フェルト マスク の 作り方。 【超簡単】ゴム不要❣️フェルトで立体マスクの作り方❣️実物大型紙付き3サイズの通販 by ASU’s|ラクマ

作り方☆簡単裏地なしプリーツ布マスク☆暑い夏を涼しく(ページ2)

フェルト マスク の 作り方

家族のためのサイズ別立体マスクの型紙 家族みんなに立体マスクを手作りしてあげたいけど、それぞれサイズがわからないという方におすすめのサイズ別立体マスクの型紙レシピです。 こちらでは、L、M、S、SSとサイズごとに型紙を紹介しています。 キレイな立体マスクを作るために、お家にカッティングボードと方眼紙がある方は、しっかりとサイズを測りながら型紙を作ってみてくださいね。 お皿を使った簡単型紙作りのアイデア 立体マスクを手作りする前に準備する型紙。 その型紙にもカーブが付いていて、カットが面倒そうだと思っちゃいますよね。 こちらでは、カッティングボードと定規を使って型紙のサイズを測ってから、コンパスの代わりにお家にあるお皿で型紙のカーブを描いています。 お家にある身の回りのアイテムで簡単に代用できちゃうなんて嬉しいですよね。 是非試してみてくださいね。 人気のノーズワイヤー入り立体マスク 自分の顔のサイズに合わせられると人気の、ノーズワイヤー入り立体マスクの作り方です。 こちらでは手作り立体マスクの材料に使う手ぬぐい、ガーゼハンカチ、マスクゴム、フェルト生地を全て100円ショップで揃えています。 材料を安く簡単手軽に揃えられるのが嬉しいですね。 ノーズワイヤーには、市販の大人用使い捨てマスクのワイヤーを使用しています。 A4用紙を折って作る簡単型紙の作り方 お家にあるA4のコピー用紙を折って、簡単に立体マスクの型紙を作ってみましょう。 A4用紙を半分に折ってサイズを測り、また用紙を折るだけで立体マスクの表面、裏面生地の型紙を1度に作れますよ。 カッティングボードがなくてもお家にあるA4用紙とペン、はさみがあれば誰でも手軽に作れちゃうところが嬉しいですね。 立体マスクの手作り方法《子供用》 手縫いで作れる人気の子供用立体マスク こちらの子供用立体マスクは、市販の子供用立体マスクを使って型紙を作り、手縫いで仕上げています。 まだお家に市販の立体マスクがあるという方は、使い切る前に是非型紙としても活用してみてくださいね。 子供が好きな模様の端切れとフェイスタオルで簡単に作れちゃいますよ。 ミシンがない方でも簡単手軽に作れるので、挑戦してみましょう。 1歳児から使える立体マスクの作り方 まだ子供が小さくて、子供用マスクでも大きすぎるくらいという方におすすめの人気の子供用立体マスクの作り方です。 こちらでは、1歳から4歳児までの小さい子供向けに小さいサイズのマスクの作り方を紹介しています。 手縫いでも簡単に作れるので、ミシンがない方にもおすすめです。 小さい子供でも、手作りマスクがあるだけで外出時の心配を減らせます。 コーヒーフィルターで簡単子供用立体マスク 子供用の立体マスクを手作りしたいけど、まず型紙を作るのが面倒という方におすすめなのがコーヒーフィルターを使った簡単な作り方です。 コーヒーフィルターがお家にない方は、市販のコーヒーフィルターを使ってみてください。 こちらでは100円ショップのコーヒーフィルターを使用しています。 大きさを測る手間がかなり省けるので、とても人気のある作り方ですよ。 