芦田崇宏 朝倉未来。 RINGS&アウトサイダー横浜文体大会でTHE OUTSIDER対BRAVEの対抗戦が決定!ニ階級王者の朝倉未来が出場を拒否!?

【RIZIN】朝倉未来、K

芦田崇宏 朝倉未来

ルールどうこう関係ない。 戦争です。 是非会場まで観に来てください! — 芦田崇宏 Takahiro Ashida mmaTakahiro 年末の大舞台に出場し、平本選手の復帰戦の相手に選ばれるくらいですから、きっと強い選手なのでしょうが、どんな選手か知らない方も多いのではないでしょうか? 今回は、そんな芦田崇宏選手のプロフィールや戦績、強さについて紹介していきます! あのRIZINで大活躍中の朝倉兄弟の兄である『朝倉未来』も対戦を避けたと言われる程の強さなので、皆さんも注目してください! 目次• 7㎏ フェザー級 生年月日 1989年8月29日 趣味・特技 映画・音楽鑑賞、絵を描く、ディズニー 主なタイトル DEEP第8代フェザー級王者 REALフェザー級王座決定トーナメント準優勝 入場曲 War! War! Stop It レスリング五輪に出場し、DREAM、RIZINで活躍した宮田和幸氏が率いるBRAVEジムに芦田選手は10代の頃より入門し、2010年10月にプロデビューしました。 高校ボクシングの名門、花咲徳栄高校より磨いたボクシング技術を武器に、DEEP、パンクラス、REBEL FC、REAL、GRAND SLAM、GRACHAN、ZST、BRAVE FIGHTと、 国内外問わず様々なリングに上がり、その強さを披露してきました! 特筆すべき事は、国内RIZINにも多数の選手を送り込んでいる国内総合格闘技のメジャー団体、 『DEEP』第8代フェザー級チャンピオンに輝いた事です! DEEPのチャンピオンと言えば、中村K太郎、上迫博仁、北岡悟などRIZINにも出場した多数の名ファイターが王者に輝いており、芦田選手もその例に漏れずとても熱い試合を繰り広げてくれます! 個人的にですが、芦田選手の入場曲である 『War! War! Stop It』は今から22年前のアニメの主題歌であり、筆者である私的にドストライクなので、願わくば芦田選手には入場曲付きでリングインして欲しいものです笑 芦田崇宏 戦績 次に、芦田選手の戦績をまとめましたので一覧にしてご紹介致します! VS深澤 駿 〇 2R 1:49 TKO 2010. 24 DEEP 50フューチャーファイト VS有村 脩也 〇 1R 0:37 TKO 2011. 21 DEEP TOKYO IMPACT 2012 VS藤澤 優作 〇 1R 0:10 KO 2012. 26 BRAVE FIGHT1 VS青山 祐大 〇 2R 3:25 チョークスリーパー 2012. 10 DEEP TOKYO IMPACT 2013 VS奥津フォード 〇 2R バックチョーク 2013. 27 BRAVE FIGHT2 VS野村 克也 〇 1R 2:30 TKO 2013. 7 BRAVE FIGHT3 VSケンヤ 〇 判定 2-0 2013. 25 DEEP 63 VS工藤 修久 〇 判定 3-0 2014. 8 BRAVE FIGHT5 VS田島 直樹 〇 1R 3:18 TKO 2014. 16 2014. DEEP IMPACT TOKYO WAVE7 VS原田 ヨシキ 〇 判定 3-0 2014. 22 DEEP65 VS岡田 孔明 〇 1R TKO 2014. 27 REBELS FC2 VS川村 謙 〇 2R 3:07 TKO 2015. 22 ZST49 VSモウサ・シセ 〇 1R 2:41 三角絞め 2016. 12 REAL4 VS大迫 元喜 〇 判定 3-0 2016. 28 BRAVE FIGHT12 VSヌルベルゲン・シャリポフ 〇 判定 3-0 2016. 12 REAL5 VS渡慶次 幸平 〇 2R 1:59 三角締め 2016. 13 DEEP CAGE IMPACT 2017 VSDJ. Taiki 〇 判定 2-1 2017. 16 DEEP79 IMPACT VS上迫 博仁 〇 判定 4-1 2017. 27 DEEP 86 IPMACT VS崎山 勲 〇 判定 3-0 2019. 22 DEEP 92 IMPACT こうやってみると、本当に様々な団体で戦ってきたことが伺えますね! 通算成績は、分かっているだけで 『35戦23勝10負2分』と豊富な戦績を誇っており、 特筆すべき事として、DJtaiki選手や上迫博仁選手、長倉立尚選手と、国内トップクラスやチャンピオンにも勝利している点が挙げられます! 芦田崇宏は朝倉未来が対戦を避けるほど強い!? 芦田選手の強さは戦績を見るだけで一目瞭然なのですが、現在、 日本の格闘技界を席巻している朝倉兄弟の兄 『朝倉未来』選手が対戦を避けたという逸話を持っています! 過去に芦田選手と未来選手の両名で一度試合が決まりかけたのですが、未来選手の方からどうやら 「やりたくない」と言ったそうで、未来選手は何故試合を断ったか理由を話していない様なので、果たして真相はどうなのでしょうか?非常に気になります! また、 一度決まりかけた試合がRIZINで実現したら、盛り上がる事間違い無しでしょう! 格闘技ファンとしても、芦田選手と未来選手がどちらが強いか是非試合が見てみたいですよね! 芦田崇宏 終わりに 今回芦田選手について色々と調べた結果、豊富な戦績を持ち、国内王者に輝いた事もある実力者だという事が分かりました! 筆者である私は国内外の格闘技情報をチェックしているのですが、 芦田選手の師匠である宮田和幸氏の「大晦日当たり忙しくなりそう」という意味深なツイートがまさか芦田選手の出場を意味するとは気づきもしませんでした! 大晦日あたり忙しくなりそうです。 ジムの皆様予定あけといてください。 — 宮田和幸 miyataness3234 年末の平本選手との試合を終えた後も、RIZINでその強さを存分に発揮する姿を見せて欲しいですね! 最後となりましたが、ここまで読んで頂いて有難うございました。

