やきう 関係ない。 [B!] 彡(゚)(゚)で学ぶ核爆弾 : なんJやきう関係ない部@おんJ

[B!] 彡(゚)(゚)で学ぶ核爆弾 : なんJやきう関係ない部@おんJ

やきう 関係ない

直接的な表現よりむしろ自然に伝わるネイティブっぽい言い方かも。 ) 英語の場合はいつでも間接的な表現が一番自然に使われているのがほとんどの傾向です。 でも気にしないでください。 これからネイティブが実際に使う自然なフレーズを教えるのです。 ポイント: 強調したいときに、「absolutely」 確実に/絶対に)という言葉を入れます。 」になります。 しかしこの場合だとネイティブは以上のフレーズを使います。 例文:"His University degree is totally irrelevant to his current job. " 彼の大学での肩書きは現在の仕事と全く無関係(・意味がない)。 2)と3)は少しニュアンスが似ています。 そして、「xxx has got nothing to do with xxx」が一番ストレートな言い方だと思いますが、これは親しい仲での会話で使う方が好ましいですので、ビジネスや丁寧に説明をしたい時に以下のフレーズも使えます。 Correlateというのは、〈二つのことが〉相互に関連がある、〔…と〕互いに関係があるという意味ですので、「not」をつけることで、この関連性又は無関係との事を強調します。 例:"One's achievement in high school is not always directly correlated to their future success. " 「学生時代の学績とは、その人のこれからの将来の成功と(いつも)直接関連があるとは限らない」.

次の

[B!] 彡(゚)(゚)で学ぶ核爆弾 : なんJやきう関係ない部@おんJ

やきう 関係ない

直接的な表現よりむしろ自然に伝わるネイティブっぽい言い方かも。 ) 英語の場合はいつでも間接的な表現が一番自然に使われているのがほとんどの傾向です。 でも気にしないでください。 これからネイティブが実際に使う自然なフレーズを教えるのです。 ポイント: 強調したいときに、「absolutely」 確実に/絶対に)という言葉を入れます。 」になります。 しかしこの場合だとネイティブは以上のフレーズを使います。 例文:"His University degree is totally irrelevant to his current job. " 彼の大学での肩書きは現在の仕事と全く無関係(・意味がない)。 2)と3)は少しニュアンスが似ています。 そして、「xxx has got nothing to do with xxx」が一番ストレートな言い方だと思いますが、これは親しい仲での会話で使う方が好ましいですので、ビジネスや丁寧に説明をしたい時に以下のフレーズも使えます。 Correlateというのは、〈二つのことが〉相互に関連がある、〔…と〕互いに関係があるという意味ですので、「not」をつけることで、この関連性又は無関係との事を強調します。 例:"One's achievement in high school is not always directly correlated to their future success. " 「学生時代の学績とは、その人のこれからの将来の成功と(いつも)直接関連があるとは限らない」.

次の

なんJやきう関係ない部

やきう 関係ない

直接的な表現よりむしろ自然に伝わるネイティブっぽい言い方かも。 ) 英語の場合はいつでも間接的な表現が一番自然に使われているのがほとんどの傾向です。 でも気にしないでください。 これからネイティブが実際に使う自然なフレーズを教えるのです。 ポイント: 強調したいときに、「absolutely」 確実に/絶対に)という言葉を入れます。 」になります。 しかしこの場合だとネイティブは以上のフレーズを使います。 例文:"His University degree is totally irrelevant to his current job. " 彼の大学での肩書きは現在の仕事と全く無関係(・意味がない)。 2)と3)は少しニュアンスが似ています。 そして、「xxx has got nothing to do with xxx」が一番ストレートな言い方だと思いますが、これは親しい仲での会話で使う方が好ましいですので、ビジネスや丁寧に説明をしたい時に以下のフレーズも使えます。 Correlateというのは、〈二つのことが〉相互に関連がある、〔…と〕互いに関係があるという意味ですので、「not」をつけることで、この関連性又は無関係との事を強調します。 例:"One's achievement in high school is not always directly correlated to their future success. " 「学生時代の学績とは、その人のこれからの将来の成功と(いつも)直接関連があるとは限らない」.

次の