アイロンを活用した子供用立体マスクの作り方 こちらでは、アイロンを活用した子供用立体マスクの作り方を紹介しています。 子供用マスクのサイズは12cmと15cmの2パターン紹介していて、幼児から小学生向けに作られています。 アイロンで折り目を付け、立体にさせたい部分をきちんと縫っていけばキレイな立体マスクが作れちゃいますよ。 ノーズワイヤーには針金を使用しています。 人気キャラクターの手作り立体マスク マスクを着けたがらない子供でも楽しく着けられる、人気キャラクターの手作り立体マスクです。 こちらでは、立体マスクの材料にダブルガーゼ、カラーフェルトを使用しています。 お家にフェルトが余ってるという方にもおすすめの立体マスクです。 キティちゃんやピカチュウ、くまモンなど、子供の好きなキャラクターで楽しく手作りしてみてくださいね。 立体マスクの手作り方法《大人用》 簡単型紙で作る立体マスクのレシピ こちらは手作り立体マスクの応用編、簡単な型紙で作る立体マスクの手作りレシピです。 型紙を使っていない分、ミシンで縫う箇所が通常よりも少し多くなります。 ミシンが得意な方にも是非トライしてみてほしい人気の手作りレシピです。 上質で丁寧な印象の仕上がりになるので、思わずママたちからも作り方を聞かれそうな立体マスクです。 立体マスク作りに便利なアイロンテープ 立体マスクを作ってみたいけど、ミシンもないし手縫いにも自信がないという方には、アイロンテープを使った作り方がおすすめですよ。 裾上げなどに便利で人気のアイロンテープ。 まだ使ってないのが余ってるという方は是非こちらの作り方にトライしてみてください。 アイロンテープを貼ってアイロンをかける作業を繰り返すだけで簡単に大人用立体マスクが作れます。 Tシャツをリメイクして作る立体マスク 着なくなったTシャツ、捨てるのはちょっと待ってください。 こちらでは、材料にTシャツ生地を使って立体マスクを手作りする方法を紹介しています。 わざわざガーゼ生地を用意しなくても、家にある材料で手軽に作れるところが嬉しいですね。 Tシャツ生地の立体マスクをそのまま付けるのは心配という方にも安心のフィルターポケット、人気のノーズワイヤー付きの手作りレシピです。 ニット生地を使った人気の手作り立体マスク こちらは手作り立体マスクにニット生地を使用しています。 寒暖差があったり風が強かったりと天候が変化する中、手触りの良いニット生地を使ったマスクも人気ですよ。 大人用には、こちらのようなシンプルなボーダー柄もおすすめです。 こちらでは立体マスクの型紙に市販の使い捨てマスクを使用しています。 ゴムの作り方も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。 針も糸もいらない手作り立体マスク 立体マスクを手作りしてみたいけど、裁縫道具を揃えたり細かい作業をするのが苦手という方におすすめの作り方をご紹介します。 100円ショップでも購入できるカラーフェルトの生地を、市販の立体マスクを型紙にしてカットします。 鼻と口の部分は、市販の衣料用接着剤でくっつけるだけ、人気の立体マスクもこんなに簡単に手作り出来ちゃいますよ。 立体マスクを手作りしてみよう いかがでしたか?今回は手作り立体マスクのレシピをご紹介しました。 人気の立体マスクも、作り方さえ覚えてしまえば身近な材料で簡単に作れちゃいますよ。 色々な作り方を試して、お気に入りの1枚を手作りしてみてくださいね。