次の

芦田崇宏

芦田崇宏 朝倉未来

2019年年末にさいたまスーパーアリーナで開催された『BELLATOR JAPAN』で、キックルールで芦田崇宏(BRAVE)を1R KOに下した平本蓮(K-RIVER・AXジム)が4月19日、自身のYouTubeチャンネルで「」と題した動画を投稿。 その平本に未来がYouTube撮影でのジムマッチを提案するやりとりがSNSで展開された。 新型コロナウイルスの影響により無観客試合が増えるなか、この動きは何を意味するのか。 キックとMMAの二刀流を意識したのか、2本の刀を背負ったデッドプールのコスプレで、未来の顔写真を貼り付けたサンドバックに強烈な右ストレートを打ち込んだ平本。 ツイッターで「とりあえず、ぶっ倒してみました。 ワンパン」と記し、YouTubeで「ぶん殴ってみたシリーズ第一弾はこの人。 」と題して未来の顔写真にパンチを打ち込み、ミルクをぶっかけた。 その平本の投稿に対して、朝倉は「今はこんな状況で試合も出来ないのでどこかジムを借りてレフェリーを入れてガチのスパーリングしませんか? こちらのYouTubeで撮影させてもらいますが、あなたのRIZIN初戦より高いファイトマネーを僕が払います」と反応。 平本は「そんなはした金はいらないです。 俺はみんなの前で未来選手をぶっとばしたいのでしっかりRIZINでやりましょう。 やる価値ないって言うなら、僕がしっかりパンチでグスタボKOしてからでもいいんで」と、RIZINでの対戦をアピールした。 矢地祐介、上迫博仁をKOに下し、未来に判定負け、パトリッキー・フレイレにTKO負けしているグスタボを倒してから未来戦を実現してもいいと記した平本に対し、未来は「ださ」「だったら初めからグスタボ倒してから煽ってこいよ。 グスタボもやりたくないと思うけど…ただの売名でしたね」と一蹴している。 だったら初めからグスタボ倒してから煽ってこいよ グスタボもやりたくないと思うけど… ただの売名でしたね— 朝倉未来 Mikuru Asakura MikuruAsakura 実は未来は、今回の平本の挑発前に、動画で、「ファンの人の声も大事だと思うんです。 というのも、ファンはほんとうにこんな試合が見たいのっていうカードを言ってくることがある。 平本蓮君が僕とやりたってつぶやいたらしくて、こっちからしたら何を言っているのって感じなんですけど、もしそんな試合を組んでもらえたら、打撃は強いですけど、ほんとうにイージーなんで。 でもそれを逆に観たいっていう人が多いんだろうなと」と、選手本人が想像もしないカードでもファンの声に耳を傾ける必要があることを語っており、「でも、(平本戦は)社長としては無いですよね」と確認を求めている。 榊原CEOは「ファイト感が無い。 若くていいポテンシャルを持っているけど、総合ではキャリアを積む必要がある。 やるなら打撃を活かして早く総合格闘技一本でトレーニングする必要がある。 目指すは朝倉未来でもいいと思う」と今後のMMAファイターとしての成長次第としていた。 3月20日に、で「正論がどうとか常識がどうとか知ったこっちゃない。 誰がどう言おうと俺はこれで良いと思ってる。 アンチ含めて計算通り。 本来であれば(RIZIN横浜大会で)昨日試合終わった後にリングで言いたかったけど、コロナで試合が無くなってしまったから、自粛ムードの格闘技ファンが少しでも好き嫌い色々含めて盛り上がるような事ができた。 後は必ず実現できるように死ぬ気で努力するのみ。 今日も格闘家として本気で生きる。 なによりまずは一刻も早くコロナウイルスがどうか落ち着きますように」と、一連のやりとりの意図を説明した。 当初は、RIZINでの立ち技戦で白星を積み上げ、Bellatorキック勢も含めただが、コロナ禍により、出場を予定していた4月19日の『RIZIN. 22』が中止に。 キックのGLORYで活躍し、現在UFCで8連勝中のイスラエル・アデサニヤのジムでの出稽古も延期となり、ストレスがたまる中、MMA挑戦も模索している状況だ。 そんななか懸念されるのが、アスレチックコミッションが存在しない日本での安全面での担保だ。 未来の発言で注目されるのは、「レフェリーを入れて」「RIZIN初戦より高いファイトマネーを払う」と言った点にある。 資金力を持つ個人がYouTube等で、ライブストリーミング形式であるインターネットテレビサービス並に、「ガチスパーリング」ながら、レフェリー・ジャッジ・ドクターを雇い、スタジオマッチ的に配信することが可能となれば、その選手のバリューによっては、その投資がペイできる可能性があるからだ。 しかし、プロモーション(団体)は、無観客でも大会を組むことで、そのジャンルに種を蒔き、人を育てる役割も担っている。 ところが未来は、そんな点でもYouTubeを駆使して、青汁王子とコラボし、若手格闘家育成プロジェクト『』と称して選手を育成。 既存の団体の前座に選手を送り込むなど、それぞれの存在価値を理解しバランスを取っている。 スペシャルマッチ、あるいは厳選された試合での個人配信は、今後どうなっていくのか。 注視すべき現象だ。

