昔男ありけり。 伊勢物語(いせものがたり)とは

伊勢物語

昔男ありけり

「伊勢物語:芥川・白玉か(昔、男ありけり。 )」の現代語訳 昔、男ありけり。 昔、(ある)男がいた。 女のえ得 うまじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗み出 いでて、いと暗きに来けり。 (高貴な)女で妻にすることができそうになかったその女を、何年もの間求婚し続けていたが、やっとのことで(女を)盗み出して、たいそう暗い夜に(逃げて)来た。 芥川といふ川を率 ゐて行きければ、草の上に置きたりける露を、「かれは何ぞ。 」となむ男に問ひける。 芥川という川(のほとり)を(女を)連れて行ったところ、草の上におりていた露を(見て、女は)、「(光っている)あれは何。 」と、男に尋ねた。 行く先多く、夜も更けにければ、鬼ある所とも知らで、神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、 これから行く先(の道のり)も遠く、夜も更けてしまったので、鬼のいる所とも知らないで、雷さえたいそう激しく鳴り、雨もひどく降ったので、 あばらなる蔵に、女をば奥に押し入れて、男、弓・やなぐひを負ひて戸口にをり、はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、鬼はや一口に食ひてけり。 荒れ果てた蔵に、女を奥に押し入れて、男は、弓・胡簶を背負って戸口に座り、早く夜も明けてほしいと思いながら座っていたところ、鬼がたちまち(女を)一口に食べてしまった。 「あなや。 」と言ひけれど、神鳴る騒ぎにえ聞かざりけり。 (女は)「あれえ。 」と言ったけれども、雷が鳴る騒ぎに(男は)聞くことができなかった。 やうやう夜も明けゆくに、見れば、率て来 こし女もなし。 しだいに夜も明けてゆくので、(男が蔵の中を)見ると、連れてきた女もいない。 足ずりをして泣けどもかひなし。 じだんだを踏んで泣くけれどもどうしようもない。 白玉か何ぞと人の問ひし時 (あの光るものは)真珠なの何なの、とあの人が尋ねた時、 露と答へて消えなましものを 露ですよと答えて(私も露のようにそのまま)消えてしまえばよかったのになあ。 (そうすればこんな悲しい思いをすることもなかっただろうに。 ) これは、二条の后 きさきの、いとこの女御 にようごの御もとに、仕うまつるやうにてゐ給 たまへりけるを、かたちのいとめでたくおはしければ、 これ(=この話)は、二条の后が、いとこの女御のお側に、お仕えするようにして(身を寄せて)おいでになったが、(后の)容貌がたいそうすばらしくていらっしゃったので、 盗みて負ひて出でたりけるを、御兄 おんせうと堀河の大臣 おとど、太郎国経 くにつねの大納言、まだ下﨟 げらふにて内裏 うちへ参り給ふに、いみじう泣く人あるを聞きつけて、とどめてとり返し給うてけり。 (男が)盗んで背負って出て行ったのだが、(后の)兄上の堀河の大臣、長男の国経の大納言が、(その頃は)まだ官位の低い役人として宮中へ参上なさる時に、ひどく泣く人がいるのを聞きつけて、(男を)引きとどめて(后を)取り返しなさったのであった。 それをかく鬼とは言ふなりけり。 それをこのように鬼と言ったのであった。 まだいと若うて后のただにおはしける時とや。 まだたいそう若くて后が(入内なさる前の)普通の身分でいらっしゃった時のこととか(いうことです)。 (第六段) 脚注• 芥川 所在不明。 一説に現在の大阪府高槻 たかつき市にある川。 やなぐひ 矢を入れて背負う道具 出典 伊勢物語 参考 「国語総合(古典編)」三省堂 「教科書ガイド国語総合(古典編)三省堂版」文研出版.

次の

伊勢物語『芥川・芥河(あくたがわ)』現代語訳

昔男ありけり

『』よりの引用 第七段 かへる浪• むかし、おとこありけり。 京にありわびて、あづまにいきけるに、伊勢、のあはひのづらを行くに、のいと白く立つを見て、 いとゞしく過ぎゆく方のしきにうら(やま)しくもかへる浪かな• となむよめりける。 第九段 東下り• むかし、おとこありけり。 そのおとこ、身をえうなき物に思なして、にはあらじ、あづまの方に住むべき國求めにとて行きけり。 もとより友とする人ひとりふたりしていきけり。 道知れる人もなくて、まどひいきけり。 三河の國、八橋といふ所にいたりぬ。 そこを八橋といひけるは、水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つわたせるによりてなむ、八橋といひける。 …… その澤にかきつばたいとおもしろく咲きたり。 それを見て、ある人のいはく、「かきつばたといふ五文字を句の上にすへて、旅の心をよめ」といひければ、よめる。 唐衣きつゝなれにしつましあればはるばるきぬるをしぞ思• 猶行き行きて、の國との國との中に、いと大きなる河あり、それをといふ。 その河のほとりにむれゐて思ひやれば、限りなくとをくも来にけるかなとわびあへるに、渡守「はや舟に乗れ。 日も暮れぬ」といふに、乘りて渡らんとするに、みな人物わびしくて、京に思ふ人なきにしもあらず。 さるおりしも、白き鳥の嘴と脚と赤き、鴫の大きさなる、水のうへに遊びつゝ魚をくふ。 京には見えぬ鳥なれば、みな人見知らず。 渡守に問ひければ、「これなん宮こ鳥」といふを聞きて、 名にし負はばいざ事問はむわが思ふ人はありやなしやと とよめりければ、舟こぞりて泣きにけり。 筒井筒• つつゐつのいづつにかけしまろがたけすぎにけらしな妹みざるまに• 風吹けば沖つ白波たつた山夜半にや君がひとり越ゆらむ つひにゆく道• 終にゆくとはかねて聞きしかど昨日今日とは思はざりしを• 主人公の。 その他• 時知らぬ山はの嶺いつかとて 鹿の子まだらにの降るらむ• なる宇津の山べにうつつにもにも人にあはぬなりけり.

次の

訳お願いします。昔、男ありけり。女のえ得まじかりけるを、年を経てよばひ渡...

昔男ありけり

語順を変えて「男、昔ありけり」にしても、文の意味は変わりません。 ということは、「昔」は、用言の「ありけり」を修飾していることが分かります。 従って、「昔」は、連用修飾語と言えるのです。 日本語の文法規則の一つに「修飾語は被修飾語の前に置く」という絶対的な法則があります。 これを利用すると、《修飾語ー被修飾語》の関係が分かりやすくなります。 <例> ・すぐに先生が教室へやって来た。 上の文の「すぐに」が、何を修飾しているかを知るには、「すぐに」を徐々に後ろに動かしてみて判定します。 〇先生が《すぐに》教室にやって来た。 〇先生が教室へ《すぐに》やって来た。 ?先生が教室へやって《すぐに》来た。 こうして見ると、「すぐに」を一番最後に置けるのは、「やって来た」の前でした。 これで、「すぐに」は「やって来た」を修飾していることが分かります。 お分かりいただけたでしょうか。

次の