次の

洗える立体マスクの作り方!手作り用の型紙を無料ダウンロード♪

フェルト マスク の 作り方

もくじ• 羊毛フェルトってどんなもの? 私は今回始めて「羊毛フェルト」という言葉を聞きました。 ググるとこのような説明が。 羊毛フェルトとは、羊毛を 特殊な針でつつく事で、繊維を絡めながら任意の形に成形できる手芸の一種。 ニードルフェルト Needle Felting とも呼ばれる。 引用元:Wikipedia 羊毛フェルトでは、いろいろなものが作品として作れるようです。 形としては、動物や食べ物などをモチーフとした マスコットやブローチが多く、愛好家の方の作品なども、ブログや本などで数多く公開されています。 キュートなタイプの作品から、かなりリアルな作品まで、作家さんによってタイプは様々です。 フェルティング用ニードル(針)• 専用マット• 羊毛フェルト• 羊毛わたわた• 差し目• ハサミ フェルティング用ニードル(針) 羊毛フェルトを作るための専用の特殊な針です。 針の先に何箇所か仕掛けのくぼみがあり、その部分に羊毛を引っ掛けて絡ませることで、フワフワの糸を固めて形作っていくので、このフェルティング用ニードル(針)がないと始まりません。 針のサイズは、レギュラーと極細の2種類があるそうですが、初心者には比較的折れにくいレギュラーの針が良いそう。 ちなみに、持ちにくい場合は専用の持ち手があるとやりやすいとか。 使い方によっては、すぐ折れてしまうようなので、数本用意しておいたほうが良いですね。 100円ショップのダイソーは、羊毛フェルトグッズが充実しているようで、ニードルもこのあとご説明する羊毛フェルトも商品があります。 引用元:woman. mynavi. jp 気軽にチャレンジできますね! 専用マット フェルティング用の専用マットは、作品を作る際の台になる部分です。 カラーがホワイトとブラック2種類あるので、作る作品の色ごとに使い分けるのが理想のようです。 ただ、楽天などで見るとホワイトは多数あるのですが、ブラックがなかなか見当たらないので、Amazonや楽天でブラックのマットが入っているスターターキットを買うのが良いかもしれません。 羊毛フェルト 羊毛フェルトは、作品自体の材料です。 種類は2種類。 素材は以下の通りです。 羊毛フェルト…羊の毛• アクリルフェルト…アクリル繊維 いろいろ調べたところ、羊毛よりアクリルのほうが、 フェルティングという固める作業が早くでき、 初心者にとっての扱いやすさはアクリル素材に軍配が上がるようです。 ただ、だからといってアクリルが良いということではなく、羊毛を扱うメリットもかなりあるようです。 初心者のうちはアクレーヌで練習をして、慣れてきたら羊毛フェルトでチャレンジしてみると良さそうです。 あとは、作りたい色があるかどうかなので、アクレーヌに色がなければ羊毛フェルトですね。 また、ダイソーなどの100円ショップでも、羊毛フェルトのセットが売っています。 引用元:woman. mynavi. jp キャラクターごとのフェルトキットもラインアップされているので、初心者にとっては始めやすいですね! 羊毛わたわた 羊毛を大量に消費しなくても済むように、芯になる部分に使う綿です。 差し目 マスコットを作る際に、目の部分になるものです。 手芸屋さんやダイソーにも売っていますね。 羊毛でも目は作れるとのことですが、挿し目のほうがより可愛く仕上がるので必須ですね! ハサミ ハサミは、作品の毛羽立ちなどをカットするために使うそうです。 手芸用の小さめのハサミか、糸切りバサミでもOK。 あると便利な道具 基本の道具と材料の他に、あったら便利なものをチェックしてまとめました。 大抵のものはわかりますが、一部よく知らない道具があったので補足として下に載せました。 強力ボンド• 目打ち• テクノロート• まち針• フェルト(シート状)• 指サック <目打ち> 目打ちは、マスコットの目の部分などに穴を空ける際に使用。 <テクノロート> テクノロートは細い針金のようなもので、作品の中に入れて使うことで、形状をしっかりさせることができたり、動かせるようにできたりするそうです。 ちなみにテクノロートは、マスクのノーズフィッターとしても使われることもあります。 指サック 指サックは、羊毛フェルト用の指サックです。 針を持つ方の手に使うのではなく、フェルトを抑える方の手で使います。 針を手に刺す恐れがあるので、これを装着することで安心して作業に取り組めるそうです。 道具の準備は、ネットでサクッと行うと始めるモチベーションをキープできますね。 今回の羊毛フェルトを学ぶにあたって、一番参考にさせていただいたYou Tube先生は、「」さんです。 こちらのチャンネルでは「羊毛フェルト」に関する初心者向けの無料レッスンから、とってもかわいい作品の作り方までたくさんの動画をアップされています。 とても分かりやすく丁寧に解説されているので、何も分からない初心者にとって本当に重宝する動画ばかりです。 テンポも良く、サクサク視聴できます! 道具の説明も、こちらの動画1本拝見すればOKですね。 引用元:You Tube これからどんどん技術を磨き、こういった作品が作れるようになれば、自分や誰かの好きなキャラクターでカラーやポーズを変えてみたり、アレンジして新しいものを生み出すことができそうですね。 まとめ ということで、今回は羊毛フェルトの魅力について迫ってみました。 作り方を見ているだけでは上達しなさそうですので、時間ができたらチャレンジしていきたいと思います。 もっと効率よく学びたい場合は、有料ですがこちらの動画レッスンが良いかもれません! 世の中には自分の知らない世界がたくさんあるのだということを、最近本当によく感じます。 ちょっと見ているだけでもだいぶ学びにつながるので、次のステップは「やってみる」ということですね。 もっと視野を広げて人生を彩っていきましょう!.