次の

平本蓮vs朝倉未来のTwitterでのやりとりのご紹介【SNSで話題のカード】

芦田崇宏 朝倉未来

大晦日に開催されるRIZIN. ジョン・マカパ プロフィール はじめに、ジョン・マカパ選手のプロフィールを紹介していきたいと思います。 本名 ジョン・テシェイラ John Teixeira ニックネーム マカパ 出身地 ブラジル アマパー州マカパ 生年月日 1986年11月18日 33歳 身長 5ft 7in 170㎝ 試合体重 65. 7kg フェザー級 所属 ノヴァ・ウニオン ジョン・マカパ選手はブラジルの北部にあるアマパー州マカパの出身で、本名は「ジョン・テシェイラ」と言います。 「マカパ」は、出身地であるアマゾンの河口にある町の名前からとっているようです。 マカパ選手の通算成績は 『 23勝 4敗2分』で、その内5回のKO勝ちと、10回のサブミッションによる勝利を含んでいます。 マカパ選手は、2007年9月12日に自身の出身地ブラジルのマカパで行われたドラゴン・ファイト・チャンピオンシップでプロデビューし、一つの引き分けを挟んでなんと12連勝しました! その後、総合格闘技のメジャー団体であるUFCの選手契約を目指す大人気リアリティーショー番組、「ジ・アルティメット・ファイター ブラジル」に出演しますが、残念ながら2戦目に敗退し、契約を逃してしまいます。 しかし、試合でのパフォーマンスを認められ、UFCデビューを果たしますが、残念ながら計量オーバーをしてしまい、試合も判定2-1の末に敗れ、わずか1試合で契約を解除されてしましました。 その後修斗ブラジル大会やブラジルのローカル大会にて実績を積み、2014年10月10日、UFCに並ぶ北米MMAプロモーションであるベラトールデビューします。 ベラトールではトップファイターのダニエル・ベイケル選手やフェザー級王座に輝いた事も有るパットカラン選手、未だ無敗のAJ・マッキー選手に敗北してしまいますが、9戦6勝3敗の成績を成績を収め、近年は2連勝と好調を保っています。 朝倉未来VSジョン・マカパ 試合の勝敗予想 それでは、朝倉未来選手とジョン・マカパ選手の試合の勝敗を予想してみましょう! 先に結論から申し上げると、私は 未来選手の KO勝ちを予想します! 未来選手は、空手と相撲をバックボーンとし、腰の強さを活かした高いテイクダウンディフェンス能力と強力なカウンターを武器にスタンドで打撃を放ち続けるストライカーです。 反面、マカパ選手のスタイルを動画で確認したところ、スタンドで相手にプレッシャーをかけつつ、思い切りの良いパンチやキックを放っていくスタイルですね。 一本勝ちが多いので寝技主体の選手だと思いましたが、打撃・寝技・テイクダウンと全てを使いこなすオールラウンダータイプに見受けられます。 試合展開としては、両者スタンドでの打撃戦で、未来選手が上手くマカパ選手の打撃を誘い出し、カウンターを当てる試合展開になると思われます! しかし反面、マカパ選手が前に出続け未来選手にプレッシャーをかけ、有効打やテイクダウンを奪い続ける可能性も十分に有り得ます。 今後のRIZINのフェザー級戦線を占う上でもその勝敗は非常に注目されると思われます。 ジョン・マカパ 終わりに 地球の裏側からはるばる日本にやって来るジョン・マカパ選手ですが、名門であるノヴァ・ウニオン在籍で、ベラトールというレベルの高い環境でも勝ち越す強豪ファイターという事が分かりました。 戦績では未来選手を大きく上回る実績を持つマカパ選手ですが、未来選手との一戦で両者の強さや立ち位置がはっきり分かる事でしょう、大晦日は両者の試合から目が離せません! 最後まで読んで頂き、有難うございました。

次の