナポリの『カモッラ』、カラブリア州の『ンドランゲタ』などにとって、これはまたとない機会だ。 平常時でも、そうした商店の多くは銀行からの借り入れが難しい。 今はその状況がさらに悪くなった」 このため、犯罪組織が「経営への関与を多少なりとも要求する」ことと引き換えに、必要な金額を貸しつける可能性があると同紙は指摘する。 いくつかの企業にとっては、こうした申し出が「会社を救ったり、店を続けたりするための唯一の方法」となってしまうという。

次の

コロナ禍の混乱を利用し、勢力を伸ばすイタリアのマフィア : カラパイア

イタリアマフィア コロナ

ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

経済危機のイタリアで、マフィアが無金利融資を開始。もちろん「裏」あり

イタリアマフィア コロナ

(写真はイメージです) photo via pixabay コロナ禍のイタリアで「質屋」が密な状態に! イタリアにはもともと1000万人が貧困者として存在していたが、コロナウイルス感染拡大で貧困者が増えている。 イタリアが封鎖されてからほぼ2カ月が過ぎた。 商取引もできない状態だ。 それで資金繰りで困っている人が多くいる。 それを反映させてローマ市内の質屋の前に長蛇の列ができている。 ゴールドや宝石のようなものを担保にお金を借りるのだ。 イタリアでは各家庭は平均して7つの宝石を所有しているという。 イタリア国立銀行から認定を受けている質屋モンテ・デル・ペーニ(Monte del Pegni)の入口の前には朝方6時から列が出来、8時ころまでに30-40人がいつも列をつくっている。 9時から受付が始まって午後1時まで営業している。 僅か4時間の営業では並んでいるお客の全員に応対できるわけにはいかない。 そのため翌日も列に並ばねばならなくなる人も結構いるという。 (参照:「ABC」) 因みに、アッシジの聖フランシスコが布教活動をしたペルージャで高利貸しの犠牲にならないようにと願って1462年に誕生したのがこのモンテ・デル・ペーニだ。 銀行ではなく質屋を利用するのは預ける担保の品と身分証明書だけで手続きが済むからだ。 そして直ぐにお金が手に入る。 銀行ではそうは行かない。 融資されるまでに色々と手続きを踏まねばならないから時間がかかる。 イタリアで最大のファイナンシャル・サービスを提供しているアフィデ(Affide)では最近お客が3割増えたという。 支店の場所によっては5割増しだそうだ。 経済危機を利用してマフィアの動きも活発化 モンテ・デル・ペーニはちゃんとした融資業者である。 ところが、この経済危機を利用してマフィアの動きが活発になっている。 マフィアのことについて熟知している著名なジャーナリストで作家のロベルト・サビアノは「彼らはこの危機を利用して無金利で融資をしている。 見返りに色々なことを頼むためだ」と語って、マフィアの動きに警告を発している。 更に、彼は「EUが早急に支援に入らない場合は、マフィアの資金が急激に市場に出回るようになる」と警告して、ブリュッセルにとっても問題となることを指摘した。 同様に、彼は「マフィアは何をすべきか、何が不足しているのか、ということを良く知っている。 彼らの条件でそれを提供するのだ」と語り、この数年で医療分野でもマフィアが上層部にまで侵入していることを指摘した。 国の支援策が十分でなければマフィアが力を伸ばす 彼はマフィアの活動について具体例を挙げている。 「食料の配給がパンデミックの影響で遅れるようになった時に、禁止されている間隙をぬってそれを手早く配給するのがマフィアだ」 「パンデミックはマフィアにとって理想の場だ。 その理由は簡単だ。 もし空腹だったら、パンを探すだろう。 それがどのパン屋で作られたかということや、誰が配給しているのかということなど問題にはならない。 それが必要であれば、それにお金を払う。 誰がそれを売っているのかということは尋ねやしない。 相手を選ぼうとするのは平和で福祉豊かな時だけだ」 更に、彼は警告として、「もし国が危機にある企業を救援するための即座の行動を取らない場合は、もう遅い」「コロナウイルスが感染しないところでも、マフィアはそこまで到達できるからだ」と語って、危機にある企業がマフィアから資金を乞うようになる可能性は十分にあると示唆したのである。 パレルモの検事フランシスコ・ロ・ボイも数日前のビデオ講演で外国の記者に向けてこのコロナ・パンデミックを利用してヨーロッパから訪れる観光客を対象にマフィアが観光分野でも強い関心を払っていることを指摘した。 (参照:「La Nacion」 危機の時に最前線で活動するのはどこでも犯罪組織である。 それを金儲けの良い機会だと見るからである。 その意味で、パンデミックで国が麻痺しているイタリアでマフィアは活躍の場を復活させているのである。 1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身.

次の