次の

【簡単で綺麗に仕上がる】立体マスクの作り方

フェルト マスク の 作り方

もくじ• 羊毛フェルトってどんなもの? 私は今回始めて「羊毛フェルト」という言葉を聞きました。 ググるとこのような説明が。 羊毛フェルトとは、羊毛を 特殊な針でつつく事で、繊維を絡めながら任意の形に成形できる手芸の一種。 ニードルフェルト Needle Felting とも呼ばれる。 引用元:Wikipedia 羊毛フェルトでは、いろいろなものが作品として作れるようです。 形としては、動物や食べ物などをモチーフとした マスコットやブローチが多く、愛好家の方の作品なども、ブログや本などで数多く公開されています。 キュートなタイプの作品から、かなりリアルな作品まで、作家さんによってタイプは様々です。 フェルティング用ニードル(針)• 専用マット• 羊毛フェルト• 羊毛わたわた• 差し目• ハサミ フェルティング用ニードル(針) 羊毛フェルトを作るための専用の特殊な針です。 針の先に何箇所か仕掛けのくぼみがあり、その部分に羊毛を引っ掛けて絡ませることで、フワフワの糸を固めて形作っていくので、このフェルティング用ニードル(針)がないと始まりません。 針のサイズは、レギュラーと極細の2種類があるそうですが、初心者には比較的折れにくいレギュラーの針が良いそう。 ちなみに、持ちにくい場合は専用の持ち手があるとやりやすいとか。 使い方によっては、すぐ折れてしまうようなので、数本用意しておいたほうが良いですね。 100円ショップのダイソーは、羊毛フェルトグッズが充実しているようで、ニードルもこのあとご説明する羊毛フェルトも商品があります。 引用元:woman. mynavi. jp 気軽にチャレンジできますね! 専用マット フェルティング用の専用マットは、作品を作る際の台になる部分です。 カラーがホワイトとブラック2種類あるので、作る作品の色ごとに使い分けるのが理想のようです。 ただ、楽天などで見るとホワイトは多数あるのですが、ブラックがなかなか見当たらないので、Amazonや楽天でブラックのマットが入っているスターターキットを買うのが良いかもしれません。 羊毛フェルト 羊毛フェルトは、作品自体の材料です。 種類は2種類。 素材は以下の通りです。 羊毛フェルト…羊の毛• アクリルフェルト…アクリル繊維 いろいろ調べたところ、羊毛よりアクリルのほうが、 フェルティングという固める作業が早くでき、 初心者にとっての扱いやすさはアクリル素材に軍配が上がるようです。 ただ、だからといってアクリルが良いということではなく、羊毛を扱うメリットもかなりあるようです。 初心者のうちはアクレーヌで練習をして、慣れてきたら羊毛フェルトでチャレンジしてみると良さそうです。 あとは、作りたい色があるかどうかなので、アクレーヌに色がなければ羊毛フェルトですね。 また、ダイソーなどの100円ショップでも、羊毛フェルトのセットが売っています。 引用元:woman. mynavi. jp キャラクターごとのフェルトキットもラインアップされているので、初心者にとっては始めやすいですね! 羊毛わたわた 羊毛を大量に消費しなくても済むように、芯になる部分に使う綿です。 差し目 マスコットを作る際に、目の部分になるものです。 手芸屋さんやダイソーにも売っていますね。 羊毛でも目は作れるとのことですが、挿し目のほうがより可愛く仕上がるので必須ですね! ハサミ ハサミは、作品の毛羽立ちなどをカットするために使うそうです。 手芸用の小さめのハサミか、糸切りバサミでもOK。 あると便利な道具 基本の道具と材料の他に、あったら便利なものをチェックしてまとめました。 大抵のものはわかりますが、一部よく知らない道具があったので補足として下に載せました。 強力ボンド• 目打ち• テクノロート• まち針• フェルト(シート状)• 指サック <目打ち> 目打ちは、マスコットの目の部分などに穴を空ける際に使用。 <テクノロート> テクノロートは細い針金のようなもので、作品の中に入れて使うことで、形状をしっかりさせることができたり、動かせるようにできたりするそうです。 ちなみにテクノロートは、マスクのノーズフィッターとしても使われることもあります。 指サック 指サックは、羊毛フェルト用の指サックです。 針を持つ方の手に使うのではなく、フェルトを抑える方の手で使います。 針を手に刺す恐れがあるので、これを装着することで安心して作業に取り組めるそうです。 道具の準備は、ネットでサクッと行うと始めるモチベーションをキープできますね。 今回の羊毛フェルトを学ぶにあたって、一番参考にさせていただいたYou Tube先生は、「」さんです。 こちらのチャンネルでは「羊毛フェルト」に関する初心者向けの無料レッスンから、とってもかわいい作品の作り方までたくさんの動画をアップされています。 とても分かりやすく丁寧に解説されているので、何も分からない初心者にとって本当に重宝する動画ばかりです。 テンポも良く、サクサク視聴できます! 道具の説明も、こちらの動画1本拝見すればOKですね。 引用元:You Tube これからどんどん技術を磨き、こういった作品が作れるようになれば、自分や誰かの好きなキャラクターでカラーやポーズを変えてみたり、アレンジして新しいものを生み出すことができそうですね。 まとめ ということで、今回は羊毛フェルトの魅力について迫ってみました。 作り方を見ているだけでは上達しなさそうですので、時間ができたらチャレンジしていきたいと思います。 もっと効率よく学びたい場合は、有料ですがこちらの動画レッスンが良いかもれません! 世の中には自分の知らない世界がたくさんあるのだということを、最近本当によく感じます。 ちょっと見ているだけでもだいぶ学びにつながるので、次のステップは「やってみる」ということですね。 もっと視野を広げて人生を彩っていきましょう!.

次の